フッ素 外壁 塗装。 【外壁塗装の費用】工事各項目の単価平均価格

【外壁塗装の費用】工事各項目の単価平均価格

フッ素 外壁 塗装

フッ素塗料のメリット フッ素塗料を住宅に使うと、以下のようなメリットが得られます。 耐久性 フッ素塗料は、非常に耐久性の高い塗料です。 平均耐用年数は15〜20年で、屋根なら約15年、外壁なら約20年持つとされています。 環境によって耐用年数は変わりますが、フッ素塗料自体の耐久性が高いため、他の塗料と比べると長持ちです。 耐久性に優れたシリコン樹脂塗料の耐用年数が約10~13年ですので、フッ素塗料はそれより長く効果が持続します。 耐久年数が長いとメンテナンスの頻度が下がるため、塗装の塗り直しにかかる費用を抑えられるでしょう。 何度もリフォームをするのは手間がかかるため、何度も塗装のメンテナンスをしたくない方にはフッ素塗料が向いています。 耐熱性 フッ素樹脂の持つ耐熱性は、住宅の外壁素材を紫外線から守ってくれます。 紫外線は人間の肌だけでなく、外壁にとっても天敵です。 耐熱性を持つフッ素塗料を外壁に使えば塗装が長持ちし、外壁の寿命、ひいては住宅の寿命を延ばすことにつながります。 耐薬品性 酸性雨も外壁を劣化させる一因となります。 フッ素塗料には耐薬品性があるため、酸性雨による劣化にも強いです。 親水性 親水性は水との親和性が高く、物の表面が水で濡れると薄く広がる性質を持っています。 そのため親水性の高いフッ素塗料は雨に濡れると表面を水分でコーティングしてくれるため、外壁が汚れにくくなります。 耐摩耗性 耐摩耗性は、摩耗・消耗を防止する性能です。 耐摩耗性を持つフッ素塗料は、表面の光沢を維持しやすいため、長期間綺麗な外観を保てます。 フッ素塗料のデメリット フッ素塗料は多くのメリットがある一方で、以下のようなデメリットがあります。 価格が高い フッ素塗料は、外壁塗料の中では高価な部類に入ります。 六本木ヒルズや東京スカイツリーといった塗料の耐久性が求められる大きな建物には使われていますが、まだ一般的に普及していない点も価格が高い理由のひとつです。 一般住宅にも普及すればメーカーも価格が下げられるため、知名度が上がって利用者が増えれば、手軽に利用できる価格になる可能性は十分にあるでしょう。 現在、フッ素塗料は高価であるものの、耐用年数が長いという点でみれば、メンテナンスの頻度が下がることでリフォーム費用が抑えられます。 初期費用こそかかりますが、安くても耐用年数が低い塗料を使って何度もメンテナンスをするより、安くつくかもしれません。 屋根に使うと耐用年数が下がる 屋根は外壁に比べて風雨や紫外線の影響を受けやすいため、どうしても耐用年数が下がってしまいます。 これはフッ素塗料に限ったことではありませんが、20年という耐用年数は外壁使用時に当てはまることで、屋根に使用した際の耐用年数は5年短く見積もり、約15年と考えておいてください。 15年でも塗料の耐用年数としては十分長いのですが、外壁使用時と同様に20年と持つと考えてしまうと、塗り直しのタイミングが遅れてしまうかもしれません。 というのも、外壁ならば汚れや色あせなどで劣化に気づきやすいですが、屋根は外から見えにくい箇所であるため劣化に気づきにくく、塗料が剥がれてすでに屋根材が傷んでしまっている場合もあるからです。 塗装の劣化を放置すると住宅を傷めることになるため、フッ素塗料を屋根塗装に使用する際は約15年と想定し、時期が来たら塗り替えをするようにしましょう。 フッ素塗料にツヤ消しはない? 基本的にフッ素塗料はツヤのある塗料です。 ツヤがあると光沢で綺麗に見えますが、それが安っぽく見えてしまうこともあります。 