アブの対処法。 アブに刺されたときの症状や対処法!病院には行くべき?

アブに刺されたら?症状の水ぶくれや痛みに合う対処法や薬、予防策

アブの対処法

アブに刺されるという話は、普段あまり聞きませんが、夏になると水辺でのレジャー中などにアブに刺されるという被害が増えてきます。 アブが飛んでいるとは気がつかないで刺される事が多いのです。 刺されてしまうと虫刺されによるつらい症状も出てくるので、出来ればアブによる被害は避けたいものです。 アブはどのような虫なのでしょうか。 そして 発生する原因や被害に遭わないようにどのような対策をすればよいのかもご紹介します。 アブの生態について アブは昆虫綱ハエ目ハエ亜目の分類でハエの仲間になります。 日本で生息しているアブの種類は100種類ほどいるのですが、その中には吸血する種類も10種類ほどいます。 その中でも よく見かけるアブの種類をご紹介します。 アブの種類 シオヤアブ 大型のアブで大きさが20~30㎜ほどあります。 日本全国に分布しており、全体的に白っぽい毛が生えています。 肉食なので主に昆虫を食べます。 時にはカマキリなどの自分よりも大きい虫をとらえたり、スズメバチを捕食する事もある獰猛な性格です。 ウシアブ 北海道から九州に分布し、体長は17~25mm、全体的に灰緑色っぽい色で、腹部に淡黄色の三角斑が確認出来ます。 複眼が緑色です。 主に家畜の血を吸いますが、時には人間の血を吸う事もあります。 アカウシアブ 北海道から九州と対馬まで分布し、体長は20~30mmほどあり、一番大型のアブの種類になります。 腹部に黒と黄色の帯状の模様が入っており、見た目はスズメバチに似ています。 イヨシロオビアブ 北海道から九州に分布し、体長が10~15㎜、胸背部は黒灰色で腹部に白と黒の帯状の模様が入っています。 特に東北地方、北陸地方では地域によってオロロ、コシジロとも呼ばれており、農作業の時に被害に遭う人が多くなる種類です。 シロフアブ 北海道から九州と対馬まで分布し、体長が14~19㎜、黒地に灰白色の斑紋が入っています。 人や牛を好んで吸血します。 キンイロアブ 北海道から九州に分布し、体長9~12mm、全体が黄金色で、複眼は緑色です。 牛や馬などの家畜動物に吸血する事が多く、人にも吸血しようとします。 アブのライフサイクルと生態 産卵して卵の期間から1、2週間程度で幼虫となり、幼虫の期間は種類にもよりますが1年から3年と長いです。 天候などの環境によっては更に期間が長くなる場合もあります。 蛹になってからは1、2週間ほどで成虫となり、成虫の生存期間は1か月ぐらいです。 成虫になってからは3日ほどで吸血や産卵が出来るようになります。 アブの成虫の頭は半球型で複眼は大きく、複眼の境目上部に3つの単眼があります。 複眼の間から短い触角が生えています。 翅(はね)は2枚で、全体的に短い毛が生えています。 口器は大顎と小顎が剣状になっており、唇弁(しんべん)があります。 アブの吸血方法 アブは口器の大顎と小顎を使い皮膚を切り裂くように傷をつけます。 そして出血してきた血液を唇弁で吸血します。 吸血するのはメスだけ アブは栄養源として花蜜や樹液を摂取しているのですが、 メスは産卵の時期になるとたんぱく源を求めて吸血します。 吸血する事で卵巣を発育させ、産卵しています。 活動時間について アブは昼行性です。 被害に遭いやすいのは主に朝方と夕方です。 温度を察知する アブは温度があるものに集まる習性があります。 そのため、体温がある恒久動物やエンジンをかけている車の温度を察知して集まります。 動きが速い アブは虫の中でも飛行速度が速く、記録されている最高速度では145㎞ととても速いです。 二酸化炭素への反応 アブは牛や馬、人などが呼吸した際に吐き出す二酸化炭素にも反応して集まってくる傾向があります。 