池江 璃 花子 移植。 池江璃花子白血病進行度や治療期間は?芸能人では吉井玲や渡辺謙が完治し克服!

池江璃花子战胜病魔重返泳池 瞄准2024巴黎奥运会_手机新浪网

池江 璃 花子 移植

(写真:アフロ) 2月12日に白血病であることを告白した競泳・池江璃花子選手(18)。 闘病の日々を送る彼女だが、自身のSNSは1ヵ月更新がストップ。 彼女の病状を心配する声が相次いでいる。 しかし実はその裏で池江選手は回復に向けて転院していたという。 彼女の知人がこう明かす。 「もともと入院していた病院から、より白血病治療の経験値が高いとされる病院に転院していたんです」 池江選手が転院したのは都内にある有名病院。 最新の白血病治療が受けられることでも知られているという。 「白血病の治療といえば、国立がん研究センター中央病院や虎の門病院が有名です。 移植の専門チームもいます。 しかし、池江さんが転院したのは別の病院。 前の病院に比べて圧倒的に臨床結果がありますし、骨髄移植にも積極的。 施設面でも充実していますし、何より白血病治療の名医がいると評判なのです。 池江選手は一日も早い回復を目指して、転院を決意したそうです」(医療ジャーナリスト) 彼女の治療は現在、どの段階まで進んでいるのだろうか。 白血病に詳しい江戸川病院腫瘍血液内科副部長の明星智洋先生は次のように語る。 「白血病にはさまざまな種類があり、必要な治療法も異なります。 池江さんの年齢や、報じられている症状を踏まえると恐らくリンパ性白血病だと推測されます。 リンパ性の場合、まず『寛解導入療法』と呼ばれる強力な化学療法によって完全寛解を目指します。 今の池江さんは恐らく『寛解療法』から6週目あたり。 ちょうど初期治療が一区切りするころでしょう。 抗がん剤でいい細胞も悪い細胞もまとめて死滅させ、新しい白血球が育ってくるタイミングです。 このあとの治療は白血病の種類によっては骨髄移植も考えながら、同時進行で『地固め療法』が始まります。 これは検出できないがん細胞を強力な治療で徹底的に叩いて、より寛解に近づくためのものです」 この『地固め療法』による抗がん剤の回数は4~5回。 1回あたり1ヵ月ほどかかり、トータルで半年間にも及ぶ点滴治療だという。 「一段落したと言っても、治療の後半戦も彼女にとっては体調が辛い状態に変わりはないと思います。 池江さんは最低でもあと半年は無菌室で過ごさなければいけません。 病院ごとに無菌室のルールは異なりますが、基本的に子どもはどんな菌を持っているかわかりませんから入室不可能です。 面会は一人ずつ短時間で、面会者の私物を持ち込むこともできません。 ただ、体調が悪いうえにずっと無菌室に居続けるのは非常にストレスになります。 池江さんは若いのでなおさらでしょう。 今後主治医と相談して、体調がよければ1週間ほどのリフレッシュ退院も可能だと思います。 長い闘いになりますから、心のケアも重要です」(前出・明星先生) つらい闘病生活のなか、池江選手は前を向き続けている。 3月13日に更新したツイッターでは次のように決意表明していた。 《東京オリンピックまで499日 1日遅れちゃった まだまだ諦めないぞー!!

次の

池江璃花子の白血病は治る?治療期間や復帰時期、生存率がヤバイ!

