スナイデルサッカー。 海外サッカースター選手のお嫁さん

スナイデル、悩みからの脱出。

スナイデルサッカー

国内リーグ戦に限る。 ( ) ヴェスレイ・ベンヤミン・スナイデル( Wesley Benjamin Sneijder オランダ語発音: , - )は、・出身の元。 現役時代のポジションは。 所属した異なるリーグの4チームで、リーグ戦、カップ戦での優勝を経験している攻撃的ミッドフィールダー。 時代の2009-10シーズンにはインテルの中心選手として優勝を含む3冠達成に貢献。 オランダ代表では同国代表最多出場記録の保持者であり、では大会最多タイとなる5得点を挙げオランダの準優勝に貢献した。 「ヴェスレイ」「ウェスレイ」「ウェズレイ」「スナイデル」の他、読みの 「ウェスリー・スナイダー」とも表記される(実際はオランダでもヴェスリーと発音される)。 経歴 [ ] クラブ [ ] 生い立ち~アヤックス [ ] で祖父、父もプロ選手であったというサッカー一家に生まれた。 兄()、弟()と共にサッカー選手を志し、にアマチュアのDOSというクラブからの下部組織に入団。 2002-03シーズン、2002年12月22日の戦にてトップチームデビューを果たす。 同シーズンはリーグ、カップ計23試合に出場し5ゴールという活躍を見せた。 2003-04シーズン、その卓越したパススキルを存分に発揮しセンターハーフのレギュラーに定着。 シーズン計38試合出場、10ゴールを挙げリーグ制覇に貢献し、同シーズンのを受賞。 2004-05、2005-06シーズンは司令塔としてアヤックスを支えたものの、ライバルであるがの下で全盛期を迎えており、クラブレベルでの特筆した成果を収めることが出来なかった。 2006-07シーズン、クラブで背番号10を与えられると、卓越したパスセンスに加えゴールを狙う積極性が増し、FKやミドルシュートでゴールを量産。 リーグで18得点という成績を残した。 レアル・マドリード [ ] 、同じのとの獲得レースを制したへ加入。 移籍金は2500万ユーロとされ、背番号はの着けていた23に決まった。 2007-08シーズン、開幕戦となったとのマドリード・ダービーでリーガデビューを果たすと、続く戦で2得点、戦で1得点を挙げ、その後も中心選手として活躍し、レアル・マドリードのリーグ2連覇に貢献した。 2008-09シーズンは背番号10を与えられたが、負傷の影響、更にはリハビリや通院と称してオランダのテレビタレントの女性とを重ねていたことが発覚 、とを求められ沙汰になるなどして活躍できず結果を残すことは出来なかった。 インテル・ミラノ [ ] 本人は残留を希望するも、レアル・マドリードが2009年夏の移籍市場にて大型補強を行ったことにより放出候補となり、、半ば追い出されるような形でのへ移籍した。 移籍金は1500万ユーロ(約20億円)、年俸400万ユーロの4年契約とされている。 加入から2日でミラノダービーに先発出場し、加入したばかりとは思えないパフォーマンスを見せ、インテルの大勝に貢献。 10月3日に行われた戦で後半ロスタイムにチームを救うセリエA初得点を挙げた。 その後も中心選手として活躍し、インテルの史上3度目となるセリエA5連覇、また、イタリア史上初の主要タイトル3冠達成に大きく貢献した。 シーズン終了後、に選出された。 インテルでの3冠獲得と後述のワールドカップでの活躍からの最有力候補と考えられていたが、2010年12月7日に発表された最終候補3人から外れ、物議を醸した。 結局、スナイデルはベストイレブンに選出されるにとどまった。 その後は負傷や監督交代などの影響で不振に陥った。 ガラタサライ [ ] 2013年1月、への移籍に合意。 2015年10月3日には、ガラタサライとの契約を2018年6月末まで延長したことを発表した。 年俸は450万ユーロ(約6億円)で、2万ユーロ(約270万円)の出場ボーナスがつくと報道された。 2016年の冬の移籍期間でのから年俸700万ユーロ(約9億円)のオファーが届いていた。 ガラタサライに提示された移籍金は1600万ユーロ(約20億8000万円)だったが移籍は実現しなかった。 2016-17年シーズンをもってクラブを退団した。 ニース [ ] 2017年8月8日、フランスのに完全移籍で加入。 背番号は10を与えられるなど周囲の期待も大きかったが、定位置を確保することができなかった。 結局、リーグ戦5試合に出場したのみで、ゴールもアシストもないまま2018年1月に退団を発表した。 アル・ガラファ [ ] 2018年1月6日、カタールのと1年半の契約を交わしたことを発表した。 2019年8月、現役引退を発表した。 代表 [ ] オランダ代表で、(左)とトレーニングするスナイデル の戦で代表デビューを果たす。 