赤ちゃん麦茶いつから。 赤ちゃんに麦茶はいつから?作り方と注意点【大人と一緒・市販は?】

赤ちゃんの麦茶はいつから必要?量や飲ませ方は?おすすめ商品10選|cozre[コズレ]子育てマガジン

赤ちゃん麦茶いつから

赤ちゃんの麦茶はいつから?何か月から飲める?【新生児は?】 赤ちゃんの麦茶はいつから?行けるのでしょうか? こんな風に迷っていることも多いですね。 赤ちゃん用の麦茶は1ヶ月から【完母なら早く飲ませる必要なし】 麦茶を飲ませるタイミングとしては 生後1ヶ月からです。 これは、市販されている赤ちゃん用のお茶に記載をしてある時期です。 こんな風にアンケートを取っている方がおり、1ヶ月から飲ませている方が多いデータに驚きます。 そのため、赤ちゃんの飲みやすいお茶になっています。 生後半年の離乳食の時期が最適【赤ちゃんの麦茶の開始】 しかし、 1ヶ月になったからといって麦茶を飲ませる必要はありません。 基本的にはミルクを飲んでいる時期はそれで水分が補給をされています。 そのため、特に麦茶を与える必要はないのです。 もちろん、離乳食開始までに母乳やミルク以外の果汁、イオン水なども与える必要もありません。 母乳やミルクで生後5~6ヶ月の時期は十分水分も取れていますので、特に与える必要はありません。 しかし、 離乳食になると食後に口の中の清潔にするため。 飲ませたりする必要もあるので開始しても良いでしょう。 ほうじ茶やウーロン茶を飲ませても良いの?【カフェイン】 よく赤ちゃんには麦茶がおすすめといわれます。 しかし、家によってはほうじ茶、ウーロン茶になることもあります。 それは基本的にはダメです。 麦茶にはカフェインが含まれていませんが、 ほうじ茶、ウーロン茶にはカフェインが含まれています。 カフェインを摂取すると、めまい、動悸、興奮、不眠などの症状がでる場合もありますので、赤ちゃんには避けておきましょう。 赤ちゃんの麦茶の作り方【大人と一緒?市販はOK?】 次に赤ちゃんの麦茶の作り方です。 超ズボラだからいつも水出し麦茶しか作ってないんだけど、赤ちゃんにいつから水出し麦茶を与えていいのかわからん。 毎日水分あげてるけどズボラだから買ったベビー麦茶か白湯だし…上の子のことなんて思い出せない。 上の子はひたすら一生懸命でもっと頑張れたのにな〜〜 — るんたプラスワン luntaluntalunta 麦茶の作り方にもいろいろとあります。 水出し、煮沸などどれをすべきなのでしょうか? いろいろなポイントについて書いていきます。 麦茶のパックは赤ちゃん用を購入しよう 麦茶のパックは赤ちゃん用を購入しましょう。 大人用と赤ちゃん用では麦茶の味が違います。 そのため、赤ちゃんの方が苦みが抑えられており、薄めです。 大人用のパックではなく、赤ちゃん用の麦茶パックを使いましょう。 水出し麦茶はNG【お湯を沸かして煮出そう】 水出し麦茶は赤ちゃんにはダメです。 日本の水はきれいでも、やはり消毒は入っています。 それが、赤ちゃんには良いものではありませんし、ただ水を飲ましているのと変わらなくなります。 しっかりとお湯を沸騰させて麦茶を作りましょう。 赤ちゃんの麦茶を作るなら500mlで十分【保管は避けるべき】 赤ちゃん用の麦茶は大量につくる必要はありません。 特にお腹もデリケートなので、 赤ちゃんのお茶は毎日作りましょう。 ミルクも一緒に飲んでいる時期ならば、そこまで飲むことができません。 一日500mlくらいで十分です。 保管は避けておき、その日の飲める量だけ作るようにしてください。 大人と一緒や市販のものはNG【苦みがあるため薄める】 麦茶を作るのは面倒くさい。 そこで、大人と一緒のものや市販のものを飲ませようと考えるでしょう。 しかし、それは赤ちゃんにはよくありません。 先ほども書きましたが、 赤ちゃん用は大人と違って苦みが抑えられており、赤ちゃんが飲みやすいように作られています。 そのため、赤ちゃん用を用意してあげてください。 赤ちゃんに麦茶を飲ませる注意点【飲ませ方に気をつけよう】 次に赤ちゃんに麦茶を飲ませる注意点について書いていきます。 赤ちゃんの飲ませ方について気をつけましょう。 赤ちゃんの麦茶はアレルギーの可能性も【初めては平日に】 赤ちゃんの麦茶を飲ませる時には平日にしましょう。 