池江 璃 花子 移植

2018年1月,池江璃花子在东京都新春游泳竞技大会女子200自由泳决赛中游出1分52秒64,这成绩打破了保持的短池亚洲纪录;随后在女子50米蝶泳决赛中游出24秒71,创造新的亚洲纪录。 [13] 2月,池江璃花子以1分55秒04摘得KONAMI杯女子200米自由泳冠军。 [14] 4月,在日本全国游泳锦标赛上,池江璃花子凭借24秒21的发挥,获得女子50米自由泳冠军; [15] 接着她在女子100米自由泳决赛中以53秒03的成绩获得冠军,这成绩也打破了保持九年的53秒13的亚洲纪录。 [16] 5月,参加日本游泳公开赛,池江璃花子首先以25秒25的成绩摘得女子50米蝶泳夺冠,这成绩不仅打破了她个人保持的25秒43的日本全国纪录,更是打破了保持的25秒37的亚洲纪录;接着分别以24秒47、56秒93夺得女子50米自由泳、女子100米蝶泳冠军。 [17-18] 6月,在环地中海游泳系列赛法国卡内站比赛上,池江璃花子先是凭借在50米蝶泳决赛中游出的25秒11获得冠军,该成绩也打破她自己保持的25秒25的亚洲纪录;随后分别以以53秒10、57秒47的成绩夺得女子100自由泳、女子100米蝶泳冠军;最后以24秒80获得女子50米自由泳第三名。 [19] 8月,在东京举行的上,池江璃花子在女子200米自由泳决赛中游出1分54秒85,打破她自己保持的1分55秒04的亚洲纪录,获得银牌;接着她与、、合作,以3分40秒98打破男女4x100混合泳亚洲纪录,最终位列第二名; [20] 在女子100米蝶泳中,预赛中就以56秒90打破赛会纪录的池江璃花子在决赛中以56秒08获得冠军,打破了她自己保持的日本全国纪录。 [21] 同月,参加,在女子4x100米自由泳接力决赛中,池江璃花子与、、合作,最终以3分36秒52获得冠军,并打破亚运会纪录; [22] 在女子100米自由泳的决赛中,池江璃花子击败、等选手,以53秒27的成绩夺冠; [23] 接着先后夺得女子50米蝶泳、女子100米蝶泳冠军,成绩分别是25. 55秒、56秒30; [24-25] 在4x100米混合泳接力决赛中,她与酒井夏海、、青木智美组成的日本队以3分54秒73的成绩夺得冠军,并且创造了新的亚运会纪录; [26] 在女子50米自由泳决赛中,池江璃花子在后25米成功反超,最终以24秒53夺冠,并且打破了赛会纪录,她也成为首位在一届亚运会上摘得6枚金牌的游泳选手。 [27] 池江璃花子生涯数据 比赛日期 赛事名称 赛事项目 总成绩 名次 2016年5月 日本游泳公开赛 女子50米蝶泳 26秒05 1 女子100米蝶泳 57秒57 2016年10月 国际泳联短池世界杯东京站 女子100米蝶泳 56秒42 4 女子100米混合泳 58秒24 2 2016年11月 亚洲游泳锦标赛 女子50米自由泳 24秒90 1 女子50米蝶泳 25秒74 2017年4月 日本全国游泳锦标赛 女子50米蝶泳 25秒51 女子200自由泳 1分57秒07 2017年5月 日本游泳公开赛 女子200米自由泳 1分56秒91 2017年11月 国际泳联短池世界杯东京站 女子100米混合泳 57秒75 2 2018年1月 东京都新春游泳竞技大会 女子200自由泳 1分52秒64 1 女子50米蝶泳 24秒71 2018年2月 KONAMI杯 女子200米自由泳 1分55秒04 2018年4月 日本全国游泳锦标赛 女子50米自由泳 24秒21 女子100米自由泳 53秒03 2018年5月 日本游泳公开赛 女子50米蝶泳 25秒25 女子50米自由泳 24秒47 女子100米蝶泳 56秒93 2018年6月 环地中海游泳系列赛法国卡内站 女子50米蝶泳 25秒11 女子100自由泳 53秒10 女子100米蝶泳 57秒47 女子50米自由泳 24秒80 3 2018年8月 泛太平洋游泳锦标赛 女子200米自由泳 1分54秒85 2 男女4x100混合泳 3分40秒98 女子100米蝶泳 56秒08 1 2018年雅加达亚运会 女子4x100米自由泳接力 3分36秒52 女子100米自由泳 53秒27 女子50米蝶泳 25. 55秒 女子100米蝶泳 56秒30 女子4x100米混合泳接力 3分54秒73 女子50米自由泳 24秒53• .网易体育 [引用日期2016-11-18]• .新浪体育 [引用日期2017-11-15]• .光明新闻 [引用日期2018-09-02]• .国际泳联官网 [引用日期2020-06-21]• .搜狐体育 [引用日期2016-04-21]• .新浪体育 [引用日期2016-05-22]• .新浪体育 [引用日期2016-05-22]• .新浪体育 [引用日期2016-10-26]• .新浪体育 [引用日期2016-10-27]• .新浪体育 [引用日期2017-04-14]• .新浪体育 [引用日期2017-04-15]• .新浪体育 [引用日期2017-05-20]• .腾讯体育 [引用日期2018-01-14]• .新浪体育 [引用日期2018-02-18]• .新浪体育 [引用日期2018-04-08]• .新浪体育 [引用日期2018-04-09]• .新浪体育 [引用日期2018-05-25]• .新浪体育 [引用日期2018-05-27]• .新浪体育 [引用日期2018-06-11]• .新浪体育 [引用日期2018-08-10]• .新浪体育 [引用日期2018-08-12]• .人民网 [引用日期2020-06-22]• .腾讯体育 [引用日期2018-08-20]• .人民网 [引用日期2018-08-20]• .腾讯体育 [引用日期2018-08-21]• .网易体育 [引用日期2020-06-22]• .腾讯体育 [引用日期2018-08-24]• .中国新闻网 [引用日期2020-06-21]• .新浪体育 [引用日期2020-06-24]• .新华网体育 [引用日期2020-06-21] 展开全部 收起.

