暑中お見舞い 時期。 「お中元の時期」とは?お中元のマナーや暑中見舞いの時期も紹介

暑中見舞いを出す時期はいつ?覚えておきたい目的、マナー、残暑見舞いとの違い|@DIME アットダイム

暑中お見舞い 時期

引用元: 暑中見舞いを出す時期がいつなのかわからないという方は意外と多い。 また、暑中見舞いの例文やデザインに悩む方もいるだろう。 この記事では、暑中見舞いの時期や例文など、暑中見舞いに関する疑問について解説する。 暑中見舞いに関する知識はこれでバッチリのはずだ。 暑中見舞いを出す時期はいつ? 暑中見舞いは、夏の暑い時期に出すものだ。 しかし、一言で「暑い時期」といっても、年によって暑い時期は前後する。 そこで、暑中見舞いを出す時期は暑さで決めるのではなく、暦で決めるというのが基本となっている。 具体的には、 小暑に当たる7月7日頃から、立秋の前に当たる8月上旬となる。 暑中見舞いの準備などによりタイミングもあるかと思うが、最も無難な時期は7月20日前後だ。 なお、8月上旬の立秋を過ぎた場合は、暑中見舞いではなく残暑見舞いとなる。 残暑見舞いは8月末までには相手方に届くように送ろう。 暑中見舞いの例文は? 暑中見舞いは、知人・友人に対して暑中の安否を尋ねるための手紙である。 したがって、暑中見舞いの文例も安否伺いがメインとなる。 例文は次のとおり。 句点「。 」は改行、読点「、」は空白をもって表現するのが通常だ。 暑中見舞いのデザイン 引用元: 暑中見舞いのデザインについては、ネットで検索すると様々出てくる。 印刷業者の中には、多用なデザインを揃えているところもある。 費用的にはどこも大差がないので、気に入ったデザインの印刷会社に依頼すればいいだろう。 とはいえ、受け取る側は暑中見舞いのデザインはあまり気にしていないというのが実情だ。 デザイン云々よりも、誰から送られてきたのかということを重視する。 こういっては何だが、デザインは暑中見舞いを出す側の自己満足ともいえる。 よって、 シンプルなデザインながら最も安価(官製はがきと同額)に済ませることができる郵便局の暑中見舞いサービス「かもめーる」を利用するのが最も賢い選択かもしれない。 かもめーるは毎年、6月上旬から8月中旬頃まで郵便局で購入できる。 郵便局によっては、人気のデザインが早々に売り切れることもあるため、早めに購入しておきたい。 暑中見舞いのお返し 暑中見舞いを受け取ったら、お返しをするのがマナーだろう。 暑中見舞いのお返しについては、次の3点に注意したい。 暑中見舞いを頂いたことに対する感謝の表現を入れる。 「暑中見舞いをいただき 御礼申し上げます」「暑中見舞いをいただきまして ありがとうございます」等。 8月上旬の立秋を過ぎて返事をする場合は残暑見舞いとする。 その際、「盛夏」ではなく「晩夏」を用いる。 残暑見舞いとなった場合も、デザインは暑中見舞いと同様で問題ない。 近々会うから、面倒だから、メールやLINEで送ったからという理由で返事を出さないのはNGだ。 まとめ|暑中見舞いの時期はいつ?例文やお返しは? いかがだろうか? メールやLINEといったオンラインツールが一般化している今日、暑中見舞いを手紙で出すということはレアかもしれない。 しかしだからこそ、相手の印象に残りやすい。 友人関係でもビジネス関係でも、相手との関係にアクセントを付けたいという場合には、暑中見舞いは有効なツールとなることだろう。

次の

暑中見舞い!時期はいつまで?喪中はどうする?書き方や文例も!