外壁塗料のツヤをどう捉えるかは好みによるので難しいところですが、できればツヤ有りかツヤ無しかを選びたい方は多いのではないでしょうか。 結論を述べると、フッ素塗料にもツヤ消しはあります。 ただし、製品によっては完全なツヤ消しがないため、選ぶ塗料によりけりです。 弱溶剤タイプのフッ素塗料だと3分ツヤまでで、完全ツヤ消しはありません。 たとえば、日本ペイントのフッ素セラミック変性樹脂塗料「ファイン4Fセラミック」で対応できるのは3分ツヤまでです。 水溶性タイプのフッ素塗料なら、完全ツヤ消しタイプがあります。 AGCコーテックのフッ素樹脂塗料「ルミステージ」には完全ツヤ消しタイプがあるので、ツヤを消したい方におすすめです。 フッ素塗料のツヤを抑えたい方は、水溶性タイプの完全ツヤ消しを選ぶ、または3分ツヤを選ぶとよいでしょう。 親水性に優れていて、汚れを洗い流して住宅の美観を保ってくれます。 遮熱機能によって屋根の蓄熱を防ぎ、夏の暑さを軽減してくれます。 環境省の「環境技術実証事業:ヒートアイランド対策技術分野(建築外皮による空調負荷低減技術)」の「高反射率塗料(遮熱塗料)」において、その性能が実証されています。 高価であるため初期費用はかかりますが、メンテナンスの頻度を抑えられるため、将来的なリフォームの手間と費用節約につながるでしょう。 フッ素塗料は耐久性能だけでなく、耐熱性、耐薬品性、耐摩耗性、親水性といった優れた機能を有しており、外壁や屋根を長期で保護するのに適しています。 フッ素塗料はシリコン樹脂塗料よりもグレードが上で機能も勝っているため、塗料にこだわりたい方におすすめです。 外壁と屋根の両方にフッ素塗料を使う、または屋根にフッ素塗料、外壁にシリコン樹脂塗料を使うという方法もあります。 屋根のみフッ素塗料を使うのは、塗り替えのタイミングを合わせるためです。 外壁・屋根塗装の塗り替えには足場を組む必要があるため、足場代とリフォームの手間を節約するため、あえて外壁と屋根で異なる塗料を使います。 もちろん、耐久性を重視して外壁・屋根の両方にフッ素塗料を採用しても構いません。 いずれの方法でフッ素塗料を採用するにしても、専門知識を有する腕のいい業者を選んでください。 いい加減な業者だとフッ素塗料の優れた性能が発揮できないどころか耐用年数が下がってしまうため、リフォームを依頼する業者は慎重に選んでいただければと思います。 おわりに フッ素塗料はまだ一般的に知名度は低いですが、これから普及する可能性を大いに秘めています。 普及して価格が下がれば外壁や屋根塗料に使いやすくなるので、メーカー努力に期待です。 本記事でフッ素塗料のメリットを知った方は、外壁・屋根塗料の選択肢としてぜひ検討してみてください。 製品によって特徴と価格に違いがありますので、比較した上で選んでいただければと思います。 ・ 新着の質問•

次の

フッ素塗料の価格相場やメリット、デメリットを確認しよう

フッ素 外壁 塗装

フッ素塗料の価格相場やメリット、デメリットを確認しよう外壁塗装の塗料において、最も高額で、最も耐久性が高い塗料がフッ素塗料という塗料です。 ただ、その高額さから、今はまだ一般家庭で使用することは少なく、耐久性を重視する必要があり何十年もの耐久性を求められる都市部の大きなビルなどで主に使われています。 今後、塗料の価格が下がってくれば一般家庭の塗装工事にも使用されるようになるでしょう。 高額ではあるものの、最も耐久性が高い塗料なので、多少工事費用が高いとしても、家を長期間保護したい場合にはフッ素はオススメの塗料と言えます。 しかし、悪徳業者がそこに目をつけ、低品質なフッ素塗料を売りつける場合もあります。 