妊婦 動悸。 【医師監修】なんで動悸が止まらない??原因はどこにあるの?

妊婦は動悸・息切れしやすくなる!対策と予防法は?

妊婦 動悸

ホルモンや貧血、圧迫が原因にも 妊娠中の動悸の原因は様々なものがあります。 まず一つ目は、妊娠によるホルモンバランスの変化によるものです。 妊娠すると、多量に分泌されるプロゲステロンというホルモンの作用によって自律神経が乱れ、その影響で動悸が起こることがあります。 二つ目は、妊娠中の貧血によるものです。 妊娠中は胎児に栄養や酸素を送るために妊婦さんの血液量や血球量が増えます。 この時、赤血球の量よりも血液量の増え方が多いため、妊婦さんは貧血になりやすく、貧血になることで動悸や息切れ、めまいなどの症状が起きます。 三つ目は大きくなった子宮が肺や横隔膜を圧迫することで動悸が起こることがあります。 また、血液量が増えることで心臓が今まで以上に頑張り、その結果として動悸を感じることもあります。 吐き気、頭痛の症状も 妊娠初期の動悸の主な原因はホルモンバランスの変化によるものです。 妊娠するとプロゲステロンというホルモンの分泌量が増加します。 そのホルモンの作用により、自律神経が乱れ、動悸が起こります。 また自律神経の乱れは動悸だけでなく、冷や汗、吐き気、便秘、下痢、頭痛といった体の不調をきたすこともあります。 また、妊娠初期はこの他にもつわりがありつらい時期であるため、体調がすぐれないときは無理せずにしっかりと休息をとるようにしてくださいね。 ですが妊娠初期はまだ見た目にはわからないものの、お腹の中の赤ちゃんにとっては重要な臓器や器官の作られる大事な時期です。 自己判断で薬を飲んだりせず、つらい時は医師に相談をしてください。 貧血によるめまいや息切れに注意 妊娠中期の動悸の原因は初期に引き続き、ホルモンバランスの変化によるものに加え、貧血によるものがあります。 妊娠中期(妊娠5ヶ月~7ヶ月)頃になると妊婦さんの血液量や血球量もどんどん増えていきます。 ですが、この時に同じ量の血液と血球が増えるわけではなく、赤血球の量よりも血液の量の方が増える量が多いため妊婦さんは貧血になりやすいのです。 貧血になると動悸だけでなく、めまいや息切れ、体のだるさといった症状が現れることがあります。 貧血は度合いによっては薬を処方されることもあります。 貧血がすすみ、めまいが頻繁に起こると転倒などの危険性もあるため無理はせずにしっかり鉄分をとるように心掛けてくださいね。 横になるだけでもつらい ごんたれさんからの体験談: 30週頃、お腹の張りがきつくなってきました。 普通の量のご飯を食べたくてもすぐにお腹がパンパンになってしまい苦しくなってしまいました。 その後も息苦しさが続き、横になって休む日々でした。 またお腹も徐々に大きくなるので、腰痛もその分悪化しました。 寝ている時の寝返りができずいつも痛い思いをしながら起き上がっていました。 それから動悸や息切れが多くなってきました。 普通に座っていたり、横になったりしているだけなのに息切れし始め、とてもつらかったです。 夜も寝つきが悪くなり何度も起きてしまいました。 トイレも近くなるのでぐっすり寝れるということがなくなってしました。

