クッション フロア ボンド。 【DIY実験】木工用ボンドでクッションフロアを床に貼る!

クッションフロア継ぎ目のめくれや剥がれ補修をしてみた|DIY

クッション フロア ボンド

クッションフロアは水まわりにおススメ 喫茶店・ゲストハウスを開業するにあたって、開業費を安くあげるためDIYでセルフリノベをしてきました。 中古物件を店舗にしたり、自宅にするうえで気になるところが 『水まわり』。 業者にお願いして設備・備品を新品に取り替えて内装も一新できれば一番良いのですが、それだと結構まとまった金額が必要になります。 そうなるとどこかでコストダウンの為のDIYを検討したいところです。 配管が絡む設備・備品は場合によっては有資格者でないと作業ができない部分もありますし、そうでなくても素人が手を出すことはお勧めできません。 建物はどうしても湿気や水分に弱いので、気付かないところで水漏れなんか起こしてしまっていたら、建物自体が傷んでしまいます。 やはりプロにお願いした方が安全です。 となると、DIYできるところいったら内装部分になるでしょう。 水まわりの床は特に汚くなり易いので、新品に張り替えるだけで見違えるほど清潔感が出ますよ! 床材でお勧めなのが クッションフロアという塩化ビニルを用いているので、 耐水性があり掃除も楽、施工も簡単な方ですし、柄のバリエーションも豊富なところが良いです。 そんなクッションフロアの張り替えを実際に自宅のキッチンで行ってみましたので手順やコツなどをまとめていきますね。 素人による施工例 使った道具一覧• クッションフロア• クッションフロア用ボンド• ボンドベラ• カッター デザインナイフ• ローラー• ディスクグラインダー• 定規 ちなみにボンドではなくテープで張り付ける方法もあるのですが、自宅の寝室はテープで張り替えてものの1年程で剥がれてクッションフロアが浮いてきてしまいました。 個人的にはボンドの方をお勧めします。 手順 これが元々のキッチンの床です。 掃除しても落ちない汚れが目立ちますし、そもそも痛みが酷いです。 ここまでくると張り替え以外選択しが無いですね。 ということで、さっそく元々のクッションフロアを剥がしていきます! この元々のクッションフロアは流し台の下にも張られていますが、持ち上げたり移動することは無理なので手前で切っちゃいます。 とりあえず剥がし終えましたが、当然綺麗には剥がしきれません。 ということで、ここでディスクグラインダーの出番です。 白く残った部分を研磨していきます。 本当は全部綺麗に剥がした方が良いのでしょうが、 粉塵も舞うし何より面倒くさいです。 なので私は端っこの段差が出てしまっているところだけを研磨して終わらせました。 どうせクッションフロアを張ってしまえば見えない部分ですし「接着面の段差さえ均してしまえば問題ないでしょう!」という考えです。 続いてクッションフロア用のボンドをヘラを使いながら塗っていきますが、一度新しいクッションフロアを敷いてしまい、半分くらいめくりながらボンドを塗ってから張って、そのあともう半分という感じでやった方がズレないで張れると思います。 全体的に軽く張れたら、ローラーを使い端っこを押し当てて余った部分をカッターで切り取っていきます。 この時定規や地ベラ等を当てながら切り取っていきます。 この作業が地味に難しいです。 コーナーカッターというものもあるのですが、私は定規とカッターの方が綺麗にできたので今は使っていません。 ここまでが作業手順なのですが、今回いくつかイレギュラーな部分がありました。 床から出てきている障害物 ガスの配管が伸びているので困りました。 考えた末、切れ込み入れ、配管用の穴をくり抜くことにしました。 切れ込み部分が若干目立ちますが、部屋の隅なのでまぁ良しとしましょう 笑 サイズを計り間違えた まさかの寸法ミスで、一部足りないことに気付く…。 継ぎ合せは難しいし、今回は狭い範囲だったので一枚張りでできると思っていたのに。。 ただ、このままにしておくこともできないので余った端材を張りつないでいきます。 柄を合わせて、多少重なるように張り付けます。 重なっている部分を定規とカッターを使って切り取ります。 最後にローラーで押し付けて完成。 ちょっとズレてしまいましたが、これもまぁ遠目からだと目立たないので良しとしましょう 笑 継ぎ目用のボンドとか道具もあったりしますので、そういうのを使うともう少し綺麗にできるのかもしれませんが。 ビフォーアフター これが こうなりました! 自宅部分なので手を抜けるところは手を抜きましたが、素人がやるとだいたいこんな感じの出来栄えです。 まとめ 今回は約1畳分の面積を張り替えました。 道具はもともと持っていたので、材料費だけでいうと4,000円弱だったはず。 作業時間は2時間ちょっとかかりました。 業者に頼んだことが無いので比較はできないのですが、「自分でやるとこんな感じですよー」という参考になれば良いかなぁと思います。

