ワード ページ 番号 表紙 以外。 Word 表紙にページ番号をつけないで印刷するには?

Wordのページ番号をセクション区切りで表紙/目次以外に配置

ワード ページ 番号 表紙 以外

ワード(Word)を配布資料として印刷するときなどに便利な、 ページ番号を設定する方法を解説しています。 表紙や目次を除いた本文からページ番号を設定する方法や、削除する方法、フッターの編集をする方法をご紹介します。 (1)ページ番号を設定する方法 ページ番号は、 ヘッダーとフッターの編集機能を使って設定します。 ヘッダーとフッターとは、文書の各ページの上下にある余白の領域のことです。 表紙と目次を除いて、本文からページ番号を表示する まずは、冊子で配布することを想定し、表紙と目次を除いた本文からページ番号を表示する方法を見ていきましょう。 文書の1ページ目が表紙で、2ページ目が目次になっていると仮定します。 まずは、2ページ目の目次と本文の間に、次のページから始まる セクション区切りを入れましょう。 目次の末尾にカーソルを移動し、 [ページレイアウト]タブを選択します。 [ページ設定]グループの [区切り]を選択し、 [セクション区切り]の一覧から [次のページから開始]をクリックします。 すると、カーソルを置いた位置で 改ページが設定され、表紙と目次のページが「セクション 1」、それ以降の本文ページが「セクション2」となります。 次に、セクション2の中にカーソルを配置して、 [挿入]タブを選択します。 [ヘッダーとフッター]グループの中から [フッター]を選択して、 [フッターの編集]を選択します。 次は、セクション2のフッターにカーソルを移動させます。 続けて [ヘッダーとフッター]グループの中の [ページ番号]を選択し、 [ページの下部]から [番号のみ2]を選択します。 これで3ページ目以降のフッターにページ番号が挿入されます。 また、ページ番号の位置をどこにするかによって、 [番号のみ1][番号のみ3]などを選択しても問題ありません。 最後に、ページ番号が「1」から開始されるように設定します。 [ヘッダーとフッター]グループの[ページ番号]から、 [ページ番号の書式設定]を選択します。 [開始番号]を選択して[1]と入力し、[OK]ボタンをクリックします。 [ヘッダーとフッターを閉じる]ボタンをクリックすれば、表紙と目次を除くすべてのページにページ番号が挿入されます。 ページ番号のパターン ページ番号の設定には、いくつかパターンが存在します。 (1)総ページ数を入れる 該当のページが全ページ数の中の何ページ目にあたるのかを示したいときに利用します。 (2)ページ番号の位置を選択する ページ番号を挿入する際に位置を指定したい場合があります。 この場合には「ページレイアウト」タブの[ページ設定]グループから [ダイアログボックス起動ツール]を選択します。 すると[ページ設定]ダイアログボックスが開きますので[その他]タブの中から[ヘッダーとフッター]グループで [用紙の端からの距離]のヘッダー、フッターそれぞれに数値を指定し、[OK]ボタンを押下します。 そして、[ヘッダーとフッター]グループの [ページ番号]を選択し、一覧から [ページ番号の削除]をクリックします。 (2)ヘッダー、フッターを活用しよう ページ番号のほかにも、ヘッダー・フッターを活用することで、会社のロゴを入れることもできます。 会社ロゴを入れる まずは [挿入]タブを選択します。 [ヘッダーとフッター]グループの中から [ヘッダー]のうち[空白]を選択します。 (ロゴをフッターに入れたい場合は、[フッター]のうち[空白]を選択します) 次に、 [ファイル]タブから[挿入]グループの[図]を選択して、あらかじめ準備した会社ロゴのファイルを挿入します。 ページ番号の設定をはじめとするワードのヘッダー、フッターを活用した機能の紹介、いかがでしたでしょうか?是非活用してみてくださいね。 キャリアHUB編集部.

次の

Word 表紙にページ番号をつけないで印刷するには?

