こくしぼう 笛。 最新ネタバレ『鬼滅の刃』177

継国巌勝 (つぎくにみちかつ)とは【ピクシブ百科事典】

こくしぼう 笛

この記事は、2019年10月12日に発売された、週刊少年ジャンプに掲載の鬼滅の刃第178話の考察記事で、ネタバレがほとんどです。 では、上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)と縁壱の過去、そして関係が明らかとなりました。 なんと縁壱は黒死牟の双子の弟で、圧倒的な才能の持ち主だったのです。 黒死牟(こくしぼう)は、幼い頃、弟・縁壱に笛をあげるなど、優しい心を持った人間でした。 ですが才能に溢れた縁壱に憧れて剣技を磨くものの、才能の差を縮めることができず、眩しすぎた弟の才能に負け、鬼になってしまったのかもしれません。 そして黒死牟(こくしぼう)が鬼となって再会した縁壱の手元には、あの時の笛があったのです。。 黒死牟と縁壱の過去が描かれた今回の話。 家を出て行ってしまった縁壱はどうなってしまったのでしょうか・・・? 黒死牟(こくしぼう)は縁壱に嫉妬をしていた ずっと縁壱を憎しみ続けていた黒死牟。 才能に溢れた縁壱が近くにいることで、自分が小さく惨めに感じられました。 縁壱が家を出ていってからというもの、黒死牟の父は縁壱を連れ戻したいと寺へと使いを出します。 ですが縁壱の姿はどこにも見つかりません。 縁壱はどこで何をしているのか、それは誰にも分かりませんが、自ら何かせずとも黒死牟が願い続けた思いは叶ってしまったのです。 それから十年余りの時が過ぎ、平穏な毎日を黒死牟は過ごしていました。 その間に妻子にも恵まれ、家庭を築きます。 ですがそんな日々はどこか平凡で、年月の流れをゆっくりと感じていたのです。 何も面白味のない生活だったのかもしれません。 突如やってきた黒死牟(こくしぼう)と縁壱の再会 そんなある日のこと、黒死牟の野営を鬼が襲います。 そこに突如現れたのが、縁壱でした。 縁壱は鬼殺隊の1人として黒死牟の前に現れ、鬼に襲われていた黒死牟を救ったのです。 久しぶりに会った縁壱は、初めて剣を握ったあの頃とは別人のように、剣の技術は極限まで磨き上げられ、非の打ち所がない人格者となっていました。 この出来事によって、黒死牟の平穏な日々は崩れ落ちました。 縁壱の強さ、そして剣技を目の前にしたことにより、それらをなんとかして自分のものとしたかった黒死牟。 黒死牟は家も家族も、自分が持っている全てを犠牲にして、鬼狩りとなる道を選んだのでした。 黒死牟(こくしぼう)は縁壱から呼吸法と剣技を教わった 鬼狩りとなった黒死牟は、鬼を倒すべく、縁壱から呼吸法、そして剣技を教わります。 縁壱は、黒死牟に限らず誰にでもその呼吸法と剣技を教えます。 ですが、教わった 誰1人として縁壱と同じようにはこなす事ができませんでした。 