ソフトバンク光 わかりにくい。 ソフトバンク光の最新キャンペーン情報!お得に契約する方法は?

ドコモ光とソフトバンク光を比較してみた

ソフトバンク光 わかりにくい

公共放送 無料放送 有料放送 NHK BS1 NHK BSプレミアム BS日テレ BS朝日 BS-TBS BSジャパン BSフジ BS11 TwellV トゥエルビ 放送大学 放送大学(ラジオ) Dlife WOWOWプライム WOWOWライブ WOWOWシネマ スターチャンネル1 プレミアム スターチャンネル2 セレクト スターチャンネル3 吹替専門 グリーンチャンネル BSアニマックス FOXスポーツ&エンターテイメント BSスカパー! J SPORTS 1 J SPORTS 2 J SPORTS 3 J SPORTS 4 BS釣りビジョン シネフィルWOWOW 日本映画専門チャンネル ディズニー・チャンネル BS放送は追加料金を支払わないと視聴できない番組の方が多いです。 ソフトバンク光テレビの解約について 例えば4月15日が解約を受諾した日なら月末の4月30日が解約日になるという事です。 ソフトバンク光テレビの解約は撤回できる ソフトバンク光テレビの解約を申し出ても、しばらくして解約しなければよかったと思う事もあるかもしれませんね。 その場合、申請すれば撤回する事もできます。 先ほど解説した通り、ソフトバンク光テレビの解約は申し出た日が属する月の月末です。 月末までに連絡すれば解約の意志を撤回する事ができます。 まとめ ソフトバンク光テレビの契約は、 ソフトバンク株式会社が定めるテレビ伝送サービスと スカパーJSAT株式会社が定めるテレビ視聴サービスの契約約款に基づき提供しているものです。 お問い合わせ先はスカパー!カスタマーセンターです。 お問い合わせのよくある質問として、利用条件と解約についてまで解説しました。 ソフトバンク光テレビの利用は工事が必要で、初期費用がかかりますが ソフトバンク光との同時開通で工事費が割引になります。 このサイトではソフトバンク光の代理店をランキング形式で紹介しています。 キャッシュバックの条件なども解説していますので合わせて参照してみてはいかがでしょうか。

