年収 400万。 年収400万円サラリーマンの手取り額と生活レベルを解説

イデコの節税を年収400万円でシミュレーション!節税効果が高い

年収 400万

家賃は4. 6万円 平均的な年収400万円の一人暮らし世帯は住居費4. 6万円前後で暮らしているようです。 世帯が約10万円の家賃で暮らしていると考えると、約6. 4万円の差。 年収400万円くらいであれば、よほどこだわりが無い限りは社員寮などを選択する場合が多いのではないでしょうか。 社員寮やその他の福利厚生に期待できない場合、毎月の黒字から家賃や食費へ回しても良いでしょう。 また、年収400万円であれば実家から出勤する人も少なくはありません。 都心でなんとか一人暮らしできる金額 独身で年収400万円稼いでいれば、都心でもなんとか一人暮らしができます。 しかし、部屋の間取り、食費や被服費など様々な面で節約が必要です。 年収400万円は独身といえども油断はできない金額ですね。 母子家庭や父子家庭が該当 二人以上の世帯で世帯年収400万というと、実は全世帯の中央値よりもだいぶ低いくらいです()。 国民生活基礎調査によると、全ての世帯の所得中央値が442万円程度。 年収換算するとざっくり630万円。 世帯年収400万円はではなく、母子家庭や父子家庭が該当する収入です。 全く余裕が無い 二人以上の世帯で年収が400万円であれば、生活必需品の購入や食費、住居費で稼ぎのほとんどを使ってしまいます。 そのため貯蓄がしにくく、生活保護などの申請も通らない世帯年収年収400万円世帯は、日々の生活で節約を意識しなくてはなりません。 年収400万円前後で生活する人の実体験談 家族5人世帯年収440万円で生活するNさんの例 まずは福岡県在中、世帯年収440万円代で生活するNさんの例です。 一応外食も遠出もできています。 また、貯蓄もしっかりとできていると思います。 余った月は余分に貯蓄に回すようにしているので貯蓄が一番安心です。 生活で困って いること 私がパートをやめて夫だけの給料だけとなると少し家計が厳しくなるかなと思います。 三人子供がいるので教育費が三人分と結構かかるためもう少し教育費にお金を当てたり貯めていきたいと思うのですがなかなか厳しいです。 夫婦2人世帯年収420万円で生活するMさんの例 岩手県在中、世帯年収420万円で生活するMさんの例です。 また、夫の会社が用意してくれた社宅に安く住ませてもらっているので、その分を貯蓄に回すことができています。 生活で困って いること 夫が転勤が多いため、パート先を見つけても長く続けることができません。 現在は家事の合間をぬって在宅ワークで自分の小遣いやスマホ代等の足しにしていますが、今後子供ができたときに今の収入でやっていけるか少し不安です。 年収400万円の家賃平均は? 約700万(仮) 年収400万世帯の住宅購入額 を参考に計算した結果、年収400万世帯の平均的な住宅購入額は約1800万円です。 しかし、建物込みで約2000万円前後の住宅は、東京、千葉、埼玉、神奈川あたりではほとんど見つかりません。 年収400万円稼いでいる方の住宅ローン限度額の相場は2000万円以上なので、借入額を1900万円まで増やし、 約2500万円の物件を購入することが可能です。 また、年収400万円世帯は、物件を購入せずに賃貸で生活している場合も少なくありません。 年収400万世帯のローン 年収400万円世帯が住宅ローンで借入する平均的な金額は約1100万円です。 しかし、年収400万円世帯が借入できるローン限度額の相場は2000万円以上で、 1900万円程度のローンでも、無理のない返済が可能です。 年収400万世帯の自己資金 年収400万円世帯が住宅購入の際に使用する自己資金の平均値は 約700万円です。 年収400万円の貯金額は? 年代 貯金額 A 30歳で400万到達する場合 752万円 B 40歳で400万到達する場合 1161万円 C 50歳で400万到達する場合 1178万円 年収400万円に到達した時に溜まっているであろう貯金額を独自の計算式に当てはめて算出しました。 まとめ 以上、「年収400万は高い?生活レベル(家賃・住宅ローン・貯金額)を徹底調査!」でした。 年収400万円を稼いでいる方も、そうでない方も、この記事を参考にしていただければ幸いです。 労働者人口の上位45. 逆に独身で年収400万円もあれば、よほど贅沢をしない限りかなり余裕のある生活ができるでしょう。 また、年収400万円の手取りや人口割合などがきになる方は「」をご覧ください。 その他の年収別の生活調査に関する記事.

