エクセル 乗数計算。 2の3乗 2の

【Excel】累乗/べき乗 ”2乗”や”3乗”のN条根の入力と表示~みんなのエクセル

エクセル 乗数計算

スポンサーリンク 条件に合っていたらA、そうじゃなければBのように、1つの条件に合っているかどうかで結果表示を振り分けたいときに使うのが。 でも、この条件に合っていたらA、そっちの条件に合っていたらB、そうじゃなければCのように、 複数条件のどれに合っているかで、3パターン以上に振り分けたいときには、IF関数の中にIF関数を入れ込むか、IFS関数を使います。 IF関数の中にIF関数を入れ込む( このページでご紹介する方法)• どのバージョンでも使える(古いバージョンのExcelでも可)• 関数の中に関数を入れ込むので、若干慣れは必要• 「IF」に複数形の「S」が付いた関数• Office 365、またはExcel 2019で使える関数なので、を設定した文書を扱うすべてのパソコンに、Office 365、またはExcel 2019がインストールされている必要がある (IFS関数が設定されている文書を、IFS関数が無いバージョンのExcelで開くとどうなるかは、「」)をご覧ください。 IF関数の中にIF関数を入れ込む方法より使い方は簡単 上記のように、それぞれメリット、デメリットがあるので、自分に合った方の関数を使えばOK。 もし、その文書を扱うすべてのパソコンにOffice 365、またはExcel 2019が入っているかどうかが分からない、という場合には、私ならこのページでご紹介するIF関数の中にIF関数を入れ込む方法を使います。 1つ目の条件と結果表示の設定 まずは1つ目の、 条件 会員区分 ポイント数が300以上 VIP会員 を設定していきます。 振り分けた結果を表示させたい「会員区分」欄の先頭セル、C2番地をし、[関数の挿入]ボタンをクリックします。 関数を指定するためのダイアログボックスが表示されるので、[関数の分類]で「すべて表示」を選択すると、すべての関数が[関数名]欄にABC順で表示されます。 今回はIF関数を使いたいので、一覧から「IF」をクリックで選択し、[OK]ボタンを押します。 ちなみに、この一覧から「IF」を選択する際、「IF」の頭文字である「I」のところまで、を使うと便利です。 前のダイアログボックスで「IF」を選択して[OK]ボタンをクリックすると、このようなダイアログボックスが表示されます。 まずは[論理式]の設定から。 [論理式]に文字カーソルがあることを確認します。 1つ目の条件は、 (もし)ポイント数が300以上だったら です。 現在、IF関数の設定をしているのは、表の相原さんの欄。 ですので、 (もし)相原さんのポイント数が300以上だったら となるよう、 まずは、相原さんのポイント数が入力されているセル、B2番地をクリックで選択すると、[論理式]にB2を設定できました。 続いて、[値が真の場合]に文字カーソルを移します。 Excelのバージョンによっては[真の場合]という欄です。 この欄には、先ほど[論理式]に設定した1つ目の条件に該当していた場合に、どうしたいのかを設定します。 1つ目の条件に該当していた場合には「VIP会員」という文字を表示させたいわけですから、「VIP会員」という文字をキーボードで入力します。 この時、Excelの数式内に文字を設定する場合には、 半角ダブルクォーテーションで文字の前後を囲むというがあるので、お忘れなく。 これで、1パターン目の設定が完了です。 2つ目の条件と結果表示の設定 [値が偽の場合]に文字カーソルを移します。 Excelのバージョンによっては[偽の場合]という欄です。 [値が偽の場合]には、[論理式]に設定した 条件に該当していなかった場合を設定します。 でも今回は、1つ目の条件に該当していなかった場合、「ゴールド会員」になるのか「一般会員」になるのかを、 更に切り分けなければいけないので、再び、条件に合っているかどうかで結果表示を振り分けるIF関数を使います。 この時、「IF」の表示ではなく、セル番地の表示になっている方は、マウスポインターをこの部分に合わせると、表示が「IF」に変わるのでクリックします。 すると、2つ目のIF関数のダイアログボックスに切り替わりました! IF関数の中にIF関数が入っていることは、数式バーを見ると実感できます。 2つ目のパターンは、 条件 会員区分 ポイント数が200以上300未満 ゴールド会員 です。 ということは、 「200以上」という表現をするだけで、「200以上300未満」という設定と同じことになるわけです! というわけで、 (もし)相原さんのポイント数が200以上だったら となるよう、 まずは、相原さんのポイント数が入力されているセル、B2番地をクリックで選択し、[論理式]にB2を指定します。 Excelのバージョンによっては[真の場合]という欄です。 この欄には、先ほど[論理式]に設定した条件に該当していた場合に、どうしたいのかを設定します。 先ほどの条件に該当していた場合には「ゴールド会員」という文字を表示させたいわけですから、「ゴールド会員」という文字をキーボードで入力します。 この時、Excelの数式内に文字を設定する場合には、 半角ダブルクォーテーションで文字の前後を囲むというがあるので、お忘れなく。 これで、2パターン目までの設定が完了しました! スポンサーリンク 最後の3つ目は大前提に注目! [値が偽の場合]に文字カーソルを移します。 Excelのバージョンによっては[偽の場合]という欄です。 [値が偽の場合]は、[論理式]に設定した 条件に該当していなかった場合を設定します。 3つ目のパターンは、 条件 会員区分 ポイント数が200未満 一般会員 です。 