もしかすると、 アレルギーがでる可能性もあります。 麦茶は大麦の種子を煎じて作った飲み物であり、小麦と直接関係はありません。 しかし小麦アレルギーの中に麦類全般に除去指導されている場合があり、この場合に麦茶の除去が必要な場合があります (引用:東京都福祉保健局 東京都アレルギー情報navi. 「」) そのため、平日の病院が開いている時間に飲ませるようにしましょう。 赤ちゃんの麦茶はどのように飲ませる?3つの方法 次に赤ちゃんへ麦茶をどのように飲ませるか?です。 これについては飲ませる時期にもよりますが、赤ちゃんの様子をみて進めて下さい。 スプーンで飲ませる スプーンで一口ずつ飲ませてみましょう。 まずは、麦茶の味に慣れさせることが大事で、一口ずつ飲ませてみましょう。 哺乳瓶はストローマグで飲ませる ストローで吸えるようになっているならば、 マグも有効です。 特に離乳食が進むと、水分補給の1つとして麦茶が必要です。 ストローマグでしっかりと飲ませてみましょう。 飲ませる量は少しずつ増やしていき慣れさせる いきなり大量に飲ませることは避けておきましょう。 ミルクからいきなり麦茶になると、赤ちゃんのお腹もビックリしてしまいます。 徐々に慣れさせて、飲ませるようにしてください。 保育園は自宅で飲ませてから【赤ちゃんの麦茶は要注意】 保育園でも自宅で飲ませたことを確認してから、飲ませることになります。 保育園では離乳食も同じで、ママにまずはお願いします。 アレルゲンとなる玉子、牛乳なども同じですね。 自宅で飲ませて問題なければ、保育園でも飲ませるようになります。 冷たい麦茶はNG!常温のお茶を飲ませよう 冷たい麦茶は避けておきましょう。 赤ちゃんの体の中に冷たい麦茶を入れると、身体が冷えてしまいます。 臓器が冷えると、体の機能も低下してしまいますので、常温で問題なしです。 赤ちゃんが麦茶を飲んでくれない時の対処法 次に水分補給をさせたいけれども、麦茶を飲んでくれない時の対処法です。 特に離乳食も始まって、麦茶で水分を摂ろうと思ったのだけれども、なかなか取れない時に対処をする方法ですね。 麦茶を飲むタイミングは喉が渇いている時 コツは 喉が渇くときです。 特に以下の3つのタイミングはお茶も飲んでくれやすい時期になるといえますね。 お風呂上り お風呂にはいって、あがれば、喉もかわいています。 そのタイミングで麦茶を与えてみましょう。 以外と喉がかわいており、さっと飲んでくれることもあります。 外出時に適度なタイミングで 外出時の水分補給で飲んでくれる可能性があります。 例えば、公園で遊んでいるタイミング、汗をかいたタイミングなどです。 のどが渇いているタイミングで飲ませてみましょう。 お昼寝起き・朝起きたとき 次に 睡眠から起きたときです。 起きたら、体の水分が奪われていますので、赤ちゃんものどが渇いています。 そのタイミングで飲ませてもよいでしょう。 赤ちゃんの麦茶はいつからのまとめ【生後1ヶ月だけど焦る必要なし】 赤ちゃんの麦茶はいつからなのか? これについては離乳食のタイミングが一番おすすめです。 市販のものは生後1ヶ月からいけますが、そこまで焦って飲ませる必要もありません。 落ち着いて飲ませるようにしてあげてください。 もちろん、ミルクや母乳の時期は水分補給ができていますので、飲まないならば無理に飲ませる必要もありません。 幼稚園、小学校受験に関しては知識あります。 今は元保育士として普通のサラリーマン(営業)をしています。 【簡単な紹介】 関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。 趣味はキャンプと筋トレ、フットサル。 今はサラリーマンをしながら副業を実践中! ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。 個別のブログ運用コンサルも実践中。 【サイトの運営目的】 子育てって難しくて悩みがつきません。 そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。 保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です! 実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