暑中お見舞い 時期

暑中見舞いとは。 暑中見舞いとは、夏の暑さが厳しい時期に、相手の体調を気遣うために送る季節の挨拶状です。 暑中見舞いということで、お家や会社を訪ねて挨拶してもいいのです。 ですが、一般的には相手に送る「ハガキ」のことを暑中見舞いと言いますね。 ビジネスにおいては、送る相手を選ぶのが大変だったり、面倒だったりしますが、本来、相手を気遣う挨拶状なので、すごく気軽に出していいものなのです。 暑中見舞いの内容は、相手のことを気遣う文章を書いたり、自分や家族の近況を伝えたりします。 ポイントは暑い時期に送るものですので、夏の暑さをキーワードとして入れることぐらいです。 文例を参考にしたい方はこちらの記事もご参考にして下さい。 参考 暑中見舞いはいつからいつまで? 暑中見舞いは、7月初旬から8月6日頃(立秋の前日)までに送ります。 いつからいつまでに出すのかについて、もう少し詳しく説明します。 いつまでに出すの? まず、暑中見舞いをいつまでに出すかというと、8月7日頃の 「立秋(りっしゅう)」がポイントとなります。 立秋とは、二十四節気(にじゅうしせっき)の一つで、秋の気配を感じる頃のことです。 暦の上では秋というわけです。 今の時代に8月7日頃がとても秋には感じられませんが、そういう決まりごとなのです。 ちなみに、2020年(令和2年)の立秋は8月7日です。 つまり8月7日は暦では秋になりますので、暑中見舞いは前日の8月6日までに出すのです。 そして8月7日以降に出すものは 「残暑見舞い」になります。 ここは大事なポイントですので覚えておきましょう。 いつから出すの? いつから出すかには諸説あります。 一般的に知られる3つの説を紹介しておきます。 1.夏の土用に出す。 夏の土用とは、立秋直前の約18日間のことです。 2020年(令和2年)は7月19日から8月6日の19日間になります。 2.7月7日頃(小暑)から8月6日頃(立秋の前日)までに出す。 小暑(しょうしょ)も二十四節気の一つです。 2020年は7月7日になります。 つまり今年は7月7日から8月6日までに出すということです。 3.梅雨明けから8月6日頃(立秋の前日)までに出す。 これが一番頭を悩ませる説です。 日本全国で考えると、梅雨明けの時期は6月のところもあれば、7月下旬のところもあるのが普通です。 この説で起点を考えると、ものすごく暑中見舞いが出しにくいので、参考程度にすることをおすすめします。 これらの説や自分の経験から、 暑中見舞いを出すのは7月初旬からと決めています。 7月7日からと決めてしまっても構わないと思います。 そしていつまでに出すかというと、立秋の前日です。 通常は8月6日になります。 立秋以降は残暑見舞いで出しましょう。 実際には6月30日に暑中見舞いをもらっても、8月10日に暑中見舞いとしてもらっても、怒るようなことではありません。 個人的にはいつからいつまでというのを神経質に考える必要はないと思っています。 相手を気遣い、近況を知らせるお便りなのですから、送ってくれる気持ちが嬉しいものなのです。 日付に固執するのはその本質から外れることだと思います。 2020年の日付をまとめておきます。 参考にしてもらうために、今年の日付をまとめておきます。 マナーにうるさい人に送るときなどの参考にして下さい。 立秋・・・8月7日(金)です。 当然、前日は8月6日(木)となります。 小暑・・・7月7日(火)です。 夏の土用・・・7月19日(日)から8月6日(木)までです。 19日間となります。 残暑見舞いとは。 残暑見舞いとは、その名の通り、立秋を過ぎても残っている暑さに対して、相手のことを気遣って送る挨拶状になります。 残暑見舞いは、8月7日頃の立秋から出すものです。 2020年は8月7日になりますので、8月7日以降は残暑見舞いを出すことになります。 いつから送るものかは分かりましたね。 それではいつまで送っていいのでしょう。 こちらもいくつか考え方があるのですが、8月いっぱいはまず問題ありません。 そして最近の傾向で言えば、9月に入っても残暑見舞いのやりとりを行うことが増えています。 9月に入っても残暑が厳しいことが多いですよね。 厳しい暑さが残っているのですから、残暑見舞いのやりとりをしても不思議なことではないのです。 暑中見舞い同様に気持ちを込めたお便りなのですから、日付にこだわらず、相手を気遣う気持ちこそが大事だと思います。 まとめ 暑中見舞いと残暑見舞いについてご紹介しました。 いつからいつまでに送るということを知っておくことは大事だと思います。 基本は踏まえつつ、相手のことを思いやり、文章にしたため、近況を伝える。 もらった相手もその心遣いに気持ちが温まりますし、近況を知ることができて、きっと嬉しい気持ちになるはずですよ。 文例集そのままのような暑中見舞いでは魅力がありません。 あなたの気持ちを文章に反映したものを書きましょう。 暑中見舞いの時期と言えば、気になるのがお中元です。 こちらの記事もおすすめです。 参考 ビジネス文書の文例やポイントを紹介した記事を一覧で見れるようにまとめました。 今後も記事が増えるたびに追加していきますので、是非ご参考にしてください。 まとめ.

次の

【2020年】暑中見舞いの時期・期間!いつからいつまでに出すべきか?