もうお気付きでしょうか? ここまでで設定してきた、• 300以上だったら• 200以上だったら の各条件について、 ことごとく該当していない場合について、今設定しようとしているわけですから、 現時点で 「200未満」ということが大前提になっています! ということは、わざわざ「相原さんのポイント数が200未満だったら」という 条件を設定する必要が無いんです! というわけで、200未満だった場合にどう表示させるのかだけを設定すればいいことになるので、「一般会員」という文字をキーボードで入力します。 この時、Excelの数式内に文字を設定する場合には、 半角ダブルクォーテーションで文字の前後を囲むというがあるので、お忘れなく。 3パターンに切り分ける場合はこれで全ての設定が完了したので[OK]ボタンをクリックし、「」の章にお進みください。 4パターン以上に切り分けたい場合は、このまま次の章に読み進めてください。 スポンサーリンク 4パターン以上の場合はどうするか では、3パターンに分ける仕様だったので、 条件 会員区分 ポイント数が300以上 VIP会員 ポイント数が200以上300未満 ゴールド会員 ポイント数が200未満 一般会員 2つ目のIF関数の[値が偽の場合]は、最後の3つ目の条件が既に大前提となっていたため、条件を設定せずとも「一般会員」という結果表示を指定するだけでOKでした。 でも、今回は4パターン以上に分けますので、次の操作のために、 [値が偽の場合]に設定した「一般会員」の文字は、ダブルクォーテーションごと消しておきます。 それでは操作を始めていきましょう! もし、下記のように4パターン以上に分けていきたい場合も、理屈は一緒。 条件 会員区分 ポイント数が300以上 VIP会員 ポイント数が200以上300未満 ゴールド会員 ポイント数が100以上200未満 一般会員 ポイント数が100未満 非会員 でも、4パターンに設定したい場合には、2つ目のIF関数の[値が偽の場合]に文字カーソルがある時点で、 「一般会員」になるのか「非会員」になるのかを 更に切り分けなければいけないので、再び、条件に合っているかどうかで結果表示を振り分けるIF関数を追加します。 この時、「IF」の表示ではなく、セル番地の表示になっている方は、マウスポインターをこの部分に合わせると、表示が「IF」に変わるのでクリックします。 すると、3つ目のIF関数のダイアログボックスに切り替わりました! 3つ目のIF関数が入っていることは、数式バーを見ると実感できます。 4パターンに分ける例での、3つ目のパターンは、 条件 会員区分 ポイント数が100以上200未満 一般会員 です。 300以上だったら• 200以上だったら の各条件について、 ことごとく該当していない場合について、今設定しようとしているわけですから、 現時点で 「200未満」ということが大前提になっているわけです。 ということは、 「100以上」という表現をするだけで、「100以上200未満」という設定と同じことになるわけです! というわけで、 (もし)相原さんのポイント数が100以上だったら となるよう、 まずは、相原さんのポイント数が入力されているセル、B2番地をクリックで選択し、[論理式]にB2を指定します。 Excelのバージョンによっては[真の場合]という欄です。 この欄には、先ほど[論理式]に設定した3つ目の条件に該当していた場合に、どうしたいのかを設定します。 3つ目の条件に該当していた場合には、「一般会員」という文字を表示させたいわけですから、「一般会員」という文字をキーボードで入力します。 この時、Excelの数式内に文字を設定する場合には、 半角ダブルクォーテーションで文字の前後を囲むというがあるので、お忘れなく。 これで、3パターン目までの設定が完了しました! 次は4パターン目を設定するべく文字カーソルを[値が偽の場合]に移します。 もし、 5パターン目もあるようなら、更にここにIF関数を追加して切り分けていけばいいわけですが、今回は4パターン目が最後。 4パターン目として、 条件 会員区分 ポイント数が100未満 非会員 を設定するわけですが、 ここまでで設定してきた、• 300以上だったら• 200以上だったら• 100以上だったら の各条件について、 ことごとく該当していない場合について、今設定しようとしているわけですから、 現時点で 「100未満」ということが大前提になっています! ということは、わざわざ「相原さんのポイント数が100未満だったら」という 条件は設定する必要無し! というわけで、100未満だった場合にどう表示させるのかだけを設定すればいいことになるので、「非会員」という文字をキーボードで入力します。 この時、Excelの数式内に文字を設定する場合には 半角ダブルクォーテーションで文字の前後を囲むというがあるので、お忘れなく。 今回は4パターンの振り分けなので、ここで[OK]ボタンをクリックします。 スポンサーリンク 大きい方からでも、小さい方からでも設定可能 あとは、残りのセルにも同様の数式を設定したいので、で数式をコピーします。 3パターンに振り分けた場合は、このようになります。 4パターンに振り分けた場合は、このようになります。 さて、このような3パターンに振り分ける設定では、 1つ目の設定 ポイント数が300以上だったら VIP会員 1つ目に該当しない場合 ポイント数が200以上だったら (300未満が大前提) ゴールド会員 2つ目にも該当しない場合 (200未満が大前提) 一般会員 と、ポイント数が大きい方から順番に設定していきました。 でも、 1つ目の設定 ポイント数が200未満だったら 一般会員 1つ目に該当しない場合 ポイント数が300未満だったら (200以上が大前提) ゴールド会員 2つ目にも該当しない場合 (300以上が大前提) VIP会員 と、ポイント数が小さい方から順番に設定していくことも可能です。 IF関数はそもそも「この条件に合っていればA、そうじゃなければB」という関数ですから、 「そうじゃなければ」の時点でそれぞれに大前提があります。 この大前提を利用するので、 大きい方から、または小さい方から順番に設定していけばいいわけです。

