国立 競技 場 人骨。 新国立競技場地中に人骨発表・なぜ今報告?「建設中にも作業員が確か亡くなってた・・」

みんなのNEWSウォッチ

国立 競技 場 人骨

新国立競技場地中に人骨発表・なぜ今報告? 15年までに見つかっていた大量の人骨ですが、発掘調査の結果が公表されなかった理由については不明。 新国立競技場は11月末に完成予定とされています。 いずれも江戸時代に埋葬されたものとみられるという。 都教委によると、調査は 13~15年にかけて同競技場やその周辺で行われたもので、乳幼児から高齢者までの男女と推定される大量の人骨が発掘された。 一帯は江戸時代は寺町で墓地が多かったという。 国立科学博物館・篠田謙一人類研究部長:「ここ10年間くらいで五輪があるとか大規模開発が行われるということで、急速に人骨が集まり始めてしまって、ちょっと対応しきれなくなってきてる」 今年、 都内の別の工事現場でも1000体近くの人の骨が発見されています。 専門家らは当時の生活を知るうえで重要な研究対象だとして、保管場所の確保を求めています。 文化庁は来年度の概算要求にこうした骨の収蔵庫を新設することを盛り込んでいます。 出典: 「建設中にも作業員が確か亡くなってた・・」 ネットではこの話題に伴い、建設作業現場の過酷な労働問題で現場監督の自殺者が1名出たことや、過労・熱中症等で倒れる人が後を立たないような状況だった当時のニュース報道を思い出す人もいました。 なんで新国立競技場の場所が昔お墓で、190体近くの遺骨が見つかったのを言わなかったんだろう🤔 建設中にも作業員が確か亡くなってたよね🙄 — 🍷デュボネ🍷 tj00002 「人手が足りないから、作業もうまく回らずに工程が遅れ、余計に長時間労働を強いられていく。 みんな疲労でいらいらして、悪循環の現場だった」とこの現場監督は振り返る。 男性は、3月2日に失踪し、4月15日に長野県内で自殺した状態で見つかった。 遺体のそばには自筆のメモがあった。 「身も心も限界な私はこのような結果しか思い浮かびませんでした。 家族、友人、会社の方、本当にすみませんでした。 このような結果しか思い浮かばなかった私をどうかお許しください」。 そう記されていた。 厚労省は、男性の両親が労災を申請した後の7月、新国立競技場の現場に出入りした全762事業者を対象に、従業員の労働時間などを尋ねるアンケートを実施。 うち1次下請けなど計128事業者についてさらに詳しく調べたところ、違法残業などの法令違反が相次いで見つかり、労働基準監督署が81事業者に是正勧告を出した。 現場のずさんな労務管理の実態が見えてきた。 出典:.

次の

新国立競技場の土地に以前に有ったお寺は、何と言うお寺ですか?そのお寺...