次の

新生児(赤ちゃん)の麦茶はいつから?飲ませ方や量、温度について解説

赤ちゃん麦茶いつから

赤ちゃんって触ると温かくてしっとりしてお肌がプニプニですよね。 赤ちゃんのプニプニの癒し効果は抜群で、いつまででも触っていられるたまらない気持ちよさ! 2歳の息子もまだプニプニですが、生まれて数か月の頃のぷくぷくした感じはめちゃくちゃ懐かしいです。 このプニプニこそが水分量たっぷりの証! 赤ちゃんの水分量は体重の80%を占めるといわれています。 つまり飲ませた水分がほとんど赤ちゃんを作り上げているといっても過言ではありません。 となると、飲ませる水分の質や量のチョイスは責任重大! 赤ちゃんを健やかに成長させるためのカギを握っているはず! ということで、今回は赤ちゃんの水分補給を掘り下げてみたいと思います! もくじ• 赤ちゃんの水分補給はいつから?こまめな水分補給が必要なワケ 赤ちゃんは大人に比べて脱水症状を起こしがちなため、こまめな水分補給が必要です。 なぜ脱水症状を起こしやすいかというと、 赤ちゃんは体の80%が水分なのに、しょっちゅうおしっこや汗で水分を失い続けているからです。 ちなみに、大人の場合、体重1キロ当たり1日40ccの水が必要なのに対し、 赤ちゃんの場合は体重1キロあたり1日100~150ccで、なんと 大人の3~4倍の水分が必要といわれています。 それだけ必要なのにおしっこや汗ででていってしまうので、水分補給が欠かせないというわけです。 ではなぜそんなに水分がたくさん必要かわかりますか? 実は水分は目まぐるしく成長する赤ちゃんのために必要なエネルギー源なんです。 というのも、生まれてから1歳を迎えるまでの1年間は最も成長が著しく、身長は1.5倍、体重は3倍くらいになります。 ものすごい勢いです!大人だと、体重が1年で3倍になったらえらいことです。 ごっつあんです 笑 その成長スピードを賄うのが水分というわけ。 ここまでくると、わぁ!しっかり飲ませなくっちゃ!! と思うかもしれませんが、 基本的に母乳やミルクを飲んでいる時期はほかの水分を無理に飲まなくても大丈夫です。 離乳食がスタートし始めたら、母乳やミルク以外の水分を少しずつ試してみるといいですね。 ちなみに8か月で離乳食をスタートした息子は、離乳食を始める1週間前くらいから、お白湯を一さじ飲んでもらってスプーンを受け入れる練習をしていましたが、それまでは母乳以外の水分を一切飲んでいませんでした。 離乳食がスタートしても、水分補給はあくまで母乳がメインでしたが、暑い日や汗をたくさんかいた時で、すぐに授乳できない時は一口お茶やお水を飲んでもらうことが徐々に増えていきました。 母乳以外の水分をある程度水分補給として飲むことが定着し始めたのは離乳食がはじまって2~3か月たってから。 日中の授乳が少しずつ水分と置き換わっていく形で水分補給が増えていきました。 水分補給は大切ですが、母乳やミルク以外の水分は飲ませすぎると赤ちゃんに負担がかかります。 実際どれくらい飲めばいいのか、順番にお伝えしていきますね。 赤ちゃんの水分補給!量はどれくらい?飲ませるときに大切なポイントとは? ・赤ちゃんの水分補給の一回量 赤ちゃんの水分補給は離乳食を開始しても 1回あたりの水分補給は20~30ccまでで大丈夫です。 30ccというと大さじ2杯分。 大人が見ると結構少ない気がしてしまいますが、この頃の赤ちゃんのご飯(お粥)の量が30gくらいなのでご飯と同量の水分と考えると、十分すぎるな、という気もしてきますね。 我が家では水分は押し付けず、飲みたいときに飲める位置に置いておいて、勝手に飲んでいるということが多かったですね 笑 名付けて給水ポイント方式 笑 夏の暑い日は親がこまめに水分補給を促して管理する必要がありますが、普段は飲みたいときに一口飲んでたらそれで十分。 給水ポイント方式にしていると、飲みたいときにちょっとだけ飲むことに慣れるので、一度にごくごくとがぶ飲みすることがなくなるような気がします。 さらに食事中の水分補給ではもうひとつ気を付けたいことがあります。 ・食事中の水分補給で気を付けたいこと 食事中の水分補給はズバリ!マストではありません。 よく離乳食の食事とともに水分を与えている方がいらっしゃいますが、実はこれはあまりお勧めしません。 その理由は2つあって、 1つ目は 赤ちゃんの消化の妨げになるからです。 赤ちゃんはまだ消化液が未発達で胃液も殆ど出ていません。 そこに水分がたっぷり入ってきてしまうと、ただでさえ薄い消化液がさらに薄まって消化の妨げになるのです。 2つ目は 消化力が育たないからです。 水分を飲んでしまうと、簡単に食べ物を胃の方へ流し込んでしまいます。 大人だったら、水分を全部持っていかれるクッキーを食べいてのどに詰めそうだから慌ててコーヒーを飲んだ、なんていうことがありますが、赤ちゃんの離乳食は基本トロトロ。 もともと水分たっぷりで飲み込みやすいようにしていますよね。 食べ物を口に入れたらまずは唾液と混ざることで消化の第一歩が始まります。 離乳食を始めたての赤ちゃんはまだ飲み込むだけで精一杯なのですが、少しずつ「噛む」というスキルを上げていって、唾液と混ぜることをしていきます。 それが、食事のたびにサーっと水分で流し込む習慣がつくと、消化のスキルがなかなか上がっていかないんですね。 ちなみに私の旦那は食事の時に絶対飲み物が欲しい派のお茶飲み星人なんですが、胃腸弱め男子なのに対し、わたしは食事中ほとんど水分なしで行けちゃうタイプで(お酒は別 笑 )よっぽどのことがない限りお腹の調子を壊さない胃腸強め女子です 笑 もちろん、のどに詰まりそうだったり、飲み込めずに苦しそうな時のために水分をスタンバイしておくのはいいのですが、 必ず飲ませないといけない、というものではないと覚えておいてくださいね。 ・水分を飲ませるときに大切なポイント 水分量よりも何よりもこれだけは押さえてほしい!と思っているポイントがあります。 それは 「温度に気を付けること」です!! 何を飲むにしてもこの温度だけはめちゃくちゃ気を使ってほしいんです。 考えてみてください。 離乳食が始まるまで一生懸命調乳していた時、あっついお湯を人肌になるまで頑張って冷ましていましたよね。 母乳はもちろんママの体温で温められてちょうどいい温度で提供しているわけです。 夏の暑い日も、お風呂上がりでホッカホカの時も常温以上を飲んでいた赤ちゃんに、常温より冷たい飲み物を与えてしまうと、胃腸が冷えて消化吸収機能がうまく働きません。 体の中に消化吸収事務所があったとして、クーラーガンガン、極寒の環境下だったと考えると、手がかじかんで仕事(食べ物の処理)が進まなさそうですよね。 冷たい飲み物はそんな極寒の状況を作り上げてしまうんです。 冷たい飲み物を飲みなれてしまっている大人にとって、夏の暑い日にぬるめの飲み物なんて、汗だくを助長する拷問かな、とか思ってしまいますが、赤ちゃんには冷たい飲み物は思いのほか負担になってしまいます。 そんなわけで 常温以上を徹底してほしいな、と思います。 赤ちゃんのうちはこの温度管理をできるだけ徹底しておくことで、胃腸に負担がかからず、消化吸収機能(中医学では脾の機能といいます)が整っていくので風邪をひきにくくなったり、免疫力が上がったりといいことがあります。 (ちなみに大人でも、同じように効果が期待できます。 ) 2歳になる息子のストローマグには今でもぬるめのお白湯を入れていることが多かったです。 すぐに冷たくなってしまう冬は魔法瓶にお湯も一緒に持ち歩いていました。 (今も) そうすると外食の時に出してくださるおひやが冷たくて飲めないみたいで拒否されます(苦笑)が、お腹はめちゃくちゃ強い気がします。 息子の飲み物はほとんどお白湯なのはこぼされても被害が少ないから、という裏話は置いておいて、一応他の飲み物も飲ませていました。 そんな飲み物の種類についてもお話ししていきましょう。 赤ちゃんの飲み物はどれがいい?飲み物選びでの注意点! スーパーやドラッグストアのベビーフードコーナーには様々な赤ちゃん用の飲み物が売られています。 基本は赤ちゃんに刺激の少ないもの、という観点でつくられているので大体は ・ノンカフェイン ・ミネラル分の少ない軟水(純水) ・糖分が入っているジュース類は甘さ控えめ こんな感じのものが多いですね。 