そのため縁壱は、それぞれの人が得意とする呼吸法を教えることにしました。 その結果、縁壱が使いこなしていた日の呼吸から派生した呼吸法が次々と生まれたのです。 その後、鍛錬を重ねた黒死牟は縁壱と同じように痣ができます。 しかし、結局縁壱のように日の呼吸を使いなすことはできず、のちに月の呼吸と呼ばれる派生で誕生した呼吸法を使うこととなりました。 縁壱と修行を重ねれば重ねるほど、黒死牟は縁壱との力の差を痛感し、自身には未来の伸び代はないと思います。 黒死牟(こくしぼう)は幼き頃にあげた縁壱の笛を切った瞬間、自身が何も手に入れられなかったことを悟る 黒死牟が絶望を感じていたその時、鬼舞辻無惨と出会います。 鬼になることで無限の時間を生きることができ、他の剣士とは比べ物にならないような強さを得られると聞くのです。 そんな甘い誘いをする鬼舞辻無惨の言葉に、のせられてしまった黒死牟。 黒死牟は自身が鬼となったことで、ずっと心から望んでいた強さを得られたはずでした。。 ですがそれでも圧倒的な強さを誇っていた縁壱。 結果としては縁壱が寿命で死亡したために、黒死牟は勝ち逃げをしたのです。 戦いでは誰も縁壱に勝つことはできませんでした。 そんな縁壱の死によって、黒死牟は自身が惨めな存在であると感じさせたのです。 黒死牟は、寿命で亡くなった縁壱の肉体を切りました。 それは憎さからの行動です。 その肉体を切るのと一緒に、その昔、幼い頃に黒死牟が縁壱へあげた笛も真っ二つに切ってしまったのでした。 黒死牟はその真っ二つとなった笛を見て、泣いたのです。 鬼となり、望んでいた無限の時を生きてきた黒死牟。 自分の父や母、子供の顔ですらももう思い出すことができないのに、弟であり、憧れの存在であった縁壱の顔だけはハッキリと覚えていました。 黒死牟はずっと縁壱に魅せられ続け、そんな縁壱に近づくためにと、家、妻子を捨て、そして最後には人間であることさえも捨てたのです。 ですが、黒死牟は結果として何も手に入れることはできませんでした。 兄が鬼になって鬼殺隊の裏切り者になっても笛を大切にする緑壱 緑壱を超える為に全てを捨て鬼になった黒死牟さんそれでも超えることができなかった緑壱は手の届かない太陽のよう。 誰もが憧れるような才能を持っていた縁壱に、黒死牟も憧れ、その才能に追いつこうと何もかも捨てたのにも関わらず、何も手に入れることが叶わなかった黒死牟。 どうしてこんなにも報われなかった人生だったのでしょうか。 そんなことを知ってか知らずか、縁壱は寿命が終えるその時まで肌身離さず持ち続けていた笛。 このシーンに思わず私も泣いてしまいました・・・。 黒死牟が縁壱に憎しみを抱いていたのとは裏腹に、縁壱は笛をくれた優しい黒死牟のことを死ぬその時まで忘れずにいなかったということでしょうか。