引っかからない為には正しいフッ素に関する知識が必要です。 また、自分の家はフッ素塗料を使用するべきなのかをフッ素塗料のメリットとデメリットをきちんと理解し、選択肢に入るかどうかを考えましょう。 外壁塗装駆け込み寺でもフッ素塗料の選び方に関するご相談を無料で承っておりますので、お悩みの方は もご覧ください。 フッ素塗料は最も長持ちする塗料であることから、主に高層ビルやマンション用に開発されていました。 しかし現在では、「多少施工費用が高くなってもできるだけ塗装を長持ちさせたい」と考える方が増え、一般家庭の塗装でもフッ素塗料が使われるケースが増えています。 この家から住み替えたくない• 外観を今のまま長期間維持したい• 外壁リフォームの予算をしっかり確保している などの事情があれば、多少施工価格が高くなっても家を長持ちさせられるフッ素塗料を選んでおくとよいでしょう。 同じフッ素塗料でも入っている成分や比率が違いますので、以下に記載している特徴が全てのフッ素塗料に共通するわけではないという点に注意ください。 高い耐久性 フッ素塗料の一番の特徴は高い耐候性です。 耐久性が高い塗料ということは、時間が経っても塗装した面の強度が落ちにくく品質が高いままということを意味し、フッ素塗料は「高耐久性塗料」とも呼ばれます。 フッ素樹脂塗料はしっかりと外壁に密着する性質(密着性)を持っているため、長期間紫外線や雨風などに晒されても隙間を作らずしっかり家を守ることが可能です。 そのため次の塗替えの時期を示す耐用年数(耐久年数)がフッ素塗料は塗料の中で最も長く、15年~20年は耐久性が続くとされています。 現在人気のシリコン塗料の耐用年数は10~15年ほどですので、フッ素塗料はその1. 5倍の耐久年数を持っています。 耐候性 耐候性とは紫外線や雨水のダメージを受けにくい力のことで、外壁や屋根を守る塗料にとって非常に重要な要素です。 フッ素塗料は耐候性が特に高いことで知られ、色あせしにくく紫外線を浴び続けても劣化しにくい塗料です。 耐熱性 耐熱性とは、塗料自体の熱や紫外線に対する性能のことです。 外壁や屋根は常に太陽光で熱せられ続けていますので、耐熱性は当然必要となります。 なお、家の中に熱を通さない「遮熱性」や、暖かい空気を屋外に逃がさない「断熱性」とは異なります。 (遮熱性を兼ね備えた塗料には日本ペイントのサーモアイウォールなどがあります)。 親水性(低汚染性、耐汚染性) 親水性とは「水と親しい」という意味であり、水に濡れやすく密着しやすい性質ということを意味します。 鳥のフンや空気中の汚染物質が外壁の塗膜表面にくっつくことがありますが、フッ素塗料で塗装された外壁の表面は親水性の高い親水性塗膜がありますので、汚れと塗膜の間に雨水がするりと入り込み、汚れを洗い流して美観を保ってくれます。 この性質は汚れが落ちやすいという意味で「低汚染性」と呼ばれることもあります。 防藻性、防カビ性 建物の美観を損なう大きな原因となるのが藻、カビです。 周りの湿度が高い壁や太陽の光があまり当たらない北側の壁は藻やカビが繁殖しやすく、緑色っぽく変色してしまうので、非常に古く、汚らしく見えてしまいます。 フッ素塗料には塗膜自体に防かび性、防藻性を持っているものが多いため、藻、カビに悩まされる心配が他の塗料よりは少なくなるでしょう。 もちろん完全に防いで殺菌するほどの威力はフッ素塗料単体にはありませんのでご注意ください。 防水性(耐水性) フッ素の中には「弾性」というゴムのような特性を持つ塗料もあり、商品名に「弾性」と付けられています。 