レムナントフロムジアッシュ マルチプレイ やり方。 レムナント:フロム・ジ・アッシュってどんなゲーム?似たゲームは?プレイヤーに聞いてみた。

PS4用日本語版「レムナント:フロム・ジ・アッシュ」を先行プレイ。Co

レムナントフロムジアッシュ マルチプレイ やり方

ストーリークリアから本番のモンハンTPS 75• PS4版ではエイムアシスト機能がついてるので慣れれば簡単に敵に狙いをつけられると思います。 なので狭い場所での立ち位置に気を付けて行動しないといけなく、緊張感をもってプレイできます。 モンハンのようにストーリークリアしてからが本番だと思います。 近接攻撃で暴れたくてスクラッパーのクラスを選んだはずなのに、途中から銃しか撃っていないことから選んで損した気分になりました。 本作ではマップから敵配置までランダム配置されるので、そういう要素を求めてプレイするとガッカリすると思います。 このままでは売るだけ売ってサポートはしないのが販売、開発の姿勢だと思われるので企業イメージを守る意味でも早急な修正パッチの配布をするべきだと思います。 総評 ソロでもパーティーでも緊張感のある戦いができるモンハン系列のTPSゲームとしてはとても良くできてます。 逆にソウルライクを期待して購入した人は思っていたのと違く、ガッカリすると思います。 ただ、バグを修正せず放置している販売側の姿勢だけが残念です。 プレイ時間 40〜60時間 アクションゲームとして良質 80• これのお陰で欠点に寛容になれる 悪い点 ・ストーリーがあるようでないに等しい。 嫌悪感はない ・武器が若干少なく、見た目がダサい。 好みの問題? ・防具スキンが不自由かつ染色もない ・自キャラ顔面が酷い。 ゴリラ顔上等な自分でも魅力を感じない…結局愛着は少し湧くが ・ランダムマップ故に景観の楽しみはなく、異世界も特に感動はない ・アイテムショートカットが足りない ・バグの修正は未完(対応中とのこと) 総評 結論から言うと良質なアクションゲーム。 詳細は後述。 自分は一周ソロクリア、全武器収集、マルチ経験済み、ハードコア途中までの段階です。 まず全体をさらっと。 ゲームを開始すると即座に絶望のキャラメイクが始まり、いきなり挫けそうになるがボイスは悪くないしヘルムで隠せるので我慢して乗り切ろう。 ストーリーは分かり難い上にどうでもよく、終始ふーんで終わる。 戦闘はザコに紛れてたまに中ボス的な奴が湧き、緊張感がある。 ソウルライクらしく回復アイテムは有限&拠点補給。 死んでも何もロストしない辺り優しい。 銃に頼り過ぎると弾が不足しがちだが、近接武器も有用。 ボス戦でもザコを引き連れてくるものが殆どで、タイマンを期待していると面食らうだろうがソウルシリーズと違って銃があることを忘れないでもらいたい。 近接と遠距離を自在に使い分けて対処していく面白さがある。 音楽は個人的にはごく普通で耳には残らないがBGMとしてそれなりに盛り上げてくれる。 アクション性について。 パッと見ありふれたCOOPアクションゲーで中身もその期待通りなのだが、他ゲーでありがちな嫌なストレスがないことが凄い。 例えば壁付近で視界がめちゃくちゃ、敵のモーションがわからん、異次元判定、今の避けてたやろとかそういうの。 敵のモーションは不自然がなく、感覚で掴みやすい。 恐らくトップクラスの出来映えでダークソウルにもひけを取らない。 某海外製無料モンハンのような妙なディレイがないので興ざめしない。 視点は移動と近接中は多少広めで、射撃中は肩ごしと程良く視覚情報が制限される。 秀逸なのは回避時に少し視界が広くなること。 これにより回避の結果や、どんな攻撃をされていたのかや、足下の状況を特に意識せず理解できる。 わからん食らいはあってもわからんまま死ぬことはない。 また、特徴的な音で敵の接近や一部の敵モーションを理解できるようになっている。 遠近の使い分けが忙しい戦闘でリロードが当然重要になるが、よくある強制歩きリロードではなく走りも回避もしながらリロード完了を待てる。 これにより例えばライフルで一発入れて仰け反らせリロードしながら走り、そのままダッシュ攻撃からコンボを入れて回避で離脱し、ライフルで追撃…のような立ち回りが可能。 また攻撃の激しいボスで中々射撃のチャンスがない時は単発銃で射撃と回避を繰り返す戦法もとれる。 ロックオンはないので近接攻撃には視点回転が必要になる。 ソウルシリーズに慣れていると少し戸惑うが、盾はないので別に常時敵を正面に捉える必要がないことにすぐに気付く。 ビルド次第で近接主力でも無理なくやっていける(ノーマル難度なら) まとめ。 パッケージのイメージ通りの内容かつソフトが安いので好みのジャンルなら買って損はないと思う。 TPSなので3D酔いはしにくいし、射撃も接近戦も楽しめる。 ただし遠近自在な分、敵の数も多く自分の腕を上げていくことは必須。 とはいえ死んでも何もロストしないので心は折れにくいはず。 何よりアクションゲーとして純粋に楽しく、嫌なストレスがないことが貴重。 とにかくストーリーに期待してはいけないことだけに注意。 そっちのセンスがなぜ無かった 笑 総合評価はフルプライスならダークソウルなどと比べてしまうし、もう少し下げるところ。 なので安い分加味してつけます。 プレイ時間 60〜100時間 ちょっと物足りない作りこめてない感じのMH風洋ゲー? 55• マップの構造だったり、ボス戦のアイディアとしても練りこめてない感じ。 ボス戦終わった時の達成感よりようやく面倒ごとが終わった安堵感が強い。 ・翻訳ミス・そもそも翻訳してない所がある。 半角と全角くっつけて、隠すはずの処理命令がテキストに記載されてるのは、 普通にゲームのチェック時に見つかるのでは? ・オンラインが微妙 人が少ないのか3人集まったことはいまだにない。 ・マップの表示が雑で分かりづらい。 総評 ギアーズ的な操作のガンアクションシューティング。 流れ的には、 オンラインで金や素材集めて強化してオフで一人でクリアしていく的な感じ。 そうでもしないとオフはしんどい。 一人対多数だから。 オフは最低でもNPC連れて行かせるように作ってほしかった。 オンラインはもうちょっと他の人の部屋に入りやすくしてほしいし、 他人に協力を求めたい時は人を呼びたいので呼べるようにしてほしい。 入った部屋が即拠点に戻って次の準備を待ったりするのは、ぶっちゃけ、 無駄な時間だと思うし、その辺を考慮して仕様は作るべきだった。 個人的にはもうちょっと作りこんで難しくてもやりやすいゲームにしてほしかった。 プレイ時間 20〜40時間.