また、車に集まってくるもう一つの理由として車の排気ガスにも二酸化炭素が含まれているという事が考えられます。 アブによる被害について アブによる被害で困るのが吸血による被害です。 特に蚊と違って腫れ方、痛みなどがひどいので刺された後も長く苦しむ事になります。 吸血被害 アブは産卵前の栄養摂取の目的で吸血をします。 吸血する際に蚊のように刺して吸血をする方法ではなく、 皮膚を切り裂いて出血してきたものを吸血するという方法なので痛みを強く感じます。 そして刺された場所に対してのかゆみや腫れ、痛みによる症状が2週間から3週間ほど続きます。 これはアブの唾液に含まれている特殊なたんぱく質が有毒成分だという事がわかっており、唾液成分がかゆみなどの症状を引き起こしています。 刺された時の応急処置として、まず刺された場所を水でよく洗浄します。 もし、ハチなどの被害時にも使用できる毒の吸引器を持っている場合は刺された部分の毒をすぐに吸い出してみて下さい。 これらの処置によって後から出てくる腫れなどの症状も軽く済む事があります。 その後、止血や殺菌をして冷やしておくと良いでしょう。 ステロイドの軟膏か抗ヒスタミン剤の塗り薬を塗るようにして下さい。 どちらかの成分が入っていれば効果がありますが、最近の虫刺され薬にはステロイドと抗ヒスタミン剤が両方入っているものも販売されています。 両方の成分で早めに炎症をおさえるほうがより効果的なので、両方入っている薬を利用しても良いでしょう。 処置をする際に、傷口からばい菌が入ると傷口が化膿してしまったり、とびひやリンパ管炎といった二次感染の被害も出てきますので、 洗浄、殺菌をしっかりとするようにして下さい。 そしてまれではありますが、アブに刺される事によってアナフィラキシーショックを起こす例もあります。 アブに刺されてからじんましん、呼吸が苦しい、血圧の低下といった症状が出た場合は、すぐに病院に行き、アブに刺された事を伝えるようにして下さい。 家畜への被害 家畜を飼育している農家の場合、牛や馬などもアブによる吸血被害が出てきます。 そのため皮膚炎の発症リスクがあります。 また、 吸血被害によるストレスもありますが、アブが飛び回る事により家畜がストレスを感じるようになるといった被害も出てきます。 そしてアブは家畜類に対してフィラリア症やトリパノゾーマ、牛白血病といった感染症の媒介をするともいわれています。 感染症について 野兎病 動物由来感染症です。 本来はマダニによる感染症と考えられていましたが、アブによる感染例も報告されているので念のために注意しておきたい感染症の一つです。 1週間の潜伏期間の後に発熱をはじめ悪寒、頭痛、筋肉痛、関節痛といった症状が出ます。 主に北半球で発症が確認されている感染症になります。 日本国内では1999年の発症があった以降は報告されていません。 ロア糸状虫症 西アフリカ、中央アフリカの熱帯雨林で媒介される感染症です。 メクラアブというアフリカに生息しているアブによって感染します。 感染してから発症するまでに数年かかりますが、早い場合は4か月ほどで発症した例もあります。 アブに刺された傷口から幼虫が体内に入り込み皮下組織で成虫となります。 線虫が出している物質に対してアレルギー反応が出ていると考えられていますが、かゆみを伴う腫れが症状として出てきます。 症状は腕や脚、胸部、顔面などに出やすいですが、眼球に侵入してくる例もあります。 熱帯アフリカだけに存在するフィラリアの一種になりますので、日本国内での発症は報告されていません。 ロア糸状虫症は海外渡航がきっかけで感染する可能性もありますので、 アフリカへの渡航の際に注意しておきたい感染症になります。 