芝生 スギナ。 スギナを駆除する方法は

芝生の雑草:スギナの駆除方法と繁殖対策

芝生 スギナ

スギナの生態と駆除方法 除草剤を使わずに駆除するためにスギナがどのように増えていくのか生態を知っておきましょう。 スギナは、シダ植物に属するトクサ科の多年草です。 種は、つくらず胞子で増え、花を咲かせることはありません。 まず、春先になると芽生えるツクシは胞子をつくる胞子茎(ほうしけい)です。 そして、次に生えてくるスギナは葉をつける栄養茎(えいようけい)です。 普通の植物でいえば ツクシは種を作る花にあたり、スギナは栄養を作る葉にあたります。 また、スギナは胞子で増える以外に 地下茎から芽を出して増えることもできます。 光合成をしてつくった養分は地下茎に貯えられていきます。 取っても取っても生えてくるのは地下に張りめぐらされた地下茎がたくましく繁殖しているからです。 【まとめ】 ・スギナはツクシ 胞子 で増える ・スギナは地下茎で増える スギナを駆除する適期が春の理由 スギナは繁殖を始めた最初の2ヶ月は生育がゆるやかで地下へは養分をほとんど送らないそうです。 なので効率的にスギナを駆除するには春が適期というわけですね。 スギナが生え始める4~5月に根を残して地上部だけを刈り取ってしまいましょう。 葉を摘んでしまうことで 養分を地下茎に送ることが出来なくなってしまいます。 1年で退治することは無理ですが、毎年繰り返していれば、そのうち生えなくなってしまいます。 取っても取っても生えてくるというのは生長期の最初の2ヶ月を過ぎてから除草しているため。 すでに、栄養分は地下茎に蓄えられてしまっていると考えられます。 我が家のスギナ駆除方法 我が家でもスギナには随分と悩まされました。 しかし、ここ数年で激減。 ほとんど見かけることがありません。 どんなやり方をしたのか紹介しますね。