同年10月11日の戦で代表初得点を記録すると、同年11月19日には同予選プレーオフ第2戦で1得点3アシストの活躍で同国を本戦出場に導き、自身も本大会のメンバーに選出された。 予選終盤での活躍とは裏腹に本大会ではシステムが4-4-2からへ変更され中盤の枚数が減り、、、といった百戦錬磨のベテランを揃えていたため、ベンチを暖める時間が多かった。 同国は準々決勝で開催国ポルトガルに敗れ、ベスト4で大会を去った。 その後、新監督に就任したからも信頼を与えられ、の戦、戦でゴールを挙げる活躍を見せ、同国の出場に貢献。 自身も本大会メンバーに選出された。 かつてのアヤックスでのチームメイトと攻撃的MFのポジションを争い、死のグループと呼ばれたグループCを突破したが、ベスト16で敗退を喫した。 では、グループリーグ第1戦の戦にて、が左サイドから上げたアーリークロスを、エリア右からがヘディングでふわりとあげたボールを、完璧なタイミングで飛び出してきたイタリアのGKが僅かに開けてしまったシュートコースに叩き込んだ。 このゴールと1アシストの活躍で勝利に貢献。 同国はベスト8で敗退したものの、大会を通じて非常に高いパフォーマンスを見せ、の選ぶ23人のベストプレイヤーの中に選ばれた。 2010FIFAワールドカップでのスナイデルとファン・デル・ファールト では、グループリーグの戦で決勝点となるゴールを決め、ワールドカップ初ゴールを記録。 決勝トーナメントでは準決勝まで3試合連続ゴールを決めた。 前述の日本戦の他、ベスト16の戦、逆転の2ゴールを挙げた準々決勝戦、勝ち越しゴールを挙げた準決勝戦の4試合で大会選定のマンオブザマッチに選出される活躍を見せ、オランダの32年ぶりの決勝進出に貢献した。 また、大会5ゴールで、、に並ぶ得点王(FWとして併用されない純粋ながW杯得点王に輝いたのは、スナイデルが初の快挙)となり、とを受賞した。 2017年6月9日の・戦で代表通算131試合目の出場となり、の持つオランダ代表最多記録を更新した。 2018年3月4日、を通じて代表引退を表明した。 歴代最多133試合に出場し、歴代10位の31得点を決めた。 人物・エピソード [ ]• とはアヤックスユース時代からの友人。 2019年6月23日、車を損傷させたことによりで逮捕された。 個人成績 [ ] クラブ [ ] クラブ シーズン リーグ 背番号 リーグ戦 カップ戦 リーグカップ戦 国際大会 その他 合計 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 2002-03 18 17 4 3 1 — 3 0 — 23 5 2003-04 30 9 1 0 — 7 1 — 38 10 2004-05 30 7 3 1 — 7 0 1 1 41 9 2005-06 19 5 3 2 — 7 4 2 1 31 12 2006-07 10 30 18 4 1 — 9 1 4 2 47 22 クラブ通算 126 43 14 5 — 33 6 7 4 180 58 2007-08 23 30 9 2 0 — 5 0 1 0 38 9 2008-09 10 22 2 2 0 — 4 0 0 0 28 2 クラブ通算 52 11 4 0 — 9 0 1 0 66 11 2009-10 10 26 4 4 1 — 11 3 — 41 8 2010-11 25 4 2 0 — 9 3 3 0 39 7 2011-12 20 4 2 0 — 5 0 1 1 28 5 2012-13 5 1 0 0 — 3 1 — 8 2 クラブ通算 76 13 8 1 — 28 7 4 1 116 22 2012-13 10 12 3 — — 4 1 — 16 4 2013-14 28 12 6 3 — 7 2 1 0 42 17 2014-15 31 10 6 3 — 6 1 1 0 44 14 2015-16 25 5 6 0 — 8 0 1 0 40 5 2016-17 28 5 4 0 — 0 0 1 0 33 5 クラブ通算 124 35 22 6 — 25 4 4 0 175 45 2017-18 10 5 0 0 0 0 0 3 0 — 8 0 2017-18 10 11 9 0 0 — 6 2 — 17 11 2018—19 11 6 1 1 — — — 12 7 クラブ通算 22 15 1 1 — 6 2 — 29 18 キャリア通算 405 117 49 14 0 0 104 19 16 5 574 155 代表歴 [ ] 出場大会 [ ]• 2004年 - (ベスト4)• 2006年 - (ベスト16)• 2008年 - (ベスト8)• 2010年 - (準優勝)• 2012年 - (グループリーグ敗退)• 2014年 - (3位) 試合数 [ ] 国際Aマッチ 134試合 31得点(2003年 - 2018年) 年 出場 得点 2003 3 2 2004 14 3 2005 3 0 2006 10 0 2007 11 3 2008 10 3 2009 7 1 2010 15 7 2011 7 4 2012 10 1 2013 6 2 2014 15 2 2015 9 1 2016 6 1 2017 7 1 2018 1 0 通算 134 31 ゴール [ ] 開催年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要 1. 