次の

【鬼滅の刃】178話ネタバレ!日の呼吸が始まりの理由と派生の原因も判明

こくしぼう 笛

第9位 累(るい) 第9位に選んだのは上弦の伍でもある累。 上弦の壱よりランキングが上なんておかしいと思われるかもしれませんが、あきらかにこちらの方が印象に残る戦いを繰り広げました。 炭治郎と禰豆子の共闘にも引けを取らず力では圧倒していたのですが、冨岡が助けに来たことで状況は一変。 やはり柱には敵わず殺されてしまいました。 ちなみに他の下弦の鬼たちは…… 10位と9位で下弦の壱と伍を紹介しましたが、その他の下弦の十二鬼月はどうなのかというと……累が殺された後に実力を発揮どころか戦闘シーンもなく無惨に殺されて終了してしまいました。 十二鬼月まで登り詰めた彼らが雑魚キャラ並みにあっさり殺されるのはちょっとかわいそうでした。 見た目も雑魚でしたが…… 第6位 半天狗(はんてんぐ) 第6位に選んだのはいつも何かに怯えている半天狗。 見た目は弱そうでも実力は上弦の肆。 時透や炭治郎がすぐそばに来るまで悟れない程気配を消したり、時透の技を交わすなど並みの鬼でない事が見て取れます。 姿かたちが小さく逃げ隠れされると見つけるのが難しいのもやっかいなところでした。 戦いで戦闘するのは本人ではなく喜怒哀楽の鬼たち 半天狗は切られる事で分裂し喜怒哀楽と舌に書かれた4人の鬼を召還します。 半天狗の本体は身を隠し戦闘はこの4人が担当。 その中でも「怒」の鬼がリーダーとなり、最終的に他の3人を吸収して炭治郎たちの前に立ちはばかりました。 ジャンプでは定番の合体して小さくなると強くなるアレですね(笑) 第5位 妓夫太郎(ぎゅうたろう) 第5位に選んだのは上弦の陸である妓夫太郎。 上弦の伍・肆といますが、それと比べても実力は上だったと思われます。 倒すには堕姫と同時に頸を切らないと倒せないので堕姫を隠して単騎で戦えば柱でも勝つのは難しかったかも……? 妓夫太郎を鬼にしたのは童磨 上弦の陸の妓夫太郎ですが、その妓夫太郎と堕姫を人間の頃に鬼へスカウトしたのは他でもない童磨でした。 ちなみに当時の童磨は上弦の陸。 妓夫太郎はその時の童磨と同じランクまで上り詰めた事になります。 (現在の童磨は上弦の弐ですが) 第4位 猗窩座(あかざ) 第4位に選んだのは上弦の参の猗窩座。 現在の所、唯一柱と戦い煉獄を殺害した鬼。 上弦の中でも微妙な立場であり、仲間意識は一切なく柱とも無惨以外の鬼とも敵対しているような存在。 煉獄の実力は認めており最後まで鬼になるように勧誘していました。 戦闘スタイルが肉弾戦というのも単純に強そうなイメージです。 第3位 童磨(どうま) 第3位に選んだのは上弦の弐である童磨。 何を考えているのかよく分からないお調子者ですが、先ほど紹介した猗窩座より後から鬼になったにもかかわらず上弦の弐になっている事から上弦のランクを賭けた戦いで勝利したと思われます。 性格は明るく残忍。 原作ではしのぶの毒にも対応し柱相手でも圧倒しています。 童磨は蟲柱しのぶの因縁の相手! 実は童磨は過去にしのぶの姉であるカナエを不意打ちで殺している過去があり、その事からしのぶに強い恨みを持たれています。 そしてついに対面した童磨としのぶ。 現在は童磨がしのぶを圧倒していますが……しのぶの継子としてカナヲの出番が多いだけに、しのぶがやられてカナヲが敵を討つ展開にならないか心配です。 第2位 黒死牟(こくしぼう) 第2位に選んだのは上弦の壱である黒死牟。 まだまだ謎に包まれた部分の多い鬼ではありますが明らかに只者ではないオーラが漂っています。 顔とクビにアザを持っており、炭治郎たちのアザとの関係も気になるところ。 猗窩座と童磨がいざこざを起こした際には目にも見えないスピードで猗窩座の腕を切り落としました。 黒死牟と炭治郎は過去に会っている? 黒死牟について1番気になるのは炭治郎が過去に出会った人物に姿かたちがそっくりである事。 おそらくは同一人物と思われるのですが、いったいどういった経緯で上弦の壱となってしまったのでしょうか。 第1位 鬼舞辻無惨きぶつじむざん) 第1位はもちろんこの人物!鬼舞辻無惨!全ての鬼の頂点で上弦であっても無残の前ではひざを付き頭を下げます。 口答えや確定していない曖昧な事を言った時には上弦であっても一瞬で首を切るほど。 童磨や黒死牟に敵意を剥き出しの猗窩座ですら無惨の前では従順な僕となります。 【鬼滅の刃】鬼の強さランキングまとめ ここまでランキング付けしてきましたがいかがだったでしょうか。 今回はあくまで敵キャラのランキングとして紹介したので禰豆子は含みませんでしたが……現在原作でも交戦中の上弦の鬼、さらに黒死牟と無惨の強さはまだベールに包まれたままなので今後の展開が楽しみです。 特に黒死牟は他の鬼と違い色々と謎があるので目が離せません。

