小麦粉 天ぷら粉 違い。 天ぷら粉と小麦粉の違い!さらにうどん粉との違いは? | 日々是好日

天ぷら粉と小麦粉の違いとは?

小麦粉 天ぷら粉 違い

米粉とは? お米は日本人にとってはなじみ深いものです。 そんなお米を粉末状にしたのが米粉ですが、米粉にはどのような特徴があるのでしょうか。 原料 米粉とひとくちに言っても実は様々な種類があります。 まず大きなものは原料の違い。 お米には、通常のご飯に使われる「うるち米」と、おもちの原料になる「もち米」がありますが、米粉にもこのふたつの種類があります。 また、「米粉」というと、非常に新しい素材のように思われがちですが、実は米粉は私たちの食文化に根差した存在です。 「うるち米」が原料の米粉は「上新粉」、「もち米」が原料の米粉は「白玉粉」と呼ばれ、これまでも和菓子の分野でも使われてきた素材です。 小麦粉よりも片栗粉に近い性質 米粉のパンに使われる米粉は、上新粉や白玉粉とは実は少しだけ異なった製法が用いられています。 というのも上新粉や白玉粉をそのままパンなどに使った場合、生地がべたついたりふくらみが足りないなどの問題があり、パンには不向きとされていました。 それを解決したのが製粉技術の向上です。 従来の米粉よりも、さらに細かくお米を粉砕することで、パンのようにふっくらと焼き上げることが可能になりました。 そのため、米粉は小麦粉よりも片栗粉に近い性質を持っているといわれることもあります。 小麦アレルギーでも食べられる 米粉の大きなメリットは、「小麦アレルギーの人でも食べられる」という点です。 小麦アレルギーは、小麦に対するアレルギーで、小麦を食べると湿疹や呼吸困難などを発症、最悪の場合、命にもかかわることがあります。 この小麦アレルギーは乳幼児の三大アレルギー要因と言われ、非常に注意することが必要ですが、米粉を使ったパンの場合であれば、小麦アレルギーの症状があってもパンを口にすることができます。 小麦粉とは? パンの材料である小麦粉には、実は様々な種類があります。 強力粉・中力粉・薄力粉 小麦粉は小麦を挽いて粉にしたものですが、その種類には強力粉、中力粉、薄力粉などがあります。 ではこれらはどのように異なるのでしょうか。 この粉の種類の違いは、グルテンの量にあります。 グルテンは水を加えて練ったときに生まれる弾力性や粘りのもととなるたんぱく質で、このグルテンが豊富に含まれているものが強力粉、少ないものが薄力粉と、その中間のものが中力粉と呼ばれます。 なお、グルテンが多い強力粉のほうが粘りや弾力が生まれるため、パン作りには向いています。 米粉より安価 小麦をパンに使用するときのメリットは様々ですが、もっとも大きいのは価格や安いということ。 一般的な米粉の場合、小麦粉と比べると約五倍以上の価格だと言われています。 これは小麦のほうが大量生産に向いていることや、加工が簡単なことが理由とされています。 また、小麦粉は米粉に比べると一般的なスーパーなどでも手に入りやすいというメリットもあります。 米粉と小麦粉の違い 米粉と小麦粉の最大の違いは原料ですが、実はそれ以外にもこのふたつには大きな違いがあります。 グルテンの違い 米粉と小麦粉の大きな違いは「グルテン」です。 グルテンとは、すでに説明したように、パン生地の弾力や粘りのもととなるもの。 小麦粉の中には、グルテニンとグリアジンと呼ばれるたんぱく質が含まれていますが、これらに水が加わることで立体的な構造に変化します。 さらにパン生地の中ではイースト菌などの酵母が発酵した際に生まれる炭酸ガスが発生します。 この炭酸ガスをグルテンの膜がパン生地の中に閉じ込めます。 