次の

ソフトバンク光の代理店【9社】ランキングと特典の落とし穴

ソフトバンク光 わかりにくい

ソフトバンクユーザーが自宅にインターネットを引く時に、「ソフトバンク光」をよく勧められます。 ショップ店員から、電気屋さんから、知人や子供から、さらには電話や訪問でも勧められた経験がある人もいるようです。 確かにソフトバンクユーザーなら、「ソフトバンク光」を選んでおけば間違いがないかもしれません。 インターネットの契約先を選ぶ基準のひとつに、通信料金の安さがあります。 ソフトバンク光はお得に利用ができるという点では優秀なインターネット回線です。 そこで、今回はソフトバンク光について解説していきます。 スポンサーリンク インターネット料金だけなら大きな違いはない 自宅や職場にインターネットを引く時に最も重要なのが月額料金ですね。 光回線も自由化が進み、NTTフレッツ光だけでなく、ソフトバンク光やドコモ光、au光のような携帯キャリアが提供する光回線があったり、OCN光のようなプロバイダ事業者が提供する光回線もあったりします。 どこが安いかと比較をしようとすると、「戸建てタイプ」と「マンションタイプ」があったり、オプションがよくわからなかったり、工事費が別途必要だったり、税込み・税抜きどちらか分かりにくかったりと、思った以上に比較が難しいのが分かると思います。 ネット料金だけなら他社と変わらない 一般的に光回線の料金はマンションタイプ(集合住宅)なら3,000円~4,000円、戸建てタイプで5,000円~6,000円です。 そして、別途でプロバイダ料金が500円~1,000円が必要になります。 実際、光回線については、どこを選んでもそれ程大きな違いはありません。 あったとしても数百円程度の違いです。 敢えて言うなら、今は光回線とプロバイダ契約が一本化されているので、一本化されている光コラボのほうが、料金が安くなる傾向にあります。 ソフトバンク光なら、マンションタイプ(集合住宅)で3,800円、戸建てタイプで5,200円です。 こちらは、プロバイダ料金が含まれている分だけ割安です。 ネットやパソコンの詳しい人であれば、NURO光がいいとかau光がいいとか、こだわりも出てくるかもしれません。 ただ難しい話は極力省いて、簡単にインターネットを引きたいというのであれば、キャリアに合わせた光回線(光コラボ)が無難です。 ソフトバンクスマホユーザーであれば、「ソフトバンク光」が無難です。 ソフトバンク光=フレッツ光 インターネットといえばNTTフレッツ光ユーザーが7割以上を占めていたと言われていますが、これはインターネットが自由化される前の話です。 今はキャリア別の光回線の利用者が増えてきています。 ソフトバンク光とドコモ光については、両方ともにフレッツ光と同じサービスを利用しています。 その為、新規でソフトバンク光を申込むと、NTTの人が工事に来ます。 ソフトバンク光と言ってもフレッツ光と引いている回線(ケーブル)は同じです。 そのため、現在フレッツ光を利用している人なら回線はそのまま使用するので、工事は特に必要ありません。 あくまで請求だけがソフトバンクに切り替わるだけです。 これを「転用」と言います。 しかし、ソフトバンク光で利用できるプロバイダは「Yahoo! BB」のみとなっていますので、現在フレッツ光を利用していてもプロバイダが「Yahoo! BB」以外の人は、プロバイダの解約が必要です。 新規で契約する場合、自宅に配線工事が必要になりますので、立ち合いなしで2,000円、立ち合いありなら24,000円の工事代金が発生します。 それでもソフトバンク光がオススメなわけ では、なぜ回線や料金に大きな違いがないのに切り替えるべきなのか、それは携帯キャリアと光回線をまとめることで携帯料金が割引になるからです。 ソフトバンクでは、契約しているパケットプランに応じて携帯料金が安くなる「おうち割」を提供しています。 ソフトバンクユーザーがソフトバンク光にしたほうが良いのは、この「おうち割」によるところが大きいです。 「おうち割 光セット」とは、ソフトバンク光を家族の誰かが契約するだけで、最大10回線まで他の家族の携帯料金も割引になるお得な割引サービスです。 仮に、スマホユーザーが4人いれば、光を引いても引かなくても通信料の合計がほとんど変わらなくなります。 これなら、ソフトバンクの携帯を使っているなら「ソフトバンク光」がお得ですね。 ただし、「データシェアプラス」の子回線、「家族データシェア」、iPad 向け「スマホファミリー割(2回線目)」が適用中の場合、「おうち割 光セット」の割引は適用されません。 あくまで親回線のみ割引適用になりますので注意してください。 おうち割適用条件 ソフトバンク光のおうち割を適用するには、加入必須のオプションがあります。 ただし、これに関してはそれ程気にする必要はありません。 BBフォン、BBユニット、WiFiマルチパックの3つのオプションに加入すればおうち割が適用されますが、3つのオプションに加入しても、光電話基本料と同じ500円で全て付けられます。 加入必須のオプションを付けることで、光電話の基本料とルーターと無線WiFiが全て使えるようになりますが、考え方によっては、1,522円が割引になると言っても、加入必須のオプション代金(500円)がありますので、契約者は実質1,000円の割引となります。 ただし、今後ソフトバンクを全て解約した場合、加入必須オプションの料金が上がってしまいます。 ソフトバンク解約時は光のオプションも見直しが必要なので、注意が必要です。 自分がお得というよりは、家族が一番お得ですね。 ちなみに、「家族割引」に加入している家族であれば、一緒に住んでいない家族でも「おうち割 光セット」が適用になります。 おうち割 光セット 対象固定通信サービス ソフトバンク光以外にも「おうち割 光セット」が適用になる固定回線もあります。 SoftBank 光、SoftBank 光 ファミリー・ライト、SoftBank Air、Yahoo! BB ADSL、Yahoo! BBバリュープラン、Yahoo! BB 光シティ、SoftBank ブロードバンドADSL(Nexyz. BB)、SoftBank ブロードバンドADSL(エンジョイBB)、ホワイトBB、ケーブルライン、ひかりdeトークS(ケーブルライン)、NURO 光 でんわ(ケーブルライン) 上記の固定回線を契約している場合、「おうち割 光セット」が適用になります。 ソフトバンク光がお得かどうかは、あくまで自分の携帯やネット料金だけでなく、家族の携帯料金も含めたトータルコストで計算するとメリットがあるか分かりやすくなります。 urasoftbank.

