ご配慮くださいましてありがとうございます。 宇都宮城址祭り:ご参加ありがとうございました♪

「お心遣い」と「お気遣い」の違いは?正しい使い方を例文で解説

ご配慮くださいましてありがとうございます

「ご配慮」の使い方・例文 「ご配慮」は目上の相手の心づかいに対して感謝するときに使う 「ご配慮」は 「相手が自分に配慮をしてくれたこと」の敬語表現であり、それに対して感謝をする時に使います。 そのため、目上の相手が自分に対して心遣いをしてくれた時に使う言葉となっています。 感謝を伝える際の主な言い回しは ・ご配慮いただきありがとうござきます ・ご配慮に感謝申し上げます などです。 また、「ご配慮」よりもさらに丁寧な表現に「ご高配」があります。 ただ職場の上司などに対してしょっちゅう「ご高配」を用いるとくどいと感じられてしまうこともあります。 「ご高配」はとてもかしこまった表現となりますので注意しましょう。 「ご配慮ありがとうございます」 「ご配慮いただきまして、誠にありがとうございます」 「先日は突然お伺いしたにも関わらず、ご配慮をいただきありがとうございました」 「このたびの開店に際しましては、ご祝電とお花を頂戴し誠にありがとうございました。 いつもながらの温かいご配慮に、心より感謝申し上げます」 相手に「ご配慮」してもらうことをお願いをするときも使う また「ご配慮」は相手の心遣いの感謝だけではなく、相手に対して「気を付けてもらうこと」がある場合に使うことができます。 お願いをする際の主な言い回しは ・ご配慮願います ・ご配慮いただけますようお願い申し上げます となります。 例えばお客様に対して商品に直接手を触れないようにお願いしたい場合、「商品にお手を触れぬよう、ご配慮願います」などと使うことができます。 また相手に注意を促したい場合、ただ注意をするだけでは相手が不快な思いをしてしまう場合があります。 そのため、 注意したい事項に対して配慮をお願いする、といった形で伝えることができます。 例えば「店内は禁煙となっております。 喫煙する場合は一度店外の喫煙スペースまで足を運ぶようご配慮くださいますようお願い申し上げます」などと使うことができます。 「ご配慮のほど何卒よろしくお願いいたします」 「大変勝手を申しまして恐縮ですが、ご配慮賜れますと幸いです」 「海外出張の際には、紛争・テロ・内戦等に巻き込まれないよう、くれぐれもご配慮をお願いいたします」 「本日の内容に関しましては正式発表があるまでは口外いたしませぬよう、ご配慮いただきたく存じます。 よろしくお願いいたします」 「ご配慮」の使う上の注意点 「ご配慮」は同等や目下の相手には使用不可 「ご配慮」は目上の相手に対して使う敬語表現です。 そのため、同僚や部下など同等もしくは目下の相手に対して使うと不自然になります。 過度な敬語表現は慇懃無礼となりますので注意しましょう。 同僚や部下などが配慮してくれたことに対して感謝を伝える場合は、下記の例文を参考にしてください。 「配慮してくれてありがとうございます」 「心遣いありがとう」 「お気遣いありがとうございます」 自分自身の行動に対しては目上の人と話す時でも「配慮」を使う 自分が気を配る場合には、目上の相手であっても「配慮」と使います。 自分の行動に対して「ご配慮」と敬語を使うのは誤用となりますので注意しましょう。 何かをするにあたって気を付けることを伝える場合に、「気をつけます」では軽い感じがします。 ビジネスシーンでは「配慮します」と使うようにしましょう。 また自分の配慮が足らなかったことを相手に謝罪する場合は 「私の配慮が足らずこのような事態を招いてしまい、大変申し訳ございません」などと使います。 「ご配慮」のビジネスで使える言い回しの例文一覧 ご配慮いただき〜 「ご配慮」をしてもらったことを感謝する場合に「ご配慮いただき」を使います。 この後に続けて感謝の言葉を繋げて主に使われています。 また、「恐縮です」を繋げることで配慮してもらったことをかしこまり申し訳なく思っていることを伝えることができます。 ビジネスメールなどでも用いられる表現ですので覚えておきましょう。 この後に続けて感謝の言葉を繋げて主に使われています。 主に「ご配慮のほどよろしくお願いします」と使われています。 「ご配慮のほど感謝いたします」と使うのは不自然ですので注意しましょう。 ご配慮ください 「ご配慮ください」も相手にお願いする場合に用いられます。 ただ、「ご配慮ください」だけではやや冷たい印象を与えることもありますので、特に目上の相手に対しては「ご配慮くださいますよう、よろしくお願いします」などを付けるようにしましょう。 ご配慮ください」 「くれぐれもご配慮くださいますよう、よろしくお願いいたします」」 「ご配慮」「お気遣い」「ご考慮」の違い 「ご配慮」・・・「相手の配慮(=よく考えてからする心づかい、心をくばること)の敬語表現」 「お気遣い」・・・「相手の気遣い(=あれこれと気を使うこと、心づかい)」の敬語表現」 「ご考慮」・・・「相手の考慮(=考えをめぐらすこと、よく考え合わせること)」の敬語表現」 「お気遣い」の意味・使い方・例文 「気遣い」の意味は「 あれこれと気を使うこと、心遣い」です。 その場の状況に応じて周囲のことを考えたり相手のことを思いやって行動することを指して使います。 「お気遣い」は、「相手が自分のために気を使ってくれること、配慮してくれること」を表しています。