アブが発生する原因について アブは気がついたら周辺に飛んできて刺されてしまったという被害に遭いやすいです。 アブが発生してしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか。 どのような場所にアブが発生しているのかも含めて把握しておきましょう。 そのためアブの主な発生時期は6月から9月になります。 自然豊かな環境があれば繁殖できます アブは巣を持ちません。 木や草といった葉の裏に卵を産み付けますし、幼虫も土や水中で生息していくので、 自然が豊かな環境さえあればアブは発生してしまいます。 レジャーをする場所にいる事が多い 山や河辺といった自然に囲まれた場所はアブにとって繁殖場所になります。 そのため、 レジャーを楽しもうと森林や川、沼、湿地、渓谷などの水辺にいった際にアブに刺されてしまう事が多くなります。 家畜がいる場所にも多い アブは哺乳類の血を吸血しようとするだけでなく、家畜の糞尿に卵を産み付ける事もあります。 牧場や家畜が飼育されている場所は発生しやすい環境になります。 アブへの予防対策 アブに刺されてしまうと腫れなどの症状がひどくなるので、なるべく被害を避けるようにしたいものです。 アブが寄ってきやすい環境にならないように予防対策をしてみましょう。 色に注意する アブは赤や黒の色を好んで集まる傾向があると言われています。 そのため、 水辺でのレジャーの際には赤や黒、紺色などの服を避けた方がアブ対策になります。 また、頭髪も黒なので集まりやすいです。 帽子などをかぶって頭髪が目立たないようにするのも効果的です。 車に関しては紺色や黒い車は日光で温度が上がりやすいため、アブが集まりやすい傾向があります。 虫よけを利用する アブが発生しやすい水辺に行く際は、虫よけを使って対策をするのが効果的です。 最近の虫よけは効果時間も長くなってきていますが、念のため外出先でも使用できるように常備しておくと安心です。 特に足首やひざから下の箇所に刺される事が多いので、ひざから下の部分は虫よけをムラなく塗るようにして下さい。 車はエンジンを止める レジャー先で車を一時的に停車させた際に、たくさんアブがぶつかってくるように集まってきたという経験をしたという人もいると思います。 これはエンジンの熱や車の排気ガスに反応して集まってきてしまうためです。 すぐに車の外に出ないでエンジンを切り、しばらく待っているとアブも他の場所に移動するようになります。 厚手の生地の服がおすすめ アブは服の上からでも刺してきます。 そのため薄手の長袖などを着ていても被害に遭う可能性が高いので、厚手の生地の服を着るようにした方が刺されにくくなります。 ハッカ油を利用する アブ対策でハッカ油を利用している人もいます。 30mlのスプレー容器に ・消毒用エタノール 5ml ・ハッカ油 3滴ほど を入れ、混ぜます。 ・精製水 25ml を後から入れ、混ぜたものをアブ除け対策として使う人もいます。 精製水を先に入れてしまうと分離してしまうので、エタノールとハッカ油を混ぜて馴染ませてから精製水を加えて下さい。 虫よけ効果はありますが、ハッカのにおいが消えると効果が無くなります。 大体30分ぐらいと効果の持続時間が少ないので、こまめにスプレーするようにした方が良いです。 アブの退治方法 アブに対応している殺虫剤を準備しておく方法がおすすめです。 噴射するだけで退治できます。 まとめ アブは移動スピードも速く、気がついたら刺されてしまっていたという状況になりやすいので、予防できるように虫よけを常備しておくと安心です。 また、 アブがたくさん集まってきてしまった時に備えて殺虫剤を準備しておくとより心強いです。 刺されると後から出てくる症状に悩まされる事になるので、被害に遭わないように事前に対策をとるようにしましょう。

