中田 敦彦 の youtube 大学 日本 史。 中田敦彦のYouTube大学おすすめ動画トップ5|ミニマリスト坊主

中田敦彦のYouTube大学

中田 敦彦 の youtube 大学 日本 史

学校の授業で習う日本史を原始時代から現代史まで一気に解説しています。 中田敦彦が、その日本史の通史の参考図書にしたのが下記の本です。 全5章で構成されており、テーマごとに見開きで完結していることや、各テーマに沿ったわかりやすい図も豊富なのでとても読みやすいです。 その名のとおり、早わかりで日本史のおおまかな内容をつかむにはオススメの一冊です。 また、教科書にも掲載される重要語句も一通り記載されているので、学生の方の参考書にもなりますし、お父さんお母さんの復習の為の教材として最適だと思いますよ。 ちなみに、この本でも書かれているように、現在の歴史教科書では鎌倉幕府の成立した年号は1192年とは教えないようです。 これだけでも驚きですが、実は他にもかつての教科書とは違う教え方をしている点は多々あります。 それについては下記の記事でまとめていますので、気になった人はぜひ読んでみて下さい。 坂本龍馬・新選組についての動画で紹介されたおすすめの本 神社と寺、神道と仏教という日本の宗教に関する動画で紹介された本が下記の2冊です。 一つ目は、普段あまり気にしていない神社と寺をデータを元に比較したり、それぞれの違いを明確にした中田敦彦御用達のpenbooksです。 もうひとつは、日本の複雑な仏教史と神道との関係を示した、中田敦彦いわく「めちゃくちゃ堅そうにみえるけど、情熱に溢れた本」です。 昨今の寺社ブームで、仏教や神道に興味のある人にはオススメです。 中田敦彦がおすすめする歴史の本を紹介!【世界史】 続いて世界史に関する動画で紹介されたおすすめの本を、国や地域別にわけてまとめました。 現代史についての本は、大半が池上彰の著書ですね。 特定の人の著書だと偏った見方になってしまう可能性もあるので、様々な人の著書も併せて読むことをオススメします。 サピエンス全史編で紹介されたおすすめの本 主にイギリスの歴史とEUとの関わりを紹介した動画の中で紹介された本です。 また、日本とも歴史的に深い関わりがあるロシアの現代史で紹介された本です。 まとめ 2019年から急速にチャンネル登録者数を増やした「中田敦彦のYouTube大学」ですが、「面白い!わかりやい!」という評判の一方、「誤った情報・認識だ!」という有識者・専門家の指摘も多々あります。 確かに、参考としている本は池上彰の著作が多く、偏った認識になりかねないでしょう。 ただ、自分の知らなかった分野に興味を持つきっかけとして、動画を見たり本を読むのはいいのではないでしょうか。 こうした指摘があることを踏まえていれば、じゃあ他の人の本も読んで比べてみようと思えるでしょう。

