この音とまれネタバレ 91。 少年まんが『この音とまれ!l』あらすじ 10巻 ネタバレ

【毎月更新】この音とまれ!最新話93話のネタバレと感想!祖父との絆|漫画ウォッチ

この音とまれネタバレ 91

上級生にすら恐れられる不良少年だが仲間思いの優しさを持つ、久遠愛 くどお ちか。 箏の家元・鳳月会の出身で、天才的な箏の奏者、鳳月さとわ ほうづき さとわ。 愛の中学時代からの仲間である、サネ、コータ、みっつ。 様々な理由から箏曲部に集まった6人。 箏曲部の存続を認めない教頭に対し、さとわは廃部を免れる条件として、半分以上素人である彼らが一ヶ月後にある全校集会で学生全員を納得させる演奏を披露することを提案する。 それぞれの思い、それぞれの事情を抱えながら、箏曲部存続の為に全員で立ち向かう。 響け—。 不器用で誤解されやすい彼らの、もう一つの言葉。 オープニングから泣きそうでした…。 7、8年前、毎月這いつくばりながら必死で描き続けた世界。 こんな風に観て聴けて感じられるなんて感謝しかありません。 絶対に観て欲しい舞台です。 席通路でアフタートークで来ると思ってなくて軽率にオタクになりそうです。 顔がいい〜。 そこまでとはいかなくても、最高ではない、って。 周りもほとんどが俳優さんのファン…?顔か…? 失礼 って。 原作ファンいる…?男の人だけかな…って。 5次元と言われる漫画原作の舞台って初めてでした キャラがそこにいた。 動いてた。 それだけで涙腺崩壊してました…😭 サネってあーゆーやつだったんだな…漫画見直そう。 笑 アミューさん、その他出演者の見つけました。 私も、舞台でお箏弾きたい。 原作を知らなかったのですがとても引き込まれ、演奏のシーンでは拍手をせずにはいられないほど圧巻でした。 千秋楽まで頑張ってください! よし、原作読もう。 生演奏の迫力が半端じゃない。 なかなか箏の演奏を聴く機会はないし、耳が幸せでした。 小学生の時に箏の授業があったの懐かしいなあ。 舞台ならではのアドリブが最高! 特にサネと部長😂 原作大好きなのでドキドキしてたけど皆本物だった 特に楽器屋のおばあちゃん🤗 龍星群の生演奏は緊張が伝わりながらも素晴らしい演奏だった。 原作が大好きで、観に行ってきました。 漫画の中のキャラクターがそのまま目の前にいました。 舞台ならではのアドリブもあって面白くて、 龍星群の生演奏も感動しました。 幸せだった。 転換の少ない舞台が皆の立ち位置呼吸で部室にもステージにも観客席にもなって、 同じ学校に通ってる気分になる。 青春だねキラキラだね。 いいね。 生琴による龍星群、緊張から最初の一音でパーンと弾ける聴けてよかった。 一緒にドキドキできる舞台でした。 原作は勿論、アニメも制覇したから舞台も観るべきでは?と思いヲタ友と観劇。 筝の生演奏本当に感動して鳥肌が立ち自然と涙が溢れました。 愛のソロ、おじいちゃんに向けた優しい音色で語りかけるようでさらに涙が出ました。 言葉では伝えられないことを音楽で届けて貰いました。 なかなか良かった! 終演後にトークと撮影会があるのを行くまで知らなかった😅 実際に出演者が演奏する場面があるけど、調弦が直前には出来ないから裏でしてるそう。 