2003年10月21日 2-0 5-0 2. 2003年11月19日 1-0 6-0 UEFA EURO 2004予選 3. 2004年 08月18日 1- 1 2-2 4. 2005年 06月 08日 アムステルダム 1-1 3-1 5. 2005年 08月17日 0- 3 0-3 2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選 6. 2007年 03月14日 アムステルダム 2-0 4-1 親善試合 7. 2007年 09月 04日 アムステルダム 1-0 2-0 8. 2007年10月17日 アイントホーフェン 1-0 2-0 UEFA EURO 2008予選 9. 2008年 05月 01日 2-0 2-0 親善試合 10. 2008年 06月 09日 2-0 3-0 11. 2008年 06月13日 ベルン 4-1 4-1 UEFA EURO 2008 12. 2009年 05月 09日 2-0 3-0 親善試合 13. 2010年 06月 01日 ロッテルダム 3-1 4-1 親善試合 14. 2010年 06月 05日 アムステルダム 2-1 6-1 親善試合 15. 2010年 06月19日 1-0 1-0 16. 2010年 06月28日 ダーバン 2-0 2-1 2010 FIFAワールドカップ 17. 2010年 07月 02日 1-1 2-1 2010 FIFAワールドカップ 18. 2-1 19. 2010年 07月 06日 1- 2 2-3 2010 FIFAワールドカップ 20. 2011年 02月 09日 アイントホーフェン 1-0 3-1 親善試合 21. 2011年 03月29日 アムステルダム 2-2 5-3 22. 2011年 09月 03日 アイントホーフェン 2-0 11-0 UEFA EURO 2012予選 23. 10-0 24. 2012年 06月 02日 アムステルダム 2-0 6-0 親善試合 25. 2013年 06月11日 0- 2 0-2 親善試合 26. 2013年10月15日 0- 2 0-2 27. 2014年 06月29日 1-1 2-1 28. 2014年11月13日 アムステルダム 1-1 2-3 親善試合 29. 2015年10月10日 0- 2 1-2 30. 2016年9月6日 1- 1 1-1 31. 2017年6月9日 ロッテルダム 2-0 5-0 タイトル [ ] クラブ [ ]• :1回 2003-04• :2回 2005, 2006• :3回 2002, 2005, 2006• :1回 2007-08• :1回 2008• :2回 2009-10, 2010-11• :1回• :1回• :1回 2010• :1回• :1回 2012-13• :1回 2013-14• :1回 2013 個人 [ ]• アムステルダム年間最優秀若手選手賞:1回 2003• オランダ年間最優秀若手選手賞:1回 2004• アヤックス年間最優秀若手選手賞:1回 2004• アヤックス年間最優秀選手賞:1回 2007• 大会優秀選手:1回• 大会ベストゴール:1回 2008 グループリーグ初戦、戦• :1回 2010• アディダス・シルバーボール賞:1回• アディダス・ブロンズブーツ賞:1回• FIFA年間ベストイレブン:1回 2010 脚注 [ ]• 当時、その女性にはオランダ人歌手の恋人がいたが、スナイデルとの密会が破局の原因となった。 スナイデルのインテル移籍の真相!? 最愛の女性をマドリッドに残し……• Livedoorスポーツ 2010年12月6日• Livedoorスポーツ 2010年12月7日• soccerking 2015年10月4日• soccerking 2016年2月8日• Football Tribe 2017年7月16日. 2017年7月16日閲覧。 soccerking 2019年8月13日• スポーツナビ 2010年7月12日. 2010年7月13日閲覧。 GOAL. com 2017年6月10日. 2017年6月12日閲覧。 OnsOranje 2018年3月4日. 2018年3月4日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 sneijder101010 -.