赤ちゃん用と書いてあるから、どれでもいいんじゃないの、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、飲み物を選ぶときに是非押さえておいてほしいことがあります。 ・ジュース類に手を出さない お白湯やお茶ばかりでは飽きちゃうから…とつい手を出してしまったら最後、赤ちゃんはジュースが大好きになってしまいます。 少量とはいえお砂糖が入っている飲み物は、虫歯の原因になるばかりか、どんどん依存してしまう傾向にあります。 お砂糖への依存は結構強力で、切れやすい子、落ち着きのない子になりやすいといわれています。 私は赤ちゃん向けのジュースは売らないでほしいと思っているくらい 笑 水分補給で甘いものを飲むのはまだ10年早い!と思っています。 ・添加物に注意 ベビー用のものなので、保存料が入っていることはほぼありませんが、割とお茶に酸化防止剤(ビタミンCという表記)が入っているんです。 お茶の保存性を高めるために入っていて、ビタミンCと書いてあると、なんかお肌によさそうとか思ってしまいますが、添加物には変わりありません。 ビタミンCそのものは水溶性のビタミンで、たくさん摂ってしまってもおしっことして排泄される比較的安全なものではあるのですが、問題なのはそのビタミンCが合成されたものであることです。 原料に遺伝子組換のジャガイモやトウモロコシを使用していることもあるそうですが、原料の原料は表示義務がないのでその辺も赤ちゃんにあげる飲み物としてはちょっと心配なところ。 レモンを絞って入れているならともかく(そんなお茶もいらないですが 笑 )赤ちゃんのうちは不自然なものや無理にとらなくていいものは極力避けたいです。 しっかり探していくとビタミンCが入っていないお茶もあるので、良く成分表示を見て選んでくださいね! 赤ちゃんといえば麦茶なのはなぜ?麦茶以外の選択肢は? 赤ちゃんのジュース以外の飲み物といえば、圧倒的なシェアを誇るのが麦茶です。 なぜ 赤ちゃんに麦茶なのかというとノンカフェインであること以外にミネラルが豊富で脱水症状対策になるからです。 夏の暑い日に麦茶を飲む鶴瓶さんのCMがありますよね。 脱水気味になりやすい赤ちゃんにとってばっちりな飲み物。 やはりトップシェアには訳がある! しかし、麦茶薬膳的には少し体を冷やす効能を持ちます。 寒い冬はこれ以上身体を冷やしたくないので他の選択肢も欲しいですよね。 そこで、 BABY薬膳的にはお茶も効能を比べながらチョイスしてほしい!と思います。 ノンカフェインのお茶は授乳中や妊娠中のママにもうれしいお茶なので、母子でシェアできるお茶を中心にご紹介します。 ・コーン茶 韓国でメジャーなとうもろこしの粒とひげを炒ったものでつくられたお茶です。 トウモロコシはお腹の調子を整えてくれる食材です。 特に梅雨時期の重だるい時や、夏の暑い時の水巡りを良くするのが得意。 体も冷やさないので、麦茶が苦手な赤ちゃんにはコーン茶を試してみましょう。 トウモロコシのひげにはおっぱいを出しやすくする効能も持つので、まだ授乳中のママは母子でシェアするといいですね! ・ルイボスティ ルイボスティは南アフリカが原産のマメ科の植物で、ビタミンやミネラルが豊富なお茶です。 抗酸化作用があるのでママの美肌対策にもなって、妊婦さんにも安心して飲めるお茶として最近有名になってきました。 赤い色をしているので、薬膳的には血の巡りをサポートしてくれる働きもあるといわれています。 ほのかな甘みが赤ちゃんにも受け入れやすく、身体も冷やさないのでこちらもオールシーズン使えるお茶です。 ママが疲れやすいな、というときや、赤ちゃんが寝てくれなかったり、疳の虫が強い場合は血の巡りを改善できるルイボスティを試してみましょう。 ・黒豆茶 黒豆茶は黒い皮の部分に血を増やす効果があります。 また 黒い食材は薬膳的に生命エネルギーの底上げができるといわれています。 成長発育が著しい赤ちゃんのサポートにもってこいのうれしい効能ですね。 黒豆はタンパク質に分類されるので、赤ちゃんがタンパク質を始めたら試してみましょう。 アンチエイジング効果もあるのでママにもうれしいお茶です! まとめ ここまでをまとめてみましょう!.