次の

ソフトバンクの料金プランをわかりやすく図解【割引に要注意】

ソフトバンク光 わかりにくい

ソフトバンク光が実は非常にお得、という話を聞いて、 ドコモ光と比較してみました。 ドコモユーザーによくありがちなのですが、なぜソフトバンクではなくドコモを利用しているのかというと、ソフトバンクに対してなんとなく、漠然とした不信感を抱えていたりする人が案外少なくなかったりします。 別に過去にトラブルがあったとか、そういうわけでもなく、です。 私も実は昔からそういう傾向があり、最近こそ平等に見ることができるようになってきたものの、相変わらずソフトバンク系サービスはほとんど利用していません。 ただそんな思い込みを捨ててしっかり内容を確認すると、やはりドコモ光よりもソフトバンク光がお得な部分もあるのかもしれない、と思い、内容を 確認して比較してみました。 ソフトバンク光の料金 まずはソフトバンク光の基本的な料金内容について確認しておこうと思います。 ソフトバンク光の基本料金は、ドコモ光よりもさらにわかりやすく、 マンションプランで月額3800円、 戸建プランで5200円です。 ドコモ光のマンション・タイプAが4000円、戸建・タイプAが5200円なので、戸建は同額、マンションはソフトバンクの方が200円安い設計となっています。 これだけで比較が完了するのであれば非常にわかりやすく単純な話ではあるのですが、セット割引やオプション、キャンペーン、選べるプロバイダーの違いなどがあるため、そう簡単にはいきません。 以下、順番に解説していきます。 ソフトバンク光の「おうち割 光セット」の割引内容 ソフトバンクを利用しながら自宅のインターネット回線をソフトバンク光にした場合のセット割引が、「 おうち割 光セット」です。 ドコモにおけるドコモ光パックと同じですね。 ただ、その割引内容は大きく異なります。 おうち割 光セットの場合の割引は、データ定額5GB・20GBの場合には2年間1回線あたり1522円の割引、3年目以降は1008円の割引です。 データ定額30GBの場合には毎月2000円の割引、3年目以降は1008円の割引です。 もしスマホでなく3Gケータイを利用している場合には、毎月ずっと500円の割引となります。 ここまで見ても、ドコモとはずいぶん仕組みが異なります。 当初24ヶ月間の割引額 それ以降の割引額 データ定額ミニ 1GB 500円 500円 データ定額ミニ 2GB 500円 500円 データ定額 5GB 1522円 1080円 データ定額 20GB 1522円 1080円 データ定額 30GB 2000円 1080円 データ定額(3Gスマホ) 443円 443円 データ定額(3Gケータイ) 500円 500円 おうち割 光セットの大きな特徴としては、 回線ごとに割引が適用されるという点で、例えばソフトバンクのスマホをデータ定額5GB、または20GBで家族三人が利用している場合、それぞれの回線から1522円が割引される形となり、合計すると3人分で4566円が割り引かれる形となります。 ドコモ光の場合には光とペアになる回線のみが割引適用されるため、一見ソフトバンク光の方がお得に思えなくもありませんが、 ドコモの場合、家族で利用する場合にはを利用することを前提としているため、一概に比較もしにくいところです。 例えばソフトバンクでドコモのシェアパックにあたるサービスとしては家族データシェアがありますが、 家族データシェアを利用している場合、おうち割 光セットでは割引対象外となるため、結果的に家族データシェアを利用しない方がお得になるケースが出てくるわけです。 ドコモの場合、シェアパック15で1800円の割引、ウルトラシェアパック30では2000円の割引が適用され、しかも二年限定という区切りもなく、ずっとその割引が適用されるため、そう考えるとむしろソフトバンク光よりもお得かもしれません。 もっと言うと、光の比較からは少し離れますが、シェアパックを利用するとドコモではも選択可能となりますし、購入機種によってはも利用できます。 しかし、ソフトバンクは格安サブブランドである ワイモバイルがあるがゆえに対抗プランをいまだ発表していないので、完全にドコモ有利と言ってよさそうです。 光の話に戻りますが、回線ごとに割引されるからソフトバンク光の方がお得、といえばそうかもしれませんが、その分回線ごとのデータ定額の基本料金がかかってきて高くついてしまうため、回線ごとに1522円割引されても結果としてドコモのシェアパックの方が回線数が増えれば増えるほど、1回線あたりの料金は安くなる可能性が高いわけです。 もちろん回線数と選択するデータ容量によって変わりますが、この辺りは意外にわかりにくい落とし穴と言えそうです。 おうち割 光セットは小容量プランもサポート おうち割 光セットでは、データ定額30GBで2000円、20GB、5GBで1522円の割引が二年間適用されますが、データ定額2とデータ定額1の小容量プランを利用している場合にも割引が適用されます。 ドコモの データSパックに適用される 期間限定割引は 1年間のみ500円の割引なので、ソフトバンク有利ですね。 ちなみに、おうち割 光セットの公式ページを見ても、データ定額2とデータ定額1に言及している部分が少なく、なかなか見つけにくいです。 もしソースを確認したいのであれば、最終的に「おうち割 光セット」の提供条件書を確認するとしっかり記載されています。 