アニメで予習してたけど、原作がそもそも素晴しいし、 それを演じるキャストさんも素晴しいし、 キャストさんたちの琴生演奏のクライマックスが最高に最高で!!! 感動した…泣いた…… 悪い人誰もいないね。 みんないいこ。 気持ちの良い爽快感でした。 親子共通の大好きな漫画「この音とまれ!」の舞台化。 あっという間の2時間。 終演後息子も「すごい」と大満足の様子。 率直な感想を言うと、全通したい、と思ってしまうほど面白かった!! 2時間に様々な思いがぎゅっと詰まっていて、本当に濃かった。 言葉にならないくらい感動しました…。 アニメの龍星群を弾くシーンでも散々泣いたけど、 生演奏だと優しさに直に触れてるみたいで、 じんわりと心に広がるものがありました。 演者が変われば演技が変わるけど、 でもあの作品のキャラクターたちは確かにそこにいて、 アニメとはまた違う箏曲部で面白かったです。 もう言葉を喪失するくらいの想いです。 期待以上のものを見せてもらいました。 予定調和ではないカーテンコール、忘れません。 絶対に観劇してほしい舞台です。 めちゃくちゃ面白かったです!! 圧巻の生演奏はもちろんのこと、たくさん笑ってたくさん泣いて、 本当に素敵な作品でした。 心にズズンと伝わる、真っ直ぐな演技の熱と箏の音にひたすら感動しました。 沢山の人にこの熱と音、届いてほしいなと思いました! 沢山観たい舞台だなと思いました。 実際に役者さんたちが演奏すると聞いて絶対に行くと決めていた舞台。 スペビーに出演してたことりくんもみっつ役で出演。 良かった。 2時間ノンストップだけど、よく話がまとまってたし、長くは感じなかった。 何より演奏がすごい。 観に行って良かった。 時瀬高校箏曲部による生の演奏は想像以上の迫力で 演奏中ずっと鳥肌が立ちっぱなしで涙が止まりませんでした。 今日と同じ演奏は二度と聞けない…まさに一期一会の舞台でした。 ま さにその演奏シーンで物語の一員になれた気がした! あんなに自然と拍手できることって、個人的にはあんまりない。 流れでしちゃうこともある。 でも、今回の心から拍手できたあの体験は、覚えてたい。 彼らに逢わせてくれて、ありがとう... 手に血豆ができるほど拍手しました。 役者さんの力量が、モロに出てる。 舞台はヤッパリいいです... 役者とは?という問いかけに、人生とは?見えた気がして、... 笑ったり泣いたり考えされられたり、三谷幸喜と同じ時代に生きて... …でも個人的には「後味のよくない終わらせ方」でした。 ラスト10分前までとって... 196,941件のビュー 0 件のコメント• 63,243件のビュー 0 件のコメント• 45,723件のビュー 0 件のコメント• 38,833件のビュー 26 件のコメント• 38,054件のビュー 1 件のコメント• 36,505件のビュー 0 件のコメント• 35,283件のビュー 0 件のコメント• 29,414件のビュー 0 件のコメント• 28,143件のビュー 0 件のコメント• 27,080件のビュー 0 件のコメント• 26,090件のビュー 3 件のコメント• 25,641件のビュー 3 件のコメント•