次の

自分が購入する車はいくらが適正?年収から予算や維持費の目安を知ろう[2019年04月21日]

年収 400万

・車は年収の半分以下を基本に、購入後の維持費についても考慮しておこう! ・ローンの金利は各機関によっても大きく異なるため、しっかりと比較することが大切! ・自分の理想の車を購入したいなら、新車ではなく中古車にも目を向けてみよう! 車は年収の半分以下を基本にして購入 車を購入するときは、自分の年収に合ったものを選ぶ必要があります。 どれだけ魅力に感じている車でも、それを所持するだけの収入がなければ生活へ影響が出る可能性があるからです。 一般的に車を購入する予算の目安は、年収の半分以下と言われています。 購入後の維持費も考慮して予算を増減 車を買うとき、車体の価格や取得費用の契約時に支払う費用に目が行きがちです。 しかし車は購入後にも、税金をはじめ毎月の保険や燃料費、駐車場代などたくさんの維持費がかかります。 予算を決める際は、購入後の維持費も考慮する必要があります。 維持費はその人の状況や車の使用頻度で大きく変わります。 たとえば、駐車場代が数万円するような東京都心に住む人と自宅の敷地内に駐車できる人とでは、それだけでも開きがでます。 一括払いかローンを組むか決断 車の購入方法は、大きく分けて「現金一括払い」と「ローン支払い」の2つあります。 どちらを選んでもメリット・デメリットがあるため、それぞれのライフスタイルや考え方合わせて支払い方法を選ぶ必要があります。 一括払いであれば一時的な負担はかかるものの、金利が発生しないためローン支払いよりもトータル金額は安くなります。 一方で分割払いなら、一時的な負担は軽減できるものの、金利が発生するため最終的な支払い金額は高くなります。 またローンは返済期間が長くなればなるほど、支払う金額が増えます。 ローンを組む際は「無理のない返済計画」を立てるようにしましょう。 ここで金利について解説しておきます。 ローンを組むうえで欠かせない要素となってくるのが金利手数料です。 マイカーローンの金利は、どの機関から借りるかによって変わってきます。 各機関の金利の相場は以下の通りです。 銀行系……年2%~4%• 信販系……年1. 9%~8. ディーラー系……年5%~7% このように、ローンを利用する機関によって金利が最大で6%程度も違ってきます。 金利の差により、ローンの利用額によっては総支払総額で30万円~50万円の差が出ることもあります。 どの機関で借りるのが良いのか比較検討しておくことが大切です。 年収から見る車の購入予算目安 国税庁の調査によると、平成29年度の平均年収は432万円(男性531万円、女性287万円)となっています。 車の予算は買いたい車の価格を参考にするのではなく、自分の年収を元に組んでいきましょう。 また予算内であっても一括購入する場合は、預貯金も考慮した上で考える必要があります。 年収から考える車の購入予算の目安についてご紹介します。 ケース1(年収300万円未満の場合) 年収300万円未満となると、正社員だけでなく、非正規雇用のパートタイマーや派遣社員なども含まれてきます。 仮に年収300万円だとすれば、ボーナスなしの月収で15~18万円程度であるため、車の所有は負担になる可能性があります。 都市部など公共交通機関が充実しているエリアに住んでいる場合は車の購入は控えた方が良いかもしれません。 一般的な考え方でいけば、年収の半分にあたる100万円が限度額です。 しかし収入の大部分を車の購入費に使ってしまうと維持費で苦労することになります。 一括購入をするのであれば、50万円程度の予算にとどめるのが妥当です。 ケース2(年収400万円未満の場合) 日本の企業に勤めるサラリーマンの平均年収は432万円ですが、年収が400万円未満の人は少なくありません。 月々の手取りの給与額は22~23万円程度と考えられます。 ボーナス払いを併用すれば、ローンを組んで車を購入することも可能です。 とはいっても、年収の半分である200万円程度の予算にとどめておくことが基本になってきます。 しかし、購入後の維持費を考慮すると150万円程度が妥当なラインといえます。 ケース3(年収600万円未満の場合) 平均600万円未満となれば、日本の平均年収よりもやや高い水準となってきます。 月々の手取り給与額も35~36万円程度で、車にもお金をかけられるようになります。 この場合の予算設定としては、年収の半分である300万円程度が基本です。 車の維持費を考慮し、さらに進学を控えている子供がいるなど家族構成によっては240万円程度に収めておくと安心です。 中古車を視野入れると、かなりの選択肢が出てきます。 ケース4(年収800万円未満の場合) 年収800万円は日本の平均年収の倍近くで、かなりの高給取りといえます。 サラリーマンであれば月々の手取り給与額も47~48万円前後で、車に使える費用も増え選択肢は一気に広がります。 また、このクラスになると経営者やフリーランスも増えてきて、仕事との兼用で使える車を探している人もいます。 この場合の予算設定としては、年収の半分にあたる400万円程度が上限です。 