メコバラミン 錠 500。 メチコバール(メコバラミン)の作用機序:末梢性神経障害治療薬

メコバラミン:メチコバール

メコバラミン 錠 500

効果 メチコバール錠500は、 メコバラミンを有効成分とする末性神経障害の治療薬です。 主に末梢神経障害に用いられ、耳鳴りやメニエール病、味覚障害、嗅覚障害、難聴、帯状疱疹による神経痛、末梢神経が原因で起こる肩こりや腰痛などに効果があります。 そのほか、糖尿病が原因で起こる神経障害などにも効果があります。 メチコバール錠の成分は主にビタミンB12で、ビタミンB12は神経系に作用し、末梢神経が原因で起こるさまざまな症状を緩和する働きがあります。 神経細胞内への移行が良く、細胞の働きや機能を正常に整えてくれます。 メチコバール錠は効目が穏やかで安全性の高いお薬です。 また、ビタミンB12は水溶性のビタミンのため尿から排泄され体内に蓄積されることがないため、安全性の高い薬剤と言えます。 メチコバール錠500は年齢や症状により用量は異なりますが、 1日3錠を3回に分けて経口投与します。 症状がある時に内服することでゆっくりと効果を実感することができます。 スポンサードリンク 副作用 メチコバール錠500の主成分はビタミンが主なので副作用の少ない薬剤です。 主な副作用には、 食欲不振や悪心・嘔吐、下痢、過敏症による発疹などがあるので、この様な症状が見られたたら内服を中止して医師や薬剤師に相談して下さい。 ビタミンの成分で副作用がでることはほとんどありませんが、体質によって副作用の症状が起こることがあります。 メチコバールを内服してアレルギー症状が出た方や薬剤アレルギーのある方は医師や薬剤師に相談してから内服すると安心です。 また、持病があり併用薬がある場合は医師に伝えるようにしましょう。 ビタミン成分の安全なお薬ですが、妊娠中や授乳中の方は念のため専門家に相談してから内服して下さい。 メチコバール錠500は軽い副作用のみで、全身の重篤な副作用はほとんど見られません。 まとめ メチコバール錠500は昔からある薬で安全性も高いのが特徴です。 ビタミンB12は日常の食事から摂取できますが、胃腸の病気や糖尿病などがあると不足して末梢神経に影響を及ぼすことがあります。 手足のしびれや耳鳴り、神経痛が起こった時はビタミンを主成分とするメチコバール錠500で改善しましょう。

次の

メチコバール錠500の効果・副作用

メコバラミン 錠 500

稀に生じることもありますよ。 副作用が稀に現れることもあるので、念のために副作用についても把握しておきましょう。 メコバラミンを服用すると、 ・軽い下痢になる ・胃に不快感が生じる ・食欲不振になる といった副作用が生じる可能性があります。 上記のような副作用が出た場合は、服用するのをやめて医師・薬剤師に相談するようにしましょう。 ただ先ほどもお伝えしたようにメコバラミンに含まれている成分は、ビタミンB12なので重大な副作用が現れることはほぼありません。 メコバラミンが含まれている薬〜病院編〜子供や妊婦は? 続いてメコバラミンが含まれている薬についてお伝えしていきます。 この見出しでは病院で処方される薬に絞ってお伝えします。 1% の3つの種類があります。 細粒タイプのメチコバールは錠タイプのものが飲みにくいという人でも、服用することができます。 子供や妊婦でも服用することができますよ。 先ほどもお伝えしたように、メチコバール錠はビタミン剤であるため かなり安全性の高い薬です。 安全性が高いため、小児や妊婦に医師から処方されるケースもあります。 ですので医師から処方されて服用しても大丈夫か不安だという場合でも、服用して基本的に問題ないです。 メコバラミンが含まれている薬〜市販編〜 これが最後の見出しです。 最後の見出しでは、メコバラミンが含まれている薬を市販薬に絞ってお伝えしていきます。 メコバラミンが含まれている市販薬は、 ・アリナミンEXゴールド ・シビラック ・アクテージSN錠 などがあります。 これらの市販薬にメコバラミンは含まれていますが、メコバラミン以外にも他の成分が含まれています。 メコバラミンのみが含まれた市販薬はあるのかしら。 市販薬にメコバラミンのみが含まれた薬はありません。 ですのでメコバラミンのみを服用したい場合には、病院に行ってメチコバールを処方してもらうようにしましょう。 では、まとめの方に移っていきます。 スポンサーリンク まとめ では、今回のまとめの方に移っていきます。 今回はメコバラミンの効果や副作用を中心に様々なことをお伝えしてきました。 今回の要点を押さえると・・・ 1. メコバラミンは耳鳴りなど様々な症状に効果的な薬! 2. メコバラミンは主成分がビタミンのため安全性が高い! 3. メコバラミンは市販薬にも含まれているものがある! 今回の内容をまとめるとこのようになります! スポンサーリンク.