次の

この音とまれ!70話「I」ネタバレと感想

この音とまれネタバレ 91

【この音とまれ!:91話】最新話のネタバレ 一緒にさとわの家へ 一緒に電車でさとわの家に向かっていた。 「最近は母ちゃんといい感じなの?」と愛が聞くと、「おかげさまで」と答えるさとわ。 さとわも愛に同じ質問をしようとするが途中でやめる。 毎日一緒にいるけど、知らないことがたくさんあるのだ。 さとわの家に着き玄関を上がると、愛がお披露目会の時にプレゼントした花が押し花として額に入っていた。 「さとわが枯らしたくないからって押し花にしたの」と言うお母さん。 顔を赤くし恥ずかしがりながら、さとわは愛を部屋に連れて行こうとする。 「あの時、花はいっぱいもらってたじゃん」と愛が言うと、「これが一番綺麗だったの」とさとわが答える。 その言葉に愛は嬉しくなった。 お母さんの思い出 楽譜や音源がある部屋に案内され、数の多さに愛は驚く。 お母さんが部屋に戻ろうとするが、愛は「探すの手伝って」と引き留めた。 2人が探していたのは、お母さんにとっても思い出の一曲だった。 「瀬音」は箏と十七絃の二重奏で、利根川の流れを表現した曲なのだ。 結婚する前にお父さんと弾いた箏があったと話す。 同じトレモロなのに、お父さんのは川のせせらぎのように聞こえ驚いたのだ。 「その時、初めていろんなことに気づいて、一気に世界が広がった気がしたの」と話すお母さん。 愛は「すごい勉強になります」と言う。 お母さんはお茶を入れに行こうとするが、愛が入れに行くことになった。 愛のさとわへの想い さとわがお茶を入れてくる間、お母さんと話すことになった愛。 突然「さとわのことどう思う?」とお母さんが聞いてくる。 愛は戸惑いながらも、「かっこいいなって思います」と答えた。 さとわの音は姿勢がいいと言うか、ぶれなくてしっかり立っている… 「そんだけ積み重ねたんだろうなって」と愛は話す。 本当は一緒に引く資格なんかないのではと思う時もある。 ずっと箏に向き合ってきた人の隣に、胸張って立てるような生き方をしてきていない愛。 傷つけて迷惑かけて、それなのにいつも誰かに救われて… 愛は「心から尊敬しています」と話す。 その言葉をさとわは部屋の外で聞いていた。 2人の関係性 お母さんが「会話していて気がついたかしら、言葉と言葉の間」と言う。 愛は今いろいろ考えながら、お母さんに話していた。 言葉と言葉の間に、愛の想いと優しさがあった。 「聞こえなくてもちゃんと伝わった」とお母さんが話す。 玄関までさとわが見送ってくれる。 「前に私に言ったこと覚えてる?」とさとわが言う。 「全国までに追いついてね」とさとわが言うと、愛が「当たり前だ、待ってろ」とまっすぐ答えた。 その答えにさとわは笑顔になったのだった。 この音とまれ!など好きな漫画を今すぐ無料で読む方法! 以上、この音とまれ!【91話】のネタバレまとめでした。 過去のことを考えると、さとわの隣に立てるような人間ではないと思っていた愛。 でもお母さんの言葉で、少しでも自信を持てるのではないでしょうか。 ラストの愛とさとわのシーンは素敵でした。 2人なりのペースで前に進んでいってほしいです。 全国大会に向けて、どんな曲を作り上げていくのか楽しみです。 まとめ 以上、この音とまれ!【91話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。 次回のこの音とまれ!【92話】ネタバレあらすじの掲載は6月4日の予定になります。

次の

この音とまれ! 91話 ネタバレ 感想 さとわ母と愛 ジャンプSQ6月号

この音とまれネタバレ 91

それはちょっとやりすぎじゃ… 筝曲だけでなく、音楽のことについて話を続ける二人。 由永は、百谷との距離が近くなり、仲良くなっていくことに喜びを感じていました。 その後、部活にて練習に励む筝曲部一同。 チカ、コータ、百谷、由永は、個室で4人練習を行っています。 今までで一番良い仕上がりに感動するコータと由永ですが、チカと百谷の考えは逆でした。 「1番気持ちいい場所に音がないです」 コータはタイミングが遅れがちであり、由永は焦って前のめりになりがちなことを、指摘する百谷。 しかし チカは百谷の指摘した部分だけでなく、音の雰囲気に違和感を感じていました。 チカは百谷に、音の違和感について尋ねますが、百谷は由永をチラ見して戸惑っています。 「なにかあるなら、言って。 」 まっすぐな瞳で、百谷に告げる由永。 百谷はそんな由永の言葉を聞いてスバリ答えます。 百谷曰く、由永の音は、周りと音質が合っていないため、浮いているようです。 音の強弱や技術的な問題ではなく、音質は根本的な問題だと話す百谷。 由永は、なぜ自分だけそんなに音質が違い、音が浮いているのか疑問に感じていました。 その時、 自分の手にハメている丸爪を見て、その根本的な問題に気づく由永ですが…。 まとめ 自分だけ音質が違い、音が浮いているという問題点を告げられた由永。 時瀬高校の筝曲部は全員生田流で、角爪を使用しています。 しかし由永だけは、亡き祖父の教えで、山田流丸爪を使用していますが、それが原因なのでしょうか。 由永にとって丸爪を使うことは、亡き祖父との唯一の絆ですが…。

次の