次の

スナイデル、インテルの復権へエール「勝利の時が来た」【超ワールドサッカー】

スナイデルサッカー

元オランダ代表MFの氏が、古巣インテル覇権奪還を願っている。 『フットボール・イタリア』が伝えている。 2010-11シーズンにコッパ・イタリアを制して以来、メジャータイトルを獲得できていないインテル。 アントニオ・コンテ監督を招聘した今シーズンは、セリエAで開幕6連勝のスタートダッシュに成功したが、中盤戦で勝ち切れない試合が続き、1試合の未消化試合を残して首位ユベントスと9ポイント差となっている。 そのインテルは13日にコッパ・イタリアの準決勝2ndレグでナポリとの対戦が控えている。 1stレグは0-1で敗れているものの、スナイデル氏はこの大会で長きにわたる無冠を終了させることを切望している。 イタリア『Il Mattino』のインタビューで期待をのぞかせた。 「インテルが勝ち進みカップ戦を制覇することを願っている。 勝利の時が来たんだ」 「今季のセリエA優勝の可能性は低い。 ユベントスは常に優勝最有力だ。 彼らには最高のチームがあり、シーズンを重ねるごとに成長している」 「一般的にインテルの時代は終わったと思われているだろう。 だが、彼らは違いを生み出す新しい選手を引き入れ、勝利を続けるための適切なインセンティブを見つけた」 2009年から2013年までインテルに在籍したスナイデル氏は、加入1年目のシーズンにジョゼ・モウリーニョ監督の下、イタリア史上初の三冠を達成。 4年間で6つの主要タイトルを獲得した。 関連ニュース インテルに所属するウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンは、逆転でのスクデット獲得を諦めていないようだ。 『フットボール・イタリア』が伝えた。 13日に行われたセリエA第32節でトリノをホームに迎えたインテル。 17分にGKサミール・ハンダノビッチのファンブルから先制を許すも、後半立ち上がりの48分にDFアシュリー・ヤングが同点ゴールを奪うと、直後の51分には左CKの流れからゴディンが頭で押し込み逆転。 その後、FWラウタロ・マルティネスがゴールを重ねて、3-1の逆転で3試合ぶりの勝利を飾った。 この勝利により、ラツィオとアタランタを抜いて2位に浮上したインテルだが、首位ユベントスとの実質的な勝ち点差は9ポイント。 逆転でのスクデット獲得には依然として厳しい状況だ。 しかし、決勝点となるセリエA初ゴールを挙げた殊勲のゴディンは試合後、イタリア『スカイ』のインタビューで、逆転でのスクデット獲得が可能だとの見解を示した。 「不振に陥っている際にはどんな形でも勝つことが重要なんだ。 試合は予期せぬ形で始まった。 ただ、ミスを悔やむつもりはない。 ただ、そこから学び、健全な形で自己批判を繰り返していくだけだ」 「僕たちは2位に留まるチャンスを得た。 このポジションを守るために全力を尽くすよ。 さらに、ユベントスに近づくためにも、すべての試合に勝つことを考えなければならない。 一試合一試合に集中し、その後の行方を見守るつもりさ」 また、高年俸を受け取りながらも思ったほどの出場機会を得られていないこともあり、ゴディンに関しては今夏の退団の可能性が取り沙汰されている。 しかし、ウルグアイ代表DFはその噂を一蹴している。 「ポジティブなレベルを保てている。 ヴェローナ戦でも良い感じだったし、今夜もね。 監督から求められたときはいつでもチームを助けられるように全力を尽くしている」 「ピッチ内外でチームを助けるためにここへ来たんだ。 僕はどこにいても常に勝利のメンタリティを持ってきたし、いつでもポジティブに働ける能力を備えている」 「インテルとは3年契約を結んでいるし、ここに留まり、インテルと共に何か素晴らしいことを成し遂げたい」 2020. 14 20:05 Tue インテルのアントニオ・コンテ監督が、3-1で快勝したトリノ戦のパフォーマンスに満足感を示した。 13日に行われたセリエA第32節でトリノをホームに迎え入れたインテル17分にGKサミール・ハンダノビッチのファンブルから失点。 しかし、後半立ち上がりの48分にDFアシュリー・ヤングが同点弾を奪うと、DFディエゴ・ゴディン、FWラウタロ・マルティネスが立て続けにゴールを収めて、3試合ぶりの勝利を手にした。 上位争いを演じるラツィオとアタランタが勝ち点を取りこぼしたため、2位に浮上したインテル。 コンテ監督は試合後、イタリア『スカイ』でベルギー代表FWロメル・ルカクが不在下の戦いぶりに満足感を示し、珍しくファンブルで失点に絡んだハンダノビッチを擁護した。 「選手たちは非常にうまく試合に入った。 CKから失点してしまったが、サミールのミスはセンセーショナルだったと思う。 彼はほとんどミスをしない。 全体的に我々が試合を支配した。 あの失点が我々をナーバスにさせ、問題を引き起こしたかもしれないが、その後に2ゴールを挙げられて良かった」 「今は以前よりも前に人数をかけて攻撃に出ている。 