次の

芝生に生えたスギナの駆除方法。除草剤を使ってはダメ

芝生 スギナ

スギナはシダ科で、日本全国に生えている在来種の草です。 スギナは涼しい土地を好むため、寒い土地にたくさん生えています。 また、スギナが増殖するピークは春~夏で、冬でも枯れることはありません。 スギナは、駆除するのが厄介で難しい草と言われています。 その証拠に、スギナは別名『地獄草』と呼ばれているほど、生命力が強くしつこい草です。 スギナが地獄草を呼ばれるようになったのは、地面の奥深くまでビッシリ根を張ることから、この名前がつきました。 スギナは地獄草とも呼ばれていますが、その正体は『つくし』です。 スギナは春になると、可愛らしいつくしになります。 "厄介なスギナが、つくしだったなんて! "と、驚く方もいるようです。 スギナの地下茎(根茎)や塊茎を抜いて、駆除しましょう。 できれば毎日、スギナの地下茎(根茎)を引っこ抜く作業をすることです。 スギナは成長するのがとてつもなく早いため、毎日抜くと成長することができず、枯れていきます。 ですが、スギナは地下茎(根茎)が根深いため、途中でで切れてしまうことも多いはずです。 でも、おかまいなしに、スギナの地下茎(根茎)を引っこ抜いて駆除しましょう。 継続してスギナを引っこ抜くことが、駆除につながります。 スギナの地下茎(根茎)を引っこ抜いて、駆除していくのは大変な作業です。 スギナ(根茎)の駆除に使える便利なグッズを使って、効率良く作業しましょう。 形状は丸くプックリしていて、栄養がギッシリ詰まっています。 塊茎は地下茎(根茎)に栄養を与え、スギナの成長を助長させる存在です。 さらに、地下茎(根茎)に新しい芽を生えさせる原因にもなるため、スギナの地下茎(根茎)を引っこ抜いて駆除しましょう。 熱湯をスギナにかけると駆除できます。 植物は熱湯をかけると枯れるため、スギナの駆除も可能です。 ただし、薬剤を使わないため、土の上に出ているスギナしか駆除できません。 何度も説明している通り、スギナの地下茎(根茎)は、地中の奥深くに張り巡らせています。 スギナの上から熱湯から注いでも、地下茎(根茎)まで熱湯を到達させるのは難しいでしょう。 地下茎(根茎)を枯らして駆除するには、熱湯を十分に浸透させる必要があります。 また、スギナの地下茎(根茎)に熱湯を注いでも、肉眼で確認することができません。 つまり、スギナの地下茎(根茎)に、熱湯が十分に浸透したか? 憶測で駆除を行うことになります。 さらに、スギナが広範囲に生えている場合は、想像を絶するほどの熱湯を使います。 そして、時間だけでなく労力も使うため、スギナの駆除作業はヘトヘトになるでしょう。 熱湯は薬剤を使わないですが、時間・労力・熱湯を消耗します。 どうしても熱湯でスギナの駆除をしたい方は、覚悟の上で行いましょう。 スギナは目に見える分だけではありません。 スギナの芽は地中に埋まっているため、時間が経つと出てきます。 地中に埋まっているスギナの芽が出てくる前に、土に染み込ませる除草剤で、駆除しましょう。 スギナの駆除に効く除草剤は2タイプです。 グリホサート系の除草剤をスギナの葉っぱにかけると、駆除成分が地下茎(根茎)まで浸透し、根っこまで枯らして駆除します。 店頭でよく販売されている除草剤(グリホサート系)は、『ラウンドアップ』『サンフーロン』です。 ラウンドアップの場合は、除草剤をスギナの葉っぱ全体にかけなくても、地下茎(根茎)までしっかり駆除できます。 そして、スギナの駆除をした後、除草剤の成分が残りにくいのも特徴です。 そのため、すぐに植物等を植えることができます。 スギナに除草剤を撒いてから枯れるまでの間、雨が降ることもあるでしょう。 雨が降っても除草剤のパワーが衰えにくいのは、ラウンドアップです。 梅雨時等、雨が多い季節に使う場合は、ラウンドアップが向いています。 梅雨に関係なく、雨が心配な方もラウンドアップを使うと良いでしょう。 コストを抑えてスギナの駆除したい方に向いています。 サンフーロンの価格が安い理由は、ジェネリックの除草剤だからです。 サンフーロンでスギナの駆除をする時は、水で25倍に薄めてから使いましょう。 スギナに撒くと、約6時間で除草剤の成分を吸収しますが、即効性はありません。 スギナに撒いてから、約1週間~10日以上経つと枯れます。 サンフーロンは、スギナを駆除するまでに時間がかかるでしょう。 でも、スギナの地下茎(根茎)を確実に駆除できます。 塩はスギナだけでなく、雑草等を枯らして駆除したい時にも使われる方法です。 スギナを塩で駆除する時は、スギナの根元部分(土の部分)に塩をしっかり撒きます。 塩を撒いてから数日~1週間くらい経つと、スギナが枯れていくのがわかるでしょう。 でも、生命力の強いスギナの地下茎(根茎)を塩で枯らすには、大量の塩が必要です。 そのため、コストがかかります。 そのため、コストがかかります。 さらに問題なのは、塩でスギナを駆除すると、他の植物が何も育たなくなることです。 土は塩を分解することができないため、ずっと残り続けます。 そして、雨が降ると塩による被害は拡大します。 周辺の家に塩が流出する・周辺に生えている草木も枯らす・配管や家の基礎を劣化させる等、様々な影響を及ぼすのが塩です。 塩でスギナの駆除をする時は、家の敷地内で使ってはいけません。 塩を使う場合は、周辺に家や草木がないことを確認して、二度と植物を植えない場所で使いましょう。 少し手間はかかりますが、防草シートでスギナを駆除するのも良いです。 ただし、防草シートでスギナを駆除する時は、『スギナを駆除してから』使いましょう。 スギナを駆除してから防草シートを敷くと、スギナ対策もできます。 防草シートをスギナが生えていた部分に敷くと、スギナの芽が出てきません。 スギナを含む植物は、太陽の光りを浴び、光合成をして成長します。 でも、防草シートを敷くと、スギナは太陽の光りを遮断されるため、成長することができません。 防草シートを選ぶ時は値段ではなく、『良い品質の物を選ぶ』ことです。 安価で品質の良くない防草シートは、すぐにスギナが出てきます。 さらに、劣化も早いため、交換する手間がかかり面倒です。 無農薬の畑には、除草剤を使うことができません。 無農薬の畑でスギナ駆除をする時は、防草シートが最適です。 防草シートなら、畑に植えている作物に影響を及ぼすこともなく、スギナの駆除ができます。 防草シートでスギナ駆除をする時のポイント等は、『スギナの駆除対策方法9つ』でご紹介した、8番の『防草シートでスギナを駆除』を参考にして下さい。 それは、こまめにスギナを引っこ抜いて駆除することです。 スギナが少しでも出ていれば、引っこ抜きましょう。 スギナが大きく成長する前に、こまめに引っこ抜けば、スギナが育つ前に駆除できます。 スギナを抜く時、途中で切れても構いません。 そして、小さなスギナも見逃さないで、引っこ抜いて駆除しましょう。 継続して、スギナを抜き続けていると、スギナは元気がなくなってくるはずです。 最後は、スギナは枯れるため駆除できます。 水回り設備は毎日使うものなので、他の場所と比べて老朽化するのが早かったり、不便さを感じたりしやすい場所です。 特にキッチンは使い勝手の悪さをリフォームで改善したいと思う方が多く、単にキッチンセットを入れ替えるだけでなくレイアウトを変更したり、リビングルームと一体化して広いLDKにしたりといった大掛かりなリフォームになることが少なくありません。 しかしそこで気になるのがリフォーム費用のことです。 キッチンリフォームでは、キッチンの形状や寸法、グレード、オプション設備などの他に、配管交換や換気設備のためのダクト工事の有無、全体の計画などによって費用が大きく変わります。 そこで本記事では施工事例を元に、キッチンリフォームの費用をご紹介します。