次の

「配慮」と「考慮」の違いと使い分けとは?意味と使い方を解説

ご配慮くださいましてありがとうございます

お気遣いありがとうございますと言う時の、体調不良のことや、順調でないことに対して心配してもらった時の相手の行動や言葉に対してお礼の意味を含んでいます。 また、それらは一般的にマナーとして使われるものなので、おそらく相手はマナーに従うことが予測もされるものです。 不要の場合に、お気遣いはなさらないでくださいと事前に伝えるときもあります。 お気遣いありがとうが使われる場面 お気遣いありがとうが使われる場面としては、体調を崩していた自分に対してその後に「お体の調子はいかがですか」と聞いてもらったり、自分が忙しいことを相手が知っていて気遣いとして、仕事の配分を少なくしてもらったり、猶予期間を提案してもらったりすることに対してのお礼の意味としても使われるでしょう。 職場では難しい業務や大きな仕事に取り組んでいる時に「お手伝いできることはないですか」と助力を差し伸べてくれた同僚や上司にも使えます。 ご配慮ありがとうに含まれる意味とは「心配り」のときに使う 一般のマナーのお礼には、お気遣いありがとうが使われますが、さらに心を掛けること、掛けてもらうことには「ご配慮ありがとう」を使います。 ご配慮ありがとうございます を使う時は、興味を持ってもらったり、注意を向けてもらったり、相手が思いを巡らせて考えてくれたりしたことに対してのお礼の意味が含まれています。 気を利かせて先回りした心配りを受けた時にもご配慮ありがとうは使えるでしょう。 ご配慮ありがとうが使われる場面 このご配慮ありがとうをお礼として使う時には、色々な言い回しがあります。 ご配慮いただきありがとうございます。 ご配慮賜りありがとうございます。 ご配慮くださりありがとうございます、などが挙げられるでしょう。 お気遣いありがとうに比べると、心配りによって何か具体的な取り計らいや調整をしてもらったり、気を利かせて準備してもらった意味でも使うことができます。 「お気遣いありがとう」と「ご配慮ありがとう」は尊敬語 お気遣いもご配慮も尊敬語の部類に入ります。 従って、目下側から目上の者へ使用されることになります。 例えば、丁寧な敬語が必要になる部下から上司へ、売り手から顧客や取引先へ、後輩から先輩へなどが該当します。 お気遣いありがとうやご配慮ありがとうというお礼の言葉を会話やメールで発信する時は、色々な言い回しがありますが、「お気遣いありがとう」と「ご配慮ありがとう」を使うときは適した使い方の意味を確認しておくことが必要です。 「お気遣いありがとう」と「ご配慮ありがとう」の使い分けはマナー お気遣いありがとうの場合、相手の心配に対してのお礼の意味が強いのに対して、ご配慮ありがとうは、たくさんの類義語があります。 よく使われるものとしては、お心遣いです。 またご高配を賜り、ご厚情を賜りなどはビジネス言葉としてもよく見かけます。 発信者として、ご留意ください、ご注意くださいという時にも配慮の意味が含まれています。 「お気遣いありがとう」と「ご配慮ありがとう」この二つの意味を理解して使い分けることは社会人の必須マナーです。 「お気遣いありがとう」と「ご配慮ありがとう」言葉はオールマイティに使える感謝の意味で使う 「お気遣いありがとう」と「ご配慮ありがとう」の言葉は、丁寧なお礼の際にはオールマイティに使えるという意味でとても便利な言葉です。 どちらを使えばよいか悩んだら「ご配慮ありがとう」を選択するのが良いでしょう。 特にビジネスやフォーマルな場面ではよく使われる用語なので、直接対応時、電話やメール時、文書作成時などで使いこなせるように意味をしっかり理解して使えるようになりましょう。

次の

敬語「ご配慮いただきありがとうございます」の意味と使い方・例文

ご配慮くださいましてありがとうございます

Thank you for your concern. で、 (お気遣いありがとうございます。 ) という決まり文句です。 こういった場面ではよく使うので、普通の言い回しですね。 Thank you for your kindness. (ご親切にありがとうございます。 ) でも良いでしょう。 Thank you for being so considerate. 思いやって頂いてありがとうございます。 と言ってもらえるのは、当たり前の事ではありません。 言葉は流暢ではなくても、ビジネスパーソンとしての礼儀をわきまえている事を伝える事はできますし、それは大切な事です。 第二言語での打ち合わせは大変ですよね。 よくわかります。

次の