次の

乗数表示・べき乗表示がしたい-セルの書式設定

エクセル 乗数計算

エクセルで二乗を表記するには? 数値の2乗をエクセルで入力する場合、左上の小さな数字は素直に打っていては入力できません。 左上の小さな数字は「指数」と呼びますが、これを入力したい場合は書式設定を行う必要があります。 具体的には指数は書式設定の「上付き」で行います。 ただこれにはさらにひと手間必要となります。 まずは実際に5の2乗を表す「52」をエクセルで入力してみましょう。 セルに数値 5 と指数 2 を入力したところ、セルの右に「52」が寄って表示されたと思います。 これは「エクセルが入力された文字が数値だと認識している」からです。 このまま「2」だけを選択して書式設定を行っても上図の「52」に戻ります。 書式設定で文字飾りの「上付き」を行う場合は、セルの表示形式が「文字列」でなければ適用されません。 表示形式とは対象のセルがどのような種類のデータを保持し、どのように表示したいかを決める設定です。 確認方法は以下の手順で行えます。 指定をしていなければ「標準」が選択されています。 これはエクセルが入力されたデータを自動認識する設定です。 エクセルの自動設定では困る今回の2乗を表示したいような場合、この表示形式を設定し直す必要があります。 今回は指数を表記したいため、先ほども言いましたが「書式設定で文字飾りの「上付き」を行う場合は、セルの表示形式が「文字列」でなければ表示されません」。 セルの表示形式に「文字列」を指定すると「52」が文字列として認識され、右側ではなく左側に寄ります。 ただセルの書式設定から表示形式を文字列にするのと、シングルクオーテーションで文字列と認識させるのでは表示に違いが発生します。 以下の図を見てください。 4行目の左上に緑色の三角が表示されていますね。 これはセルの表示がエクセルの認識と異なっているというエラーです。 放っておいてもデータに影響はありませんが、気になる場合は「エラーを無視する」を選択しましょう。 そうすると緑色の三角は消え、3行目と同じ表示になります。 それでは表示形式の設定やエラーを踏まえ、次の手順で「52」を表示してみましょう。 そのため上記のようにまずはシングルクオーテーション方式で入力するほうが、多少は手間を省けるでしょう。 1つ目はべき乗の算術演算子を使う方法、2つ目は関数を使用して入力する方法、そして平方根の場合のみ、2つ目と別に関数が用意されています。 これら3つを確認し、よりよい方法で計算を行ってください。 2-1. もちろんセルを指定することも可能です。 A1の3乗は以下のように表します。 2-2. POWER関数を使って計算する方法 べき乗はPOWER関数を使用して計算することも可能です。 POWER関数は以下のように書きます。 計算結果を調整する 「べき乗計算をしていたら電卓とエクセルで結果が違ってしまう」というような場合の対処法を最後に解説します。 これはべき乗の計算というよりは、電卓とエクセルの表示の仕方が異なることが原因です。 電卓とエクセルで結果が異なる場合、多くが小数点を含むような計算でしょう。 たとえば「177. 86891」となりますが、エクセルでは「5614126. 869」です。 ここで差異が生じていますね。 電卓では「0. 14285714285」と結果が出ましたが、エクセルでは「0. 142857143」と表示されました。 上記の例のべき乗計算と同じく小数点以下の数値に差が出ています。 これは電卓では数値を表示できる最大まで表示し以後は切り捨てているのに対し、エクセルではエクセルが自動的に表示桁数を調整し、最後の桁を切り上げているからです。 このまま計算していくと大幅なずれになっていきます。 この場合どちらかに合わせる必要がありますが、ここではエクセルの計算結果を調整して合わせる方法を紹介します。 エクセルは自動調整するからといって、表示された以降の数値を持っていないわけではありません。 142857143」以降の数値を持っていて、表示する桁数に合わせて切り上げをしているのです。 つまり、エクセルも電卓と同じ桁数まで表示できれば問題ありません。 エクセルの「ホーム」タブにある少数桁数を調整するボタンを押せば、桁数を調整できます。 ただし桁の最後は切り上げとなります。 右隣は桁数を減らす。 また関数を使用する方法もあります。 関数であれば切り捨ても可能です。 ROUNDUP関数で切り上げ、ROUNDDOWN関数で切り捨てを行ないます。 では上記を組み合わせて以下の手順でエクセルの計算結果を調整しましょう。 14285714285」、エクセルでは「0. 142857143」の場合、小数点以下の表示桁数が異なります。 電卓では11桁、エクセルでは9桁です。 そのためまずはエクセルで小数点以下桁数を11桁にします。 「ホーム」タブの「小数点以下の表示桁数を増やす」ボタン(上図の赤枠のボタン)を押して表示桁数を増やします。 これで計算結果が電卓と揃いました。 計算を続ける場合はこの数値を使用しましょう。 このようにべき乗計算だけでなく、電卓とエクセルの計算結果の違いが起こる場合は、計算の数値間違い以外に表示桁数や切り上げ・切り捨てなどエクセルのデータの自動調整について確認しましょう。