次の

クッションフロアに使う床用ボンドは、どうやったら剥がれますか?

クッション フロア ボンド

リフォーム計画を立てているときに、 「 クッションフロア」や 「CF」という単語をよく目にするかと思います。 キッチンや洗面所の床は普通のフローリングよりも柔らかいと感じることがありますよね。 その床に使用されているのがクッションフロアです。 防水性の高い床材であるクッションフロアは、従来キッチンや洗面所、トイレや脱衣所等、水回りを中心に使用されてきました。 しかし、近年住宅のリフォームや新築工事において 、水周り周辺以外にも採用され、活躍の場を拡げるようになってきていることはご存知でしょうか? この記事ではリフォームの床材について悩んでいる方のために、 クッションフロアのメリットやデメリット、張替に掛かる費用についてご紹介します。 クッションフロアとフローリングの違い クッションフロアとは 画像出典: クッションフロアとは、厚さ2~3.5mm程度の塩化ビニール素材で作られるシート状の床材です。 建築業界では「 CF(シーエフ)」と呼ばれています。 塩化ビニール素材で出来ているため水を弾き、掃除もカンタン、その上フローリングと比較して施工の手間が少なく安価という特徴があるため、リフォームではキッチンや洗面所に使用されることが多いです。 デザインもリアルなものが多いのも特徴で、木目調のクッションフロアが床に張られていると、フローリングと勘違いしてしまう方も多いです。 クッションフロアは、その名前の通りクッション性のある柔らかい素材なので、 手で触ってみてプニプニした感触がある場合は、クッションフロアだと簡単に判断することが可能です。 クッションフロアメリット クッションフロアのメリット• 水を弾く塩化ビニール素材で作られているため防水性がある• 柔らかい素材で出来ているため、小さな子どもやペットのいる家庭に最適• 木目調やタイル調などカラーやデザインが豊富• 張替費用が1㎡辺り2500円程度とフローリング工事(1㎡辺り5000円程度)と比較すると安価 クッションフロアの最大の特徴は 「防水性がある」というところです。 フローリングだと水をはじくワックスなどが日常生活ではがれていくと、水を吸収してしまうようになるため、腐食やカビがどんどん進行してしまういます。 しかし、 クッションフロアは表面が塩化ビニールで加工されているため、水を吸収せずに弾くという性質を持っているのです。 そのため、洗面所やトイレ、キッチンといった水周りでは、クッションフロアが必ずと言っていいほど採用されています。 また、フローリングに比べて柔らかいクッション性がある素材でできているため、小さい子どもがいる家庭やペットを飼育している家庭などで、 フローリングの上からクッションフロアを重ね張りするリフォームも流行しています。 防水性があるという特徴も、水をこぼしたりすることの多い子どもやペットには適していると言えるでしょう。 そのため、最近ではキッチン、トイレ、洗面所といった水周りのほかにも、リビングや洋室などで使用されることも増えてきています。 最近では、同じ木目調でもヴィンテージ風やナチュラル系、ホワイトからダークカラーまで選べるようになっていますし、レトロタイルや寄木タイル風など、柄・デザインやカラーも豊富に揃っているのも人気の秘密です。 