弾性フッ素塗料は紫外線などを浴びて膨張と収縮を繰り返す外壁の変形に柔軟に対応し、ヒビ割れ(クラック)が生じても塗膜が伸びて割れを塞ぎ、外壁内部に入り込もうとする水から守ってくれます。 耐用年数は「何も問題が起きなければ、その年数のあいだは外壁を保護してくれる」という目安の期間で、塗料の寿命と考えても良いでしょう。 フッ素塗料の耐用年数は信用性が高い フッ素は一般的な塗料の中ではダントツの耐用年数を誇っています。 セラミック塗料や(参考:)光触媒塗料など、耐用年数が20年を超える塗料もありますが、大手メーカーが作っていない、作っているメーカー自身が期待耐用年数を設定している、そもそもその塗料ができてから20年も経っていないなど、やや信用性に欠ける部分は否めません。 その点、フッ素の15年~20年というのは大手も認めた信用性のある数値と言えます。 メンテナンス回数を減らすことができる 塗料の耐用年数が長ければ、塗装工事の回数が減らせる、足場代を節約できるなどの恩恵も受けられます。 なぜ工事の回数を減らした方が良いかは、以下の表で確認できます。 例えば家の寿命が残り40年だったとして、シリコン塗料の耐用年数は15年ですので、最初の塗装、15年後、30年後で合計3回工事を行う必要があります。 一方、フッ素塗料は最初の塗装と20年後の塗装という合計2回の工事で済みます。 ただし、これは家の寿命が40年後と想定した場合です。 もし寿命が30年ほどの家であれば、シリコンでもフッ素でも工事回数は2回ですので、シリコン塗装を使って160万円で済ませた方がお得になります。 このように、家の残存年数や取り壊す予定の有無によってお得な塗料は変わりますので、業者とよく相談して塗料を選びましょう。 工事保証期間が長く設定されている フッ素塗料は耐用年数が長い分、塗装後の工事保証期間も長い傾向にあります。 たとえばシリコン塗料なら保証期間が5年でも、フッ素塗料であれば10年の保証期間としている業者もいます。 ただし工事保証期間は施工する業者によって設定内容が異なりますので、契約前に塗料別の保証期間の違いをチェックしておくとよいでしょう。 (参考:)。 耐久性が最も高い塗料を使いたいという理由でフッ素塗料を選ぶ場合は、以下のデメリットもきちんと把握しておきましょう。 価格が高い フッ素は最も高級な塗料ですので、塗料の中で最も価格が高いです。 塗料には• アクリル塗料• ウレタン塗料• シリコン塗料• ラジカル塗料• フッ素塗料 の順にグレードが存在し、フッ素樹脂塗料は最も高いグレードに位置します。 グレード別の塗料の価格相場は以下の通りです。 しかし30坪の住宅でも100万円を超えるほど施工金額が高いという点を考えると、誰でもカンタンに手を出せる塗料とは言えません。 下手な業者が施工すると塗料の威力を発揮できない どれだけ良い塗料を使っても、施工する職人がしっかりと下地処理を行い、使用方法をきちんと守って塗料を塗らなければ長い耐用年数にはなりません。 例えば、旧塗膜(古い塗料)をしっかりと落とさなかったり、下地調整材を雑に塗った上からフッ素塗料を塗ったりすると、いかに丈夫なフッ素の塗膜でも質の悪い下地と劣化した旧塗膜ごと剥がれ落ちてしまいます。 剥がれ落ちた塗装はいったん全て除去して塗り直さなければなりませんが、フッ素塗料は高額な塗料ですので失敗は許されません。 フッ素塗料における「信頼できる業者」とは、フッ素塗料を使った施工実績が豊富であり、かつ、過去のその業者が施工した家が今でも問題なく綺麗なままの業者と言えます。 施工を依頼する業者のこれまでの実績を直接見せてもらうなどして、確実に施工してくれることを確認しておきましょう。 