シャドバ 自然 ロイヤル。 【シャドバ】最近楽しいシャドバの話【自然ロイヤル】

【シャドバ】WUPのカードデザインを分析 part1【反省会】

シャドバ 自然 ロイヤル

自然ロイヤル(19連勝デッキ、ローテーション) <> 自然ロイヤルでS. S氏が19連勝を達成したデッキレシピです。 森羅咆哮の新レジェンド「」が軸となっているデッキですね。 ロイヤルの自然カードは「」「」なども強力で、 新環境で最も注目すべきデッキタイプの一つとなっています。 S氏のTwitterによると、「」は3枚欲しくて、 2T:荒野の案内人 3T:白翼の戦神・アイテール 4T:王たる光・ベイリオン進化+王の一閃 の動きを後攻でする時に、王の一閃を強く使えます。 ロイヤルはテンポロスが致命的になりやすいクラスですが、荒野の案内人の3枚採用や「」「」の不採用など、テンポを重視しているのが分かります。 のような理由が考えられますね。 自然ロイヤルをランクマッチで回していると、「」と「」の 「相手の場のフォロワーの数が自分より多いならPPを回復」という能力がなかなか曲者というイメージです。 単純にフォロワーを並べて押してばかりいると、ミストリナがいつまでも疾走しない、という状況になりがちで、盤面の作り方や押し引きが重要となっていると思います。 ロイヤルらしい面白さがあり、パワーも十分にあるということで、自然ロイヤルは新環境で大いに期待できますね。 リーダーはこの能力を重複して持たない。 【進化時】自分のPPを1回復。 ———— 守護 【ファンファーレ】輝ける剣撃1枚を手札に加える。 「相手の場のフォロワーの数」が自分より多いなら、自分のPPを2回復。 輝ける剣撃(ロイヤル、関連カード) 輝ける剣撃(ロイヤル) ゴールド スペル(自然) 2コスト 攻撃力最大の相手のフォロワー1体に3ダメージ。 自分の場にナテラの大樹があるなら、3ダメージでなく5ダメージ。 (攻撃力最大のフォロワーが複数いるなら、その中からランダムに1体) ランダムな自分の森の姫・ミストリナ1体は疾走を持つ。 ナテラの大樹(ニュートラル、関連カード) ナテラの大樹(ニュートラル) ブロンズ アミュレット(自然) 1コスト 【ファンファーレ】自分の場に他のナテラの大樹があるなら、ランダムに1つを破壊する。 【ラストワード】カードを1枚引く。 S royalShadowvers 森羅咆哮の新デッキ集.