次の

【レムナント:フロム・ジ・アッシュ】予約特典や最安ショップ比較まとめ

レムナントフロムジアッシュ マルチプレイ やり方

DMM GAMESは、アクションシューティング「レムナント:フロム・ジ・アッシュ」のプレイステーション4版を6月25日に発売する。 昨年Steamや北米PS4にて発売された同作の日本語ローカライズ版であり、異次元から現れた生命体「ルート」の侵略によって荒廃した世界を舞台に激しい戦いを体験するサードパーソンシューティングである。 TPSながら、銃撃戦のみならず近接戦にも展開するハードなアクションが特徴で、3種類から選ぶ「アーキタイプ」や、スキル的な役割を持つ「武器Mod」&「トレイト」といったカスタマイズにより、自分好みのキャラクターを育てていくことも大きな魅力だ。 高難易度をうたう本作は、最大3人のオンライン協力プレイにも対応しているが、今回のレビューは発売前にプレイをしているため、ソロでのキャンペーンのプレイを主体としている。 1人でも十分に楽しくプレイできたことを前置きしつつ、その内容と感触などをお届けしていこう。 Ward 13の重要人物から入手する「ドラゴンハート」は、ヘルスを回復するアイテムだ 「ルート」は未知の生物であり、人間対人間のTPSで展開する銃撃戦とは趣の異なる戦闘が展開。 ゲーム開始時にプレーヤーに最初に支給されるのは、セミオートながら連射の効く「ハンドガン」と、装弾数や連射は劣るものの単発の威力が高い「ロングガン」、そして肉弾戦に使用する「近接武器」の3カテゴリーの武器で、どれも決して上等なものではなく、弾薬も限られるため、ヘッドショットや後述する「武器MOD」などで敵の弱点を突いていく戦術は有効で、さらに無敵時間のある回避を交えた近接戦闘のアクションも重要となっている。 またこの手のシューターとしては珍しくスタミナの概念があり、走り続けたり連続して回避したりする回数が限られるため、それを考慮した立ち回りも必要となる。 この手触りはなかなか新鮮で、本作の大きな特徴でもある。 回避は無敵時間のあるローリングを行なう。 使うと一定値のスタミナを消費するが、スタミナは一定時間で回復する 人間のような四肢を持つルートに関しては、頭部とおぼしき部分へのヘッドショットは有効となるが、弱点が頭ではない者や銃撃に耐性を持った者なども登場するので、狙っていくべき戦い方であるものの絶対ではない。 またルート達の攻撃手段についても、異界のクリーチャーらしい、こちらが考えつかないようなことを行なってくる者もいるため、繰り返し戦ってその性質を見極めることは必須だ。 特に新たなエリアに移動したときなどは新たな敵が登場する可能性もあり、場合によってはわざとやられてみるのも戦略のひとつとなるだろう。 なおプレーヤーのアクション自体にはクセがなく、軽すぎず重すぎずの快適な操作感で、さらにエイムのアシストなどもあり、取っつきやすいバランスなのは高く評価したい点だ。 廃墟として構築されたフィールドでの探索や戦闘が楽しい! 本作のフィールドは、拠点となるWard 13のクリスタルから転送される異世界であり、キャンペーンの場合はイベントの目的によっておもむくエリアが増えていく仕組みだ。 行く先のエリアはどこも退廃的な情景のもとに構築されていて、その手の世界観が好きな人には魅力的に感じられるはず。 プレーヤーはそこに点在する「チェックポイント」を目指して探索や戦闘を行なっていくわけだが、その間にはダンジョンの出入り口やボスが存在することもあり、探索はより密度の濃いものとなるだろう。 その反面、戦闘を繰り返してトレイトを増やしたり、資金を稼いだりすることができることもお伝えしておきたい。