結果は努力の賜物だ。 そうでなければ、私はがっかりする。 最近は過度な罰も受けてきたが、正しい道を進んでいる。 攻撃的なサッカーをして、相手のボックス内で相手の脅威になるプレーができている」 また、スクデット争いから遠ざかる状況を受け、進退も騒がれ始めているが、自らのインテルでの将来について今後も続く自信を示した。 「私は3年間のプロジェクトでインテルに呼ばれた。 彼らを本来のあるばき場所に戻すためにね。 そうなると、必然的に時間がかかる。 私自身は熱意を持ってここにやって来た。 信念だってある」 「3年間のプロジェクトを始め、あと3年間の契約が残っている。 その後は彼らが契約延長を望むかどうかだ。 今の状況に満足しているし、まだ先も長い。 彼らが満足していないのなら、私は身を引くのを躊躇しない」 2020. 14 13:15 Tue インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスが、6試合ぶりのゴールを喜んだ。 クラブ公式サイトが伝えている。 インテルは13日にホームで行われたセリエA第32節でトリノと対戦。 17分にFWアンドレア・ベロッティにゴールを許して試合を折り返したが、48分にラウタロのパスからDFアシュリー・ヤングが同点弾。 DFディエゴ・ゴディンのゴールで勝ち越した後、61分にラウタロが追加点を奪い、3-1の勝利を収めた。 ベルギー代表FWロメル・ルカクが欠場した試合で1ゴール1アシストの活躍をみせ、チームを2位浮上に導いたラウタロは久々の得点に喜びの心境を露わにした。 「僕は本当にこのゴールが欲しかった。 しばらく得点できていなかったからね。 それに勝利と3ポイントに満足しているよ」 「ゴールは僕にとって重要だ。 今日はそれができたが、何よりもキャラクターと強さを示せて、満足している」 「ここ最近の僕らはポイントを落としていたから、今日の試合で流れを変えていく必要があった。 たくさん走って、2位に浮上できた。 満足している。 対戦相手と素晴らしい試合ができた」 2020. 14 11:35 Tue インテルは13日、セリエA第32節でトリノをホームに迎え、3-1で逆転勝利した。 前節ヴェローナ戦を引き分けに持ち込まれたものの、勝利すれば2位浮上となるインテル 勝ち点65 は、ルカクが負傷欠場となった中、2トップはL・マルティネスとサンチェスが組んだ。 16位トリノ 勝ち点34 に対し、立ち上がりからボールを握っていたインテルだったが、17分に先制される。 右CKのクロスをGKハンダノビッチがまさかのキャッチミス。 落としたボールをベロッティに押し込まれた。 失点後もボールを持ったインテルは32分に同点のチャンス。 ガリアルディーニが敵陣高い位置でボールを奪ってボックス左のL・マルティネスへ。 しかし、L・マルティネスのシュートはセーブされてしまった。 すると40分にはピンチ。 カウンターを受け、ボックス左まで侵入したアンサルディに決定的なシュートを打たれたが、ここはGKハンダノビッチが凌いだ。 1点のビハインドで迎えた後半、インテルが攻勢をかけると、開始3分に追いつく。 ブロゾビッチのフィードをゴールエリア左のL・マルティネスがヘッドで落とし、ボックス左のヤングがボレーで蹴り込んだ。 さらに51分、左CKのショートコーナーから一気に逆転する。 ヤングの浮き球パスをゴールエリア左のサンチェスがヘッドで落とし、ゴディンが頭で押し込んだ。 止まらないインテルは61分、サンチェスのパスを受けたL・マルティネスがボックス手前右から右足を振り抜くと、DFにディフレクトしたシュートがゴールに決まり、3-1とリードを広げた。 L・マルティネスの6試合ぶりのゴールで余裕の展開としたインテルは、終盤にかけては危なげなく時間を消化。 後半の3発で逆転勝利し、2位浮上とした。 2020. 14 06:37 Tue 飲酒運転と赤信号無視を犯したクロアチ代表MFマルセロ・ブロゾビッチが、クラブから罰金を科されたようだ。 ブロゾビッチは、愛車であるロールス・ロイス・カリナンに乗り、土曜の未明にミラノのナイトスポット近くのカントーレ広場でパトロール中の警察官に止められたとのこと。 赤信号を無視し、追跡した警察官に数百メートル経って止められたという。 赤信号無視と合わせて処分。 さらに、外国車でのナンバープレート違反も重なり、免許取り消しの処分を受けていた。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、この一件を受け、ブロゾビッチはクラブから10万ユーロ 約1200万円 の罰金を科されたとのことだ。 ブロゾビッチは2015年1月にディナモ・ザグレブからレンタル移籍で加入。 2016年7月に完全移籍していた。 なお、今シーズンはセリエAで25試合に出場し3ゴール4アシストを記録している。 2020. 13 22:54 Mon.