次の

【シャドバ】安定性抜群!ミッドレンジロイヤル【STRローテーション/デッキコード付き】

シャドバ 自然 ロイヤル

デッキの特徴 現代の疾走ビショップ 疾走フォロワーを複数採用した攻め能力の高いデッキです。 をエンハンスでプレイし、リソース確保&カウントを進めましょう。 その後は、によるコストを踏み倒した除去&疾走でゲームを決めに行きます。 UCLによる強化 アミュレットが2つ以上あると進化権不要となり、進化時にアミュレットのカウントを進めることができるが追加されました。 進化時効果によって後半引いてきたもすぐにドローへと変換することができます。 進化権を浮かせるためのアミュレット2枚という条件も、+アミュレットが1枚でクリアできるので効果を活かしやすいです。 サンプルデッキ カード コスト 枚数 1 3 1 3 1 3 2 3 2 3 2 3 2 3 3 1 3 3 4 3 4 3 5 3 7 3 8 3 キーカードと詳細 カード 詳細 ゲーム中に割れたアミュレットの数だけコストを踏み倒してプレイすることができます。 踏み倒すと言ってもコストが減るのではなく使った後に回復する効果なので、どんなにアミュレットを割っても7PPないとプレイはできません。 のプレイまでにある程度アミュレットを割るように意識しましょう。 アミュレットが割れるたびにコストが下がり、それがであればもう1コスト下がります。 エンハンスでプレイすれば3枚のを手札に加えることができるため、ドローを進めながらのコストを一気に下げる、を0コストとして運用する手助けをします。 立ち回りのポイント マリガン基準 基本キープ カード 詳細 アミュレットが割れる度にコストが下がっていくので、序盤からキープすることで低コストでのプレイを狙っていきたいです。 貴重なドローソースなのでキープします。 後半は盤面が狭くなってしまうので序盤のうちに使っておきましょう。 が場に無ければ出すことができるラストワードを持つフォロワーです。 最初のになってほしいためキープしたいです。 序盤から手札に置いておくことでコストが下がる、ドローソース、となるフォロワーをキープしていきます。 状況に応じてキープ カード 詳細 後攻4ターン目に進化を切りたい為、後攻はキープします。 先攻ではリソース不足が目立つのでキープします。 後攻は盤面を捲るカード、先攻はリソースカードをキープしていきます。 序盤の立ち回り 序盤にナテラの大樹を置いておく 、で序盤からを置いていきます。 をすぐにプレイする予定がある場合、手からプレイするは温存して次のターンに回すことも考えましょう。 フェザーフォルクパニッシャーをうまく使う は後半にを連打することで強力なカードになりますが、前半でも十分力を発揮できます。 中盤の立ち回り 進化権をうまく使う は、単体で進化時に2点ダメージを相手フォロワー全体に与えることができます。 1枚で盤面を返すことができるので、進化権はできる限り温存しに使っていきましょう。 、、10ターン目以降のは回復効果を持つため、組み合わせてさらに全体ダメージを狙うことも可能です。 アミュレットを破壊しておく を実質0PPとして扱うために、序盤からできる限りアミュレットを破壊していきます。 をエンハンスでプレイすれば3枚のを回収できるため、6ターン目までに4枚、7ターン目に3枚、8ターン目から実質0PPとして扱うことを目指しましょう。 でを3枚加えられるよう、手札のスペース確保を意識します。 終盤の立ち回り アニエス・カラトで盤面を強くしながら顔を詰める PPを踏み倒しての疾走・の盤面除去を行っていきます。 終盤にはによるユニオンバーストの除去も行えるので、除去を任せて顔を詰めていきましょう。 ナテラの大樹をプレイするタイミング は使用することでいつでも1ドローすることができますが、他のカードと組み合わせることでさらに活かすことができます。 の効果、のコストを下げる、を生む(強化する)のに役立つため、ドローしないと動きが見えないという状況でなければ、をトリガーとして効果を発揮できるフォロワーと組み合わせてプレイしましょう。 その他の構築 【】採用型 生成コスト デッキコード シャドウバース主要記事.