ともかく、永年割引という 部分について、純粋にソフトバンク光のドコモ光に対するアドバンテージと言ってよさそうです。 おうち割 光セットには必須オプションがある この点は、実は非常に見落としやすいポイントでもあります。 何しろ、ソフトバンク光の公式ページを見ていても、目立つ形では書いていないので、 初見ではほぼ見落とします。 私も途中まで完全に気づきませんでしたが、実際に申し込みページに進んだところで気づきました。 こうあります。 (月額500円~) つまり、元々電話を利用しようと考えていたユーザーであれば、あまり気にする必要はないのですが、電話など必要なくインターネットのみ利用しようと考えていたユーザーについては、 「おうち割 光セット」を適用させるためには強制的に月額500円が追加される形となります。 つまりは割引額が500円減るのと同じことですね。 これはしかし、を利用した際の au スマートバリューと構造としては似ています。 au スマートバリューも適用には 光電話が必須とされていますので、月額500円はどうしてもかかります。 ということは、です。 ドコモ・au・ソフトバンクの三大キャリアの光回線インターネットサービスにおいて、電話や追加オプションを必須としていないのは、ドコモの「ドコモ光」だけなのです。 この点については、ドコモの良心と考えたいところですね。 ソフトバンク光はプロバイダーの選択が不可能 ドコモ光の場合、ドコモ光対応プロバイダーが数多くあるため、NTTフレッツ光で利用していたプロバイダーをそのまま引き継ぐことも多くのケースで可能なのですが、ソフトバンク光の場合にはプロバイダーの引継ぎができるのは Yahoo! BB(ヤフーBB)のみで、そのほかのプロバイダーを利用している場合にはすべて、プロバイダーはヤフーBBに切り替えという形になります。 フレッツ光からドコモ光に転用する場合でも、プロバイダーが変更になる場合、それが一つの障壁となって転用に踏み切れないケースがあると思います。 それがソフトバンクの場合はより顕著で、転用に踏み切れないケースも多いのではないかと思われます。 ただ、ドコモ光の場合にはどうしても変更になってしまうヤフーBBが、逆にソフトバンク光ではそのまま継続可能という利点もあるので、ヤフーBBユーザーにとってはソフトバンク光は申し込みしやすいコラボ光であるといえそうです。 新規契約の場合もソフトバンク光ではプロバイダーの選択はできず、自動的にヤフーBBを利用する形となります。 ただ、新規契約の場合には転用よりもそれほど抵抗はないと思います。 ソフトバンク光の工事料はキャンペーンで相殺できる? ソフトバンク光を新規で申込する場合、これは当然のことながら 工事料金が発生します。 ドコモ光についても、が、ソフトバンク光においても工事料はどうしても発生します。 しかも、理由はよくわかりませんが、ソフトバンク光の方が、ドコモ光の新規の場合よりも工事料金の設定が若干高めです。 ドコモ光の場合は新規工事費が戸建で 18000円ですが、ソフトバンク光は 24000円です。 しかし、その工事料金分を、 他社光回線からの乗り換え新規契約であれば、キャンペーンによって事実上ゼロにすることができます。 ただし、乗り換え新規のみなので、 通常新規の際には適用しません。 通常新規であれば、あきらめて工事料金を支払うしかありません。 ちなみにドコモ光の場合には、乗り換えでも通常新規でもdポイント10000ポイント、転用でも5000ポイントがもらえます。 ソフトバンク光のもう一つのキャンペーンとして、他社インターネット回線解約時の違約金全額キャッシュバックキャンペーンが実施されています。 この二つのキャンペーンをどちらも活用することができれば、初期費用としてはかなり有利に他社から乗り換えることができます。 ソフトバンク光とドコモ光の違いまとめ こう内容を見てくると、どうやら必ずしもソフトバンク光がドコモ光に対して有利である、とは言えないようです。 というか、ドコモユーザーが利用するのであれば、やはりドコモ光を選択するのが一番です。 特に家族が多い場合にはシェアパックを活用し、かつ dカード GOLDによる高還元ポイントもゲットし、最大限にお得に利用することができるはずです。 加えて、Wi-Fiルーターについても無料でレンタルすることがあるも存在しています。 同じように、今までのプロバイダーに不満がある、という場合には、ドコモ光に変更するにあたって別のプロバイダーを選択したり、あとから別のプロバイダーに変更したりすることもできるわけです。 ソフトバンク光と比べると、格段に選択肢の幅が広いといえます。 他社からの乗り換えキャンペーンについては、ソフトバンク光はかなり手厚いキャンペーンを用意しているため、一見お得に見えたりもするわけですが、この辺りもよくよく検討してから答えを出しましょう。 そもそもドコモユーザーがソフトバンク光を利用するという選択肢はほとんどないので、利用するとしたらドコモを完全に解約してケータイ/スマホごと固定回線もソフトバンク光へ、という流れになると思います。 となると、ソフトバンク光というよりもトータルでのコストを出していく必要があるのですが、シェアパックとdカード GOLDを持つドコモはやはり有利であるといえそうです。 ドコモ光についての詳細内容は、改めて「 」にて確認されてください。

次の