次の

別の追放者は敵か味方か!?『コナン アウトキャスト』オンラインマルチプレイの歩き方【特集第4回/電撃PS】

レムナントフロムジアッシュ マルチプレイ やり方

非常に高難易度なゲームでありながらも、デスペナルティがなくリトライも容易。 バランスも絶妙で、何度も挑戦したくなるリプレイ性の高さが魅力です。 世界中から高い評価を得ており、累計100万本以上の大ヒットを記録。 PS4版は日本語化に合わせてキャラクターのボイスが吹き替えられており、英語版を遊んだユーザーも新鮮な気持ちでストーリーを楽しめるようになっています。 なお、今回のレビューは開発途中のバージョンでプレイしているため、アイテムの解説に未翻訳の部分があるなど一部製品版とは異なります。 オンライン要素に関しても日本語バージョンでは触れることができませんでしたので、その点はご了承ください。 心が折れそうになるほどアッサリやられる! でも、そこがいい!! 銃を使って戦うことが基本ではありますが、近接攻撃も序盤は信じられないくらい強くて頼りになります。 ローリングで回避しながら戦う近接アクション的な楽しさもあれば、銃で一掃するTPSの良さもアリ。 「ああ、あのゲームに銃があったらなあ……」なんて思っちゃうようなジャンルに、突然強力な銃が与えられたような不思議な感覚です。 とはいえ、スタミナ制のアクションなので何も考えずに攻撃しているとダッシュや回避ができずに苦戦するので油断は禁物。 ローリングと近接攻撃を使って弾薬を節約し、強敵に銃器をぶっぱなす。 TPSとゴリゴリの近接アクションがうまく融合していますし、攻撃したときの手ごたえも良くて爽快感バツグンです。 持てる武器をフルに使って切り抜けていく感覚は本当に近接系アクションなんですよね。 かと思いきや、最終的には銃器のほうが強い(というか近接ではどうしようもない時がある)に頼ることになるのでやっぱりTPSでもあるんですよ。 2つのジャンルの美味しいところを両方合わせた、良いとこどりなゲーム性がうれしい! というわけで、少し具体的な話をしていきましょう。 とくにアドベンチャーモードは、順番に攻略していくストーリーモードと違って3つのロケーションから好きな場所と難易度を選んでリロールし直せます。 いつでも好きなエリアを探索できて、リセットし直せるという利点があるのです。 正直なところ戦闘が楽しいゲームではあるのですが、探索要素もなかなか楽しいんですよ。 安全なルートを見極めて進み、こうりゃって攻略するのか~なんて考えながらプレイしていて、最初はランダムだと思っていませんでした。 何回かリロールし直して、全然違う構造になったのに気づいたくらい良い意味でランダム感が薄いんですよ。 個性はないはずなのに、なんとなく個性を感じられて好きです。 ハッキリ言って難易度は高めなゲームですが、総じてハイクオリティな作りなので万人にオススメしやすい印象でした。 ボッコボコにされて心折れるのが楽しい! そういうジャンルがやりたい、という人ならさらにマッチすると思います。 サンプル版なので未翻訳の部分はありましたが、翻訳されているところに関して言えば問題なし。 英語版だとストーリーがよくわからなかったという人も、ぜひPS4版で遊んでみてください! Published by EXNOA LLC. and Gunfire Games, LLC. All rights reserved. Developed by Gunfire Games, LLC. Remnant: From the Ashes and Gunfire Games are trademarks, service marks and logos owned by Gunfire Games, LLC.

次の