これがパンを焼き上げたとき、ふっくらふくらむ理由。 一方、米粉の場合、グルテニンもグリアジンも含まれていません。 そのため、水を加えてこねてもグルテンは発生せず、もし酵母を加えて発酵させても、炭酸ガスはすぐに外に出ていってしまいます。 それを解決したのが「増粘多糖類」というもの。 増粘多糖類はパン生地の粘りをアップさせるため、生地の中で発生した炭酸ガスを閉じ込めて、ふっくらとしたパンを焼き上げることにつながります。 発酵時間 米粉と小麦粉の大きな違いはグルテン。 それは発酵の時間にも関わります。 一般的な米粉パンの場合、小麦粉のパンと比べると発酵時間は短め。 というのも、米粉にはグルテンの膜が生成されないため、長時間の発行を行うとガスが外に逃げてしまいます。 それに対して、小麦粉はグルテンを豊富に含んでいます。 そのため、一次発酵を行い、ガスを抜いて酵母を空気に触れさせてさらに二次発酵を促進させるといった製法が可能になります。 ダイエット 体型に気を付けている人の場合、米粉と小麦粉のダイエットへの影響も気になるところ。 では、米粉と小麦粉では、どのようにダイエット効果が異なるのでしょうか。 米粉の特徴として挙げられるのが腹持ちの良さ。 特に米粉の場合には、日本人の体質と合っていることや、小麦粉に比べると、ビタミンなどの様々な栄養素が含まれているというメリットがあります。 一方、小麦粉の場合、食べ過ぎると食欲を刺激するともいわれていますが、米粉に比べるとたんぱく質を豊富に含んでいるというメリットがあります。 また、米粉の場合、小麦粉に比べて油の吸収率が低いというのも逃せない点です。 米粉の使い方 パン以外にも様々な使い方ができる米粉。 では米粉を上手に使うポイントとはどのようなものなのでしょうか。 米粉を使う時の心得 米粉は水などに溶いても小麦粉のようにダマになりにくいという特徴があります。 また、水にとろみをつける作用もあるため、片栗粉のようにあんやスープにとろみをつける場合にも役立ちます。 また、米粉は乾燥しているときでも固まりにくいため、お菓子作りのような場合でも粉を振るう必要がありません。 味にもクセもないため、まずはこれまで小麦粉を使っていたものを少しずつ米粉に変えてみるという使い方がおすすめです。 米粉を使う時の注意点 米粉を使うときには、小麦粉に比べると少し少な目に使用するというのがポイントです。 米粉は小麦粉よりも水を吸いやすいといった特徴があるため、揚げ物の衣に使う場合、小麦粉と同じように使用すると衣が固くなってしまいます。 また、米粉はメーカーによって性質や特徴が若干異なることがあります。 品質のばらつきなどもあるため、レシピ通りに作るだけでなく、自分で量や時間などを微調整することも必要です。 米粉を使ったレシピ 米粉を料理に加えるときには、まずホワイトソースがおすすめです。 米粉のホワイトソースは小麦粉よりもさっぱりとした味わいで、色も白く仕上がります。 また、小麦粉よりもダマができにくいため、作業も簡単。 米粉のホワイトソースを作るときは、通常の小麦粉を米粉に置き換えるだけ。 まず米粉を毎日の食事に加えてみたいときにはおすすめです。 また、天ぷらの衣などに米粉を使用する方法もよいでしょう。 米粉は小麦粉に比べて油の吸収が少ないため、からっとした食感の天ぷらになります。 ただし、衣は薄めにすることを心がけましょう。 まとめ 米粉はパンだけでなく毎日の食事に取り入れやすい食材です。 グルテンが含まれていないなど、身体への効果が高いことも大きなメリット。 ダイエットや健康に気を付けているという方は、ぜひ生活に米粉を取り入れてみてはいかがでしょうか。

