紫陽花 の 剪定。 アジサイ(ハイドランジア)の育て方

アジサイの植え替え 地植えや別の鉢に移動する方法と剪定のコツ

紫陽花 の 剪定

アジサイには、必ずしも剪定が必要ということではありません。 ただし、毎年美しい花を楽しむためにも、次に説明するようなアジサイの性質を考えながら、地植え・鉢植えともに、剪定をすることをおすすめします。 また、枝先にのみ花をつける性質があるので、剪定をしないまま花期を迎えると、高い位置にのみ花がつき、鑑賞しづらくなってしまいます。 剪定をして、コンパクトに樹形をとどめ、鑑賞しやすいアジサイにする必要があります。 いつまでも終わった花がついていると、株全体の風通しが悪くなり、翌年の花を咲かせる体力もなくなってしまうので、花が終わったら手入れをして落として上げる必要があります。 とくに鉢植えのアジサイは必ず夏剪定をしよう! 鉢植えでアジサイを育てているときは、必ずその年の花を落とす夏剪定をしてください。 限られた環境で成長する鉢植えのアジサイは、地植えほど体力を持っていません。 花後にしっかり剪定し、植え替えも行うことで、翌年の花を咲かす体力が養われます。 アジサイの強剪定の方法 アジサイの強剪定は、株全体の3分の1ほどを、株の根元から切り戻していきます。 枝が茂った見た目になりますが、ここで思い切って強く剪定していきましょう。 翌年の花と樹形の調整、両方をおこないたいときは、強剪定は株全体の2分の1ほどで切り戻し、花がついていた枝は花の2節目で切り落とします。 アジサイの剪定:花の終わりのサインの見極め 実は私たちがアジサイの花と思って鑑賞しているのは、花びらではなく、萼 がく の部分です。 花は萼の中央にある粒のようなごく小さな部分のみになります。 アジサイの花の終わりは西洋アジサイ テマリ咲のホンアジサイ とガクアジサイで少々異なります。 花の終わりを見極めて、適切な時期に剪定をおこないましょう。 西洋アジサイの場合.

次の

【あじさいの剪定】剪定の種類・剪定時期・剪定方法(やり方)【まとめ】

紫陽花 の 剪定

栽培環境・日当たり・置き場 耐陰性もありますが、花つきをよくするには日当たりのよい場所が適します。 やや湿り気のある肥よくな土壌を好みます。 水やり 庭植え、鉢植えともに水切れには注意します。 土が乾きすぎるようだと生育や花つきが悪くなります。 肥料 寒肥は3月までに有機物(堆肥など)と草木灰を混ぜたものを株の周囲に施し、開花前の5月ごろに油かすなどを施します。 病気と害虫 病気:うどんこ病、モザイク病、斑点病、炭そ病 うどんこ病を予防するには、込んだ枝葉を剪定して通風をよくします。 害虫:オオミノガ、カイガラムシ、アブラムシなど 春から夏にかけて発生することがあります。 用土(鉢植え) 黒土を主体にして堆肥などの有機質を加え、通気性と保湿を得るために鹿沼土など混ぜて用います。 植えつけ、 植え替え 植えつけは落葉期間中ならいつでも行えます。 2~3年に1回植え替え、用土の通気性をよくします。 ふやし方 さし木:3月から4月に前年枝を用いて春ざしをするか、6月ごろに当年枝を用いて夏ざしをします。 いずれの季節も充実した穂木を使用します。 株分け:植え替えの適期に行いますが、小分けにしすぎないよう注意します。 主な作業 花がら摘み、剪定:花つきをよくするためには、7月上旬から9月中旬に花がら摘みと合わせて、今年伸びた新梢の芽(節)を3~5個残し剪定します。 落葉前後(11月下旬ごろ)に切り詰めると、樹形を小さくすることができ、枝下に残る大きい芽から花を咲かせることもできます。 古くなり太く木化した茎は、2月上旬から3月上旬に整理します。 特徴 アジサイは、世界で広く親しまれている日本産の落葉低木で、梅雨どきに咲く代表的な花木です。 丈夫で育てやすく、乾燥しないように気をつければ鉢植えでも庭植えでも容易に栽培することができます。 アジサイの名は、広義には、アジサイ属 ハイ...

次の

庭は春バラから梅雨時期の紫陽花へ 紫陽花の剪定時期と剪定方法

紫陽花 の 剪定

アルと酸性について 酸性の土だと青。 アルカリだと赤になります。 といっても、 やなら露骨に影響が出ますが、ボール状に咲く「西洋アジサイ」では、さほど変化がありません。 酸性の土が花色の及ぼす影響 例えば、ピンクの西洋アジサイを庭植えしたとします。 「雨」というものがそもそも「弱酸性」なので徐々に土が酸性になります。 でもピンクの花が青になるかというと、そういうわけではなくピンクのままです。 ただし若干青みがかって、くすんで見えます。 なので鮮やかなピンクを維持するためには、石灰を混ぜるなどして酸性化を防がなくちゃいけません。 ひっくり返すと、 酸性・アルカリ性というのは、その程度の影響しかないということです。 花が咲かないならチェック! 「うちのアジサイ、枯れてないのに咲かないんですけど~」といわれるお客さんが居ます。 原因は枯れた花を切る時期にあります。 アジサイの花は枯れてしまっても、それなりの形をしてキレイなものですから、切り落とすのは忍びないもの。 だもんだから、そのままにしておき、いよいよ花が完全にしおれてしまった秋口にバッサリと切り落とします。 すると、そのとき、翌年の花芽も一緒に切り落としてしまうことになり、翌年に花が咲かないわけです。 そういう場合は一年おきに咲くことになります。 8月以降に翌年の花芽が出来ます。 パッと見には花芽は分かりません。 花を毎年咲かせるために出来れば7月中。 遅くても8月上旬までに花を切り落とすようにしましょう。 寒さに当たると落葉し、冬は枝だけになります。 店頭には「アジサイ・七変化」という名前で販売してあることがありますが、七変化は別名で七変化という品種があるわけではありません(は品種名です)。 時間と共に色合いが変化する様子から七変化と呼ばれるようになったようです。

次の