競艇 津 予想。 【競艇予想|津】G1マスターズチャンピオンシップ優勝戦日(4月26日)最終最後で大逆転大穴狙います!!

競艇(ボートレース)津G1マスターズチャンピオン二日目公開中(ブログ限定無料予想)

競艇 津 予想

ページコンテンツ• 津競艇場(ボートレース津)の水面特性 津ボートレース場では強い向かい風で第二ターンマークが荒れる 津ボートレース場は東海地区でもっとも水面が荒れることで有名です。 流れや水位の変化はありませんが、夏場や伊勢湾の季節風、冬場は鈴鹿山脈からの吹きおろしが強烈な風を起こすため、レース結果も荒れる傾向があります。 1年の半分は風速3メートル以上の風が吹き、風速5メートルを超える日も少なくありません。 向かい風が強いときは3・4・5コースからのまくりが威力を発揮し、インが第一ターンマークを死守しても第二ターンマークで逆転されるレースが増えます。 「向かい風が強いと第二ターンマークが荒れる」と覚えておきましょう。 津競艇場(ボートレース津)の水質 淡水です。 津競艇場(ボートレース津)モーター成績一覧 2018年 9月22日 ~ 2019年 8月 4日 番号 出走数 勝率 1着率 45 198 6. 72 32. 61 30. 26 25. 18 26. 07 24. 05 20. 93 23. 69 21. 68 16. 63 21. 55 23. 54 23. 51 22. 49 16. 46 18. 46 18. 45 19. 42 21. 33 16. 32 13. 27 15. 26 18. 21 16. 21 16. 2 13. 2 14. 17 16. 16 16. 15 21. 14 14. 14 16. 14 15. 13 15. 11 15. 07 16. 04 15. 03 14. 02 14. 96 13. 95 15. 9 15. 9 11. 81 15. 8 14. 79 13. 77 12. 73 13. 73 13. 7 12. 66 10. 61 11. 6 14. 57 10. 55 10. 5 11. 46 12. 41 14. 4 14. 36 14. 36 8. 26 9. 96 57. 64 15. 26 11. 96 9. 15 4. 02 1. 1番人気といったところでしょうか。 見事的中ですね!同一金額での6点買いであれば収支プラスでしょう!流石元競艇選手の予想だと思います! やはり長年の経験や選手のデータも熟知されているとは思います!流石ですね。 お腹と財布の中身を一杯にしたいですね! ボートレース(競艇)の予想をプロに任せてみる 私が一目置いている競艇予想サイトがあります。 それは競艇ロードです! 理由は中穴、大穴狙いで当たることが結構あるからなんですね。 比較的に予想がしやすいレースは自分自身でも予想できますけど、プロの観点と私の観点ではやはり違うようですw なので私も競艇ロードの予想を参考にしています。 しかも無料提供レースがあるので、これまた嬉しいですね。 また有料コースのメリットとして目標金額に到達しなかった場合、ポイント返還を行っているのでこれもユーザー目線でのとてもやさしい対応だと思います。

次の

競艇(ボートレース)津G1マスターズチャンピオン二日目公開中(ブログ限定無料予想)

競艇 津 予想

津G1マスターズチャンピオンシップ初日の競艇予想を書いていきます。 しかし多数参考に的中報告はいただきました! 当然ギャンブルなので波はあります。 これは当日の雰囲気と相談するしかないですね。 5段階に分けた期待値で勝負レースを提供。 払い戻しはあくまでも今後の軍資金。 全額コロガシのような危険は投資は 当サイトでは一切推奨致しません。 そこから実績上位者の林選手が前節予選突破モーターをGETして注目。 1=3で人気を集めそうですね! しかしこのレース注目したいのは、注目モーターで挙げたとおり 出足・実践足系統抜群の深井選手!! 深井選手は一応えー好きなのである程度注目を集めそうですが、 頭ならしっかり配当狙えそうだし、勝負していく! 2コース実績も1着率20%超えで面白いし、 捲りも視野に入れながら、差しを本線で狙っていきます!! その他のメンバーは特に注目すべき部分はない。 なのでこのレースは2ー1を本線に勝負していきます!! 【参考買い目】 2ー13ー全 3ー2ー全(計12点) 【津4R:予選】 1 角谷 健吾 2 都築 正治 3 後藤 浩 4 日高 逸子 5 西島 義則 6 松井 繁 続いてこのレース! このレースはかなり進入から荒れそうな番組。 まず西島選手の強烈な前付けがあり、 松井選手もそれに乗って動く。 そうなればインかなり深くなりそうで、 角谷選手の逃げは難しくなると見ています。 そこで注目していきたいのが6号艇の松井選手!! 松井選手は前節中田選手が仕上げた出足型で好素性機! このメンバーならセンターコースに入れば勝負できるし インが深くなるなら尚更面白い! 後藤選手も船足的には面白いですがコース遠くなる分やや牽制したい。 長田と申します。 今回は原稿をお借りして、 最近勢いに乗る、当たる競艇予想サイトをPRにやってきました! 最近、競艇情報サイトが乱立しすぎて、 「どのサイトを参考にすればいいのかわからない!」 「本当に役立つ競艇予想サイトはどれ?」 という疑問を持たれる方が増えてきています。 確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ 意味が無いですし、例え情報が有料だったとしても 回収率が大きく跳ね上がらなければ意味がないですよね。 競艇に関する情報をスペシャルメンバーにて招集することが実現したため 他では不可能な精度の高い究極情報が可能! 実際にスペシャルメンバーの実力とそのメンバーの太いパイプの情報網を駆使し、 全国24か所で勝利へ導いてくれる究極予想を提供いたします。 この3つのサイトがあれば競艇でしっかり儲けられそうですね。 最近一番勢いに乗っているサイトはですね! 先日も万舟券を連発で的中していましたし。