次の

【シャドバ】進化ロイヤルのカードの役割を1枚ずつ徹底解説!【グランプリ5戦5勝】

シャドバ 自然 ロイヤル

ゆずレモンサイダー(ペットボトル)を道中で派手に落とし、ただのゆずレモンにしてしまった男!! しろくさです!! 今回は自然ロイヤルっぽいリオードロイヤルを組んでみました。 デッキ紹介 シャドウバースを長くやっているとリオードロイヤル(潜伏ロイヤル)といえば嫌われ者というイメージがあります。 まぁ実際ストレスたまるので当たるのは嫌なんですが() しかし好き嫌いでデッキを作るのはよくありません。 皆さんにより多くのデッキに触れてい欲しいという願いがありますのでこのデッキを紹介することにいたしました。 そういう思いでデッキ開発をしているのです!! そんなこと言ってるとデッキのネタが尽きてしまうなんて口が裂けても言えない プレイについて 1. 進化ターンまでに リオードと ベイリオンをサーチしておく サーチカードである 優雅なもてなし、 アイテールを使って進化ターンまでに準備を整える 月の刃・リオード 進化前 潜伏 進化後 潜伏 進化時 隠伏1枚を手札に加える。 陰伏 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に1ダメージ。 アサシン1枚を手札に加える。 アサシン 進化前 ファンファーレ 自分の指揮官・フォロワー1体は 潜伏 を持つ。 進化後 効果なし 進化前 守護 ファンファーレ このバトル中、自分のリーダーは「自分のターンごとに1回、自分のPPがカードの能力で回復したとき、 王の一閃1枚を手札に加える」を持つ。 リーダーはこの能力を重複して持たない。 進化後 守護 進化時 自分のPPを1回復。 サーチした2枚のカードを進化させる。 リオードに 王の一閃や 武力強化などのバフをかけて殴る。 後攻の理想は 6ターン目にウルフをプレイし効果発動(PP1回復の方)させ王の一閃を加える。 その後進化し、リオードで相手リーダーを殴る。 陰伏をプレイ(リーダーが理想ではあるが正直どこに打ってもいい) その後陰伏から手札に加わるアサシンでリオードを隠して終了 先攻の理想は 6ターン目にブレイブ・マナをプレイし王の一閃を加える。 その後進化し、リオードで相手リーダーを殴る。 陰伏をプレイ(リーダーが理想ではあるが正直どこに打ってもいい) その後陰伏から手札に加わるアサシンでリオードを隠して終了 (これよりいい動きがありましたらコメントください) 4. 二刀流を7ターン目にかけて試合終了 先攻後攻共に同じです。 これが理想の動きではあるんですが正直ここまで躍起になってバフをかける必要はないです。 攻撃力が7以上あればいいので(7ターン目までに二刀流を手札に抱えることができれば)十分だと思ったところでバフかけるのをやめて大丈夫です。 サーチについて 優雅なもてなし 指揮官・カードをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。 自分の残りEPが相手より多いなら、そのコストを-1する。 (進化可能でないターンの残りEPは0) 指揮官カードをサーチするカード このデッキにおいては リオードか アイテールがサーチされます。 確定サーチではないのが課題部分にはなるんですがアイテールもリオードもパーツとして必須なので採用しています。 基本的には 自分の残りEPが相手より多いなら、そのコストを-1する。 (進化可能でないターンの残りEPは0) 部分は使いません。 リオードロイヤルは速さが命なので序盤にひいたらすぐ使ってください。 試合中盤以降はほとんど使用しません。 ロイヤルカードをサーチするカード このカードですが3ターン目のみ ベイリオンサーチで4ターン目以降は 躍動する獣戦士になっています。 3ターン目にしかベイリオンサーチのチャンスがありませんが 優雅なもてなしもあるのである程度アイテールサーチが可能になっています。 先攻4ターン目は微妙に暇なターンになることもあるのでそのターンもベイリオン確定サーチにしたいよという方は ミストリナを入れることをお勧めします。 詳しくは デッキの改善点で御確認ください。 PP回復カードについて または王の一閃を加えるカードともいう ブレイブ・マナ ナテラの大樹1枚を手札に加える。 5ターン目かそれ以降なら、自分のPPを1回復。 使い勝手がえげつないくらいいいカード ナテラの大樹を手に入れることもできますし、王の一閃を加えるときも大きく貢献してくれます。 その分雑に扱うと負け筋にもなってしまうカードになります。 