候補を。 芥川龍之介賞|公益財団法人日本文学振興会

【ハリウッド】カニエ選挙戦は継続中?性転換した「妻の元継父」が副大統領候補に名乗り(東スポWeb)

候補を

(CNN) 米大統領選の民主党候補指名を確実にしたバイデン前副大統領による副大統領候補選びで、4人が有力候補に浮上していることが27日までに分かった。 事情に詳しい関係者が明らかにした。 現在の選考には人種差別をめぐる国内の議論の高まりが大きく影響しているという。 候補選びは極秘に行われており、大半の陣営関係者や献金者に加え、長年の友人にも詳細は知らされていない。 ただ、選考過程に詳しい十数人はCNNの取材に対し、カマラ・ハリス上院議員(カリフォルニア州選出)、エリザベス・ウォーレン上院議員(マサチューセッツ州選出)、バル・デミングス下院議員(フロリダ州選出)、アトランタのケイシャ・ランス・ボトムズ市長の4人が有力との見方を示している。 バイデン陣営とつながりの深い下院民主党幹部、ジム・クライバーン議員は、「人種問題が前面に出たことで、候補者選びに大きな影響を与えている」との見方を示した。 選考にかかわる関係者によると、各候補者に割り当てられた弁護士のチームは現在、身辺調査の最終段階に近づいているという。 選考委員会のメンバーは既に複数の候補者と面接を行ったが、バイデン氏自身が最終候補との面接に臨むのは7月中旬から下旬になる見通し。 発表は8月上旬とみられている。 ただ、選考状況は流動的で、開始時点から大きく変化してきた。 情報筋は審査が佳境を迎えるなかで再び情勢が変化する可能性もあるとして、慎重な姿勢を示している。 初期段階の有力候補に問題が生じた場合に備え、バイデン氏に複数の選択肢を用意することが目標となる。 スーザン・ライス元大統領補佐官(国家安全保障担当)やカレン・バス下院議員(カリフォルニア州選出)についても審査が進められているという。