次の

赤ちゃんに麦茶をいつから与える、水出し?煮出し?おすすめは?

赤ちゃん麦茶いつから

赤ちゃんの飲み物はいつから?• 何をあげればいいの?• 麦茶や白湯はいつから?• ジュースや牛乳は? 大人と違って胃腸が成長途中の赤ちゃん。 ずっと母乳を上げられればいいですが、 ママの体調だったり仕事だったりで母乳以外の飲み物をあげなければならないことって多々ありますよね。 初めての育児だと、赤ちゃんに対して母乳以外のどんな飲み物をあげたらいいかわかりません。 私も長男のときは母乳の出が悪かったり乳腺炎になったりで、おなかを空かせた我が子に何をあげるべきか調べまくりましたもん。 今回は、 赤ちゃんへの飲み物に迷っているママのために、母乳が出ないときにあげて大丈夫な飲み物についてお伝えしていきます。 私の経験を元にお伝えしますが、内臓がまだまだ不安定な赤ちゃんです。 赤ちゃん用のノンカフェインのお茶(麦茶など)• 赤ちゃん用ジュース• 赤ちゃん用イオン飲料 簡単にあげただけでもこれぐらいの種類があります。 ではこれらの飲み物をいつからあげていいのでしょうか? 赤ちゃんは生まれてから離乳食が始まる半年ぐらいまでは、母乳やミルクのみの水分で問題ありません。 離乳食が始まるまでの赤ちゃんの運動量を見ても、母乳やミルクの栄養分で何も問題はありません。 お風呂上りに白湯を飲ませた方がいいなんて話もありますが、私の周りのママ友のほとんどは母乳か粉ミルクをあげていました。 核家族状態で初めての赤ちゃんのときに、お風呂一つ入れるのも必死。 更に「白湯を作る手間を省くべきか?」といえば、私はそこまでする必要はないと思います。 おばあちゃんとか遊びにきたら、白湯作ってくれたりするんですけどね。 粉ミルクはお腹にたまるので、お風呂上りにあげると夜はぐっすり寝てくれていたんです。 なので 無理して白湯をあげる必要はないと思います。 夏場の暑い時期でも、半年以内であれば粉ミルクや母乳で大丈夫だそうです!汗で出て行った水分や栄養分を母乳などがしっかり補ってくれるからです! どうしても ミルクや母乳以外の場合は、半年以内であれば白湯がおすすめです。 私たち大人は暑いと冷たい飲み物を飲みたくなってしまいますが、 冷蔵庫できんきんに冷えた飲み物を赤ちゃんにあげてしまうのはNGです。 赤ちゃんの胃腸はまだ育っている途中なので、あまり 冷えたものをあげてしまうと体への負担がとても大きくなってしまうから。 また 雑菌などのリスクもあるので、必ず一度沸騰させた湯冷ましをあげてくださいね! 赤ちゃんのミルク以外の飲み物はいつから? 白湯 母乳以外に最初に飲む飲み物はだいたい白湯ではないでしょうか。 白湯は新生児から与えて大丈夫です。 (といわれることが多く、安全を保障するわけではありません) 「白湯」とは、沸騰したお湯を冷ましてあげるだけなので、ママへの負担も少ないですよね。 産院とかでも、「白湯は新生児に与えてもOK」と指導を受ける場合もあるくらい、白湯は胃腸に優しい飲み物なんです。 白湯をあげるときは、哺乳瓶にいれてあげてOKです。 白湯を作る時に、お湯を沸騰させるのは、水中の菌を死滅させるため。 なので、 赤ちゃんに上げる白湯は、基本的に長期保存はしないことをおすすめします。 器や手などから、細菌が再び繁殖する可能性が高いですからね。 離乳食前の暑い日に、何かミルク以外の飲み物をあげたいときにも白湯はオススメです。 赤ちゃんいるときだけの贅沢契約でお得に! 熱くて飲みづらいのではないかという声もあるかもしれませんが、湯冷ましした常温のものであれば、赤ちゃんも飲みやすくなると思います。 