次の

おもな副作用と対処法|肺がん治療のてきび|アブラキサンの治療を受けられる方へ|大鵬薬品工業株式会社

アブの対処法

アブの特徴 アブとは 「昆虫綱 ハエ目 ハエ亜目」に属する昆虫の総称とする説が有力なのですが、範囲や定義が明確に整っておらず 曖昧な部分があります。 狭義な意味合いでは、その下層にあたる 「アブ科」に属する昆虫ともされているのです。 日本にもアブは 100種ほどが生息し、その内の 10種ほどが蚊と同様に人間も含めた動物からの 吸血種(雌のみ)になるのです。 アブの大きさは種類によってまちまちです。 たいてい 1センチメートル程度、大きいものでは3センチメートル程度になるものもいます。 頭部が大きく球状をしていて、触覚が短いですね。 また吸血種の雌の口吻は吸血するためによく発達しています。 胸部は大きく発達し,翅も大きくなります。 体色も種類によってまちまちで、 ハエの様に黒や茶系のもの、ハチのように黄色模様が入るものなどもいて本当に様々です。 このあたりも定義が曖昧なところからきていますね。 アブの生息地 アブは、日本でも都心部を離れるとよく見かけます。 北海道から九州まで日本全国の自然環境豊かな地に多く生息しています。 アブがあらわれる時期は地域により違いはありますが、 夏(6月から9月)になると最も活発で、 レジャーシーズンと重なるので人間も刺される被害に遭う機会が多くなります。 生息環境は、森林や川、沼などの水辺付近で人間が レジャーとして訪れる自然環境豊かな地には必ずと言って良いほどにあらわれます。 また、 吸血対象となる牛や馬などの家畜がいると家畜施設にもあらわれますね。 アブの生態 アブは基本的には 昼行性です。 このあたりも人間と活動時間がリンクしてしまいますね。 食性は、 幼虫の時は土中の小さな昆虫を捕食しますが、 成虫になると種によってまちまちで、花の蜜を吸ったり(ハナアブなど)他の昆虫を捕食(シオヤアブ、アオメアブなど)したりします。 吸血性のアブ(雌のみ)は 産卵に必要なたんぱく質の摂取のために牛や馬などの家畜動物や人間から吸血をします。 発達した口吻で動物の皮膚を指し(咬みつき)、傷口から出血した血を吸血します。 人間が刺された場合には、鋭い痛みを感じます。 繁殖は 卵生で、発生場所近くの葉などに産卵を行います。 卵は 1週間程度で羽化し、1年から3年程度(種によって異なる)の幼虫時代を過ごしたのち、蛹そして成虫へと育ちます。 飛ぶときは大きな羽音とともに素早く飛び回ります。 意外と素早いので驚いてしまいますね。 アブが動物を刺す目的は吸血 これまでもお話をしてまいりましたが、アブが動物や人間を刺すのは 吸血が目的になります。 これは産卵に必要なたんぱく質を摂取するための吸血です。 ハチなどは、防御のために刺しますが、アブは吸血が目的なのです。 ハチの場合には、ある程度離れれば襲ってくることはありませんが、アブは 吸血が目的なのでかなりしつこく付きまとってきます。 同じ吸血をする昆虫に蚊がいますが、蚊の場合には刺された時に 刺されたと気付かないほどに痛みはありません。 しかし アブの場合には、鋭い痛みを伴うのが厄介なところですね。 アブに刺された時の症状 アブに刺されると、まず刺された際に 強い痛みが伴います。 そして、患部には 腫れや痒みという症状があらわれます。 この腫れや痒みは、たいていの場合に 2日から3日程度で治まるのですが、時として 10日以上続くこともあるようです。 また、 発熱や化膿などへの悪化も懸念されます。 刺されたら適切に対処しましょう。 アブに刺された時の対処法 もしもアブに刺されてしまった場合には、「 まずは清潔な水で傷口を洗い流す」ことをしましょう。 消毒液があれば尚良いのですが、綺麗な水で洗い流すだけでも充分に効果的です。 次に 患部に市販の痒み止めを塗り様子を見ましょう。 痛みが気になる場合は患部を冷やすのも良いですね。 しかし、市販薬を塗ってもなかなか治まらない場合には、 皮膚科を受診して抗ヒスタミン薬やステロイド薬を処方してもらいましょう。 アブに刺されないための予防策 それでは、アブに刺されないようにするにはどうすれば良いのでしょうか。 まずは 服装から整えましょう。 肌の露出をおさえることが一番です。 特にアブに狙われやすいのが、 足首やすね部分です。 長ズボンに靴下、靴、さらには長袖に帽子も理想的ですね アブなどの虫よけ 「忌避剤」として、蚊取り線香のような煙の出るものや、 防虫スプレーがあります。 これらの活用もおすすめです。 また、 殺虫剤も携帯しておくと便利ですね。 危険ではないアブもいる これまでアブが厄介者としてご紹介をしてまいりましたが、 全てのアブが人間を刺す危険な昆虫ではありません。 アブの種類で人間を刺すのは一部なのです。 ハナアブ類 ハナアブ類などは、 花の蜜を吸う種で人間に対して害はありません。 それどころからミツバチ同様に 受粉を助けてくれます。 そして幼虫時代は、農作物の害虫となる アブラムシを食べてくれるのです。 幼虫時代、成虫時代ともに農業を助けてくれる益虫なのですね。 実はこのハナアブ、紛らわしいですが、分類的にはハエの仲間になるのですね。 ムシヒキアブ類 またムシヒキアブ類も ユニークです。 少々厳つい容姿をしたムシヒキアブ類は、他昆虫などを捕食する 肉食性のアブになります。 なんとその狩りの対象には、 スズメバチも含まれているのです。 素早い動きで相手をしとめる狩りの成功率は非常に高く、「 暗殺昆虫」という呼ばれ方もしています。 人間を刺すアブの仲間 一応、人間を刺すアブの代表格もご紹介しておきますね。 「ヤマトアブ」「アカウシアブ」この2種が人間を多く刺す種の代表となりますので、ご注意ください。 まとめ 今回は、アブについて色々とご紹介をしてまいりました。 夏のレジャーには必ずと言って良いほどに、その姿を見せるアブです。 刺されてしまうと、折角のレジャーも気持ちが滅入ってしまいますね。 レジャーに出掛ける際には、アブ対策もお忘れなく! そして、アブ全てを忌み嫌うのもやめましょう。 人を刺すアブはわずかな種類で、人畜無害となる種類のアブの方が多いのですから。

