ゆうま ローマ字。 「ゆうま」と読む漢字の名前120例!字画や名付けランキング、響きのイメージ

DQName:名前:夢羽舞(ゆうま)

ゆうま ローマ字

名前の ローマ字 はじめに 名前の 書きかた 名前の 先頭は 大文字に します。 姓と 名は「姓-名」の 順です。 姓を すべて 大文字で 書く 方法も あります。 イニシャルに する 場合は うしろに とめの印. を つけます。 特殊な 文字が つかえない 場合は に します。 【イニシャル】 Yamada Taroo 【代用表記】 くわしくは「」を お読み ください。 ローマ字の 方式 ローマ字の 方式は,特別な 事情が なければ,日本語らしい に します。 日本の 人名は 日本語だからです。 ふつう,日本語は 外国で 通じませんが,固有名詞は ローマ字に すれば 日本語の ままで 世界に 通用 します。 特別な 事情が あって 英語風に しなければ ならない 場合は に しますが,それで 国際的に なる わけでも 外国人が 正しい 発音で 読んで くれる わけでも ありません。 に すると 日本人が みても 読めない つづりに なります。 くわしくは「」「」を お読み ください。 くわしくは「」を お読み ください。 おぎない• ここで みつからない 場合や ほかの 方式(など)を しらべたい 場合は「」または「」を おつかい ください。 おまけに 筆記体風の 書体と 装飾的な 書体の 見本を 表示 します 筆記体風の 書体は きる印 ' が はいっている ときに 線が きれて しまいますが,本当は つづけて 書きます。 学校で 筆記体を ならう 場合は,書きかたが すこし ちがうかも しれません。。 ふりがな だけでは ローマ字を きめられない ことが あります。 ローマ字は 日本語の 読みかた(音声)を ABCで 書く ものですが,ふりがなを みた だけでは 音声が わからない ことが あり,そのとき ローマ字の つづりが きめられないからです。 たとえば,「たろう」「ゆうこ」の 音声は 常識で わかりますが,「こうみ」の 音声は わかりません。 どちらも ありそうな 名前なので,どちらか わかりません。 ありそうな 名前か どうかの 判断が むつかしいので,かならず そう している わけでは ありません ふりがなが「こうた」だったら,読みかたは〈コータ〉か〈コウタ〉です。 〈コータ〉は 実際に「浩太」や「康太」が あります。 けれども,〈コウタ〉が あるのか ないのか(「小唄」?)は よく わかりません。 これは ありそうだと この サイトが 勝手に 判断 した 名前を 書いています。。 挿絵 姓の ローマ字 姓(名字,苗字)の ローマ字です。 約9300個 あります さんの データを 参考に しています。。 約5400個 あります。

次の

名前のローマ字表記について教えて下さい「ゆうな」や「ゆうま...

ゆうま ローマ字

パスポートのローマ字決まりはヘボン式 外務省のウェブサイトをチェックすると、パスポートのローマ字表記は、特別な理由がなければ「ヘボン式」を採用しています。 これは、表記法をできるだけ統一することで、航空券手配や、渡航先で何かトラブルがあった場合でも、確実にその人を特定できるようにするための措置なんですね。 小学校でローマ字を習った時には、ヘボン式ではなくて訓令式であることもあり、たとえば「ゆうき」なら、YUUKIとか、YUKIでUの上に屋根のような記号をつけた記憶があるのではないでしょうか? しかしパスポートではこれとは違って「ヘボン式」。 それではヘボン式で「ゆうき」を表すと? パスポートのローマ字表記、「ゆうき」君の場合は? ヘボン式では「YUKI」です。 「ゆう」というのは、「う」の部分が、発音する時に長音です。 ヘボン式では、長音「OとUに当たる部分」は別途表記しません。 「おおの」なら、「ONO」。 「さいとう」なら、「SAITO」。 東京都のパスポート申請ウェブサイトに、がありますので、照らしあわせてみてください。 ヘボン式の特殊なルール 以下、上記の東京都のパスポート申請ウェブサイトからの引用です。 パスポート申請のローマ字は、原則「ヘボン式」• ゆうき君の場合は「YUKI」で、長音のUは表記しません。 どうしてもヘボン式以外で表記したい場合は、パスポート申請窓口で理由とともに申請すれば、可能なケースもあります。

次の

パスポートに自分の氏名はどう表記する?申請時に失敗しない正しいローマ字表記とは

ゆうま ローマ字

旅行会社にいる人間の意見です。 これまでパスポートの表記名はヘボン式が長年使われてきたので、 基本的には「YUNA」「YUMA」です。 しかしながら何年か前に規則も変わり「YUUNA」「YUUMA」で申請できるようになりました。 他にもオオタさん等の「H」を使う方も「OHTA」や「OOTA」でも申請できるようになったようです。 ご存知の通り外国に行く際、パスポートの表記と航空券の表記が違う場合は飛行機に乗る事は出来ません。 最近は個人情報保護法の問題で各社パスポートコピーをお預かりしない事もあります。 トラブルを避ける意味でも申請の際は「YUNA」「YUMA」を利用するのが懸命です。 また旅行を申し込む際、Uが入りますやHが入りますと念を押す事をお勧めします。 パスポートの表記はローマ字でもヘボン式というものです。 他の方が書かれているように、長音の表記が以前であればYUNA,YUMAしか駄目だったのが他にも使えるようになりました。 しかし一度選んだ表記は基本的に変更できません。 苗字の場合など、家族によって違う事は避けなければならず、名前の場合でも航空券の名前を間違った表記にしたら乗ることが出来ず、クレジットカードなどでも違う表記だとトラブルになることもありえます。 我が子は表記をOHで使用しました。 生まれてすぐ作ったパスポートなので、その後の全ての表記をOHで通す事ができトラブルはありませんでした。 しかし、そうでない場合は、もし通常のヘボン式を使わない場合は相当に神経を使う必要があるかと思います。

次の