次の

スギナの駆除方法と効果のある除草剤を教えます!

芝生 スギナ

張ったばかりの芝生にスギナが大繁殖しMCPPを撒きました。 石灰は抑制には効果があるようですし、やっておいた方がいいのでしょうが、即効性はありません。 さて、MCPPから2週間強経過した画像です。 なんと、スギナは殆ど枯れてしまいました。 かなり感動してしまいました。 わかりにくいかもしれませんが、黒く見えているのがスギナが枯れた後です。 藻のような感じですが、これを放置すると枯れたまま乾燥しますので、手で除去できます。 (多分、熊手でも簡単です。 ) ただMCPPはかなり強力です。 【芝も枯らす】 説明書にもありますが、芝生を枯らすこともあるそうです。 現実的には30枚(3平米)は張り替えました。 (ところどころある茶色の芝生がそうです。 ) ただ、全体で20坪としても66平米の3平米ですから4.5%と極めて安全ともいえます。 【完全ではない?】 MCPPは葉から吸収されますので、それ以降に出てきたスギナの新芽(?)はそのままです。 ただかなり弱りますので、そこだけスプレーにMCPPを入れて吹き付けておけばいいです。 スギナは丈夫ですから、これだけ枯らせたことで大成功と言えそうです。 さらにケアするには肥料と除草剤がペアの製品もあります。 しかし、張ったばかりの芝生には不向きとも書かれています。 そこで単純な肥料を撒いておきます。 実際に撒いたのは以下です。 これは3ヶ月効果があります。 3種の粒材が入っています。 ただ芝生に肥料をやるのは6末までにしたほうが良いようです。 7-8月は生育期ですから、そこで伸びると芝刈り頻度が増えることになります。 ここまでくると、後は手で草むしり...のはずでしたが、今度はハマスゲ・ヒメクグと戦っています。 なかなか難しいものですね。

次の