次の

アブやブヨに刺された場合の対処法と塗り薬

アブの対処法

どうもD. Fです。 前回、 僕と 友人T君が 巨大なアブに襲われてT君がアブとの死闘の末、 名誉の負傷をおった事を記事で紹介しました。 このまま負けてはいられない! と言う事で今回は アブ対策と アブに刺された時の対処法をご紹介します!• アブとは・・・ アブは ハチのように大きい ハエのような虫です。 アブは全国全域に生息していて、6月下旬~9月にかけてよく見ることが出来ます。 主に 野山や 川辺に発生する事が多く、哺乳類の血液を 吸血するので 家畜施設の周辺にもいる事が多いです。 アブは普段どうぶつの血液を吸う以外に 昆虫なども食べますが、産卵前になると多くの栄養を必要とする為、哺乳類の血液を吸います。 そのため人間も襲われてしますのです。 また 湿度が高い日はアブの活動も活発になるので、雨の日なども危険です。 アブに刺されない 噛まれない 為の対策 ハッカ油で虫よけスプレー アブ対策で一番有名なのが 「ハッカ油スプレー」です。 ハッカ油スプレーはハッカ油を使った自作の 虫よけスプレーの事で、アブ以外の虫にも効果があります。 用意する物 ・ハッカ油 ・エタノール ・精製水 ・スプレーボトル 100均 薬局やインターネットで簡単に買える物ばかりで、あまり費用もかかりません。 人体にも害が無いので安全に使う事が出来ます。 オススメは5滴~15滴 お子さんに使用する場合はスースーが強くなりすぎないよう 5滴から調整してください。 3・よくかき混ぜてスプレーボトルに入れる。 服など身につける物は黒と赤を避けた 明るい色の物が オススメです。 髪の毛の黒さにも反応して群れで襲ってくることもあるので、 帽子を着用するなどのアブ対策が効果的です。 アブは 足首やスネをよく狙ってきます。 これからの季節に暑いからと言って 半ズボンを着用しているとアブに襲われるリスクは高くなります。 山や川に出かけるのであれば、暑いのを少し我慢して長ズボンを着用するようにしてください。 車のエンジンをすぐ止める 前回の記事でも説明したようにアブは 二酸化炭素を 感知して群がってきます。 目的地についてからエンジンをつけたまま、もたもたしていると気づいた時には車の周りを囲まれている事もよくあります。 特に 赤色の車or 黒色の車を所有している人は アイドリングをしないようにして下さい。 オニヤンマを模したアイテムを身につける オニヤンマはアブの天敵です。 アブもオニヤンマには近づいて来ないので、オニヤンマを模した ブローチや ストラップを身につけるのも効果的です。 アブに刺されない 噛まれない 時の対処法 アブは蚊と違って血を吸うときに麻酔をかけたりしません。 力技で皮膚を切り裂き吸血してきます。 吸血方法も 針を刺す感じでは無く、 噛みちぎって出てきた 血を吸うので刺すより噛むが正解になります。 アブに噛まれると痛みは大きく、血が出ることが多いです。 そして体内に毒素を残していくので、噛まれた場所は パンパンに腫れます。 最初に応急処置をしないと次の日に患部に熱がこもり、痛みが増します。 上記の処置をすると炎症を最小限に抑える事ができます。 まとめ 夏から秋にかけて登山やキャンプなどで山や川に行く機会が多くなります。 僕も釣りが好きで川に毎週いっていますが、今日ご紹介した対策を実践しています! ハッカ油スプレーと オニヤンマが意外に効果を発揮していて今週アブに襲われる事はありませんでした! 最近は ハチも多いので、もしもの為に車に ポイズンリムーバーを 常備するようにしています! 皆さんもアウトドアを楽しむ為に、しっかりとアブ対策をして下さい! お問い合わせはこちらから d-f-work.

次の