大人だって具合の悪いときには、なるべく体温の36度くらいと同じ温度の飲み物を摂ると、吸収もよく体の負担が少ないといいますからね。 果汁 果汁は生後3か月ぐらいからあげていいなんて話も聞きますが、私は以下の理由から、あまりオススメしません。 果汁で 食物アレルギーが出る可能性があるから• 虫歯の原因になりそうだから• 糖分が多すぎるから 離乳食前にあげると食べ物アレルギーなどがでてきてしまうことがあるので、果汁は離乳食が始まってからあげるほうが無難でしょう。 また、「果汁をそのままあげてしまうと 糖分が怖い」という方も多いですよね。 不安な方は、離乳食が始まった後に開始した加重に、湯冷ましも一緒に混ぜてあげるといいですよ。 味も薄まるし、糖分ももちろん薄まります!「糖分って?」と思う方はスルーしてくださっていいんですよ!気になるママと気にならないママに分かれますし、 愛情あればどちらでもいいんですから! 赤ちゃん麦茶 赤ちゃん麦茶は価格も安くノンカフェインなので赤ちゃんにあげやすいですよね。 では、そんな赤ちゃん麦茶はいつからあげるのがベストなのでしょうか。 私独自のリサーチによると、だいたい生後半年以降といわれています。 >> ! 赤ちゃんは、通常生後半年ぐらいから離乳食が始まります。 一般的には離乳食が始まるタイミングで、赤ちゃん麦茶をあげはじめるママが多いようですよね。 我が家でも離乳食をあげるタイミングで麦茶を始めました! (次男は覚えてないな…) 5か月くらいから離乳食を始めたので、その時に初麦茶を与えました。 最初は、 離乳食のスプーンの練習も兼ねるために離乳食用のスプーンで麦茶をあげていました。 はじめはミルクの味とは違うので全く飲みませんでしたが、練習を重ねるうちに少しずつ飲んでくれるようになりました。 最初からゴクゴク飲む赤ちゃんもいるし、麦茶の飲み方には個人差があります。 我が家の場合は半年で、ストローで麦茶を少しずつ飲むぐらいに成長しましたね! 他のママ友に聞いてもほとんどの人が離乳食を始めるタイミングで麦茶を始めたと言っていました。 もちろん麦茶だけではなく、母乳やミルクを併用しながら麦茶を飲ませていましたよ。 ここでいくつか注意してほしいことがあります。 赤ちゃんに麦茶を上げるときの作り方注意!• 赤ちゃん用の麦茶を手作りする場合は、 必ず煮出そう。 手作り麦茶は2日ぐらいで飲み終わろう。 ( 長期保存しない)• 麦茶をあげるときは、冷蔵庫から出したての麦茶をあげるのではなく、 常温に戻した麦茶をあげよう。 赤ちゃんの内臓や味覚は、まだ発達段階なので大人と同じものではなく、赤ちゃんにあった麦茶をあげてくださいね!詳しくは「 !」の記事にまとめたので、そちらも合わせてご覧ください! ミネラルウォーター 最近では各家庭でウォーターサーバーをおき、赤ちゃんに安全で美味しい水をあげる人も多いようです。 「硬水」だと赤ちゃんのお腹に負担がかかることがあります。 赤ちゃんにあげるときは、「軟水」を選ぶようにしましょう。 >>? 例えば軟水の「いろはす天然水」は、赤ちゃんにもあげられる水というのをCMで売り出していますよね?コレはつまり、 いろはすが軟水で、滅菌してあるミネラルウォーターであるという意味ととらえていいのではないでしょうか。 お店で2択だったら、赤ちゃん用なら迷わずいろはすを選んじゃいそうな、嬉しいアピールですよね。 赤ちゃん用ジュース 赤ちゃん用のジュースは、離乳食時期から与えることができます。 麦茶などと比べると、糖分や塩分が多いジュース。 あまり早くにあげてしまうと、消化器官が未熟の赤ちゃんには、身体的負担が多いので気を付けてくださいね!