全国情報サービス産業企業年金基金。 「厚生年金基金」解散するとどうなるの? 短期間しか加入していない場合は?

全国情報サービス産業厚生年金基金(JJK)の脱退一時金

全国情報サービス産業企業年金基金

単なる退職時の一時金の受け取りはお勧めしないが… <ケース7> 会社員 厚生年金基金はここ数年でほぼすべてが解散の予定となっています。 そのための基金解散にともない一時金を受け取る人も出てきています。 少し複雑ですが、今自分がどういう状況なのか確認する必要があります。 近年、運用の悪化により積立不足が生じ、解散の方向です。 単に自分が厚生年金基金のある会社を辞めて脱退一時金を受け取るケースでは、退職後、個人型確定拠出年金に加入し、その一時金を非課税で個人型の口座に移換することができます。 一時金をそのまま一時金として受け取ってしまうと、一時所得として課税されますし、何よりも臨時収入だと喜んでしまい使ってしまいます。 老後の資産形成を継続させるためには、個人型確定拠出年金に加入し資産移換をすることが望ましいでしょう。 厚生年金基金は存続しているが「会社」が脱退する場合も、個人型確定拠出年金に資産を移換することができます。 この場合、基金に加入している状態では個人型に加入する資格がないので、会社にスケジュールを確認しながら手続きを進める必要があります。 しかし、2017年以降は加入資格者拡大に伴い、厚生年金基金へ加入している会社に勤めている人であっても、個人型確定拠出年金に加入できるようになります。 厚生年金存続中に個人型に加入しておいて、厚生年金基金の脱退一時金が清算される際に個人型に移換すると良いでしょう。 【関連記事】 厚生年金基金が解散した場合、確定拠出年金に移換を 厚生年金基金という組織が解散した場合は、状況が異なります。 まず会社として企業型確定拠出年金を受け皿とする場合は、確定拠出年金の口座に残余財産を移換することができます。 他にも一時金で受け取る、 企業年金基金連合会にその資産を移すという選択肢がありますが、今後も老後の資産形成を継続していく意思がある人であれば、確定拠出年金を選ぶ方がおススメです。 他にも、給付を行うための原資となる保有資産の運用も行っています。 ただ、残余財産分については運用をお任せしたいという人はどうすべきでしょうか? 企業年金連合会の場合、年齢により予定利率が異なるのですが、移換時の年齢が45歳未満の人であれば予定利率2. 25%ですので、確認してみるのも良いかもしれません。 ただし企業年金連合会は残余財産の受け入れは可能ですが、今後の積立を継続することはできません。 本来厚生年金基金の解散といったニュースは、社内でも十分に周知徹底されるべきなのですが、A4用紙1枚のお知らせにあまり意識せず同意の印鑑を押してしまう人が大半です。 自分の状況を正しく理解し、これからとるべき行動は何なのかきちんと見極めたいものです。 【関連記事】 株式会社アセット・アドバンテージ 代表取締役 1993年、米国オハイオ州立大学ビジネス学部卒業後、メーカーに勤務し、人事、経理、海外業務を担当。 留学経験や海外業務・人事業務などを通じ、これからはひとりひとりが、自らの知識と信念で自分の人生を切り開いていく時代と痛感し、お金のアドバイザーであるファイナンシャルプランナーを目指す。 2002年にファイナンシャルプランナーの初級資格AFPを、2004年に同国際資格であるCFP資格を取得した後、どこの金融機関にも属さない、中立公正な独立系FPとしての活動を開始。 金融機関や企業からの講演依頼の他、マネーコラムの執筆や書籍の執筆も多数。 個人相談も多く手がけ、年金、ライフプラン、資産運用を特に強みとしており、具体的なソリューション提供をモットーとする。

