ポケモン ソード シールド トゲキッス。 【ポケモン剣盾】シングルバトルの使用率ランキング【ポケモンソードシールド】

【ポケモン剣盾】トゲキッスの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン ソード シールド トゲキッス

ポケモンソード・シールド(剣盾)で使いやすく強くなった トゲキッスの技構成や可愛い色違いなど詳細について紹介します。 持ち物は弱点保険トゲキッスで育成論も記載します。 【ポケモン剣盾】トゲキッス入手方法・育成論・厳選・対策 まさかの野生レアポケモン 出現場所:巨人の鏡池(天候:霧)で稀にフワフワ飛んでいるので姿が確認できます。 種族値 ・努力値配分 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 85 50 95 120 115 80 545 努力値は「HP214・特攻50・素早さ244 」か特攻から少しHPに振って耐久を上げても良いでしょう。 オススメ技 技 タイプ 分類 威力 命中 だいもんじ 炎 特殊 110 85 わるだくみ 悪 変化 - - マジカルシャイン フェアリー 特殊 80 100 エアスラッシュ 飛行 特殊 75 95 わるだくみは特攻2段階UP タイプ相性・持ち物 倍率 タイプ 4倍 - 2倍 電気・氷・毒・岩・鋼 0. 5倍 草・悪 0. 25倍 虫・格闘 無効 - 持ち物:( 弱点保険(弱点を攻撃されたときに特攻・攻撃2段階UP)、ピントレンズ(急所ランク1段階UP) 入手方法:、 戦い方・使い方• ダイマックスをする:耐久高いが弱点が多いため ダイマックス(HP2倍)にして弱点に耐えれる身体にする。 弱点で攻撃されたら持ち物「弱点保険」の効果で 火力アップする。 火力が高くスピードも高いトゲキッスが出来上がります。 2匹目:弱点保険のトゲキッスを繰り出す 倒す対策 ヒートロトム:電気技で効果抜群+技相性「飛行・炎・フェアリー・鋼」のダメージ半減できる バリコオル:(特性:バリアフリー)で場のリフレクター・光の壁を無効にする バンギラス:ストーンエッジで効果抜群+砂嵐で特防1. 5倍になる 色違い 微妙に違う 右が色違いです。 模様の色と身体の色が違います。 他のポケモンとは違い、わずかな違いです。 ポケモン剣盾の攻略をまとめました。 お役立てください。

次の

ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ポケモン ソード シールド トゲキッス

特性のてんのめぐみは技の追加効果を発動しやすくなるもの。 素早さで上をとり、ひるみが6割で増したエアスラッシュで、 一方的にひるませ続ける戦法が可能だ。 S252の努力値は必須 エアスラッシュを使うなら上を取らなければ意味がないので、S振りは必須。 ダイマックス主軸ならきょううん てんのめぐみだけでなく、きょううんもおすすめの特性。 ダイマックス技は追加効果が確定で発動するので てんのめぐみの効果が無駄になってしまう。 自由枠では、受け対策にアンコールやみがわりもおすすめだ。 トゲキッスの対策 対策おすすめポケモン ポケモン 解説 【メリット】 ・砂嵐なら特防が1. トゲキッスよりも早いポケモンで戦うか、素早さを上げた状態で戦おう。 遅いポケモンで戦うならダイマックスする トゲキッスに対して上を取れない場合は、ダイマックスして戦おう。 ダイマックス中はひるまないので、エアスラッシュに怯えずに反撃できる。 弱点保険を警戒して立ち回る トゲキッスの弱点保険を発動してしまうと、ダイジェットのS上昇と合わせて手が付けられなくなる。 倒しきれない場面では弱点の技で攻撃しないなど、弱点保険を発動させない立ち回りが重要だ。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【ポケモン剣盾】シングルバトルの使用率ランキング【ポケモンソードシールド】

ポケモン ソード シールド トゲキッス

トゲチック しあわせポケモン ガラルNo. 258 ぜんこくNo. 176 高さ 0. 6m 重さ• 2kg• けたぐり威力20 タイプ• 英語名• Togetic タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 5倍になるが、物理攻撃の命中率が0. 8倍になる。 /レベルの高い野生のポケモンと出会いやすくなる。 技の追加効果の発生率が2倍になる。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『ちょすい』『よびみず』の味方は特性が発動するため、この技の効果は無効。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 ただし、そのポケモンが交代されると効果は消える。 ダブルバトル用。 交代しても効果は続く。 そのターンの相手の技をすべて自分が受ける。 ただし、全体技には効果がない。 ダブルバトル用。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンが回復する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 天気が『にほんばれ』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『みず』タイプの技のダメージが1. 5倍になり、『ほのお』タイプの技のダメージが半減する。 『ほのお』タイプの技のダメージが1. 5倍になり、『みず』タイプの技のダメージが半減する。 『こおり』状態にならない。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 投げつけた道具はなくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 どの状態異常になるかはランダム。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 ただし、PPが0になると解除される。 ダイマックスしているポケモンには無効。 なお、ダイマックス技や第7世代のZワザは影響を受けずに使うことができる。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンに攻撃する。 タイプ相性の影響を受ける。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 通常攻撃。 相手が道具を持っている時は失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 事前に技『まるくなる』を使っていると威力が2倍になる。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 技の対象が「1体選択」の場合は技を使用したポケモン 味方を含める を攻撃し、それ以外の場合は、自分がその技を使用した場合に本来取りうる対象に攻撃する 「相手全体」「自分以外」など。 ただし、技の対象が「自分」や「場」の場合などは失敗する。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 相手が『ゴースト』タイプの時、『ノーマル』『かくとう』タイプの技が当たるようになる。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 音系の技。 味方が『みがわり』状態でも効果が発生する。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 跳ね返す技の命中率は、『マジックコート』を使用したポケモンで計算される。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 相手の場の『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』『オーロラベール』、両方の場の『まきびし』『どくびし』『ステルスロック』『ねばねばネット』『キョダイコウジン』、さらに第8世代からは『エレキフィールド』『グラスフィールド』『サイコフィールド』『ミストフィールド』の効果を解除する。 相手が『みがわり』状態の場合、回避率を下げる効果のみ失敗する。

次の