チョウチンアンコウ 同化。 【動画】交尾する深海アンコウ、史上初の撮影

海水魚界NO.1のヒモ男!

チョウチンアンコウ 同化

チョウチンアンコウの容姿 まず最初に、チョウチンアンコウと言われてみなさんが想像する魚の姿はおそらく、茶色っぽいグデっとした体と、下顎がしゃくれたちょっとこわーい顔、そしてピカピカと光る提灯(ちょうちん)が頭についているものではないでしょうか? 皆さんが想像した魚はチョウチンアンコウで間違いありません。 しかし、その魚は全てチョウチンアンコウのメスであり、オスは別の姿をしています。 メスの全長は40~50cm程度に対し、オスは極端に小さく、わずか5cmほどしかありません。 姿も細長く、見た目からは同じ魚とは思えないくらいです。 しかし、その明確な姿の記録はまだなく、どのようにして泳ぐのか、どのような生態なのかは未だに不明のようです。 チョウチンアンコウが生息しているのは水深200-800mの深海で、水揚げされることがほとんどなく、まだまだ解明されていない謎の多い魚です。 出典:Pixabay この3つの要素で提灯はできています。 使い方 アンコウの仲間の多くは誘引突起(イリシウム)を持っています。 イリシウムは背びれの1番先頭のトゲが変形したものです。 イシリウムの先端に存在する擬餌状体(エスカ)には10本の糸状の組織が存在し、この部分を水中で漂わせることで、小魚や、小さい生物に見立てています。 彼らはこのイシリウムを巧みに操り、釣り竿かのごとくエスカを動かして、エサとなる生き物をおびき寄せ、エスカに誘われてフラーっと魚が自分の前を通ると、大きな口で丸飲みにして捕食します。 また、特にチョウチンアンコウの仲間は、更にこのエスカの先端に発光器を有し、その部分を光らせることができます。 真っ暗な深海で、ピカピカしたものがヒラヒラと動いていたら、目的がなくとも近づいて行ってしまう気持ちはなんとなく理解できますね。 発光の方法 チョウチンアンコウがどのようにしてエスカを発光させているのか。 チョウチンアンコウが光る物質を分泌している?あるいはソーラーパネルのように太陽光を貯蓄して光らせている? いいえ、違います。 実は光っているのは、チョウチンアンコウ自身ではなく、発光器に共生させている発光バクテリアたちなのです。 エスカの膨らみの中心はバクテリアの培養室になっており、発光バクテリアを共生させています。 培養室の上部は半透明になっており、あたかも提灯自体が光っているように見えるのです。 また、培養室には細い開口部があり、ここから発光バクテリアを噴出させることもできます。 光ファイバー同様の器官 チョウチンアンコウ類のエスカは他のものと違い、エスカから出ている糸状の組織は光ファイバーと同じような構造をしています。 糸状の組織は中心が透明になっており、培養室の発光バクテリアの光を先端の発光器まで届けているのです。 独自に進化を遂げた器官が、人間が何年も掛けて作り出した技術と同様の構造をしているなんて、驚きですね!.

次の

交尾でオスとメスが融合する!? 謎すぎるチョウチンアンコウの生態

チョウチンアンコウ 同化

2018. 08 タイトルだけ見ると、なんのこっちゃ?と思われる方も多いでしょう。 チョウチンアンコウは深海に生息するアンコウの仲間で、頭から提灯のようなものをぶら下げています。 このように皆さんがイメージするチョウチンアンコウは、じつは メスで、 オスのチョウチンアンコウは全く違う形をしています。 チョウチンアンコウのオスの末路 種にもよりますが、チョウチンアンコウのメスは体長およそ40cmにまで成長します。 しかしオスはその20分の1、わずか2cm程しかありません。 また、最も独特なのは子孫を残す方法です。 オスは好みのメスを見つけると、その体に噛み付いて寄生を始めます。 すると、徐々にオスの体はメスの体と同化していき、脳や心臓までもがメスに吸収されてしまい、最終的には精巣だけがメスの体内に残るのです。 精巣を手に入れたメスは、いつでも子孫を残せる状況になるというわけです。 しかし、これが人間であったならと考えると、とても怖いものです。

次の

深海に生きる魚の不思議!マンボウのオスの見分け方は?

チョウチンアンコウ 同化

生きものたちにとって、エサの少ない深海で同じ仲間に出会うのはそう簡単な事ではありません。 生きものたちは、子孫を残す事を大前提に生きています。 ビワアンコウのオスも仮にメスに出会ったとしても、この先、いつまた出会えるかはわかりません。 そこでオスは「このチャンスを逃してなるものか!!」と言わんばかりにメスに噛みつくのです。 すると不思議なことに、噛みついたオスは口元からメスの体に融合し同化していくのです。 やがて、目や脳などさまざまな器官が退化し、栄養分は繋がったメスの血管からもらい、メスが卵を産むタイミングでサインが送られ、オスは放精するのです。 食いついたオスの顎はメスの皮膚に溶け込み、内臓は消え失せ、血流も一体化します。 メスに食べさせてもらい、自分の意志は無く、メスに依存しないと生きていけません。 「究極のヒモ」なんて言われることもしばしば。 しかし、これがオスの生殖戦略なのです。 近所の魚に、「あそこのオスはメスと同化して、全然働かないでいつも食べさせてもらってるのよ。 」と陰口を叩かれることもあるでしょう。 オスだって亭主関白を気取りたい日だってあるかもしれません。 しかし、子孫を残すということに、これ程までに特化したビワアンコウのオスの生き方が僕は大好きです。

次の