ワード ページ 番号 表紙 以外

STEP1 ページ番号を入れないページと入れるページでセクションを区切る 通常通りページ番号を挿入すると、以下の画像のように、表紙と目次にもページ番号が入ってしまいます。 そうすると、3ページ目でページ番号がリセットされ、1、2、3、4と続いていたページ番号が、1、2、1、2と表示されるようになります。 セクションが区切られたかは、ステータスバーを確認すればわかります。 STEP2 ページ番号の開始番号を変更/ページ番号を挿入 すでにページ番号を挿入している場合は開始番号を変更し、挿入していない場合はページ番号を挿入します。 本文は3ページ目からなので、開始番号を「3」に変更し、「OK」をクリックします。 そうすると、3、4ページのページ番号が「1、2」から「3、4」になります。 ページ番号を挿入 前述と同じ手順で「ページ番号の書式設定」を変更します。 STEP3 「デザイン」タブの3項目をOFFにする セクション2のフッター部分をダブルクリックし、「デザイン」タブが表示されたら以下の3項目をOFFにします。 先頭ページのみ別指定• これで表紙と目次のページ番号が削除され、3ページ目から表示されるようになりました。 おわりに 今回は表紙と目次にページ番号を入れない方法について解説しましたが、このやり方は表紙と目次に限らず、好きなところでページ番号を入れないようにするときにも応用できます。 ポイントは、番号を入れないページと入れるページでセクションを区切ることです。 うまく活用して、思い通りにページ番号を入れられるようになりましょう。 それでは!.

次の

Wordで表紙と目次にページ番号を入れない方法

ワード ページ 番号 表紙 以外

表紙や目次にページ番号を付けない:Word ワード 2013基本講座• 表紙や目次にページ番号を付けない• 表紙や目次のページにページ番号を表示しない方法について書きます。 このページでは、表紙だけがあるケース、表紙と目次があるケースの両方について書いています。 スポンサードリンク• Word2013では挿入タブから表紙を作成することができます。 この操作手順で作成した表紙にはページ番号が表示されません。 表紙部分にはページ番号が表示されません。 2ページ目には「1」とページ番号が表示されます。 自作の表紙を先頭ページに作成したケースではどうすればよいのでしょう? 表紙を作成して、ページ番号を挿入しました。 先頭のページにページ番号「1」が表示されました。 ページ番号を表示しているヘッダーまたはフッター部分をダブルクリックします。 1ページ目のページ番号が表示されなくなりました。 2ページ目にページ番号が「2」と表示されました。 ここは「1」としたいのですが・・・・• 「開始番号」にチェックを入れ、「0」 ゼロ と入力します。 表紙を除いてページ番号を付けることができました。 2ページ目以降に1、2・・・ とページ番号を付けることができました。 「先頭ベージのみ別指定」はページ設定からも設定ができます• [ページレイアウト]タブの[ページ設定]グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックします。 ページ設定 ダイアログの[その他]タブを選択します。 ヘッダーとフッターの「先頭ページのみ別指定」にチェックを入れます。 表紙や目次があって、3ページ目からページ番号を付けたいケースがあります。 下図のように、2ページまでにはページ番号を付けずに、3ページ目以降にページ番号を付けます。 セクション区切りを利用する方法です。 3ページ目の先頭にカーソルを表示します。 カーソル位置でセクション区切りが設定されまし。 3ページ目のページ番号が表示されているヘッダーまたはフッターを選択します。 下図では、3ページ目のヘッダーを選択しています。 セクション2 と表示されています。 右の方に「前と同じ」という表示があります。 右の方に「前と同じ」という表示が消えました。 1ページ目のページ番号が表示されているヘッダーまたはフッターを選択します。 セクション1 のページ番号が削除されます。 下図のように、2ページまでにはページ番号を付けずに、3ページ目以降にページ番号を付けることができました。 セクション1はページ番号なし、セクション2からページ番号を付けました。 「開始番号」にチェックを入れ、「1」と入力します。 スポンサードリンク |||表紙や目次にページ番号を付けない.

次の