高速 道路 通行止め 東日本。 高速道路で事故を起こして通行止めになると損害賠償が発生するのです...

高速道路が「通行止」、どんな選択肢がある? 通行料金はどうなるのか

高速 道路 通行止め 東日本

一旦流出する料金所で料金をいただく際、お客さまの申し出により「高速道路通行止め乗継証明書」をお渡ししますので、乗り継ぎ後の最初の出口料金所で、「入口通行券」と一緒にお渡しください ETC車 同一のETCカードをご利用のうえ、乗り継ぎ前と乗り継ぎ後の両区間ともETC無線走行をしてください。 料金表示器やETC利用照会サービス等は調整前の料金を表示しますが、カード会社等からの請求時には調整後の料金になります。 詳しくは、をご覧ください。 2、均一料金区間(札樽道札幌西~道央道札幌南) この区間では入口料金所で料金をいただきます。 通行止めによりこの区間内で乗り継いだ場合は、乗り継ぎ前と乗り継ぎ後の通行を1回の通行とみなして乗り継ぎ後の料金はいただきません。 一般車 最初の料金所で料金をいただく際、お客さまのお申し出により「乗継券」をお渡ししますので、乗り継ぐ料金所では「乗継券」と最初の料金所の領収書をご提示ください。 なお、走行途中に通行止めが発生し「乗継券」を受け取れなかった場合は、乗り継ぐ料金所の係員に「乗り継ぎ」である旨お申し出のうえ、領収書をご提示ください。 確認のうえ乗り継ぐ料金所では料金はいただきません。 ETC車 最初の料金所も乗り継ぐ料金所もETC無線走行をしてください。 料金表示器やETC利用照会サービス等には乗り継ぐ料金所の料金が表示されますが、カード会社等からの請求時には調整されます。 3、札樽道(小樽~札幌西) この区間内において通行止めがあり区間内で乗り継いだ場合は、乗り継ぎ後の料金から一律160円(深夜割引、休日割引及び障害者割引が適用される場合は、当該割引率を乗じた額)に消費税を乗じ、四捨五入による10円単位の端数処理を行った額を控除した額に調整いたします。 一般車 一旦流出する料金所で料金をいただく際、お客さまのお申し出により「乗継証明書」をお渡ししますので、乗り継ぎ後の最初の料金を支払う料金所で係員にお渡しください。 ETC車 同一のETCカードをご利用のうえ、乗り継ぎ前と乗り継ぎ後の両区間ともETC無線走行をしてください。 料金表示器やETC利用照会サービス等は調整前の料金を表示しますが、カード会社等からの請求時には調整後の料金になります。