次の

天ぷら粉の作り方|卵なしでサクッと仕上げる我が家の黄金比

小麦粉 天ぷら粉 違い

卵を使うと味にコクが出て衣がふんわりするから。 卵の代わりにマヨネーズを使っても同じ効果が得られます。 このレシピでマヨネーズを使用しているのは、天ぷら衣にサクサクッとした食感を出す目的もあります。 天ぷらを作った時に衣がべちゃっとなってしまうのは、余分な水分が衣に残っているのが原因。 マヨネーズを使うことにより、マヨネーズの油が食材を包み込み、衣内の温度を上昇させることによって衣周辺の余分な水分が蒸発しやすくなります。 片栗粉も天ぷら衣にサクサク感を出す目的で使用していますが、このレシピでは食べやすいしっとり感をベースにサクッとした食感もあるという割合にしてあります。 もっとザクッとした食感がお好みなら、小麦粉と片栗粉の総量は変えずに片栗粉の割合を多めにしてお好みで調整してみてください。 天ぷら衣の作り方 水にマヨネーズを入れてよく混ぜ、粉モノを入れるという順番にしてください。 今回は卵を使わないというでマヨネーズを使っていますが、卵を使う場合は卵1個を水に割入れ、よく混ぜ合わせてください。 粉モノを入れたら 激しくかき混ぜて滑らかにしないで、軽く十字を切るようにかき混ぜて少しダマが残る(粉の玉が表面に点々と浮いている)ぐらいにしてください。 このダマが天ぷらを作った時にモコっとする部分になり、食べた時にサクッとした感じが増します。 混ぜ過ぎると小麦粉に粘り(グルテン)が出てしまい、この粘りが余分な水分を逃がさないため、揚げた時にベチャッとなります。 冷水を使用するのもグルテン対策となりますので、面倒でなければ材料として使う水を冷水にしてみてください。 市販の天ぷら粉との違いと小麦粉について 市販の天ぷら粉と自分で作る天ぷら粉の違い 市販の天ぷら粉は、小麦粉、卵黄粉、ベーキングパウダー、デンプンで出来ています。 さらに使用されている小麦粉はグルテンが出にくいものを使用しているため、グルテン対策として冷水を使う、かき混ぜ過ぎないといったことに気を使うこともありません。 市販の天ぷら粉とで衣を作った場合と自分で衣を作った場合で大きく差が出るのは、天ぷらを作って時間が経ってからの状態。 自分で衣を作った場合は時間が経つとどうしても衣がべちゃっとなりがちですが、市販の天ぷら粉で衣を作った場合は衣がへたりにくいので、この辺が気になる方は市販の天ぷら粉の使用をおすすめします。 小麦粉と薄力粉って同じなの? 小麦粉と薄力粉は同じですが、厳密に言うと薄力粉は小麦粉の1つ。 一般的には、小麦粉はグルテンの量と質によって 薄力粉・中力粉・強力粉の3つに分類され、薄力粉から強力粉に向かってグルテンの量が多くなります。 それぞれこんな料理に使用されます。 小麦粉ってグラムをcc ml に換算するとどうなるの? レシピに記載されている小麦粉(天ぷら粉)の分量は、グラム(g)だったり容積(cc)だったり表記が違う場合がありますが、この分量を換算する時は注意してください。 水 150cc(又は150ml)• 天ぷら粉(小麦粉) 100g.