そもそも家は振動や地震、風や建材の乾燥収縮などで常に動いていますので、フッ素だからヒビが入りやすくなるという理由にはありません。 ヒビが入りやすいモルタル壁なども確かにありますが、ひび割れを保護できる弾性のフッ素塗料なども大手メーカーから出ていますので、そのような外壁の場合はそちらを選択することもできます。 明らかに相性が悪くメーカーが施工を禁じている組み合わせでなければ、施工業者の技術次第でカバーすることは可能です。 耐久性が必要な箇所なら2液型を選ぶ、耐久性をそこまで求めないのであればアクリルシリコン樹脂塗料を勧めるなど、臨機応変に提案できる業者に相談しましょう。 一般家庭向けとしての実績は少ない フッ素塗料は非常に高額で敬遠する人が多いため、まだまだ一般家庭向けとは言えません。 フッ素塗料が世に出てきた当初は、一般住宅用というより高層ビルなど寿命が長い建物に使われていました。 有名な六本木ヒルズ内の「六本木ヒルズ森タワー」では『デュフロン4FII』という日本ペイントのフッ素塗料が使われていますが、2003年の完成から今なおその美観は高く、外観の高級感を維持し続けています。 しかし一般的な戸建て住宅であれば、フッ素塗料ではなくシリコン塗料を使った施工で全く問題ありません。 0から建築士と建てた愛着のある家や、二度と建てられないであろう資産価値の高い家屋など、どうしても家の寿命を長引かせたいときや、家のメンテナンス回数を減らしたいときなど、少しでもフッ素を選ぶメリットがあるときに検討すべき塗料と言えるでしょう。 シリコン塗料の価格は、今では一つ下のグレードのウレタン塗料レベルにまで落ち着いていますが、10年ほど前までは非常に高額で「伝説的な塗料」とまで言われるほど一般向けではありませんでした。 () フッ素樹脂塗料に関しても、技術の進歩により低価格化する可能性は十分にあります。 とはいえ、今はまだフッ素塗料は一般的ではないと言う事に変わりはありません。 屋根に使用したときの耐用年数が短い 屋根は外壁以上に強い紫外線を浴び続けており、雨や雪が降ったときは真っ先に当たる部分ですので、非常に劣化が早い箇所です。 屋根用のフッ素樹脂塗料も存在しますが、外壁用のフッ素塗料に比べると耐用年数が低い傾向にあります。 例えば、同じ塗料でも外壁用なら20年持つ所が、屋根用だと15年ほどの耐用年数しかないなどです。 屋根だけ耐用年数が短いとき問題になるのが、家全体をフッ素塗料で塗装したときに、屋根の耐用年数だけ先に来てしまうということです。 家の塗装は、外壁と屋根を同時に行った方が足場代や人件費も節約できるのですが、外壁と屋根の耐用年数が大きく違ってしまうと、屋根だけ先に塗装をし直さなければならず、その都度諸費用が発生してしまいます。 同じフッ素塗料でも、フッ素樹脂の割合によって品質が大きく変わることもありますので、屋根の塗料は外壁と揃えるためにできるだけ耐用年数が高いものを使うようにしましょう。 外壁のフッ素塗料がどれだけ長持ちしても、目地に充填されたシーリング材は10年周期で打ち替え補修が必要になります。 高寿命なフッ素塗料を使って塗装する時は、屋根やシーリングなど発生建物全体の耐用年数も考慮しなくてはなりません。 建物の老朽化を防げるわけではない フッ素の耐用年数が長いからといって、建物の寿命が伸びるわけではありません。 極端な例を挙げますと、寿命が残り5年の家に耐用年数20年の塗料を塗ったとしても、寿命が25年になるわけではなく、5年後には塗装した塗料もろとも使い物にならなくなるでしょう。 フッ素塗料をはじめ、外壁塗装用の塗料には家の寿命を延ばす力はありません。 そのため、今後の家の寿命を考えたうえで、適した耐用年数の塗料を選ばなくてはなりません。 