フローリングの上から重ね張りするだけで部屋の雰囲気をガラっと変わるので、安価で印象を変えたいという方にもオススメなのがクッションフロアのメリットと言えるでしょう。 クッションフロアのデメリット クッションフロアのデメリット• シート状の床材のため、傷の修復が難しい• 重量のあるものを置いておくと、物跡や凹みが簡単に付いてしまう• フローリングと比較して、剥がれ等の経年劣化が起きやすい クッションフロアのデメリットとしては、 傷の修復や補修が難しいことが挙げられます。 フローリングの場合、傷の部分を埋めて着色などの処理を行うと、ほとんどわからなくなるくらいに補修することが可能なのですが、クッションフロアはシート状の素材なので、それを行うことが難しいのです。 また、柔らかい素材であるがゆえの問題もあります。 柔らかさはクッションフロアのメリットでもあるのですが、一方で傷が付きやすいというデメリットにもなってしまうのです。 さらに、 重い家具を上におくと跡が残ってしまい取れなくなってしまう可能性があります。 「剥がれ」の問題もクッションフロアのデメリットと言えるでしょう。 クッションフロアは壁紙を張るのと同じように床に対して専用のボンドで施工しています。 そのため、 ボンドの接着が経年劣化で弱くなると、継ぎ目の部分からクッションフロアが剥がれてしまうのです。 下地工事が不十分の場合、剥がれで空気が入りデコボコになってしまう可能性もあります。 もちろんフローリングにも経年劣化はありますが、クッションシートはそれよりもかなり早い段階で耐久性に限界を迎えます。 きちんと手入れをしていると20年は使えるフローリングですが、 クッションシート10年程度で剥がれや傷等の経年劣化がどうしても目立ってきてしまいます。 安いからといって安易に使用しすぎると、10年後、思わぬ出費になってしまうかもしれません。 こだわりたい人向けの床材 傷や凹みが付いた時の修復が難しく、フローリングより耐久性の面では劣る 安価で短い施工期間ということもあり、気軽にリフォームできるのがクッションフロア。 最近では木目調やレトロタイル風など、柄やデザインが豊富なのも人気の秘密です。 そんなクッションフロアのメリットは 「防水性」「クッション性」に優れているところです。 塩化ビニール等の素材を使用しているため、水分を弾き、吸収することがないので腐食やカビの心配がほとんどありません。 キッチンや洗面所、トイレなどの水周りの床にはほとんど必ずクッションシートが採用されています。 また、その名の通りクッション性が高いので、子どもが転んでも怪我をしづらいというのも大きなメリットです。 子育て世帯や部屋でペットを飼っている世帯を中心に、 リビングや洋室等で採用するのも流行している床材です。 一方で、 クッションフロアは経年劣化に弱いというデメリットもあります。 柔らかい素材のため傷がつきやすいのですが、その素材ゆえに穴埋めや着色によって補修することができないのです。 また、重い家具を載せてしまうとへこみができてしまうのも問題の一つ。 部屋の模様替えで家具の配置を替えてみたら、シートに大きな物跡がついていた、なんてこともよくある話です。 クッションフロアはフローリングに比べ耐久性が弱いため、大きな家具を置くような場所では使用を控えたり、一度家具を置いた後では配置替えを諦めるなどの工夫が必要になります。