次の

【鬼滅の刃・20巻レビュー】ようやく共感できた話を語らせてくれ

こくしぼう 笛

黒死牟(こくしぼう)が切った笛の意味! 早速、鬼滅の刃178話をみていきましょう! 縁壱と黒死牟の過去。 家を出て行った縁壱はどうなったのでしょうか・・・? 縁壱に嫉妬していた黒死牟(こくしぼう) 黒死牟は、ずっと縁壱を憎んでいた。 才能の塊だった縁壱がそばにいるだけで、自分が小さく見えてしまう。 縁壱が家を出てから、黒死牟の父は縁壱を連れ戻すために寺へと使いをやった。 しかし、どこにも見つからない縁壱。 縁壱がどこでどうなっているのかはわからないが、計らずしも黒死牟の願いは叶ったのだった。 それからというもの、十年余り黒死牟は平穏な日々を過ごしていた。 妻と子供にも恵まれ、家族を持った。 その日々はどこか退屈で、年月の流れを遅く感じていた。 黒死牟(こくしぼう)と縁壱の再会 そんなある日、黒死牟の野営を鬼が襲う。 そこに現れたのが、縁壱だった。 縁壱は鬼殺隊として黒死牟の前に現れ、鬼から黒死牟を救った。 久しぶりに現れた縁壱は、初めて剣を握った時とは比べ物にならないほど、剣の技術は極められ、非の打ち所がないほどの人格者となっていた。 これにより、黒死牟の平穏な日々は破壊された。 縁壱の強さと剣技をどうしても自分の力にしたかった黒死牟。 黒死牟は家も家族も捨て、鬼狩りになる道を選んだ。 縁壱から呼吸と剣技を教わる黒死牟(こくしぼう) それからというもの、黒死牟は縁壱から呼吸や剣技を教わった。 縁壱は、誰にもその呼吸と剣技を教える。 しかし、 誰1人として縁壱と同じようにはできなかった。 そのため縁壱は、それぞれの者が得意な呼吸法を教えた。 その結果、日の呼吸の派生の呼吸が次々と出来上がったのだった。 その後、縁壱と同じように痣ができた黒死牟。 しかし、結局日の呼吸は使うことができず、のちに月の呼吸と名付けた派生の呼吸だった。 縁壱と修行すればするほど、黒死牟は自分との差を思い知らされ、そして自分には未来がないと感じた。 黒死牟(こくしぼう)は縁壱にあげた笛を真っ二つにした瞬間、全てが手に入らなかったことを悟った そうやって絶望感を感じていた最中、黒死牟は鬼舞辻無惨と出会う。 鬼になれば無限の時間を生きることができ、他の剣士とは違う強さを得られる。 そんな甘い鬼舞辻無惨の言葉に、黒死牟は乗ってしまった。 黒死牟は鬼になることで、心底願い欲していた道を得られるはずだった。 しかし縁壱は圧倒的な強さを誇り、寿命で死亡するという勝ち逃げをした。 誰もが勝つことができなかった縁壱という存在。 縁壱が黒死牟に惨めな存在だと感じさせる。 黒死牟は、寿命でなくなった縁壱の肉体を切った。 憎さゆえの行動だった。 そして肉体と同時に、昔、黒死牟が縁壱にあげた笛も真っ二つになった。 真っ二つになった笛を見た黒死牟は、泣いていた。 鬼となり無限の時を生きた黒死牟。 父も母も子供の顔でさえ思い出せない中で、縁壱の顔だけはハッキリと覚えている。 縁壱に魅せられ、縁壱に近づこうとした黒死牟は、家を捨て妻子を捨て、人間であることさえ捨てた。 そんな黒死牟は何も手に入れることができなかった。 私は一体何のために生まれてきたのだ 教えてくれ 縁壱 ーーー次回179話に続く.

次の