老朽化を防ぐことはできませんが、ご自身が建てた家の残りの寿命はどのくらいかを考え、シリコン系塗料とフッ素系塗料など塗料別の総塗装回数を調べるなどして家の寿命を考えながら塗料を選びましょう。 質が悪いフッ素塗料もある フッ素塗料はシリコン塗料やセラミック塗料と同様に、少しでもフッ素が入った樹脂を含んでいれば「フッ素塗料」と言えてしまいます。 そこに目をつけた良くないメーカーや悪徳業者が、ごくわずかしかフッ素が入っていないフッ素塗料を利用して「耐用年数が非常に長いので安心」というセールストークでアプローチして、全く違うグレードの低い塗料で塗装される可能性があります。 しかしどの塗料が良いフッ素塗料か悪いフッ素塗料かを見抜くのは簡単ではなく、実際に使用したあとで質の悪い塗料だったとわかっても意味がありません。 最も安全な方法は、国内の大手メーカーのフッ素塗料を使用することです。 反対に絶対避けたいのは、ホームページが存在しない、または取り扱い実績が不明な塗料メーカーや、塗装業者が用意したオリジナル塗料などです。 オリジナル塗料や有名ではないメーカーの塗料の中にも良い塗料があるかもしれませんが、判断する術がない以上、不確定なものを試すわけには行きません。 三大大手メーカーではありませんが、山本窯業化工では『ファインローラーF』や『セラキャストF』、『ハイシーセラF』、『ユーネックス御影バーナー』、『ユーネックス御影びしゃん』では、天然石調に仕上がる石材調フッ素樹脂塗料を販売しています。 このような石材調フッ素塗料は大手メーカーからはあまり出ていませんので、石材調に仕上がるフッ素塗料をどうしてもお望みの場合は検討してみてもよいでしょう。 ツヤを完全に抑えられない フッ素塗料は非常に強いツヤを持つ塗料です。 艶のキラキラした見た目が好きな方であれば問題ありませんが、「安っぽく見える」とツヤを嫌う方も少なくはありません。 ツヤに関しては調整剤を入れることである程度抑えられますが、フッ素の場合はつや消し塗料がないため、消すことができても3分ツヤまでしか抑えられないものが多いです。 しかし、ツヤには汚れや雨を弾く効果があるため外壁が汚れにくくなる効果があり、艶消しの調整剤を加えることによって塗料自体もやや耐久性が低くなってしまいます。 外壁塗装のお悩みとして多いのが、「定番のシリコン塗料で塗装すべきか、高額でも耐久性が高いフッ素塗料を使うべきか」というものです。 そこでこの項目では、フッ素塗料とシリコン塗料の、塗料の価格も含めたメリット・デメリットと価格に対する費用対効果について比較しています。 価格、メリット・デメリットの違い シリコン塗料とフッ素塗料の価格の違いやメリット・デメリットなどを下記の表にまとめました。 フッ素系塗料 シリコン系塗料 価格相場(30坪の場合) 約 80 ~ 110 万円 約 70 ~ 90 万円 外壁耐用年数 15 ~ 20 年 10 ~ 15 年 屋根耐用年数 8 ~ 15 年 6 ~ 8 年 メリット• 耐候性が非常に高い• 汚れがついてもすぐ流せる• 生涯リフォーム回数を減らせる• 耐候性が高い• 汚れがつきにくい• 色あせしにくい デメリット• 価格が高い• ひび割れを起こしやすい• 塗料の善し悪しを見分けづらい• 一般家庭に普及していない• 塗料が密着しづらい• ひび割れを起こしやすい• 木部などに塗装できない 2. 費用対効果の違い 次に、フッ素にした場合とシリコンにした場合でどれくらい費用対効果が良くなるのかシミュレーションをしてみましょう。 