軽自動車やコンパクトカーだけでなく、人気のSUVやセダン、ミニバンといった選択肢が増えることが魅力です。 高級外車やハイクラスなミニバンなども中古車でローンを組んでいれば、十分に支払える能力がある年収といえます。 年収で車の維持費はどの程度変わる? 車は購入して終わりではなく、その後もさまざまな場面でお金がかかってきます。 毎年支払う税金はもちろんのこと、保険代や駐車場代、ガソリン代など、維持費にもそれなりの金額が必要です。 年収別で車の維持費はどの程度変わるのでしょうか。 年収別における、車にかかる維持費の目安は以下の通りです。 年収300万円未満……30万円前後• 年収400万円未満……50万円前後• 年収600万円未満……80万円前後• 年収800万年未満……100万円前後• 年収1000万円未満……100万円以上 維持費はどのようやタイプの車に乗るのかだけでなく、個人の使用状況によっても変わってきます。 そのため、車の購入時にどの程度の維持費がかかるのかを計算し、維持費を加味した上で予算を立てておくことも大切です。 年収より予算が上回る車を購入するテクニック 「子どもの頃から理想としていた車があった」「ハイクラスな車種が欲しい」など、少しでも自分の希望を叶えるために背伸びしてしまうことがあるかもしれません。 年収より予算が上回ってしまっても車を購入することはできますが、あくまでも「手が届く範囲の無理」に留めておきましょう。 その上で、実際に使えるテクニックをご紹介します。 一括購入のための貯金をする 欲しい車のために頑張って貯金できるということであれば、一括購入で考えてみるのも良いかもしれません。 たとえば、年収400万円で600万円の貯金は難しいかもしれませんが、500万円程度なら大丈夫などの上限を設定してみましょう。 ただし生活をしていくなかであらゆるものを我慢しすぎて、体調を崩してしまっては元も子もありません。 一括購入をするのであれば、あくまでも「無理のない範囲」で貯金をしていくことが大切です。 外食を減らして自炊をするなどの工夫をしてみてください。 低金利のローンを探す どうしても貯金が難しいということであれば、ローンを組むことを考えてみましょう。 一口にローンと言っても発生する金利は、どの機関から借りるかによって変わってきます。 利用額によっては総支払総額で30万円~50万円の差が出ることもあります。 少しでも負担を軽減させるには「ローンの金利を低くする」ことを徹底するこが重要になってきます。 金融機関によっては超低金利キャンペーンなどを行っているところもあるため、定期的にチェックしてみみましょう。 中古車も探してみる 理想をいってしまえば、前オーナーが存在しない新車に限定して探したいと考えている人もいるかもしれません。 しかし新車ともなれば購入価格は高くなり、自分の年収と照らし合わせた結果、選択肢が限られてしまうことも。 そこで中古車まで範囲を広げると、設定した予算内で希望の車が見つかることもあります。 また不具合などのリスクが不安という人は、信頼のおける販売店で購入すれば安心につながります。 購入後のアフターサービスまで充実している大手の中古車販売店などを検討してみてください。 よくある質問 Q.車の購入額の目安は年収の半分って本当? A.年収の半分というのはひとつの目安にはなりますが、実際にはケースバイケースといえます。 購入は現金一括かローンか、ほかに借り入れはないか、といった要素も加味する必要がありますし、一家で複数台持つ場合は、世帯年収で考えなければなりません。 購入額がこの範囲に収まらない場合は、頭金を増やしたり、保証人をつけたり、リーズナブルな中古車を検討したりといった方法が考えられるでしょう。 これは、すべての借り入れの返済額を含めた数字です。 金融機関によっても変わりますが、この水準を上回ると、審査に通らないこともあります。 車は無理のない範囲で購入しましょう。 使用状況や車種によって大きく変わります。 税金やガソリン代、駐車場代はもちろん、点検整備費用・車検費用の占める割合も大きいため、中古車を買う際は、保証やサポートの充実度をチェックしましょう。 Q.車をなるべく安く買うためにはどうすればよい? A.なるべく購入費用を抑えたい場合は、中古車を選択しましょう。 故障が心配なら、適切な整備体制や保証サポートが用意されていれば安心です。 コンディションにこだわる人は、未使用車がおすすめです。 新車より数十万安く、新車と同等の車が手に入ります。 まとめ 車購入の基本となるのが年収ですが、それに見合った一台を探そうとなるとなかなか大変な作業です。 少しでも負担を減らすためにローンを組むなどして工夫をしてみましょう。 また、予算によっては選択肢を広げるために中古車を検討してみるのも良いかもしれません。 少しでも不安を解消するためには、信頼のおける中古車販売店から購入することが大切です。 全国展開するネクステージでは、お客さま一人ひとりのご希望に合わせてご提案させていただきます。 少しでも気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