次の

メコバラミン錠500μg「JG」|日本ジェネリック株式会社

メコバラミン 錠 500

はじめに メチコバールは、メコバラミンを有効成分とする、末梢性神経障害を改善する薬です。 しびれ感やぴりぴりとした痛みなど、神経系の障害を改善する効果が期待できます。 今回は、メチコバールについて、その効果効能、副作用や注意点について紹介します。 目次 メチコバールってどんな薬? メチコバールは、有効成分メコバラミンの、末梢性神経障害治療剤です。 効能又は効果 末梢性神経障害 効能又は効果に関連する使用上の注意 本剤投与で効果が認められない場合、月余にわたって漫然と使用すべきでない。 引用:メチコバール 添付文書 末梢性神経障害とは、脳・脊髄の中枢に対して、全身の臓器や器官(足・手などなど)の末梢の神経がなんらかの理由で障害されてしまった状態です。 末梢神経にも3種類あり、中枢からの命令を各種筋肉に伝え、体の運動をコントロールさせる運動神経(体性神経に属する)、熱い・痛いといった感覚を感覚神経から中枢に伝える感覚神経(体性神経に属する)、内蔵などを制御(制御といったも意思とは関係なく)する自立神経系にわけられます。 それぞれ、障害されると主に下記のような症状がでます。 運動神経 筋力が低下する、力が入りにくくなる、筋肉が萎縮する 感覚神経 痛み・熱さなどを感じにくくなる、しびれ・痛みが生じる 自律神経 発汗異常、たちくらみ、下痢や便秘など 神経が障害されてしまう理由は様々で、加齢であったり、事故であったり、病気であったり、突然発症するケースもあったりします。 病気の場合は、糖尿病による合併症が多いです。 他に原因がある場合として、アルコールの過剰摂取、ビタミンB不足、重金属・薬物中毒などがあります。 メチコバールってどうやって効くの? メチコバールの有効成分メコバラミンは、体内でビタミンB 12と同じように機能します。 というのも、ビタミンB 12が欠乏すると、貧血や末梢神経障害が生じることで知られているためです。 メコバラミンはビタミンB 12のなかでも、神経組織への移行性に優れているため、末梢神経障害の治療に用いられます。 ただし、年齢及び症状により適宜増減する。 ただし、年齢及び症状により適宜増減する。 細粒0. ただし、年齢及び症状により適宜増減する。 年齢や症状により、適宜増やしたり、減らしたりします。 医師の指示と異なる場合は医師の指示を優先するようにしてください。 メチコバールの副作用 メチコバールの報告されている主な副作用として、発疹、食欲不振、悪心嘔吐、下痢があります。 ビタミン剤なので、比較的副作用が少なく安全な薬ですが、服用していて体調悪化あれば、中止して、医師に相談するようにしましょう。 メチコバールの注意点 メチコバールの注意として、下記があります。 その他の注意 水銀及びその化合物を取り扱う職業従事者に長期にわたって大量に投与することは避けることが望ましい。 引用:メチコバール 添付文書 メチコバールの有効成分メチルコバラミンは、重金属と接触することで、その重金属を体内へ吸収しやすくしてしまうメチル化させてしまいます。 特に、水銀がメチル化したメチル水銀は極めて有毒であり、あの公害病である水俣病の原因物質としても知られています。 そのため、注意喚起として、水銀を取り扱っている場合には、メチコバールの大量・長期投与は控えるようにとされています。 まとめ メチコバールは、末梢性神経障害の改善に用いられる薬です。 有効成分はメコバラミンです。 ビタミンB 12と同じようにはたらき、末梢神経障害を和らげる効果が期待されています。 服用に際しては、医師の指示どおりに服用するようにしましょう。

次の