星野源 いい歌詞。 星野源がオールナイトニッポンで放送していた新曲【折り合い】の歌詞(内容)は?

星野源 『Pop Virus』歌詞とミュージックビデオを語る

星野源 いい歌詞

スポンサーリンク 歌詞 君の着信に 開く封筒は 踊り叱る 赤い絵文字が あの日隠し事 したのばれたから 謝り方 考えなきゃな いつもの 僕らを 見ればまあまあ 平和なんだろう 可愛げのある危機と そうじゃない方 胸に抱いて 愛してるよ君を 探してるよいつも 他人のようで違う 2人の折り合いを 愛してるよ君を 探してるよいつも 家族のように映る 2人の折り合いを こんな時さえも 誕生日は来て 祝うだろう 日々は続けと 「うん、ごめんなさい」 から始まるStyle バカ極まる毎度のことだが 慣れてるわけじゃない 藁をつかめ テレビとかね 気分変えるのに最適だ えー 多分漏れずクソみたいな話題 観るくらいなら君と喧嘩していたい 神へアーメン君への謝罪 まだ隠れラーメン食べたのしょない どこへ行くの僕ら いがみ合うよ彼ら 空は晴れて風は 髪を撫でていくわ 家の中で僕ら 道の上で僕ら 空は晴れて風は 心撫でていくわ 愛してるよ君を 探してるよいつも 他人のようで違う 2人の折り合いを 愛してるよ君を 探してるよいつも 家族のように映る 2人の折り合いを 作詞:星野源 歌詞の意味・解釈 1番 君の着信に 開く封筒は 踊り叱る 赤い絵文字が あの日隠し事 したのばれたから 謝り方 考えなきゃな はじめにお話ししますと、本楽曲では一貫して 「すれ違いのある日常も自然な二人で乗り越えていこう」といったメッセージが含まれています。 また本考察ではラブソングテイストに解釈を行っていきますが、聴き手によっては付き合いの長い友人だったり、親子だったりと、さまざまな関係性に当てはめて情景に浸ることができると思います。 では歌詞を見ていきましょう。 まず歌い出しでは 「君との他愛のない喧嘩に頭を悩ませる姿」が描かれています。 自分に非がある喧嘩。 誰しもが経験したことのあるのではないでしょうか。 余談ですが「隠し事」という歌詞は、バナナマン日村さんが暴かれた「隠れ食い」にリンクしています。 知る人ぞ知るユニークが隠されているのです(笑) いつもの 僕らを 見ればまあまあ 平和なんだろう 可愛げのある危機と そうじゃない方 胸に抱いて 喧嘩をする二人ですが、傍から見ると平和で安泰なカップル。 長く一緒にいる二人の喧嘩なんて必至の出来事ですからね。 それを理解しているからこそ 「可愛げのある危機」であると主人公の認知が歌詞化されています。 二人でいるからこそ喧嘩もできるのです。 幸せな証と言っても過言ではありません。 とはいえ、もしかしたら少しのすれ違いが二人の距離をグッと離すこともあり得るかもしれない。 幸せを噛みしめつつも、日常に潜む見えない危惧も感じている。 まさに歌詞中の 「そうじゃない方」に当てはまる部分で、 これくらい大丈夫の油断こそが大敵と言っているのです。

次の

星野源「折り合い」突然の新曲で描いた心温まるメッセージとは?

星野源 いい歌詞

シンガー・ソングライターで俳優のが、14日深夜放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン(ANN)』(毎週火曜 深1:00)に出演。 10日に放送されたとW主演を務めるTBS系金曜ドラマ『MIU404』(毎週金曜 後10:00)の第3話に、が登場したことについて語った。 菅田が演じるのは、素性の知れない男。 第3話でバシリカ高校の元陸上部員が関与したドラッグ事件と、イタズラ通報を繰り返していた旧陸上部の成川岳に関わる重要な役どころになっている。 また演じる成川も今後のストーリーに深く関わっていく重要な人物。 菅田演じる素性の知れない男と、鈴鹿演じる成川は物語にどう加わっていくのか。 13日深夜放送の『菅田将暉ANN』(毎週月曜 深1:00)で、菅田は「急に予告なしで出てきた。 『予告なしがいい』って自分で言った? オレが決めたわけじゃないよ」と笑わせながら「(主題歌も自身と親交の深い)ですし、本当にすごいつながりだなと思いながら」としみじみ。 「私がどういう役かっていうのは、まだなんにも言えないんです。 だいぶ匂わせなので、これくらいにしたいと思います」と語っていた。 そして、この日の放送で星野は「最後に彼が出てきましたね。 菅田くんが出てきましたね。 謎の男ってなっていますね」とうれしそうに報告。 「(先月23日深夜に行った)YouTubeとの同時生配信の日に(直後に放送されている)『のANN0』に、菅田くんがゲストに来た日があったんですけど、その時も『よろしくね』って言って…」とのやり取りを明かした。 撮影現場での様子については「会ってないんですよね、いわゆる別々のシーン。 いつか会うんでしょうか。 非常に楽しみですね」と期待を込めたコメント。 「いやーな感じでたまらないですよね。 また、何かどうなるんでしょうかね。 ラジオにゲストに来ていただいて、もちろん僕が行くのもいいんですけどね、何か一緒にやれたらいいなと思っております」と締めくくると、菅田とCreepy Nutsのコラボ楽曲「サントラ」を流した。 番組の様子は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

次の

星野源「折り合い」突然の新曲で描いた心温まるメッセージとは?

星野源 いい歌詞

とにかく、コラボが豪華。 では、本題の楽曲考察に移っていきます。 楽曲名「Same Thing」とは 「Same Thing」を、和訳すると 全く同じこと。 という意味になっています。 日常では、かなり広義的に使われる言葉ですね。 この楽曲名が歌詞の内容と どう関与しているのでしょうか。 ここの歌詞で出てくるのは• 酷い雨の日• 暖かい晴れの日 という対象的な気候であり、 これを 「同じ same 」と言っています。 なぜ同じ意味になると定義しているのでしょうか。 歌詞を追っていきます。 人生は山あり谷あり。 酸いも甘いもあるのが人生 といった言葉があるように、幸せと不幸は表裏一体です。 これらは小さなきっかけで簡単にひっくり返るもの。 そりゃそうですよね。 幸せがあるから不幸があり、不幸があるから幸せがあるのです。 どちらかだけに偏ってしまうと、それは「普通」になってしまいます。 世界を恨んでいるの? なんて思っちゃいそうになりますが、 次に続く言葉は I meant it with love 心から愛を込めて という言葉。 「クソみたいな世界を愛してる」 といったメッセージ性が伝わってくるのではないでしょうか。 楽しい時間と落ち込む時間を「同じ」と言っているのですが、個人的には どちらの時間も大切だと訴えているようにも感じました。 楽しい時間も悲しい時間も包括して「大丈夫」だと受け止めてくれているのです。

次の