次の

年収400万以下の男性と結婚した方、その後どうですか?

年収 400万

この記事のポイント• 年収400万円男性の立ち位置と年収の過不足について。 年収400万円男性のメリット・デメリット。 年収1000万円男性のリアル。 この記事は約5分で読めます。 こんにちは、婚活FP山本です。 一般的な婚活中の女性からすると、 年収300万円400万円という男性は、そもそも結婚相手として対象外という判断をすることが少なくありません。 しかし実際に婚活をすると、年収400万円という男性のほうが圧倒的に多いため、どうすべきなのか悩む女性も多いのが実情です。 そこで今回は、結婚相手の年収が400万円という前提で、少しまじめな考察をお伝えします。 あなたの結婚にお役立て下さいませ。 結婚相手は年収400万円の可能性が一番高い! まずは大局観を知るために統計をお伝えします。 国税庁の平成28年「民間給与実態調査」によると、男性全体の年収としては 「300万円台」が18. 2%、次いで「400万円台」が17. 5%です。 ちなみにこの400万円台以下で、全体の58. 9%を締める結果となっています。 これ以上の年収の男性なら、そもそも「婚活市場に来ない」という可能性も高く、仮に来てもすぐ売れるでしょうね。 そして年収300万円と年収400万円を比べるなら、「少しでも高いほうがいい」という心理が働きますから、やはり年収300万円の男性は避けられます。 こう考えると、あなたの結婚相手は 年収400万円という可能性が一番高いと言えるかもしれません。 400万円が、あなたの年収よりも低い場合は、選ぶのにためらってしまうかもしれませんが、これが一つのリアルです。 まずは素直に、こんな大局観を知っておきましょう。 男性は年収400万円が、ある意味「普通」 先ほどの統計を考えると、年収400万円の男性とは、言ってみれば 「もっとも普通の男性」と言えるかもしれません。 人より上の男性が欲しいと考える女性には物足りないかもしれませんが、「普通でいい」という女性なら、安心して選んでも良いのではないでしょうか。 少し余談ですが、先ほどの統計どおり下には下がいます。 およそ 男性の2割程度は派遣社員として、年収300万円にも届いていません。 これも合わせて、知っておきましょう。 結婚相手の年収は400万円で足りるの? 次は年収400万円の過不足をお伝えします。 これは結論からいえば、 「あなたの結婚に対する願望と以後の労働意欲次第」です。 もっといえば「男性にどこまで求めるか」でしょうか。 少なくとも、専業主婦やパートになりたい女性なら、まず足りないでしょうね。 その割には「普通に暮らしたい」という欲求があるなら、いずれお相手男性もろとも破産する可能性が極めて高いといえます。 しかし、あなたにも普通の労働意欲と年収があるのなら、 お相手男性との共働きということになりますから、年収の範囲で生活すれば大丈夫です。 足りるかどうかは「あなた次第」 中には当初から「女性は結婚したら男性に養ってもらうもの」と考えてきた女性もいます。 こういう場合は「イキナリ働けと言われても……」と、経験や能力は元より意欲すら無いという女性も多いです。 そういう事情があるなら、まずは稼ぐ力を身につけた方が無難かもしれません。 一般的な年収400万円の男性は、やはりその年収などから 結婚相手には「共働き」を求めることが多いですからね。 もちろん高い年収の男性と結婚できれば良いのかもしれませんが、結婚できる保障はどこにもありません。 仮に結婚できても離婚しないとも限りません。 つまり、結局のところ年収400万円で足りるかどうかは「あなた次第」であり、あなたが稼げないほどに男性には高い年収が必要になる一方、稼げるほどに年収400万円で十分といえます。 併せて、結婚前に必要な貯金についてこちらの記事を読み進めるのもおすすめです。 結婚相手の年収が400万円のメリットとは 今度は年収400万円の男性のメリットをお伝えします。 実際にどうかは男性次第ですが、一般的な感覚では年収400万円の男性は、以下がメリットです。 不倫しにくい• 穏やかで家庭的• 仲良くしやすい まず「不倫」は、イメージしやすいのではないでしょうか。 