次の

福利厚生

全国情報サービス産業企業年金基金

企業年金は基礎年金や厚生年金などの公的年金に上乗せする私的年金だ。 「厚生年金基金」「確定給付企業年金」「確定拠出年金」と3つある企業年金のうち厚生年金基金は代表的な存在であったが、現在は解散が相次いでいる。 厚生年金基金は老齢厚生年金の給付を国に代わっておこなう「代行給付」を担っており、私的年金でありながら公的要素が強いことが大きな特徴であった。 また、国に代わって徴収した保険料に独自の積立金を加算し、スケールメリットを生かした資産運用をすることで、社員に対し厚生年金のみの給付よりも豊富な年金を支給することを可能にしてきた。 しかし、高齢化で年金受給者が増える一方なのに対し、保険料を払う現役世代は減少している上、資産運用の環境が高度成長期に比べて非常に難しくなっている。 そのため多くの厚生年金基金では財政状況が悪化し、解散を余儀なくされている。 国から年金の管理運用を任されているにも関わらず、代行給付をおこなうために最低限必要な資産が足りなくなる「代行割れ」が問題となった事件だ。 AIJに限らず、多くの厚生年金基金で約束した年金額を支給できないところが続出し、社会問題化した。 この状態を受けて、国は2014年4月1日以降の厚生年金基金の新規設立の禁止を決定した。 早期に解散すれば有利になる特例が設けられたこともあり、2015年時点には471基金のうち8割に該当する基金が解散する方針であることを表明している。 長く従業員の福利厚生に貢献してきた厚生年金基金は、「お役御免」となったのである。 解散となってしまった厚生年金基金の加入者の年金はどうなってしまうのだろうか?2013年3月末時点では厚生年金基金の加入者数は420万人と少なくない。 年金がもらえなくなってしまうのではという不安の声も多いが、厚生年金基金が解散しても年金の1階部分の老齢基礎年金と2階部分の老齢厚生年金は予定通り支給されることはおさえておこう。 3階部分の企業年金がどうなるかについては、どのような解散方法を採用するのかによって異なる。 年金はもらえる? 存続が困難になった基金がとるべき選択肢としては、「解散」と「代行返上」がある。 解散して資産を分配 基金のすべての業務をやめてしまうのが解散だ。 国の代わりに行っていた代行部分の年金原資は国に返上し、余った財産は加入者や受給権者の一時金として分配する。 基金はその後消滅する。 これまで基金が代行給付していた老齢厚生年金は国からきちんと給付されるので心配ない。 ただし企業独自の上乗せ給付は原資を一時金として分配してしまっているので、年金として支給されることはない。 なお、5年間の時限措置である「特例解散」を選択した基金の加入者には上乗せ部分の一時金の支給もない。 なぜなら、特例解散は代行割れをした基金が対象だからだ。 代行割れの基金は代行返上の際に国へ返す年金原資が不足している状態なので、加入者の年金に上乗せできる状態ではない。 特例により返却額を減らしてもらう代わりに、加入者への上乗せ給付は全額停止だ。 企業と折半とはいえ基金に支払ってきた積立金は、まるまる大損というわけだ。 代行返上 比較的財政に余裕がある基金が選択できるのが代行返上だ。 国の代わりに行っていた老齢厚生年金の代行部分の年金原資を国に返上し、上乗せ部分は確定給付年金(DB)に移行する。 確定給付年金は確定拠出年金とは違い公的年金のように給付額が決まっている年金だ。 この方法なら、基礎年金や厚生年金は国から支給され、企業年金も金額に変更はあるものの制度は残ることとなる。 いったん解散してからDBを導入するケースと異なり、これまでの掛け金がムダになることはない。 短期間のみ加入していた場合は 厚生年金基金に短期間だけ加入していた人は「中途脱退者」と呼ばれる。 中途脱退者への年金給付は、国ではなく企業年金連合会に引き継がれる。 どのくらいの期間加入していたら中途脱退者になるのかは基金によって条件が異なるが、一般的には10年未満の加入者が企業年金連合会に引き継がれる対象だ。 厚生年金を受け取れる年齢になった際、上乗せの企業年金も受け取れる。 加入期間が10年以上または55歳以降加入期間がある場合など、企業年金連合会の引継ぎの対象とならない場合は、先ほどのように解散か代行返上か、元の基金が選択した方法に従うことになる。 中途脱退者に対しては、基金及び事業者は移換について説明をする義務があり、企業年金連合会からは「引き継ぎのお知らせ」の通知が届くはずである。 なお、日本年金機構が提供する「ねんきん定期便」や「ねんきんネット」の情報は、国が支給する年金の見込み額なので、厚生年金基金や企業年金連合会が支給する年金が含まれていないので注意したい。 (篠田わかな フリーライター) 【合わせて読みたい「老後・年金」シリーズ】 ・ ・ ・ ・•

次の

厚生年金基金の脱退一時金を受け取るべきか?否か?