次の

クッションフロアのDIYでの貼り方。

クッション フロア ボンド

クッションフロアは水まわりにおススメ 喫茶店・ゲストハウスを開業するにあたって、開業費を安くあげるためDIYでセルフリノベをしてきました。 中古物件を店舗にしたり、自宅にするうえで気になるところが 『水まわり』。 業者にお願いして設備・備品を新品に取り替えて内装も一新できれば一番良いのですが、それだと結構まとまった金額が必要になります。 そうなるとどこかでコストダウンの為のDIYを検討したいところです。 配管が絡む設備・備品は場合によっては有資格者でないと作業ができない部分もありますし、そうでなくても素人が手を出すことはお勧めできません。 建物はどうしても湿気や水分に弱いので、気付かないところで水漏れなんか起こしてしまっていたら、建物自体が傷んでしまいます。 やはりプロにお願いした方が安全です。 となると、DIYできるところいったら内装部分になるでしょう。 水まわりの床は特に汚くなり易いので、新品に張り替えるだけで見違えるほど清潔感が出ますよ! 床材でお勧めなのが クッションフロアという塩化ビニルを用いているので、 耐水性があり掃除も楽、施工も簡単な方ですし、柄のバリエーションも豊富なところが良いです。 そんなクッションフロアの張り替えを実際に自宅のキッチンで行ってみましたので手順やコツなどをまとめていきますね。 素人による施工例 使った道具一覧• クッションフロア• クッションフロア用ボンド• ボンドベラ• カッター デザインナイフ• ローラー• ディスクグラインダー• 定規 ちなみにボンドではなくテープで張り付ける方法もあるのですが、自宅の寝室はテープで張り替えてものの1年程で剥がれてクッションフロアが浮いてきてしまいました。 個人的にはボンドの方をお勧めします。 手順 これが元々のキッチンの床です。 掃除しても落ちない汚れが目立ちますし、そもそも痛みが酷いです。 ここまでくると張り替え以外選択しが無いですね。 ということで、さっそく元々のクッションフロアを剥がしていきます! この元々のクッションフロアは流し台の下にも張られていますが、持ち上げたり移動することは無理なので手前で切っちゃいます。 とりあえず剥がし終えましたが、当然綺麗には剥がしきれません。 ということで、ここでディスクグラインダーの出番です。 白く残った部分を研磨していきます。 本当は全部綺麗に剥がした方が良いのでしょうが、 粉塵も舞うし何より面倒くさいです。 なので私は端っこの段差が出てしまっているところだけを研磨して終わらせました。 どうせクッションフロアを張ってしまえば見えない部分ですし「接着面の段差さえ均してしまえば問題ないでしょう!」という考えです。 続いてクッションフロア用のボンドをヘラを使いながら塗っていきますが、一度新しいクッションフロアを敷いてしまい、半分くらいめくりながらボンドを塗ってから張って、そのあともう半分という感じでやった方がズレないで張れると思います。 全体的に軽く張れたら、ローラーを使い端っこを押し当てて余った部分をカッターで切り取っていきます。 この時定規や地ベラ等を当てながら切り取っていきます。 この作業が地味に難しいです。 コーナーカッターというものもあるのですが、私は定規とカッターの方が綺麗にできたので今は使っていません。 ここまでが作業手順なのですが、今回いくつかイレギュラーな部分がありました。 床から出てきている障害物 ガスの配管が伸びているので困りました。 考えた末、切れ込み入れ、配管用の穴をくり抜くことにしました。 切れ込み部分が若干目立ちますが、部屋の隅なのでまぁ良しとしましょう 笑 サイズを計り間違えた まさかの寸法ミスで、一部足りないことに気付く…。 継ぎ合せは難しいし、今回は狭い範囲だったので一枚張りでできると思っていたのに。。 ただ、このままにしておくこともできないので余った端材を張りつないでいきます。 柄を合わせて、多少重なるように張り付けます。 重なっている部分を定規とカッターを使って切り取ります。 最後にローラーで押し付けて完成。 ちょっとズレてしまいましたが、これもまぁ遠目からだと目立たないので良しとしましょう 笑 継ぎ目用のボンドとか道具もあったりしますので、そういうのを使うともう少し綺麗にできるのかもしれませんが。 ビフォーアフター これが こうなりました! 自宅部分なので手を抜けるところは手を抜きましたが、素人がやるとだいたいこんな感じの出来栄えです。 まとめ 今回は約1畳分の面積を張り替えました。 道具はもともと持っていたので、材料費だけでいうと4,000円弱だったはず。 作業時間は2時間ちょっとかかりました。 業者に頼んだことが無いので比較はできないのですが、「自分でやるとこんな感じですよー」という参考になれば良いかなぁと思います。

次の