モテるにも不倫するにも、相応に経済力が必要です。 どうしても不倫は許せない女性なら、嬉しい特徴といえるでしょう。 また「性格」も、男性はどうしても年収で自分のプライドを測ります。 だからこそ、逆に年収が低いほうが攻撃性も低く、穏やかで家庭的な傾向にあるといえるのが実情です。 何より、 年収格差があると力関係も生まれやすく、おのずと男性が亭主関白になりやすいといえます。 このため逆に年収が低いほうが、末永い仲の良さを保ちやすいと言えるでしょう。 「普通」は一番偉大かもしれない…… より良いものが欲しい心理は、その分だけ何らかの代償を支払う必要が出てきます。 しかし、より良いものが欲しくても、 代償が必要ならいらないと考える女性も多いのではないでしょうか。 そう考えると、「普通」というのは一番偉大な存在かもしれません。 なぜなら普通というのは、可は無いものの不可もない訳ですからね。 そんな「普通の幸せ」を求める女性には、年収400万円の男性は一番都合が良いのかもしれませんよ。 結婚相手の年収が400万円のデメリット 年収400万円の男性と結婚するデメリットも触れておきます。 もちろん一概には言えませんが、おおよそ年収400万円の男性には以下のデメリットがあるのが実情です。 労働意欲が低く、年収も上がりにくい• こだわりの趣味があることも多い• 男性として「弱い」ことが多い まず「年収」は上がらない覚悟が必要です。 単純に仕事をがんばるだけでは年収が上がらない時代なので尚更といえます。 そもそも努力や勉強がキライという事も多いでしょうか。 また「趣味」は、休日の過ごし方ともいえるでしょうか。 仕事や勉強を避けると、残った「する事」といえば趣味くらいしかありません。 無趣味ということも多いですが……。 そして、メリットの裏返しですが「力強さ」は期待できないかもしれません。 一見、強そうに見えても虚勢ということも多いです。 頼りがいは期待しないほうが無難でしょうね。 結婚相手の年収が1000万円の現実 最後になりますが「年収1000万円」のリアルをお伝えします。 年収1000万円の男性との結婚……どんな結婚生活を送ることになるか、輝かしいイメージをする女性も多いのではないでしょうか。 でも、そのイメージはリアルとはかけ離れたものかもしれません。 知るぽるとの平成29年「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯)」によると、 年収1000万円の人の約45%は貯金ゼロ、貯金300万円以下が全体の7割を占めています。 つまり、早い話が高年収の人は、お金を使いまくって生活しているのが実情という訳です。 「結婚したら変わってくれるはず」と女性なら考えてしまうかもしれませんが、残念ながら変わらない可能性のほうが高いでしょうね。 生活水準は、一度高まってそれが普通になれば、落とすのは困難を極めます。 それでもあなたは、年収の高い男性と結婚したいですか? 年収が高ければ幸せとは限らない 年収の高い男性と結婚したら人生バラ色……というのは、女性の妄想に過ぎません。 もちろん、年収の低い男性と結婚したほうが幸せになれる訳でもありません。 つまりは、 年収で男性を選ぶのがそもそもの間違い、という訳です。 何とも、人生簡単ではありませんね。 年収は「分かりやすい選別基準」になりえますが、そこで選んではいけないからこそ、その他の要素が幸せには大切です。 ぜひとも、まずは「男性を見る目」を養っていきましょう。 年収400万円の男性に選んでもらえるうちに 年収400万円の男性は「普通」ですが、 それより年収の低い男性もたくさんいます。 そして、男性だって女性を選んでくるのが婚活です。 最悪、結婚しない人生を選ぶのもアリですが、どうしても結婚したい女性は、声がかかっているうちに決断していきましょう。 まずは行動!ゼクシィから生まれた新しい形の結婚相談所に登録してみませんか? 「ゼクシィ縁結びエージェント」は、リーズナブルに始められる手軽さとリクルート運営という安心感から2015年サービス開始にも関わらず既に紹介対象会員数は23,400人を突破。 今、最も勢いのある結婚相談所です。 まずは最初の一歩を踏み出してみてはいかが?.

次の