全国情報サービス産業企業年金基金

初めまして。 拝見しました。 70代の年金受給10数年の需給経験者です。 先ず標題に付いては、現在専業主婦?で扶養になり纏まった金の必要もなければ、絶対に脱退一時金で貰うべきでは有りません。 私も自社年金基金の期間が5年ほど有りますが、厚生年金の他に年金基金連合会から、別途支給されています。 (本体のより率も多くて、脱退一時金の数倍の受給になります) 先の方の通りご主人が(今は)20年以上 私は一人前の扱いだと)厚生年金加入で有れば、奥さんが65才に成るまでは=会社なら配偶者手当の様な加給年金 額 が年2~30万余り出ます。 (奥さんが65才に成れば=奥さんの年金の上に振替加算で支給されます。 (私のも家内が65才になった時点で其の分が減額になりました) もっと先の話ですが、仮に65才に成られたら貴女の年金は月10万には成ると思います。 その先不仕付けですが、ご主人が年金受給資格後に仮に亡くなられての、遺族年金は貴方の年金の上に足されます。 (合っていると思いますが) 以上私の経験から思うことを遠慮なく申し上げました。 ご参考に。 Q 先日6年間勤めた会社を退社しました。。 その会社は全国情報サービス産業厚生年金基金(以後JJK)に加入していました。 退社手続きの際に、会社の総務から、 『JJKを脱退した場合は脱退一時金が支給される、支給額についてはJJKに問い合わせてみて下さい。 』 との案内を受けました。 (人様から大金を預かっておいて送ってくるのは計算書一枚のみ・・・ちょっとJJKにムカついてます。 ) その紙切れには、なにやら人を煙に巻くような計算式が細かく書かれていたのですが、 要するに以下二つの選択枝があるのです。 1 今、JJKを脱退して20万円弱を貰う。 2 脱退しないで、65歳以降に加算分年金の2万円強を毎月貰う。 注1 金額は見込みなので法改正等により変わる場合がある。 個人的には老後の為に 2 を選ぼうと思っています。 でも、注1 が気になるし、年金ってしっかり申請しないと貰えないものなので、 65歳以降にホントに毎月2万円以上も貰えるのか?不安でもあります。 1 を選ぶか? 2 を選ぶか?自分で判断すべきところでしょうが、 何かご意見、ご指導ございましたら書き込みお願い致します。 ちなみに私は30代前半です。 その会社は全国情報サービス産業厚生年金基金(以後JJK)に加入していました。 退社手続きの際に、会社の総務から、 『JJKを脱退した場合は脱退一時金が支給される、支給額についてはJJKに問い合わせてみて下さい。 』 との案内を受けました。 A ベストアンサー JJKとは企業や企業連合体が設立した機関で厚生年金を代行して運用することが出来るしっかりとした機関です。 厚生年金基金連合会は各基金親元締めみたいなイメージになっています。 >「法律改正で額が変更される可能性がある。 」 結論から言いますとあまり心配される必要はないかと思います。 現在、様々なアプローチで保険料の増加や給付減を図っている年金制度ですが、日本の社会保障の根幹には従前保障という言葉があります。 特老厚と物価スライドが良い例ですので簡単に説明します。 特老厚は60歳から貰える厚生年金を基礎年金同様65歳からに引き上げる政策を打ち出す際に付加した従前保障制度です。 残念ながら制度発足当時40歳未満男性は保証対象外となっていますが・・・。 物価スライドは物価が上がれば年金額を+調整、下がれば-調整するものです。 ところが過去に物価が5年連続下がった事があります。 最初の3年は回復を待つという意味で-調整を見合わせ国は1.7%の物価スライドを負債として持っています。 今後、物価が下がれば即時反映はやむなしですが、物価があがっても1.7%から相殺することになっています。 (物価スライド特例)更にマクロ経済スライドというのも出てきており、当面年金額の増加は見込めません。 これら物価スライドは基金にも影響しています。 法律改正により年金が増減するという意味はこんなところにあります。 要は年金制度が崩壊(=日本という国が崩壊)しない限り数パーセントの増減しかないと考えるのが一般的ではないかと思うわけです。 年金額の引き上げ・・・当面ありません 年金額の引き下げ・・・物価が下がったり、マクロ経済スライドが物価スライド枠を超えてマイナス方面に調整される様な法改が入ればやむなし・・・です。 JJKとは企業や企業連合体が設立した機関で厚生年金を代行して運用することが出来るしっかりとした機関です。 厚生年金基金連合会は各基金親元締めみたいなイメージになっています。 >「法律改正で額が変更される可能性がある。 」 結論から言いますとあまり心配される必要はないかと思います。 現在、様々なアプローチで保険料の増加や給付減を図っている年金制度ですが、日本の社会保障の根幹には従前保障という言葉があります。 特老厚と物価スライドが良い例ですので簡単に説明します。 特老厚は60歳... A ベストアンサー こんばんわ。 質問者様は、厚生年金基金に入られていた(今後もかな?)ようですね。 私が書かせて頂きました事だけで、判断をなされないように、お願いを致します。 基金(厚生年金基金)に加入していた場合ですが、一般的には、 退社した際に、年金手帳と一緒に、厚生年金基金加入員証を、渡されるのが、普通ですね。 と、いいますのも、これは、将来、再度、この基金(厚生年金基金)に加入する場合や、 [ 老後の年金を受け取る ] 際の、手続きをなされる時等に、必要になりますから、大切に保管されて下さいね。 質問者様が、不利益にならない為にね。 何かとややこしいので、よくよくご確認下さるようにお願いを致します。 他の事柄と、関係しますからね(ややこしいですね) [ 社会保険庁 ] の、HP にも多少は載っていたかも?しれません。 #法律はいつどう変わるかは、わかりませんから。 #何時かは不明も、何かで読んだ、聞いた等の、記憶も辿って書いた。。。 こんばんわ。 質問者様は、厚生年金基金に入られていた(今後もかな?)ようですね。 私が書かせて頂きました事だけで、判断をなされないように、お願いを致します。 基金(厚生年金基金)に加入していた場合ですが、一般的には、 退社した際に、年金手帳と一緒に、厚生年金基金加入員証を、渡されるのが、普通ですね。 と、いいますのも、これは、将来、再度、この基金(厚生年金基金)に加入する場合や、 [ 老後の年金を受け...

次の