次の

【違い】小麦粉の種類「強力粉」「中力粉」「薄力粉」

小麦粉 天ぷら粉 違い

天ぷら粉と小麦粉の違い 天ぷら粉と小麦粉の違いについて見ていきましょう。 まずは天ぷら粉とは一体何かということをご紹介します。 天ぷら粉 天ぷら粉とは、簡単に言えば読んで字の如く天ぷらを揚げるための粉のことを言います。 これだけ聞くと、天ぷら粉は天ぷら専用の粉なのではないかと思われる方も多いかもしれませんが、実はお菓子やお好み焼き作りに使用することもできます。 小麦粉 小麦粉は、小麦粉に含まれるタンパク質の量に応じて強力粉、中力粉、薄力粉などに分類されます。 強力粉はパンや麺類を作る際に使用され、中力粉はうどんやお好み焼き、たこ焼きなどを作る際に使用されます。 薄力粉はお菓子などを作る際に使用されます。 天ぷら粉の特徴 一般的な天ぷらは、海老やかぼちゃといった具材に水や小麦粉、卵などを混ぜ合わせて作った衣を付けて油で揚げるのですが、この衣づくりがなかなか難しく、自作の衣を使って天ぷらを作ってもカラッと揚がらないことが多々ありました。 サクッとした旨さが天ぷら粉 そのような声を受けて作り出されたのが天ぷら粉です。 天ぷら粉は小麦粉にデンプンやベーキングパウダーといった調味料を配合して作られているため、誰でも水と天ぷら粉だけで美味しい天ぷらを揚げることができるようになったのです。 天ぷら粉を使用すると、家庭では作ることが難しいとされていた、黄金色のサクッとした衣が簡単に作れるので料理初心者の方にもオススメです。 クッキーや餃子にも活躍する 天ぷら粉は天ぷら以外にも使用することができると言いましたが、どのような料理に使えるのか疑問に思った方も多いかもしれません。 具体的に言うと、天ぷら粉はクッキーやお好み焼き、さらには餃子にも使用することができるのです。 クッキーは通常薄力粉を用いて作りますが、天ぷら粉を使用することでサクッとした軽い仕上がりになりますし、お好み焼きに使用することで通常のお好み焼きよりもふんわりと仕上げることができます。 また、餃子の皮に天ぷら粉を用いることで一般的な餃子の皮よりもモチモチとした食感の皮を作ることができるのです。 小麦粉の特徴 小麦粉は、小麦を挽いて作られた穀粉のことを言います。 小麦粉に含まれているタンパク質が11. 5~12. このことから分かるように、小麦粉には最大でも1割強程度のタンパク質しか含まれていません。 残りは何なのかというと、小麦粉の栄養成分の7〜8割はデンプンです。 豊富なタンパク質 小麦粉には1割強のタンパク質が含まれていると言いましたが、小麦粉に含まれているタンパク質は全部で80種類以上もあります。 そして80種類以上あるタンパク質の中でも大事なタンパク質が、グリアジンとグルテニンと呼ばれるタンパク質です。 これら2つのタンパク質は水と一緒になるとグルテンというタンパク質を作り出します。 グルテンには程よい弾力性と粘着性があり、食パンを膨らませたり、うどんなどの麺類にコシを与えたりすることができます。 コシの源であるグルテン このグルテンは、なんと小麦粉にしか存在しません。 グリアジンとグルテニンのどちらかを持っている穀物ならありますが、グリアジンとグルテニンの両方を持っている穀物は小麦粉をおいて他にないのです。 そしてグリアジンとグルテニンの両方を持っていなければ、グルテンを作り出すことはできません。 そのため、小麦粉以外の穀物を利用してパンを焼いても十分に膨らませることはできませんし、うどんなどの麺類を作っても弾力性に欠け、すぐに切れてしまう麺しか作ることができないのです。 自家製天ぷら粉の作り方 自分の家で天ぷら粉を作る方法をご紹介していきます。 まずは材料についてです。 小麦粉:200cc• 片栗粉:20cc• 水:200cc• 卵:1個 作り方 まずは容器に卵1個を入れ、水を200cc入れてかき混ぜていきます。 十分に混ぜることができたら、小麦粉200ccをそこに入れていきます。 この時に注意しなければならないことは、小麦粉の大きなダマが入らないようにするということです。 小麦粉のダマは少しくらいならあった方が良いのですが、あまりにも大きいダマがあると食感に問題が出てきてしまいます。 大きなダマを入れないようにするためには、編目のザルなどで振るうことが必要になります。 また、小麦粉を振るって入れることで空気が入って衣が軽く仕上がり、サクッとした食感を実現することができます。 この一手間を抜いてしまうと、美味しい天ぷら粉ができないので注意してください。 卵と水と小麦粉を同じ容器に入れたら、しっかりとかき混ぜていきます。 この時ダマは全て無くした方が良いと考えて徹底的にダマを潰す方がいますが、少しくらいのダマがあった方が揚げた後にサクッとした食感が出るのでそこまで神経質になる必要はありません。 多少小麦粉のダマが残っている程度にかき混ぜればOKです。 そして最後に片栗粉を20cc入れてかき混ぜていきます。 片栗粉が家にない場合は入れなくても大丈夫ですが、片栗粉を入れた方が揚げた後にサクッとした食感が増すので家にあるという方は是非入れてみてください。 片栗粉の特徴と代用した時のメリット 片栗粉とは、調理用に精製したデンプンの粉のことを言います。 元々ユリ科カタクリ属の多年草「カタクリ」からデンプンを抽出していたため、片栗粉という名前が付けられましたが、近年ではカタクリからデンプンを抽出することは少なくなり、専らジャガイモから精製されています。 片栗粉が何に使われているのかというと、唐揚げなどの揚げ物を作る際の衣や、中華料理の餡かけやとろみ付けとして使われています。 片栗粉は唐揚げなどの揚げ物を作る際の衣としても使われているので、天ぷら粉の代わりとして使用することができます。 代用した時のメリットとしては、 野菜や魚でもまぶすだけで簡単に衣の食感をカリカリに仕上げることができるということでさす。 また、天ぷら粉などと比べて油を吸いにくいため、「揚げ物を食べたいけれどカロリーが気になる」という方でも、揚げ物を楽しむことができるということなどが挙げられます。 また「一般的な衣は柔らかすぎてあまり好きではない」という方でも、片栗粉を使用して揚げると硬めの衣になるので揚げ物を楽しむことができます。 お家で上手な天ぷらを揚げよう! 市販の天ぷら粉を利用することで家でも簡単にサクッとした美味しい天ぷらを揚げることができますし、また天ぷら粉が家にないような場合には天ぷら粉の代わりに片栗粉を使用することもできます。 片栗粉の他に小麦粉や卵があれば、それらを使って自宅で天ぷら粉を作ることもできますので、是非家にある材料を使って天ぷらに挑戦してみましょう。

次の