国立 競技 場 人骨

ホームページのリニューアル こんにちは! 本日より、ホームページのデザインを変更しました😊 記事も増えて、そろそろデザインもきちんと創り上げて行かないと駄目なんじゃ無いかと思ってたんですが、なかなかねぇ・・・😙 年末もあっと言う間にやって来るので、思い切ってデザインをリニューアルしました。 今後も、もっと色々な情報を発信したいですから・・・。 と言ってもセンスが無いので、ブログを飾るお花は私の作品で代用です。 版は、一部分の一部しか写ってないので作品なんだかどうかも分からない状態ですね💦 全体像も、説明がないとイマイチどんな作品なんだかよく分からないですね。 カゴに入ったアーティフィシャルフラワーなので、生花では無いんです。 以前から、先生の話をちょこちょこしていますが、先生はこの世の闇に隠された真実をかなり暴いています。 そのせいか、最近では側のプロパガンディスト等が先生の事について「裏に誰か巨大な組織でもついているんじゃないか」とか、先生の記事をキチンと読まずに勝手に意味不明の悪口を言ったりして、世間の人が真実にたどりつかないようにをやっています😑 論より証拠、先生のブログを隅から隅まで読めば、理にかなった話に納得が行くと思います。 聖書に書かれている終末期は、彼らの滅びの時でもあるので何とか先生を倒して、聖書の預言が成就しないようにしたいんだと思います。 太古の昔から、彼らは勝手に選ばれしものとして、人類を苦しめ搾取するのが当たり前だと思ってきたので必死なんでしょうね。 先生の場合、神様から霊感や啓示によって教えを得ているので、彼らの嘘はこれからもどんどんバレていくと思います。 新国立競技場の工事現場から大量の人骨!! さて、達は、過去記事でをしているという話をしましたが、サタンに祈る事で色んな悪知恵を得て来ました。 その見返りとして、彼らは多くの人々を生け贄としてその命を差し出してきたと思われます。 先日も、新国立競技場の建て替え現場で、187体の人骨が見つかったというニュースがありました。 なんと、 建設現場から187体もの人骨が出てきたというのです。 ・和弘研究主幹:「 (歯が)めり込んでる状況を考えると、単純に転倒とか転落よりも局所的に暴行を昔から受けていた」 警察から遺体の骨の調査依頼を受けて事件を解決に導いたこともあるさんは暴行の可能性をも指摘します。 ミステリーなのか、事件か、オカルトか。 詳しく調べると、意外な事実が分かりました。 新国立競技場の地下から見つかった人骨は、300年ほど前に亡くなった人の骨だとみられています。 発見されたのは幼児から高齢者まで江戸時代に亡くなった人の骨だといいます。 の分析によりますと、さらに詳しいことが分かります。 例えば、先ほどの暴行を受けたと推理した高齢女性の骨ですが・・・。 ・和弘研究主幹:「転倒や転落すると、手とか前腕の骨で骨折することが多いんですけれども、この人の場合、手とか腕の骨折は見られません」 何カ所も骨折しているのに腕の骨折がない。 さらに、胸や歯に何度も強い衝撃を受けた痕があるということで、暴行や虐待の可能性を推測できるそうです。 ・・・・・・・続く メディアは、その土地にお寺があった 江戸時代 からだと説明していますが、旧国立競技場を建てた時はどうだったのでしょうか? 旧国立競技場の建設は、昭和33(1958)年3月に完成。 その前身は、「外苑競技場」(以下、神宮競技場)という名で、大正13(1924)年10月に完成しました。 この場所は、青山練兵場 れんぺいじょう 跡地だったそうです。 練兵場とは、兵隊が戦争の為の訓練を行う所 その時も大きく深く穴を掘ったに違いありません。 なのに、これだけの人骨があるにも関わらず、見つからなかったと言うのも不自然な話です。 ホントに全て300年前の人骨だったのでしょうか? 元練兵場の跡地というので、土地の用途変更をする場合、特に人骨以外にも物騒なものが埋められている可能性のある土地なので調査するのが普通です 鉄砲玉や爆薬が埋められていたりする危険性もあります。 仮に何らかの理由で調査が出来なかったとしても、巨大な建物を建てるには広範囲にそして深く穴を掘った筈です。 その時に出て来なかったとは考えられません。 人骨があれば別の場所に移し供養する筈です。 なので、人柱として人身御供 生け贄 として埋められていたと考えていいと思います。 これからもあるのでもっと発見されるとの話ですが、表沙汰になるのはそのうちの一部だけでしょうね。 今回の報道は、生け贄文化の事を知らない人達が掘り当てたのか、メディアも隠し通す事も出来ず色々と理由をつけて公表する事になったのでは無いかと思います。 発見されて報道するまでに、人骨の種類や状況を調べ終わってから公表するというのも変な話です。 普通は、人骨が発見された時点で報道するのが筋です。 会社はの製作が業務で「インドから輸入した」と説明しています。 警視庁が経緯を調べています。 足立区の住宅街に建つ1軒の空き家はかつて、ある会社の事務所として使われていた建物で、周りには当時からとみられるごみが残されたままとなっています。 およそ 500人分の人の骨は、この場所から見つかりました。 骨は建物の中だけでなく、建物の外にも段ボールに入れられて置いてあったということです。 中略 警視庁などによりますと、 2018年秋に敷地内で会社の関係者が死亡しているのが見つかりました。 警察官が男性の死亡について調べた際、頭の骨などを見つけたということです。 見つかった骨は死後数十年経過しているものとみられ、事件に関連している可能性は低いということです。 ・・・・続く の制作を業務とする会社が、いくら業務とは言え2、30年前にインドから500人分の人骨の輸入が可能だったのでしょうか?仮に可能だったとして、そんなに多くの骨が必要だったとも思えません。 現に、多くの人骨が使われずに放置されています。 そういう理由で、この件について何処からどう見ても不自然な報道と思えます。 という事で、これら以外にも日本の各地で多くの人骨が見つかっています。 ところで、何故ニュースで江戸時代のものだからと発表するのでしょうか? 人骨の扱いが、江戸時代のものと明治時代以降のものとでは大きく変わる様です。 江戸時代以前のものは、「もの」として扱われ、明治時代以降のものは、「人 の延長線上のもの 」として扱われるからです。 なので、事件性が無いと言いたい時には、江戸時代のものと言っておけばそれ以上の追求は誰もしないとでもいう事でしょう。 で、その人骨の年代を偽った事で、の研究に問題が起こっているという話を見つけました。 全国12の大学に1600体以上が保管されていることがわかっている。 これらの遺骨の一部は研究のために別の大学の研究者らに提供されることがある。 新しい研究に使われた遺骨は、江戸時代のものとされていた。 しかし、 発掘当時の資料を詳細に調べていくと、 別の可能性が浮かび上がってきた・・・ の集団が札と道を提訴することを決めた。 遺骨が研究に使われる背景を検証する。 この話から分かる様に、 人骨の年代はそう簡単には分からないという事です。 寧ろ、人骨の掘られた場所とか埋められたであろう年代という周りの状況で判断しているという側面で決定する様です。 なので、これから新しく発見される人骨も、江戸時代以前のものとして簡単に判断出来ないという事です。