特に序盤に関しては他に代用できるカードが手札にある場合、そちらを優先して使うようにしてください(ウルフ、荒野の案内人) ウルフ 進化前 ファンファーレ ナテラの大樹1枚を手札に加える。 相手の場のフォロワーの数が自分より多いなら、自分のPPを1回復。 進化後 効果なし 雑に使ってもいいカード!! 弱いカードではないです() 投げるカードに困ったらとりあえず投げちゃおうというカードが必要になる場合はぼちぼちあります。 暇を埋めてくれるカードとしても優秀です。 また条件が揃えばですが王の一閃を加えるカードでもあります。 積極的に進化して王の一閃を加えられるようにしてください。 またその時にベイリオン含め王の一閃を使わないほうがいいです。 できる限りリオードに使うようにしてください。 稀に使ってもいい場合もありますが最初のうちはとりあえず使わないことを意識してください。 躍動する獣戦士 進化前 突進 ファンファーレ 自分の場にナテラの大樹があるなら、自分のPPを3回復。 エンハンス 8; 疾走 を持つ。 このカード一枚でやれることが多いです。 基本的にはリオードで削り切れなかった体力を削る役割を持たせています。 フィニッシャー 月の刃・リオード このカードが火力の大部分を担っています。 基本的にはこのカードのみで体力を削れるように動いてください。 そのためには バフをかけるカードをできる限りリオードに集中させることが大切になります。 ベイリオンのところでも話しましたができる限り王の一閃も例外ではなく、リオードにかけるようにしてください。 破格のカードであるがゆえに使いどころを間違えてしまうと負け筋になってしまいます。 進化権は残らないことがほとんどなので8点出すのは難しいと思います 改善点について 躍動の獣戦士 森の姫・ミストリナが入れ替え候補です。 進化前 レート 1;輝ける剣撃1枚を手札に加える。 ---------- 守護 ファンファーレ 輝ける剣撃1枚を手札に加える。 「相手の場のフォロワーの数」が自分より多いなら、自分のPPを2回復。 進化後 守護 輝ける剣撃 攻撃力最大の相手のフォロワー1体に3ダメージ。 自分の場にナテラの大樹があるなら、3ダメージではなく5ダメージ。 (攻撃力最大のフォロワーが複数いるなら、その中からランダムに1体) ランダムな自分の森の姫・ミストリナ1体は 疾走 を持つ。 躍動する獣戦士 メリット ・10ターン目に二刀流とくっつけてプレイできる。 ・実質5コスト疾走なのでミストリナよりもコストに余裕を持たせてプレイできる。 など デメリット ・守護に比較的弱い。 ・10ターン目までいくことが少ないため実質二刀流とのが薄い。 など 森の姫ミストリナ メリット ・単体の守護であれば輝ける剣撃を使って守護を除去できる。 ・躍動する獣戦士よりも条件が揃えば早くプレイできる。 ・ベイリオンをアイテールでサーチするとき1ターン余裕ができる。 ・守護がある など デメリット ・条件が揃わないと躍動する獣戦士と疾走するターンが同じになってしまい、バフもかけずらい など メリットデメリットの量だけ見るとミストリナの方が基本的には使いやすい印象がありますが、環境によってはそうとも限りません。 例えばリノセウスデッキが流行った場合です。 リノセウスデッキは受け身のデッキになりますので盤面にフォロワーを並べることはほとんどありません。 そうした場合ミストリナの採用は見送られる可能性が高いです。 迷ったら2枚とも入れるという手もあるけどね!! そうするとアイテールサーチの恩恵はなくなります。 ただただ単純に要らなかったです() リオードのバフについてですが王の一閃でほとんど十分でした。 抜いてください() この場合の候補については レンシスターズ登場!、 簒奪の蛇剣、 森の姫・ミストリナなどが挙げられます。 実は他にもあったりするんですがこれ以上はもう疲れたよ… (最初はいらないと勝手に思っていた 勇気ある乱入入れたほうがいいんじゃないかとか) というか結構改良点見つかったので最悪大幅に改良するかもしれません。 そしたらまたブログに挙げますね。 最後に 今の環境ではリオードをまともに取れるカードは実はあまりなかったりします。 エルフは ラティカいれないデッキの方が主流だったり、ネクロも 機械鋸の死運びはほとんど採用されていません。 今だったら戦えると信じていますので是非使ってみてください。 (環境デッキにメタられるという最大の弱点はありますが…) 面白かったら ・のチャンネル登録 ・B! ブックマークの登録 ・読者になる してくれると嬉しいです。 最後までみていただきありがとうございました。 sirocusa14.

次の