次の

自强不息!日本名将池江璃花子战胜病魔积极训练

池江 璃 花子 移植

応援してくださる皆様、関係者の皆様へご報告があります。 日頃から応援、ご支援を頂きありがとうございます。 この度、体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、「白血病」という診断が出ました。 私自身、未だに信じられず、混乱している状況です。 ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります。 今後の予定としては、日本選手権の出場を断念せざるを得ません。 今は少し休養を取り、治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います。 これからも温かく見守っていただけると嬉しいです。 池江璃花子 各メディアにとって激震の悲しい事実となりましたが、 池江璃花子の今後はどうなってしまうのでしょうか。 池江璃花子が白血病から完治する可能性は? 池江璃花子選手本人がツイートの中で、 しっかり治療をすれば完治する病気でもあります と述べているように、 白血病に対する医学界のアプローチは昔に比べて飛躍的に質や精度が向上しています。 デイリースポーツが2月13日に配信したネットニュースにおいても、 芦屋市の松本クリニックで院長を務める 松本浩彦氏による頼もしい専門的なコメントが掲載されています。 池江璃花子の白血病のタイプは? 白血病には細かく分類すれば11の型・タイプに分かれるそうですが、大きく分類すると、• 急性白血病• 慢性白血病 の 2種があり、• 骨髄性白血病• リンパ球性白血病 の どちらなのかも重要だといいます。 今回、 池江璃花子選手は自身の白血病についての詳細を発表していないので、上記のどれに該当するかは分かりませんが、 専門家の松本浩彦氏によれば、 Sponsored Link 池江璃花子の白血病完治の可能性は? そんな白血病、ガン治療専門家の 松本浩彦氏によると、 池江璃花子が急性骨髄性白血病であれば、今回の早期発見で治る可能性が高くなったとのこと。 池江選手の病名は明らかにされていませんが、頻度からいえば 急性骨髄性白血病である可能性が一番高いと思われます。 早期の発見ということでしたが、急性骨髄性白血病の場合、早期発見・治療は重要で、治る可能性も高くなります。 いちばんの理由は、分子標的治療薬の発明だと私は思っています。 以前からある 骨髄移植やさい帯血移植も行われていますが、移植はハイリスク・ハイリターンな治療といえ、今の白血病治療は、正確にタイプを診断し、それに合った分子標的治療薬と抗がん剤を併用する方法が主流です。 デイリースポーツより抜粋 とのことです。 この分子標的治療薬の発明が多くの白血病患者に勇気と希望を与えてくれているんですね。 2020年の東京五輪への参戦は? 多くの方が心配しているのはもちろん池江璃花子の命の危険や完治できるのか、という点でしょうが、 やはり 同時に気になってしまうのは輝かしき競泳選手としての復帰時期や、2020年の東京オリンピックへの参加がどうなるのか、という辺りです。 もちろん池江璃花子本人は今はそこまで頭が回らないでしょうし、 白血病の治療期間にはおよそ数ヶ月から半年ほど要するとのことで、 その間はトレーニングは禁止されます。 来年に大会が開催される 2020年の東京オリンピックから逆算すると、この時期に白血病を患い、これから治療に専念してリハビリを行わなければならない池江璃花子がオリンピックに出られるとは思えません。 しかし、 最も大切なことは東京オリンピックに出場することではなく、池江璃花子が無事に白血病を乗り切って、生存し続けることです。 今はオリンピックのことを忘れて、ポジティブに前向きに、信念を持って治療に挑んで欲しいですね。 このようなポジティブになれるような統計・データというのは、池江璃花子のメンタルにプラスの効果があるでしょうし、今後の治療に向けてのエネルギーにしてもらいたいですね。

次の