暑中お見舞い 時期

暑中見舞いはいつからいつまでに出す? 暑中とは 「一年のうちで最も暑い時期」のことです。 最近は5月、6月に真夏日を記録することがありますが、暑中見舞いを出す時期にはある程度決まりがあります。 この後、詳しく説明していきますが 「いつから出すか」についてのルールは曖昧です。 逆に、 「いつまでに出すか」については一般的な決まりがあります。 「暑中」とは厳密に言うと「夏の土用(7月19日、20日頃〜8月6日、7日頃まで)」の時期を指します。 8月6日、7日頃(年によって変わる)は 「立秋」と呼ばれ、暦の上ではこの日以降が「秋」となります。 そのため、「暑中見舞い」は 「立秋(8月6日、7日頃)」までに出すのが通例です。 実際の気候的には真夏なのでわかりにくいですが、立秋以降は「残暑見舞い」を出します。 では、 暑中見舞いは「いつ頃から出せば良いのか?」という疑問について、目安とされる3つの時期を紹介します。 小暑を目安とする 小暑は 「7月7日頃」を指します。 暦上で「暑さが次第に強くなる時期」とされ、本格的に暑くなる「暑中」の一歩手前というイメージです。 梅雨明けから 実際の気候を参考に 「梅雨明け宣言以降」に暑中見舞いを送るのも良いとされています。 7日7日頃が「小暑」とは言っても、梅雨明け以降ずっと真夏日を記録するような天気が続くことは多くあります。 梅雨明けを目安に暑中見舞いを送り始めるのも良いでしょう。 ただし、梅雨明けを目安とする場合は、はがきやメールを送る相手が住んでいる地域を考慮する点に注意しましょう。 夏の土用 夏の土用は 「7月19日、20日頃」です。 「小暑ではまだ夏感が薄い」「梅雨明けでは早すぎる、または時期が曖昧」と感じるのであれば、この時期以降に送るのがベターです。 ただし、立秋(8月6日、7日頃)までに2週間ほどしか猶予がない点には注意しましょう。 暑中見舞いの書き方は? 次に、暑中見舞いの書き方を解説していきたいと思います。 基本的な構成は決まっているので、覚えてしまえば簡単です。 そもそも 「暑中見舞い」を出す目的は「暑さのピーク時に相手を見舞い、近況を確認する」ということです。 現在は、単なる社交辞令的な意味合いが強くなってきていますが、本来の目的を忘れないようにしましょう。 はがきもメールでも基本的な構成はほとんど変わりません。 書き出しの挨拶 書き出しは「暑中見舞い申し上げます」という一言で良いでしょう。 メールの場合は件名に「暑中見舞い申し上げます」という文言を入れることと、挨拶の前に自分の名前や会社名を入れることを忘れないようにしましょう。 安否確認 暑中見舞いの目的は「相手を見舞うこと」です。 暑い日が続きますが〇〇様はお変わりありませんか? 梅雨明けとともに本格的な夏となりますが、〇〇様始め〇〇会社の皆様はいかがお過ごしでしょうか? このような言葉を添え、相手への気遣いを忘れないようにしましょう。 近況報告 見舞いの言葉を書いたら、自分の近況報告を入れるようにしましょう。 距離の近い関係性であれば、砕けた言葉でも良いでしょう。 お中元のお礼や、結婚や出産、引越しなど、暑中見舞いを兼ねて報告する機会も多くあるかと思います。 自己開示を行うことで、より親密感のある暑中見舞いになります。 結びの挨拶 結びの挨拶では、暑い日が続く中でも体に気をつけて過ごしてくださいという気持ちを伝えるようにしましょう。 この流れはメールでもはがきでも変わりません。 暑中見舞いを書く際のマナー 暑中見舞いを書く際に気になるマナーについて少しだけ紹介します。 暑中見舞いは喪中の人に出しても良い? 暑中見舞いは「季節のお見舞い」であるため、喪中であっても出してOKとされています。 とはいえ出す時期(四十九日以後)や文面などは気を遣うようにしましょう。 暑中見舞いをもらったら時の返信について 基本的に、暑中見舞いに対しての「返事を出す・出さない」は個人の自由ですが、ビジネスマナーとしては返信することが大切です。 ちなみに、暑中見舞いをもらったからといって、必ず暑中見舞いを返信しなければいけないということはありません。 少し返信が遅くなってしまった場合は「残暑見舞い」として、お返しを送れば良いでしょう。 また、同じ相手に「暑中見舞い」と「残暑見舞い」の両方は送らないようにしましょう。 どちらか一方を送るのが通例です。 まとめ 今回の記事では「暑中見舞いはいつからいつまでに出せば良いのか」についてまとめました。 暑中見舞いを出す時期に厳密な決まりはなく、「小暑(7月7日頃)」「梅雨明けのタイミング」「夏の土用(7月19日、20日頃)」が目安とされています。 逆に、いつまでに出すかには注意が必要です。 暑中見舞いを出せるのは「立秋(8月6日、7日頃)」までとされており、立秋をすぎて送る際には、残暑見舞いとなります。 暑中見舞いの書き方やマナーに注意して、適切な時期に暑中見舞いを送るようにしましょう。 ブラストメールでは、 「文章を変えるだけでそのまま使える」暑中見舞いのメールデザインテンプレートをお使い頂けます。 今年の暑中見舞いは、画像中心の華やかなメールを送るのも良いかもしれません。 7日間の無料トライアルもご用意しておりますので、ぜひお気軽にお試しください。

次の