次の

リアルタイム交通情報

高速 道路 通行止め 東日本

有料道路事業は、道路をご利用されるすべてのお客さまに通行料金をご負担いただくことで成り立っております。 このため当社では、『不正通行は許さない』という姿勢でその対策に取り組んでおります。 また、不正通行者が特定できた場合には、道路整備特別措置法(昭和31年3月14日法律第7号。 以下「特措法」といいます。 )第26条に基づき免れた通行料金と割増金(免れた通行料金の2倍に相当する額)を徴収することとしております。 また、督促状を発送した場合には、当社が定めた高速道路営業規則第19条第2項に基づき手数料を、督促状の納入期限までに支払われなかった場合には、同規則第19条第3項に基づき免れた通行料金と割増金の合算額に年10. 75%の割合を乗じて計算した額を延滞金として、併せて徴収します。 これまでの取り組み 道路関係公団の民営化に合わせ、特措法が改正され、特措法第24条第3項に基づき当社が定めた通行方法に反する不正通行に、特措法第59条に基づき刑事罰(30万円以下の罰金)が科されることから、これまでは以下の取り組みを行ってまいりました。 周知ポスターなどを作成しSA・PAでの掲示やホームページへの掲載による広報• 対策用カメラを活用して不正通行者の特定に努める• 警察への協力• 出口料金所の一般レーンに不正通行を防止する開閉バーの設置 今後の取り組み 今後は以下のことに取り組んでまいります。 不正通行者を明らかにするための対策用カメラの増設• 刑事罰適用(特措法第59条)に向け、積極的な警察への通報・捜査への協力 不正通行は許さないという姿勢で毅然と対応します。 当社では、通行料金の適正な収受に努めることにより、お客さまからの信頼を損なうことのないよう今後とも努めてまいります。 不正通行は犯罪です!! 料金の全部又は一部の支払いを免れる目的として次の通行を行った場合は、不正通行となります。 ETC車線で、路側表示器が「STOP 停車」を表示し、開閉バーが閉じているにもかかわらず、故意に開閉バーへ衝突し通行した場合• 一般車線で係員の承諾を得ないまま通行料金を支払わずに、通行した場合• ETC車載器を不正に載せ替えて本来の通行料金を支払わずに通行した場合など• 上記のような事象が発生した場合は、適正な通行料金を請求できておりませんので、 「NEXCO東日本お客さまセンター」までご連絡ください。 連絡先:NEXCO東日本お客さまセンター ナビダイヤル:0570-024-024 または03-5338-7524 なお、一定期間ご連絡いただけない場合には不正通行とみなされる場合がありますので、ご注意下さい。 通行上の注意• ETCのご利用の場合は、ETCカードをETC車載器に確実に挿し込みください。 ETCカードの有効期限切れ等にご注意ください。 ETCレーン若しくは一般レーンの利用レーンにご注意ください。 ETC車載器を他の車両に付け替える場合や住所変更等により車両のナンバープレートが変更になった場合、けん引ができる構造に改造した場合、ETC車載器付きの中古車を購入または譲り受けた場合などは、再セットアップを必ず行ってください。 NEXCO東日本 摘発事例• 2015. 12 ETCを悪用した不正通行者の逮捕について ~正規の通行料金を免れた不正通行者1名を詐欺罪で逮捕~• 2014. 3 ETCを悪用した不正通行者の逮捕について ~正規の通行料金の支払いを免れた不正通行者1名を詐欺罪で逮捕~• 2014. 16 不正通行者の逮捕について ~正規の通行料金の支払いを免れた不正通行者3名を電子計算機使用詐欺罪で逮捕~• 2014. 14 不正通行者の逮捕について ~正規の通行料金の支払いを免れた不正通行者1名を詐欺罪で逮捕~• 2010. 10 ETCを悪用した不正通行者の逮捕について ~正規の通行料金の支払いを免れた不正通行者1名を詐欺罪で逮捕~• 2006. 4 不正通行者(詐欺罪)の逮捕について ~正規の通行料金の支払いを免れた不正通行者2名を詐欺罪で逮捕~• 2006. 27 ETCを悪用した不正通行者の逮捕について ~正規の通行料金の支払いを免れた不正通行者1名を詐欺罪で逮捕~•

次の

名神高速などで5月18日~30日に集中工事を実施 車線規制・夜間通行止めなど

高速 道路 通行止め 東日本

工事による通行止めの場合は日時や対象区間が知らされるため、事前の対策が可能ですが、走行中の高速道路で予期せぬ「通行止め」にあった場合、どのような選択肢があるでしょう。 「一般道に降りてそのまま目的地へ向かう」「一般道へ降り通行止め箇所を迂回して再び高速道路に戻る」「SAやPAで通行止め解除を待つ」などといった対応が考えられるでしょうか。 そうしたなか、2番目の「一般道へ降り通行止め箇所を迂回して再び高速道路に戻る」場合、条件を満たせば通行料金が割高にならずにすむ措置があります。 高速道路では一定距離以上を連続走行すると料金が割引になる制度がありますが、通行止めによって一般道に出た場合、その割引対象となる「連続走行」が途絶えることにならないようにするというものです。 NEXCO中日本によると、一般道への迂回時に指定された方法で通行すれば、再び高速道路へ戻ったあとの区間の料金について調整が受けられるそうです。 「ETC車の場合は、一般道に出る際も高速道路に戻る際も料金所のETCレーンをそのままご通行下さい。 非ETC車の場合は一般道に出る料金所で迂回する旨をお申し出いただければ『乗継証明書』をお渡ししますので、高速道路へ戻る際の料金所でご提示下さい。 いずれの場合も長距離走行による割引を勘案して、料金を調整させていただきます」(NEXCO中日本 広報室)。 料金調整の計算方法は複雑ですが、通常時に目的地まで直行した場合よりも割高にならないように調整されるそうです。 ただしETC車については「時間帯割引の適用も考慮し、乗り直す前の走行料金も含めて調整の上、後日請求させていただきます」(NEXCO中日本 広報室)といい、すぐにその場で調整後の金額が分かるというわけではないようです。

次の