定期的なお手入れなどを行い、耐用年数を最大まで伸ばすことができたフッ素とシリコンの家があったとすると、フッ素塗料の家は20年、シリコン塗料の家は15年耐久性が続きます。 耐用年数 施工費用 シリコン 15年 80万円 フッ素 20年 110万円 フッ素のシリコンに対する倍率 1. 33倍 1. 27倍 つまり、フッ素塗料の家はシリコン塗料の家に比べて1. 33倍耐用年数が長いことになります。 価格面ではフッ素はシリコンの1. 27倍ですが耐用年数の倍率よりも低いことがわかります。 よって、フッ素塗料にした方が費用対効果は良いと考えることができます。 しかし、効果の分価格は非常に高額ですので、使用するときは他の塗料に比べてどのくらいメリットがあるのか、慎重に比較して選びましょう。 また、フッ素塗料の効果を確実に引き出せる優良業者を選ぶことも、フッ素塗料で家を長持ちさせるための大切なポイントです。

次の

フッ素樹脂塗料について

フッ素 外壁 塗装

フッ素塗料のメリット フッ素塗料を住宅に使うと、以下のようなメリットが得られます。 耐久性 フッ素塗料は、非常に耐久性の高い塗料です。 平均耐用年数は15〜20年で、屋根なら約15年、外壁なら約20年持つとされています。 環境によって耐用年数は変わりますが、フッ素塗料自体の耐久性が高いため、他の塗料と比べると長持ちです。 耐久性に優れたシリコン樹脂塗料の耐用年数が約10~13年ですので、フッ素塗料はそれより長く効果が持続します。 耐久年数が長いとメンテナンスの頻度が下がるため、塗装の塗り直しにかかる費用を抑えられるでしょう。 何度もリフォームをするのは手間がかかるため、何度も塗装のメンテナンスをしたくない方にはフッ素塗料が向いています。 耐熱性 フッ素樹脂の持つ耐熱性は、住宅の外壁素材を紫外線から守ってくれます。 紫外線は人間の肌だけでなく、外壁にとっても天敵です。 耐熱性を持つフッ素塗料を外壁に使えば塗装が長持ちし、外壁の寿命、ひいては住宅の寿命を延ばすことにつながります。 耐薬品性 酸性雨も外壁を劣化させる一因となります。 フッ素塗料には耐薬品性があるため、酸性雨による劣化にも強いです。 親水性 親水性は水との親和性が高く、物の表面が水で濡れると薄く広がる性質を持っています。 そのため親水性の高いフッ素塗料は雨に濡れると表面を水分でコーティングしてくれるため、外壁が汚れにくくなります。 耐摩耗性 耐摩耗性は、摩耗・消耗を防止する性能です。 耐摩耗性を持つフッ素塗料は、表面の光沢を維持しやすいため、長期間綺麗な外観を保てます。 フッ素塗料のデメリット フッ素塗料は多くのメリットがある一方で、以下のようなデメリットがあります。 価格が高い フッ素塗料は、外壁塗料の中では高価な部類に入ります。 六本木ヒルズや東京スカイツリーといった塗料の耐久性が求められる大きな建物には使われていますが、まだ一般的に普及していない点も価格が高い理由のひとつです。 一般住宅にも普及すればメーカーも価格が下げられるため、知名度が上がって利用者が増えれば、手軽に利用できる価格になる可能性は十分にあるでしょう。 現在、フッ素塗料は高価であるものの、耐用年数が長いという点でみれば、メンテナンスの頻度が下がることでリフォーム費用が抑えられます。 初期費用こそかかりますが、安くても耐用年数が低い塗料を使って何度もメンテナンスをするより、安くつくかもしれません。 屋根に使うと耐用年数が下がる 屋根は外壁に比べて風雨や紫外線の影響を受けやすいため、どうしても耐用年数が下がってしまいます。 これはフッ素塗料に限ったことではありませんが、20年という耐用年数は外壁使用時に当てはまることで、屋根に使用した際の耐用年数は5年短く見積もり、約15年と考えておいてください。 