心 を 楽に シンプル ライフ。 心と身体が喜ぶ?!シンプルライフ&断捨離

VOICEブック

心 を 楽に シンプル ライフ

「禅」にはシンプルで、人が幸せに生きるための考え方やヒントがたくさんあります。 禅の思考を習慣化させることで心が軽くなり、生きるのがずっと楽になります。 いるものだけを持つ 本当に必要なものを見定め、いらないものは捨ててしまいましょう。 何かを得るよりも先に手放すことが大切です。 所有することに執着しない。 手放すことで得られる豊かさがあります。 合理性、利便性だけを求めない 全てにおいて合理的な思考を当てはめれば良いと言う訳ではありません。 一見、無駄に思えるようなことをあえてしてみましょう。 世の中には必要な無駄もあるのです。 起こっていないことで悩まない 将来のことを考えて不安になっていても仕方がありません。 未来のことは誰にもわかりませんから。 不安や悩みの正体は、心が勝手に創り出した幻です。 実体のない幻想に振り回されるのはやめましょう。 人と比較しない 自分は自分、他人は他人です。 人それぞれに違いがあります。 それが個性となり、その人を形作るのです。 人と比べるのでなく、自分の中の「特別」に目を向けましょう。 変わることを恐れない この世に変わらないものはありません。 すべてのものは変化していきます。 変化することに反抗せず、柔軟な心で変化を受け入れましょう。 過去に執着せず、移ろいゆく喜びを見出すのです。 無理に答えを求めない 「答え」は一つではありません。 「方法」もまた、一つだけではありません。 無理に正解を求めようとせず、多様な価値観を受け入れましょう。 あるがままを受け入れる 時には流されることも必要です。 自分と違うものや考えも一度受け入れてみましょう。 今の自分、今ある状況を肯定してみましょう。 今があることに感謝してみましょう。 他人の価値観や余計な悩みに振り回されないよう、無駄なものを削ぎ落とし、限りなくシンプルに生きる。 それこそが「禅」のシンプルな考え方です。