次の

【日本代表候補メンバー】フットサル日本代表がW杯予選に向けて再始動!茨城県でトレーニングキャンプを開催。

候補を

日本大学藝術学部文芸学科卒。 2009年、「海猫ツリーハウス」で第33回すばる文学賞を受賞しデビュー。 〈作品〉「海猫ツリーハウス」2009年すばる11月号、単行本は10年集英社刊。 「イサの氾濫」11年すばる12月号=第25回三島由紀夫賞候補、単行本は16年未來社刊=第38回野間文芸新人賞候補。 「聖地Cs」14年新潮5月号、単行本は14年新潮社刊=第36回野間文芸新人賞候補。 「野良ビトたちの燃え上がる肖像」16年新潮8月号、単行本は16年新潮社刊。 『幸福な水夫』17年未來社刊。 髙尾長良 (たかお ながら) 「音に聞く」 (文學界 九月号) 1992年生まれ。 医師・小説家。 2012年、「肉骨茶」で第44回新潮新人賞受賞。 17年京都大学医学部卒。 17年度京都市芸術文化特別奨励者。 〈作品〉「肉骨茶」2012年新潮11月号=第148回芥川賞候補、単行本は13年新潮社刊。 「影媛」14年新潮12月号=第152回芥川賞候補、単行本は15年新潮社刊。 東京大学大学院博士課程修了。 博士(学術)。 19年、初の小説作品「デッドライン」で第41回野間文芸新人賞を受賞。 『意味がない無意味』18年河出書房新社刊。 『アメリカ紀行』19年文藝春秋刊。 「デッドライン」19年新潮9月号、単行本は19年新潮社刊=第41回野間文芸新人賞受賞。 乗代雄介 (のりしろ ゆうすけ) 「最高の任務」 (群像 十二月号) 写真:森清 1986年生まれ。 法政大学社会学部メディア社会学科卒。 2015年、「十七八より」で第58回群像新人文学賞を受賞しデビュー。 18年、『本物の読書家』で第40回野間文芸新人賞を受賞。 〈作品〉「十七八より」2015年群像6月号、単行本は15年講談社刊。 「本物の読書家」16年群像9月号、単行本は17年講談社刊。 古川真人 (ふるかわ まこと) 「背高泡立草(せいたかあわだちそう)」 すばる 十月号 1988年生まれ。 第一薬科大学付属高等学校卒。 2016年「縫わんばならん」で第48回新潮新人賞を受賞しデビュー。 〈作品〉「縫わんばならん」2016年新潮11月号=第156回芥川賞候補、単行本は17年新潮社刊。 「四時過ぎの船」17年新潮6月号=第157回芥川賞候補、単行本は17年新潮社刊=第31回三島由紀夫賞候補。 「窓」18年新潮7月号。 「ラッコの家」19年文學界1月号=第161回芥川賞候補、単行本は19年文藝春秋刊。 直木三十五賞 候補作• 小川哲 (おがわ さとし) 「噓と正典」 (早川書房) 1986年生まれ。 東京大学教養学部卒。 東京大学大学院総合文化研究科博士課程中退。 2015年『ユートロニカのこちら側』で第3回ハヤカワSFコンテスト大賞を受賞しデビュー。 〈作品〉『ユートロニカのこちら側』2015年早川書房刊。 『ゲームの王国』(上・下)17年早川書房刊=第38回日本SF大賞受賞、第39回吉川英治文学新人賞候補、第31回山本周五郎賞受賞。 『噓と正典』19年早川書房刊。 川越宗一 (かわごえ そういち) 「熱源」 (文藝春秋) 1978年生まれ。 2018年「天地に燦たり」で第25回松本清張賞を受賞しデビュー。 〈作品〉『天地に燦たり』2018年文藝春秋刊。 『熱源』19年文藝春秋刊=第10回山田風太郎賞候補、第9回本屋が選ぶ時代小説大賞受賞。 大阪芸術大学卒。 2015年『道徳の時間』で第61回江戸川乱歩賞を受賞。 〈作品〉『道徳の時間』2015年講談社刊。 『白い衝動』17年講談社刊=第20回大藪春彦賞受賞。 『ライオン・ブルー』17年KADOKAWA刊=第31回山本周五郎賞候補。 『マトリョーシカ・ブラッド』18年徳間書店刊=第40回吉川英治文学新人賞候補。 『雛口依子の最低な落下とやけくそキャノンボール』18年光文社刊=第72回日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門候補。 学習院大学卒。 2002年『妖の華』で第2回ムー伝奇ノベル大賞優秀賞を受賞。 翌年同作でデビュー。 03年『アクセス』で第4回ホラーサスペンス大賞特別賞受賞。 〈作品〉『ジウI 警視庁特殊犯捜査係』2005年中央公論新社刊。 『ストロベリーナイト』06年光文社刊=第9回大藪春彦賞候補。 『武士道セブンティーン』08年文藝春秋刊=第24回坪田譲治文学賞候補。 『ヒトリシズカ』08年双葉社刊。 『世界でいちばん長い写真』10年光文社刊。 『増山超能力師事務所』13年文藝春秋刊。 『ケモノの城』14年双葉社刊=第5回山田風太郎賞候補。 『プラージュ』15年幻冬舎刊。 『ノーマンズランド』17年光文社刊。 湊かなえ (みなと かなえ) 「落日」 (角川春樹事務所) 写真:三原久明 1973年生まれ。 武庫川女子大学家政学部卒。 アパレルメーカー勤務、青年海外協力隊隊員、高校講師などを経て、2007年「聖職者」で第29回小説推理新人賞を受賞。 翌年同作を収録した『告白』でデビュー。 〈作品〉『告白』2008年双葉社刊=第6回本屋大賞受賞、英語版は15年全米図書館協会アレックス賞受賞。 『少女』09年早川書房刊。 『贖罪』09年東京創元社刊=英語版は18年エドガー賞候補(ベスト・ペーパーバック・オリジナル部門)。 『Nのために』10年東京創元社刊。 『夜行観覧車』10年双葉社刊。 『往復書簡』10年幻冬舎刊。 『花の鎖』11年文藝春秋刊。 『境遇』11年双葉社刊。 『サファイア』12年角川春樹事務所刊。 『白ゆき姫殺人事件』12年集英社刊。 『母性』12年新潮社刊。 『望郷』13年文藝春秋刊=第149回直木賞候補(収録作中「望郷、海の星」=第65回日本推理作家協会賞短編部門受賞)。 『高校入試』13年角川書店刊。 『豆の上で眠る』14年新潮社刊。 『山女日記』14年幻冬舎刊。 『物語のおわり』14年朝日新聞出版刊。 『絶唱』15年新潮社刊。 『リバース』15年講談社刊。 『ユートピア』15年集英社刊=第29回山本周五郎賞受賞。 『ポイズンドーター・ホーリーマザー』16年光文社刊=第155回直木賞候補。 『未来』18年双葉社刊=第159回直木賞候補。 『ブロードキャスト』18年KADOKAWA刊。

次の

香港議会選、届け出開始 民主派候補の排除懸念:時事ドットコム

候補を

(CNN) 米大統領選の民主党候補指名を確実にしたバイデン前副大統領による副大統領候補選びで、4人が有力候補に浮上していることが27日までに分かった。 事情に詳しい関係者が明らかにした。 現在の選考には人種差別をめぐる国内の議論の高まりが大きく影響しているという。 候補選びは極秘に行われており、大半の陣営関係者や献金者に加え、長年の友人にも詳細は知らされていない。 ただ、選考過程に詳しい十数人はCNNの取材に対し、カマラ・ハリス上院議員(カリフォルニア州選出)、エリザベス・ウォーレン上院議員(マサチューセッツ州選出)、バル・デミングス下院議員(フロリダ州選出)、アトランタのケイシャ・ランス・ボトムズ市長の4人が有力との見方を示している。 バイデン陣営とつながりの深い下院民主党幹部、ジム・クライバーン議員は、「人種問題が前面に出たことで、候補者選びに大きな影響を与えている」との見方を示した。 選考にかかわる関係者によると、各候補者に割り当てられた弁護士のチームは現在、身辺調査の最終段階に近づいているという。 選考委員会のメンバーは既に複数の候補者と面接を行ったが、バイデン氏自身が最終候補との面接に臨むのは7月中旬から下旬になる見通し。 発表は8月上旬とみられている。 ただ、選考状況は流動的で、開始時点から大きく変化してきた。 情報筋は審査が佳境を迎えるなかで再び情勢が変化する可能性もあるとして、慎重な姿勢を示している。 初期段階の有力候補に問題が生じた場合に備え、バイデン氏に複数の選択肢を用意することが目標となる。 スーザン・ライス元大統領補佐官(国家安全保障担当)やカレン・バス下院議員(カリフォルニア州選出)についても審査が進められているという。

次の