15年でも塗料の耐用年数としては十分長いのですが、外壁使用時と同様に20年と持つと考えてしまうと、塗り直しのタイミングが遅れてしまうかもしれません。 というのも、外壁ならば汚れや色あせなどで劣化に気づきやすいですが、屋根は外から見えにくい箇所であるため劣化に気づきにくく、塗料が剥がれてすでに屋根材が傷んでしまっている場合もあるからです。 塗装の劣化を放置すると住宅を傷めることになるため、フッ素塗料を屋根塗装に使用する際は約15年と想定し、時期が来たら塗り替えをするようにしましょう。 フッ素塗料にツヤ消しはない? 基本的にフッ素塗料はツヤのある塗料です。 ツヤがあると光沢で綺麗に見えますが、それが安っぽく見えてしまうこともあります。 外壁塗料のツヤをどう捉えるかは好みによるので難しいところですが、できればツヤ有りかツヤ無しかを選びたい方は多いのではないでしょうか。 結論を述べると、フッ素塗料にもツヤ消しはあります。 ただし、製品によっては完全なツヤ消しがないため、選ぶ塗料によりけりです。 弱溶剤タイプのフッ素塗料だと3分ツヤまでで、完全ツヤ消しはありません。 たとえば、日本ペイントのフッ素セラミック変性樹脂塗料「ファイン4Fセラミック」で対応できるのは3分ツヤまでです。 水溶性タイプのフッ素塗料なら、完全ツヤ消しタイプがあります。 AGCコーテックのフッ素樹脂塗料「ルミステージ」には完全ツヤ消しタイプがあるので、ツヤを消したい方におすすめです。 フッ素塗料のツヤを抑えたい方は、水溶性タイプの完全ツヤ消しを選ぶ、または3分ツヤを選ぶとよいでしょう。 親水性に優れていて、汚れを洗い流して住宅の美観を保ってくれます。 遮熱機能によって屋根の蓄熱を防ぎ、夏の暑さを軽減してくれます。 環境省の「環境技術実証事業:ヒートアイランド対策技術分野(建築外皮による空調負荷低減技術)」の「高反射率塗料(遮熱塗料)」において、その性能が実証されています。 高価であるため初期費用はかかりますが、メンテナンスの頻度を抑えられるため、将来的なリフォームの手間と費用節約につながるでしょう。 フッ素塗料は耐久性能だけでなく、耐熱性、耐薬品性、耐摩耗性、親水性といった優れた機能を有しており、外壁や屋根を長期で保護するのに適しています。 フッ素塗料はシリコン樹脂塗料よりもグレードが上で機能も勝っているため、塗料にこだわりたい方におすすめです。 外壁と屋根の両方にフッ素塗料を使う、または屋根にフッ素塗料、外壁にシリコン樹脂塗料を使うという方法もあります。 屋根のみフッ素塗料を使うのは、塗り替えのタイミングを合わせるためです。 外壁・屋根塗装の塗り替えには足場を組む必要があるため、足場代とリフォームの手間を節約するため、あえて外壁と屋根で異なる塗料を使います。 もちろん、耐久性を重視して外壁・屋根の両方にフッ素塗料を採用しても構いません。 いずれの方法でフッ素塗料を採用するにしても、専門知識を有する腕のいい業者を選んでください。 いい加減な業者だとフッ素塗料の優れた性能が発揮できないどころか耐用年数が下がってしまうため、リフォームを依頼する業者は慎重に選んでいただければと思います。 おわりに フッ素塗料はまだ一般的に知名度は低いですが、これから普及する可能性を大いに秘めています。 普及して価格が下がれば外壁や屋根塗料に使いやすくなるので、メーカー努力に期待です。 本記事でフッ素塗料のメリットを知った方は、外壁・屋根塗料の選択肢としてぜひ検討してみてください。 製品によって特徴と価格に違いがありますので、比較した上で選んでいただければと思います。 ・ 新着の質問•

次の