また 赤ちゃんにジュースを毎日あげていると甘い味になれてしまい、お茶などを飲まなくなってしまうこともあるそうなので気を付けましょう。 また、 ジュースをあげるということは、糖分が多く含まれているので赤ちゃんにとって虫歯のリスクが高くなります。 ジュースを飲ませた後は、歯磨きするなど歯のお手入れをしっかりしてあげてくださいね! 私は歯磨きの手間をかけないため?ジュースはほぼ与えずに育てました。 離乳食が進んで果物の味で覚えれば十分かな~って考えていたんですよ。 あ、でも学校では飲んでたな。 1年生から牛乳スタートでした。 牛乳は健康にいいというイメージがありますが、 発育が未発達の赤ちゃんにとっての牛乳は、逆に体に負担となるので注意してください! 牛乳に含まれる成分を赤ちゃんはきちんと吸収することはできず、呼吸困難やじんましんの症状がでてしまうことがあるのです! なので、どうしても赤ちゃんに牛乳を与えたい場合は、生後7~8ヶ月で必ず加熱したものを少量与えるようにしてください。 加熱していない牛乳は1歳をこえてから少しずつ上げましょう。 乳児ミルクはいつまで? いつまでという期限はありませんが、だいたいは離乳食が3回食になる10か月ごろに、ミルクをやめるお母さんが多いそうです。 ただ上にも書いたように、 牛乳は1歳を超えてからなので、その間はフォローアップミルクをあげます。 >>? だいたいのドラッグストアや赤ちゃん用品を売っているお店では、1歳までのミルクの近くに1歳からのフォローアップ粉ミルクが売っているはずです。 まずはそのフォローアップミルクを少しずつ飲ませながら乳児ミルクは卒業していきましょう。 まとめ 赤ちゃんに安心のウォーターサーバーがあれば便利!時短! 赤ちゃん用の飲み物はいつからあげる?まとめ。 赤ちゃんの母乳以外の飲み物には、ミルク・白湯・赤ちゃん麦茶・果汁・赤ちゃんイオン水・ミネラルウォーター・フォローアップミルク・赤ちゃんジュース、がある。 赤ちゃんのお風呂上りは、白湯でなく母乳かミルクで十分である。 白湯は、新生児から上げてもOKと産院で指導されることが多い。 果汁やジュースは、糖分過多や虫歯リスクが上がるため、赤ちゃんに与えるのはあまりおすすめできない。 果汁は生後3ヶ月頃から薄めて、赤ちゃんジュースは離乳食が始まってから与えてよいとされている。 赤ちゃん用イオン水は、病気のときの脱水対策にあたえるくらいで、日常的に与えることはあまりない。 赤ちゃん用イオン水は、大人用は糖分が多すぎるので、必ず赤ちゃん用を与える。 牛乳より、フォローアップミルクのほうが、1歳~の赤ちゃんには適している。 赤ちゃんのいる家庭で、初めての育児などのとき、ママは迷いまくりますよね。 参考までに、赤ちゃんにあげていい飲み物を経験からお伝えしてきましたが、お役に立てましたか? 「おすすめできない」というものは、健康の観点からお伝えしていますが、おおもとの愛情があれば、ママの育児負担を減らすための許容範囲は広いと考えてくださいね。 育児に「絶対」はなく、個性によるところがおおきいからです。 ママの個性。 赤ちゃんの個性。 赤ちゃんと見つめあいながら、赤ちゃんが口にするものを一緒にゆっくりと、決めていってください。 永遠に続くかと思われるほどに、目が回るほど大変な赤ちゃん育児。 終わってみれば一瞬でした。 大変な中で「そんなにかわいいのは今だけなんだから、ママ、しっかりと赤ちゃんと向き合って!」などと年配ママに言われると、「け、こっちは毎晩寝れてないのに、そんな余裕ないってのw」 と、かわいげもなく腐っていた私だからこそ、大変なママの気持ちもわかりつつ、それでも「今しかないんだよ!」と強く訴えたくなっちゃうんですよ。

次の