次の

スナイデル氏、現役復帰へ本格始動。オランダのアマチュアクラブで練習参加へ

スナイデルサッカー

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。 今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回は元オランダ代表MFのヴェスレイ・スナイデル氏だ。 ユトレヒトで父親もサッカー選手だったサッカー一家に生まれたスナイデル氏は、名門アヤックスのアカデミーへと加入。 2002年12月22日のエクセルシオール戦にてトップチームデビューを果たすと、翌シーズンからは主力として活躍した。 アヤックスでの活躍後、2007年夏にレアル・マドリーへと移籍。 背番号は元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏が着けていた「23」だった。 加入直後から活躍を見せ、チームのリーガ制覇に貢献していたものの、背番号「10」を背負って迎えた2シーズン目は、ケガに苦しむと共に、リハビリ中の不倫発覚や、それに伴う離婚と慰謝料関連で裁判沙汰になるなどピッチ外の問題が顕著化し、2009年にインテルへ移籍している。 なお、現役引退後に出版した自伝では、「気付かぬうちにウォッカが親友になっていた」とマドリー時代に酒に溺れていたことも明かしている。 インテルでは2009-10シーズンにイタリア史上初の3冠 チャンピオンズリーグ、セリエA、コッパ・イタリア優勝 獲得に貢献。 バロンドール級の活躍を見せた。 また、2011年1月にインテルに加入した日本代表DF長友佑都と2年間共にプレー。 長友がガラタサライへ移籍する際には、加入の後押しをしていた。 その後は、ガラタサライ、ニースと移籍し、2018年1月からアル・ガラファでプレーし、昨シーズン限りで現役を引退することを発表した。 オランダ代表として共に活躍し、一時代を築いたFWアリエン・ロッベン 2020年6月に現役復帰を発表 、FWロビン・ファン・ペルシ、MFラファエル・ファン・デル・ファールトら、盟友たちに続く現役引退となったが、先日には地元クラブであるユトレヒトが現役復帰オファーを出したことが報じられている。 超WORLDサッカー!.

次の