次の

妊婦の動悸3つの対策〜妊娠中に動悸がする原因や影響と対処法

妊婦 動悸

動悸が止まらない原因は? 動悸が止まらない場合、主な原因として以下のことが考えられます。 ストレス 人間はストレスを感じると、適応力を高めるために、副腎皮質からコルチゾールなどのストレスホルモンを分泌するようになります。 これらの ストレスホルモンは血流量と心拍数を増やす作用があるため、血圧が上がり、動悸を感じやすくなるのです。 また、ストレスを感じると、不安や緊張とともに交感神経が活性化します。 交感神経が活発になると全身に力が入り、血管が収縮するようになるため、血圧が高くなり心拍数が増します。 これにより心臓に負担がかかることで、動悸が引き起こされるという側面もあります。 重要な会議の前などに不安を感じたり、緊張したりして動悸が起こるのは正常な反応です。 しかし、そういった 理由もないのに不安感が続いていたり、動悸が続いていたり、息苦しさや震えが起こったりする場合は、「パニック発作」の可能性があります。 パニック発作とは、パニック障害の患者に見られる不安症状のことで、強い不安感や動悸、頻脈、呼吸困難、発汗、めまいなどが主な症状です。 発作は長くて1時間程度でおさまるのが一般的ですが、発作は激しく、死んでしまうのではないかと思う患者も少なくありません。 一度パニック発作を経験すると、すぐに逃げられないような場所を避ける「広場恐怖」も伴うようになります。 貧血 貧血とは、血液中のヘモグロビンの数が減少する病気です。 ヘモグロビンは赤血球と呼ばれる血液細胞の一つに存在しているタンパク質であり、酸素と結合して体内に酸素を運搬する役割を担います。 貧血になると体内に十分な酸素が行き渡らなくなり、代償的により多くの血液を流そうと心拍数の上昇が見られるようになります。 このため、貧血が進行すると 慢性的に心拍数が上昇して動悸を感じることがあるのです。 不整脈 異常に脈が速くなったり、遅くなったり、不規則になったりする不整脈が原因で、動悸が引き起こされている可能性もあります。 加齢やストレス、睡眠不足などによって不整脈を発症するケースが多いですが、中には 心筋梗塞や心疾患が原因のものもあるので注意が必要です。 バセドウ病 動悸がどんどん悪化していたり、 安静にしていても動悸が止まらないという場合はバセドウ病の可能性があります。 バセドウ病は、甲状腺ホルモンが過剰に作られたために起こる病気で、 倦怠感や息切れ、体重減少、手足のしびれや震え、ほてり、イライラなどを伴うことが多いです。 20〜30代の若い女性の発症率が高い病気です。 動悸が止まらないときは何科に行けばいい? 動悸が止まらないときは、まず 内科か循環器内科を受診しましょう。 心臓病や甲状腺の病気が原因で動悸が起こっている可能性もあるため、触診や心電図検査や超音波検査、血液検査などで、体に異常がないか確認することが重要です。 もしこれらの検査で特に異常が見られなかった場合は、ストレスや不安障害などの精神的な原因で動悸が起こっている可能性が高くなります。 そこで初めて、心療内科や精神科を受診するようにしましょう。 普段の生活習慣が動悸の原因になることもある? ストレスや病気だけでなく、睡眠不足や食生活の乱れ、喫煙習慣などが動悸の原因になることがあります。 睡眠不足がたたると、自律神経のバランスが乱れて心拍数が上昇することがあります。 また、食生活の乱れや喫煙は、高血圧や高脂血症などの生活習慣病や動脈硬化を引き起こし、心臓への負担が増えることで動悸を生じやすくなります。 このように、普段の生活習慣が動悸の原因になることもありますので、 日頃から規則正しい生活を心がけるようにしましょう。 また、喫煙は動悸以外にもさまざまな病気の原因になり得ますので、禁煙することをお勧めします。 おわりに:動悸が止まらないならまずは循環器内科へ 「ストレスや不安が原因で動悸が止まらない」というケースは少なくありませんが、動悸は心筋梗塞や心臓病など重大な病気のサインの可能性もあります。 まずは循環器内科で検査を受けるようにしてください。

次の

食後の動悸の原因を7つ紹介!めまいや眠気などの症状に注意!

妊婦 動悸

Sponsored Links 妊婦に多い動悸の原因!息切れして苦しい・・耳鳴りまでする!? 妊婦さんの多くが体験する 動悸。 多くはそれほど心配する事はありませんが、 あまりに早く心臓が動くと他に病気があるのでは? ・・・と心配になる事も少なくありません。 妊娠初期からこの動悸は引き起こります。 これは妊娠を促すホルモン プロゲステロンによるもので、 呼吸中枢を刺激し、さらに自律神経を乱す事で、 心臓の動きを増やす事で動悸や息切れを起こします。 中期になるとお腹の赤ちゃんも大きくなってきて その周囲の臓器の圧迫で起こります。 さらに ストレスが要因であることも! 後期ともなるとお腹も更に大きくなり、 呼吸に必要な横隔膜が肺を押し上げ呼吸しずらくなり、 体重増加によって心臓への負荷が かかっている事も 原因の1つです。 つまり、妊娠中は常に 動悸や息切れを引き起こす可能性があるということです。 Sponsored Links 妊婦は心拍数が増える?動悸が激しいのは周産期心筋症かも? 妊婦さんの血流は、子宮へと送る血液が増えるので、 非常に母体の心臓への負担がかかります。 そのため 心拍数も妊娠前よりもうってかわり、 30~50%増加傾向となります。 妊婦さんの心拍数の平均は 70~90あたりで、 少し動いた程度で100ちょっと超える程度は 特に問題はない様です。 ただ、 130という回数を境に もっと多く脈を打つ場合には心配です。 周産期心筋症(産褥心筋症)という疾患があり、 それまで心臓には何も疾患がなかったのに、 妊娠や出産により急に心臓の機能が低下してしまい、 そのため、 心不全を発症します。 原因ははっきりしていない様ですが、 あまりに心配な場合にはきちんと動悸や頻脈がある事を 医師に伝え、必要に応じて心エコー検査や 心電図などで確認してもらう必要があります。 なお、周産期心筋症を起こしやすい妊婦さんとは 多産・高齢・多胎や妊娠高血圧症・切迫早産、 高血圧や喫煙、肥満とされています。 動悸が激しくて寝れない時の対策は? 息苦しくて 寝れない・・・ 特に妊娠後期に引き起こしやすい様で、 エストロゲンの影響によって、 さらに眠りが浅くなるので睡眠不足になりがちです。 仰向けで寝てしまうと、 仰臥位低血圧症候群(ぎょうがいていけつあつしょうこうぐん) という急激に血圧が下がる状態を引き起こす事もあります。 無理がなく楽な状態で横になったり、 人によってはリクライニングチェアの様な やや状態が起きた状態の方が楽な場合もあります。 まずは楽な姿勢で横になることが必要です。 その際に 心臓(左側)を下にして、 お腹にはクッションなどをあてがうと 呼吸も楽で体への負担も軽減します。

次の