サーモン 漬け 丼 レシピ。 サーモン漬けを使った簡単レシピ!日持ちは?丼物はもちろん小鉢料理にも

サーモンの韓国風漬け丼のレシピ・作り方

サーモン 漬け 丼 レシピ

【材料】• ご飯:2杯分• サーモン(刺身用):200g• ふのり:少々• 小ねぎ:3本• レモン(スライス):2枚• Aサラダ油:大さじ1• Aレモン汁:大さじ1• A塩:少々• Aこしょう:少々• Aチリパウダー:少々 【作り方】• ふのりは水に5分浸けて戻します。 サーモンはぶつ切りにします。 玉ねぎはみじん切りにして水に2分さらし、かたく絞ります。 小ねぎは小口切りにします。 ボウルにサーモン、ふのり、小ねぎ、玉ねぎ、 Aの材料を入れて混ぜます。 丼ぶりにご飯を盛り、5をのせてレモンを添えたら完成です。 【材料】• 刺身用生アトランティックサーモンフィレ(コストコ):適量• A醤油:大さじ2• Aごま油:大さじ1• Aにんにくチューブ:適量• 海苔:適量• ご飯:適量• 白いりごま:適量 【作り方】• サーモンはひと口大に切ります。 Aの材料は混ぜ合わせます。 サーモンを2の中に入れて混ぜ、しばらく置いておきます。 玉ねぎは薄くスライスして水に5分さらし、水気を切ります。 3に玉ねぎを加えて混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やします。 丼ぶりにご飯を盛り、海苔を手でちぎってのせます。 6の上に5をのせ、いりごまを振ったら完成です。 【材料】• 鰹のたたき:140g• 万能ねぎ(小口切り):10g• ご飯:1. 白ごま:小さじ1• A醤油:小さじ2• Aみりん:小さじ2• 鰹のたたきは2~3cm幅に切ります。 ボウルに Aの材料を入れて混ぜ合わせます。 2に1を加えて和え、冷蔵庫で10分以上置いて味をなじませます。 アボカドは皮と種を取り除き、1. 5cm幅に切ります。 4にレモン汁を加えて和えます。 きゅうりは1cmの角切り、紫玉ねぎは薄切りにします。 ブロッコリースプラウトは根元を切り落とし、水に5分ほどさらして水気を切ります。 3にアボカド、きゅうりを入れ、和えます。 器にご飯を盛って8をのせ、タレをまわしかけます。 紫玉ねぎ、ブロッコリースプラウトを順に盛り付けます。 万能ねぎ、白ごまをかけたら完成です。 【材料】• ご飯:丼2杯• マグロ(切り落とし):300g• アボカド:1個• ごま油:小さじ1• 白いりごま:小さじ1• 細ねぎ(刻み):適量• A砂糖:小さじ1• A醤油:大さじ2• マグロはキッチンペーパーで水気を拭き取ります。 耐熱容器に Aの材料を入れて混ぜます。 ラップをせずに600Wの電子レンジで30秒加熱し、粗熱を取ります。 3にマグロ、ごま油、白いりごまを加えて混ぜます。 ふんわりとラップをして冷蔵庫で15分ほど置きます。 玉ねぎは繊維を断つように横に薄切りにします。 水にさらして水気を切ります。 アボカドは種と皮を取り、1cm角に切ります。 5のタレを切り、アボカドを加えて混ぜます(タレは別に取り置きます)。 器にご飯を盛ってタレをかけ、玉ねぎ、9をのせます。 細ねぎを散らしたら完成です。