次の

中田敦彦のYouTube大学

中田 敦彦 の youtube 大学 日本 史

「中田敦彦(オリラジのあっちゃん)」を知らない人は少ないだろう。 テレビで引っ張りだこだったお笑い芸人だ。 お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」として「藤森慎吾」と組み、 『武勇伝』で一世を風靡した。 その後も、ダンス&ボーカルユニット『RADIO FISH』を結成し、 『パーフェクトヒューマン』でさらに世間を湧かせた。 テレビで見ていたとき、 自分はいいオッサンなので、正直なにが面白いのかよくわからなかった。 しかし、 「中田敦彦のYouTubeチャンネル」はマジでスゴい! 久々に衝撃を受けた! 「プロの芸人ってのはここまでスゴいのか!」と、今さらながらに震えた。 今回は、 「中田敦彦のYouTube大学」のスゴさを解説する記事だ。 本当にスゴいので、ぜひ紹介している動画を見てみて欲しい。 「中田敦彦のYouTube大学」とは何か? 「中田敦彦」のユーチューブチャンネルのことで、 「YouTube大学」とついているのは、主に「歴史」や「偉人伝」など、教養系のトピックを扱っているから。 中田敦彦はオンラインサロンもやっていて、その生徒の前で講義している内容を撮ってYouTubeに投稿ということもやっている。 しかしもちろん、 サロンに入らなくてもYouTube動画は全部見ることができるし、「先を見たいのであればサロンで……」というのは一切ない。 すべての動画を、安心して無料で楽しめる。 動画を投稿し始めたのは2019年4月からだが、 1ヶ月も経たずに登録者が30万人を越えている。 中田敦彦はもともと人気の芸能人で、それゆえに動画を見ようという人もいるだろうが、YouTubeはそれだけで数字を稼げるほど甘くない。 ネームバリューよりもむしろ、 純粋なコンテンツの面白さによって、人気が爆増している。 「中田敦彦のYouTube大学」のおすすめ動画 基本的にどれもおすすめしたいし、できれば順番に見ていってほしいくらいなのだが、初めて見る人のために 「これから見始めるのがいいよ!」というものを紹介していく。 知らないと恥をかく!ざっくり爆笑ヨーロッパ史 「偉人伝」という形で、人物の生い立ちや思想などを紹介する動画もやっている。 「孫正義」といった存命中の人物や、「始皇帝」や「坂本龍馬」といった歴史上の偉人、「スティーブ・ジョブズ」や「イーロン・マスク」といった海外の大物まで、あらゆる偉人を面白おかしく紹介。 とにかく喋りが上手くて面白い! 中田敦彦ってマジですご過ぎない? 「中田敦彦のYouTube大学」を見れば、すぐにその内容の質の高さがわかると思う。 「YouTubeで学習コンテンツを作ろう」というのは、何年も前から行われてきたことであって、まったく珍しいものではない。 また、芸能人がYouTubeに参入というのも、今となっては特に珍しいものではなく、テレビで知名度を得ているからと言ってYouTubeでも人気になれる保証はない。 それでも、短期間で大きく成功している。 田中敦彦は、純粋に、実力がある。 話題の選び方、まとめ方、話し方、リズム感、などなど、「プロの芸人ってこんなにスゴいのか……!」と震撼するレベルだ。 芸能界でブレイクしたときのリズムネタや、音楽で培ってきたテンポの良さを、教育動画にも活かしている。 クオリティがめちゃくちゃ高いのに、更新頻度も高い。 この更新頻度が続けば本当にヤバいことになるんじゃないかと思う。 オリラジの中田敦彦は、失礼ながら、テレビで見ていたときはあんまり面白いと思わなかったし、大人からはバカにされやすい芸風を貫いてきた。 しかし、 「結果を出したかどうか?」という点で見れば、彼ほどの勢いで成功の道を駆け上がってきた人物はそうはいない。 ちなみに、中田敦彦の書籍を読めば、いかに戦略的に結果を出してきたかがわかるし、それが今の「YouTube大学」に繋がっていることもわかる。 最後に、中田敦彦のおすすめ書籍を紹介する。 中田敦彦の書籍を読めば本当にスゴさがわかる 実は、中田敦彦は、書籍をけっこう出版している。 同年代の中では、多くのライバルを圧倒的に引き離して売れてきた「天才芸人」なのだが、 ものすごくロジカルに考えて結果を出していることが、著書を読めばよくわかる。 労働2. 0 やりたいことして、食べていく.

次の

【中田敦彦のYouTube大学】日本史編の見る順番を解説!!本当に面白いの?評判やコメントは?

中田 敦彦 の youtube 大学 日本 史

あの恋愛の三角関係あるあるの話だよね そうです。 たしかに重い話ではあるけど、なんでこれが国語の教科書に載るの? って思った人もいると思います。 しかし 恋愛話は表面上のストーリーにすぎなかったのです。 本当に言いたいことは男女の三角関係の話ではなかったのです。 夏目漱石は他に言いたかったことがあったのです。 中田さんの動画でそれが浮き上がってきます。 解説動画を見たあとでは 「こころ」のタイトルの意味がきっと理解できるようになります。 教師が参考にする 学習要領には書かれていない内容です。 では夏目漱石が「こころ」という物語を通じて伝えたかったことは何か? ぜひそれは動画を聴いてたしかめてみてください。 もったいぶるなよ、さわりだけでもいいから教えてくれ 少し紹介すると 「こころ」は、時代の移り変わりを描いた作品だったのです。 作中で「先生」は自殺します。 この自殺は当時の大きな事件が関係しているのです。 それは ある有名な人物の自殺です。 この自殺をめぐり世論は真っ二つに分かれました。 明治世代と大正世代で意見が分かれたのです。 「こころ」は、このような社会状況を踏まえて書かれた作品だったのです。 そしていまぼくたちも平成から令和へと時代が移り変わり、価値観も変化しています。 その意味で本作は古典にして「旬」な作品なのです。 詳細はぜひ中田敦彦のYouTube大学で。 ということでランキングです。 すべて文学のジャンルがランクインしています。 1位「絵本作家 エドワード・ゴーリー」 200万部以上売れた作品の解説。 ぼくと同じように読んでいなかった人もいると思います。 早く読むべきだったと思わされます。 中田敦彦アンチだった話 アンチといっても嫉妬です。 40過ぎで薄毛ハゲのおっさんが何を嫉妬しているんだよって思いますよね。 オスの「さが」ですね。 そして年下に素直に学ぶというのも難しいものです。 だから中田さんをみてもあまり面白く思ってませんでした。 ただアンチといっても、好き「3」に対して嫌い「7」みたいな感じです。 「3」好きなので、武勇伝とかパーフェクトヒューマンとかは楽しませてもらいました。 とはいえ「7」ネガティブなので、しくじり先生に出演し、しくじりを語っているときは、爽快でした(笑) 今では比率が逆転しています。 中田敦彦さん自身のおすすめ動画 中田敦彦さん自身がおすすめする動画はこちらから確認できます。

次の