次の

「ayakoteramoto」詳しいプロフィールと、プライバシーポリシー

心 を 楽に シンプル ライフ

【コロナ休校中に意識していること5つ】なるべく楽なスケジュールに! こんにちは。 ayakoです。 コロナ休校(&自主休園)暮らしなって、もうすぐ3週間ですね。 みなさま本当にお疲れさまです!! 休校中、「お家学校の時間割」らしきものを作ろうかと思ったのですが・・。 予定の後に、自由時間(楽に感じる)• 自由時間の後に、予定(疲れやすい) 1日の後ろに自由時間があるほうが、気持ちがグッと楽になります!! 逆に、後ろに予定があると・・?? 自由時間中も、予定のことが頭から離れません。 自由時間が短く感じてしまうのでした。 家事ってそもそも、「午前中だけで終える!!」が難しいんですよね。 だから 夜の寝かしつけまで、予定がぎっしりと詰まっている感じがしちゃう訳です。 (朝起きた時にしんどい理由がこれ。 汗汗汗) 完全な前倒しはムリ、とはいえ。 なるべく前倒しして、後ろをゆっくりにするだけで疲れが全然違います!! 今日は、 コロナ休校中に心がけていること5つのお話です。 (*どんな心がけも100点は目指しません。 まあまあで十分効果があるのです*) 1. (ひえー脳みそとける。 汗汗汗) 私がアホなだけかもしれませんが。 朝のほうが、子どもに優しく教えることができる気がします。 夕方に丸つけすると 「ここ間違ってるよ」と言う時の声が、なんだかイライラしている気がして。 (汗汗汗) という訳で。 丸つけはすぐにせず、次の日の朝に子ども2人分まとめてしております。 一晩寝かせて、ママが元気な朝に丸つけする。 そうすると、先生のように「怒りの感情なし」で、優しくフィードバックできます。 そうそう、怒らないのがめっちゃ大事!!(笑) 親と先生の違いって、そこですよね。 子どもができない時に、親は「焦りと落胆」を顔に出してしまうことがあります。 丸つけする時は、先生になりきってやりたいですね。 (なりきるの、大事) 「おおおヤバイ」と思った時ほど、他人の子どもだと思って、客観的にフィードバックしております。 「すごいね!がんばったね!」と、褒めるのも忘れずに。 そうそう。 ナーバスになると、できた所はスルーしがちなので。 (汗) 「褒めて締めくくる」というのも、心がけております。 私が1番疲れるのは、夜ごはんを作ること・・だと思うんです。 自己分析すると。 それって「夕方に作っているから」なんですよね。 いつもは昼間は子どもたちがいない時間を謳歌しているので、夕方作るスケジュールで問題ないのですが・・。 コロナ休校中は別。 昼間にやっておいた方が、断然楽でした!! 夕方はクタクタ・・というかなんか魂抜かれてる。 (汗汗汗) いつもは夕方から夜にしていたことを、なるべく明るいうちに終えてしまう。 夜が前よりゆったり感じられて、楽しくなりました。 ケンカしたら読書タイム 赤ちゃんだけなら問題なし。 赤ちゃんともう1人いることも、まあ問題なし。 赤ちゃんともう2人いると、ケンカが起こります。 読書タイムへ。 本を読んでる時の静けさよ・・!!最高すぎる・・!! もちろん、このブログを書いている今も、子どもたち全員読書タイムです。 (笑) 4. お昼ごはんは、疲れたらムリせず買ってくる お昼ごはんーー!! どうしてこんなに、あっという間にごはんタイムがやってくるのでしょう。 「ママーお腹すいたーー」 5歳モモくんは1日に何度も報告してきます・・催促がめっちゃ多いです・・。 その割には苦手な物は残すという。 そうです。 本日もお弁当屋さんへ走りました。 シャケ弁当、1つ450円。 (笑) コロナ休校&休園・・給食ないだけで、ジワジワ食費上がるーー!!とドキドキ。 だけど、そこを考えちゃうとママの精神崩壊。 食費を考えるのはやめました。 いえ、あの、もともとザックリなんですが。 やはり毎日昼ごはんがあるのは違うなーと実感しちゃう時がありまして。 実感してハーッてなるのを、なるべくやめます!! 仕方ない。 本当に仕方ないこと、です。 将来子どもたちにおごってもらおうと思います。 (笑) 5. 子どもたちに、お手伝いをしてもらう 子どもたちは、学校や園で役割がありますよね。 黒板消し係とか。 お風呂をさっと洗ってつける• お皿を下げる、カトラリーを出す• お布団を敷く• 洗濯物をたたむ、しまう• お米を研ぐ などなど。 ちょっとのお手伝いは子どもにとってメリハリが出ていい感じ・・な気がしました!! そしてママにとっても。 (ここ重要。 なので、子どもたちと一緒に暮らしをまわすと、気持ちも楽になります。 さいごに。 お茶を飲むのを忘れずに 子どもがいてバタバタしていると、ついつい忘れてしまうお茶タイム。 (汗) ゆっくりできなくても、こまめに水分を取ることはとっても大切・・!! 風邪予防にもなるので、喉をうるおしましょう〜。 夫がテレワークの日は、お昼ごはんが5人分。 「おつかれさま自分 」って 、つい口に出しちゃってます。 そうでもしないとマスク買えないのかな。 私もそろそろ意を決して並ぼうかな。 根性がいるので迷っております。 (汗) 早くいつも通りの日々に戻れますように・・!!そのために巣ごもりがんばります。 声めちゃ聞こえるらしいです…!!汗 *今日もお読みいただき本当にありがとうございました!!みなさまにとって、素敵な1日になりますように・・!!* simplehome.