次の

みんなのエクセル表計算~初心者向け使い方講座~

エクセル 乗数計算

]で「書式設定」を開く 入力した内容が[ユーザー定義]のh:mm 時間:分 になっていることが確認できます。 2[退勤]時間-[出勤]時間=「稼働時間」の計算式を入力 3オートフィルで数式をドラッグしてコピー 4SUM 合計 で[D2]~[D4]を指定し、月間の稼働時間数を求めます。 ここまでの数式・手順には問題になる点はありません。 稼働時間 掛ける 時給では正しく計算されない 4月間の稼働時間 労働時間 に時給を掛けると 5の様に正しく計算されません。 これは12進数の時間・時刻・日付をExcelは シリアル値という考え方で捉えているので、10進数で扱われる数字とは「1」の定義された意味が異なるためです。 シリアル値を踏まえたExcelの時間計算 例えばExcelで「0. 5」という数字を入力した場合、書式設定で 1標準では「0. 5」として認識されています。 先ほどのセルD2の5:15 5時間15分 を「標準形式」で表示し直すと「0. 21875」という数字でExcelが認識していることが分かります。 Excelは時間をシリアル値で認識しています。 エクセルのシリアル値は一日 24時間 を「1」として考えています。 なので0. 5と入力し「表示形式」を「時刻」にすると 半分の12:00となった訳です。 先ほどの稼働時間の計算結果、5:15 5時間15分 が「0. 21875」とExcelが認識している例で・・ パーセンテージの方が理解しやすいかも知れないので・・ 1日 100% のうち、21. 875%を稼働 労働 した。 875% と。 日付・時刻とExcelのシリアル値について 上記の内容がうっすら理解できればここは読み飛ばしても問題ないです。 そもそもシリアル値とは・・について説明します。 Excelで日付を扱う為にはいくつかの定義が必要です。 例えば西暦2017年は西暦0年から2017年経った年、平成29年は平成元年から29年・・というように起点になるものを定義しなければExcelが日にち計算式の中で扱うことができません。 そこで1900年1月1日を[1]とし、24時間を+1つまり[2]が1900年1月2日となるように定義しているのです。 例えば、以下のように1、2、1. 25をセルの書式設定で[日付]を指定すると、以下のように1900年1月1日、1900年1月2日のように表示されるようになります。 特筆すべきなのは1. 25と入力した場合。

次の