次の

オリンピックせまる新国立競技場で大量の骨が発見される

国立 競技 場 人骨

新国立競技場 人骨 新国立競技場 人骨のニュースは、次のように報道されています。 2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場で、今月末に完成予定の新国立競技場(東京都新宿区)を建設前に発掘調査した際、地中から少なくとも187体分の人骨が見つかっていたことが8日、都教育委員会への取材で分かった。 一帯は江戸時代に寺の墓地があり、当時埋葬されたものとみられるという。 調査は都埋蔵文化財センターが13年7月~15年8月、競技場と周辺約3万2千平方メートルを対象に実施。 乳児から高齢者まで幅広い世代の男女と推定される人骨が見つかった。 寺が移転してきた1732年以降に埋葬され、1919年に寺が別の場所に移転する際取り残されたとみられるという。 出典headlines. yahoo. 訓練場を作る事で、お寺と墓地を移動となったのですがその際、墓地に埋葬されていた遺骨も掘り出したと聞きました。 その遺骨の取りこぼしではないかと聞いた事があります。 起こされついでにオリンピック観戦してまた成仏してください。 しっかり供養しましょう。 この骨は子孫に忘れられている訳だが逆に何百年も維持される墓はほとんど無いのだろう。 長い歴史の中では個人の血の伝承など些末なものなんだろうな。 研究に必要な骨、保存すべき骨は、それほど多くないでしょうから。 旧国立競技場を建設する時に見落とされた人骨をそのまま放置しておいて良い訳がない。 改めて埋葬してげて欲しい。 が、管理していたお寺も墓石だけ移したのか、軍部がそうしたのか分かりませんが映画ポルターガイストみたいなことになったら競技どころじゃなくなりますね。 安らかに眠っていたのに突然叩き起こされた皆さんの想いを思うと本当に切なくなります。 初期の段階で人骨の事を言わなかったのは工事が遅れるのが嫌だったんだろうね。 こういう所にご都合主義と隠匿体質が見える。 バッハ会長とIOCの独断と偏見で急にマラソンと競歩の競技場が北海道に決まった事もあるし、結局大枚はたいてるアメリカのテレビ局に逆らえないし、一体誰の為のオリンピック、パラリンピック?と思う。 もう日本はオリンピック開催地に立候補しなくていいよ。 今後も東京は新開発するたびに骨が出てくるかも知れませんが丁重に扱うべきです。

次の