次の

【リビングのおもちゃ収納のまとめ】赤ちゃん用はカゴ2つ、他は無印良品のファイルボックスへ

心 を 楽に シンプル ライフ

日本中どこを見てもモノで溢れかえっていますよね。 バレンタイン、ホワイトデー、母の日etc。 次から次に行事にこじ付けをしたキャンペーンやセールが開催され続け、めまぐるしく季節が移ろいます。 シンプルに生きるとは、どういう生き方のことでしょうか? 世界との距離が近くなり、様々な文化や習慣が日本でも認められるようになったことで、自分自身のアイデンティティーはより簡単に持ちやすくなったように思います。 一昔前には『今のブームはこれ! 』という一世風靡をするような現象が良く起きており、ファッションや音楽、食べ物などそれぞれの業界で1番が分かりやすく確立していました。 しかし今では、ナンバーワンよりオンリーワンが重視される社会になりつつあります。 業界の中でもさらに細分化され小さなナンバーワンがたくさんできる社会になりました。 少し前に『断捨離』という言葉がブームを巻き起こしました。 モノは必要ない! 必要ないモノは捨ててしまえ! というやつです。 モノが欲しいからお金を使う、お金がないから(欲しいものが買えない)心が不幸になる。 など、なかなか奥の深い断捨離は、またたくまに主婦を皮切りに、若い子達にも浸透していきました。 今日は断捨離をベースにシンプルに生きることについて考えてみたいと思います。 シンプルに生きる事にしたら、心が楽になりました。 したことは1つだけ 興味のあるところから読んでくださいね• シンプルに生きるとは一体どのように生きることを言うのでしょうか? シンプルに生きるためには心に余裕をもつこと、自分の過ごす空間に余裕(スペース)をもつこと、これに尽きるような気がします。 人間には様々な欲望があります。 中でも物欲は際限なく広がり溢れでてきます。 日本は既にモノが溢れるくらい裕福な国家ですから、必要最低限のモノを超えてどんどん(必要はないけど)可愛いものや、(無ければ無いでなんとかなるけど)あると便利というような商品が市場にたくさんあります。 『使わないもの』『必要のないもの』はすべて捨ててしまいましょう。 という本当にシンプルなもの。 いとも簡単にモノの仕分けを出来るのであれば、最初からモノが溢れる生活をしていないのでは…とも思います。 しかし、生活習慣や環境、年齢など、生活の変化はたくさんあります。 昔は必要でも今現在は必要ないモノもたくさんあるはずです。 決してなんでもかんでも捨てろ! といっているのではありません。 必要のないもの、使うあてのないものを切り離していきましょう。 モノが溢れている時代ですから便利なモノがあって当たり前ですが、なくても充分楽しく幸せにやっていけるのです。 シンプルに生きることはとても簡単なことです。 外部に惑わされないことです。 日本にはたくさんのブームや季節ごとの行事があります。 四季の移ろいを嫌でも感じることができるということは、本来とても素敵なことなのです。 しかし、季節の催しごとに合わせて服やモノ、不必要なモノを買う必要はありません。 シンプルに生きるということは、その都度の暮らしに合わせた生活をするということです。 決して時代やまわりに合わせて生活するのではなく、自分のために自分らしく、自分のペースで生活をするということです。 クローゼット、本棚、キッチンまわり、『あると便利、でも使わないモノ』がたくさんあるはずです。 その時代を象徴するかのようにファッション小物は毎年ガラリと変わります。 『いつか着るかもしれない』という服を近いうちに着る機会は、まずないでしょう。 例えば、クローゼットには収納できる容量があります。 服を好きなだけ買うことができても、収納するクローゼットには、収納できる限度が必ずあります。 クローゼットがいっぱいになれば洋服箪笥を買い増しすれば良いのですが、今度は部屋のスペースに限りがでてきてしまいます。 逆に、いつでも収納棚やクローゼット、生活環境に余裕をもって生活をすることを心がけます。 すると、生活する環境そのものにスペース=余裕があるため、どことなく気持にも余裕が=スペースがわいてくるのです。 ごちゃごちゃした目移りしてしまうような落ち着かないお部屋ではなくて、シンプルなインテリアにすると気持ちも変わりますよね。 同じことなのです。 インテリアの話ではなくて、『常にストックしておかないと不安』『いつか使うから、側においておきたい』などのモノやなにかに対する執着が知らず知らずのうちに生活・性格・考え方へと浸透して行くのです。 モノを買う、溜める、使わない、でも捨てないという生活は、同じように人の気持ちにも知らず知らずのうちに反映してしまっているのです。 シンプルに生きることは単純明快です。 心や生活空間にスペースという名の余裕をもつことです。 物理的にいらないものを生理整頓することで気持ちはかなり軽く、爽快になります。 生活空間に余裕ができることで、考え方や生活習慣にも自然と余裕ができてくるのです。 生活に余裕ができると、今まで見えにくかった物事や、見る余裕がなかった事柄も視野に入るようになります。 より豊かな感性と生活をおくることへとつながっていくのです。 まとめ いかがでしたか? 断捨離は、全てを捨てろというのではありません。 溜めこみ型、物質主義の考え方から少し距離をおいて生活して見てください。 シンプルに生きることはこんなにも簡単で素晴らしく素敵なことだ、と必ず感じることができるでしょう。

次の