次の

津競艇予想のコツ・抑えておくべきポイント

競艇 津 予想

津競艇場の特徴 津競艇場は全国で一番最初に公認を受けた競艇場ということもあり、歴史ある競艇場ともなっています。 プール型水面ということもあり、水面の流れに影響されないため、比較的落ち着いたレース展開が多いことでも有名です。 一見、的中させやすい競艇場といったイメージをもてると思いますが、状況によってはレース展開に大きな変化をもたらすこともあります。 そんな津競艇場の特徴を3点挙げてみました。 落ち着いた水面の津競艇場 津競艇場は、プール型水面になっており水面の流れや水位といったものの影響を受けにくい競艇場の一つでもあります。 ボートレース津の公式ホームページにも記載されていますが、水質は淡水でありながら近くの伊勢湾の海水も混ざっているようで、 「半海水」といった特殊な水面となっています。 水面図 津競艇場の水面の特徴として、ホーム側の幅が全国で2番目の広さを誇っており、全体の水面からも広い競艇場に部類します。 そのため、アウトコースから1マークまでの距離も長いため、 基本的にはインコースが有利な水面となっています。 しかし、風の影響を受けやすいことから条件が重なると荒れたレース展開も多くなります。 風の影響により展開が大きく変わる 津競艇場は、近くに伊勢湾が面しているため風の影響を大きく受けやすい競艇場になっています。 太平洋からの南風の通り道ということもあって、 夏と冬の期間では季節風の影響を特に受けやすくなっています。 普段は落ち着いたレース展開が多い競艇場ですが、少しでも強い風が吹き始めるようであれば水面のコンディションも大きく変わり荒れたレース展開になることも。 東海地区では、愛知県の蒲郡競艇場、常滑競艇場、静岡県の浜名湖競艇場と全部で4つの競艇場がありますが、 津競艇場は東海地区で一番荒れることが多いとも言われております。 季節によりコースごとの成績が大きく変わる 津競艇場は伊勢湾から吹き込まれる季節風によって、季節ごとのコース別レース成績が大きく変わる競艇場でもあります。 季節によってコース別のレース成績が変動する競艇場は、他にも桐生競艇場などもありますが、津競艇場も同じように大きく成績が異なりますので、舟券予想をするうえではしっかりとチェックをしておきたいことでもあります。 特に季節風の影響を大きく受ける夏と冬の時期では中配当も目立つようになるため、 穴狙いには面白い競艇場でもあります。 津競艇場のレース成績から傾向を読み解く 津競艇場のレース成績から、 どのような傾向があるのかというところに注目をしていきましょう。 風の影響を加味し、センター勢の1着として中高配当の買い目を押さえながら、逆に荒れない展開と予想した場合は買い目を減らし投資金も抑えることができるでしょう。 もちろん、年間を通しての成績データと、季節ごとの成績データでは水面状況の違いがあるのも特徴です。 出典: 上記の表を参考にしても、夏と冬の季節は1コースの1着率が50%台と落ち込む傾向が見て取れます。 代わりに3コースの1着率が10%台に向上しているため、 夏や冬の季節は3コースの選手にも注目していきたいところです。 コース別成績データ コース 出走数 勝率 1着率 2連帯率 3連帯率 1コース 2271 8. 06 59. 71 14. 23 10. 93 9. 04 4. 02 2. 全国の競艇場と比較して、圧倒的に1コースが強いといった競艇場ではありませんが、夏と冬でのコース別の成績に大きく変化があるため年間での成績になるとこのようなデータになります。 逆に、 春と秋に限定をすると1コースの勝率は更に上積みされるため、季節によって舟券の予想方法も大きく変えていくことが重要です。 全国で2番目のホーム側の幅を誇っているためアウトコースの成績はあまり良くないため、 基本的にはアウトコースの1着の買い目は外してもいいでしょう。 津競艇場で勝つためのコツ ここまで、津競艇場の特徴を解説してきましたが、最後に重要な点をまとめてみましょう。 全国で2番目の広さのホーム側幅の影響もありアウトコースは不利• 風の影響を受けやすいので水面が荒れ始めることも• 季節ごとにコース別のレース成績が異なる 上記の3点は、津競艇場で舟券予想をするうえで 非常に重要なポイントになるでしょう。 本命も決着も多い中、天候や季節によってレース展開が豹変することもあるので中配当や高配当のチャンスも十分にあり。

次の