次の

サーモンの韓国風漬け丼のレシピ・作り方

サーモン 漬け 丼 レシピ

うま味がギュッ!いつものサーモンをワンランク上の味わいに 脂がのってまろやかな味わいが特徴のサーモン。 食べやすく価格も手ごろなので、お刺身でもお寿司のネタでもダントツの人気があるようですね。 また、漬けだれを工夫すれば、味のバリエーションも広がります。 日本酒とみりんを加熱して煮切ります。 小鍋に入れて沸騰するまで火にかければOKですが、少量の場合は電子レンジも便利です。 少し大きめの耐熱容器に、日本酒とみりんを入れ、ラップはせずに500Wで1分程度加熱します。 ぶくぶくと沸騰してから数秒加熱します。 2.熱くなっているので火傷しないように取り出し、醤油を混ぜます。 冷めたら柚子胡椒とごま油を加えて混ぜます。 柚子胡椒を入れると味が引き締まり、風味も増します。 量はお好みで加減してください。 また、ごま油も少し加えるとコクが増しますが、入れすぎるとくどくなるので少量にするのがおすすめです。 3.サーモンのお刺身は、切り身にしてから漬け込むと短時間で味がつきます。 サクの場合は1cm弱の厚さに切ってください。 包丁は前後に何度も動かさず、すーっと引きながら1回で切るときれいに切れますよ。 4.口が広めの保存容器やバットにサーモン全体がたれに浸るように並べて、冷蔵庫に入れます。 漬ける時間はお好みですが、20~30分で味がついて美味しく食べられますよ。 サイコロ状に厚く切る場合は、少し長く漬けてください。 5.盛り付けた漬けサーモンに、叩いた長芋と千切りにした青じそをのせ、いりごまをふりました。 青じそは漬けサーモンと相性がとてもいいので、ぜひ添えてくださいね。 食べきれなかったお刺身も、たれに漬けておけば翌日でも美味しくいただけます。 一晩漬けると味が濃くなるので、丼などにするのがおすすめです。 漬けにすると保存性は高まりますが、生ものですのであまり長くおくことはできません。 1~2日で食べ切るようにしてくださいね。 また、サクのまま漬けると保存性も高まりますし、味が濃くなり過ぎるのも防げます。 サーモンは少し長めに漬け込んでしっかり味にするのがおすすめです。 お好みで漬けだれをかけて召し上がってくださいね。 ポトンと落とした卵黄とめかぶを絡めれば、さらにまろやかになり箸が進みます。 セリは加熱せず生のまま使います。 香りの強いセリとコクのある漬けサーモンは相性がよく、さらに長ねぎの辛味も加わっておつまみにぴったりの一品です。 セリのほかに春菊を使っても美味しいですよ。 たれに漬けることでうま味とコクが増すだけでなく、魚のクセも抑えられるのがうれしいところ。 さらに保存性も高まるので、特売のお刺身など食べきれない時などにも重宝します。 たれにお好みの調味料を足したり、漬け加減を調整したりして楽しんでくださいね。 このコラムを書いたNadia Artist 料理ブロガー・フードコーディネーター 笠原知子 キーワード.

次の

【みんなが作ってる】 サーモン づけ丼のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが336万品

サーモン 漬け 丼 レシピ

うま味がギュッ!いつものサーモンをワンランク上の味わいに 脂がのってまろやかな味わいが特徴のサーモン。 食べやすく価格も手ごろなので、お刺身でもお寿司のネタでもダントツの人気があるようですね。 また、漬けだれを工夫すれば、味のバリエーションも広がります。 日本酒とみりんを加熱して煮切ります。 小鍋に入れて沸騰するまで火にかければOKですが、少量の場合は電子レンジも便利です。 少し大きめの耐熱容器に、日本酒とみりんを入れ、ラップはせずに500Wで1分程度加熱します。 ぶくぶくと沸騰してから数秒加熱します。 2.熱くなっているので火傷しないように取り出し、醤油を混ぜます。 冷めたら柚子胡椒とごま油を加えて混ぜます。 柚子胡椒を入れると味が引き締まり、風味も増します。 量はお好みで加減してください。 また、ごま油も少し加えるとコクが増しますが、入れすぎるとくどくなるので少量にするのがおすすめです。 3.サーモンのお刺身は、切り身にしてから漬け込むと短時間で味がつきます。 サクの場合は1cm弱の厚さに切ってください。 包丁は前後に何度も動かさず、すーっと引きながら1回で切るときれいに切れますよ。 4.口が広めの保存容器やバットにサーモン全体がたれに浸るように並べて、冷蔵庫に入れます。 漬ける時間はお好みですが、20~30分で味がついて美味しく食べられますよ。 サイコロ状に厚く切る場合は、少し長く漬けてください。 5.盛り付けた漬けサーモンに、叩いた長芋と千切りにした青じそをのせ、いりごまをふりました。 青じそは漬けサーモンと相性がとてもいいので、ぜひ添えてくださいね。 食べきれなかったお刺身も、たれに漬けておけば翌日でも美味しくいただけます。 一晩漬けると味が濃くなるので、丼などにするのがおすすめです。 漬けにすると保存性は高まりますが、生ものですのであまり長くおくことはできません。 1~2日で食べ切るようにしてくださいね。 また、サクのまま漬けると保存性も高まりますし、味が濃くなり過ぎるのも防げます。 サーモンは少し長めに漬け込んでしっかり味にするのがおすすめです。 お好みで漬けだれをかけて召し上がってくださいね。 ポトンと落とした卵黄とめかぶを絡めれば、さらにまろやかになり箸が進みます。 セリは加熱せず生のまま使います。 香りの強いセリとコクのある漬けサーモンは相性がよく、さらに長ねぎの辛味も加わっておつまみにぴったりの一品です。 セリのほかに春菊を使っても美味しいですよ。 たれに漬けることでうま味とコクが増すだけでなく、魚のクセも抑えられるのがうれしいところ。 さらに保存性も高まるので、特売のお刺身など食べきれない時などにも重宝します。 たれにお好みの調味料を足したり、漬け加減を調整したりして楽しんでくださいね。 このコラムを書いたNadia Artist 料理ブロガー・フードコーディネーター 笠原知子 キーワード.

次の