ステルス ヘリ。 「SEALSステルス・ヘリ使用!??」☆大佐☆のブログ | 放し飼い不良老人 The Isle of Islay

ステータス

ステルス ヘリ

概要 [ ] は、に行われたの汎用戦術輸送機システム Utility Tactical Transport Aircraft System, UTTAS 競争のためにを基礎とした試作機YUH-60Aを提示した。 陸軍は提示のYUH-61との性能比較試験飛行を行い、、このプログラムの勝者としてYUH-60Aを調達に向けたにすることを決定した。 アメリカ先住民の戦争指導者の名前からブラックホークと名付けられたUH-60Aは、それまで運用されていた戦術輸送ヘリコプターである社製の後継機として、に陸軍での運用が開始された。 これに続きや機なども開発納入されている他、UH-60L、UH-60Mなどの亜種も開発されている。 また、、、およびのための改修版も開発されている。 の使用に加え、UH-60ファミリーは多くの国へと輸出されているほか、、、、、、、など多くの地帯で使用されている。 画像 全長 回転翼含む 17. 5 m 17. 78 m 19. 76 m 30. 1 m 30. 2 m 全幅 回転翼含む 25. 54 m 14. 88 m 16. 36 m 18. 3 m 24. 1 m 全高 6. 73 m 4. 5 m 5. 13 m 5. 7 m 8. 46 m 空虚重量 15,032 kg 5,370 kg 4,819 kg 10,185 kg 15,071 kg 積載量 9,070 kg 1,460 kg 5,220 kg 10,886 kg 13,610 kg 最大離陸重量 27,400 kg 8,390 kg 10,660 kg 22,680 kg 33,300 kg 乗員数• 乗員5名• これはその後、 として採用されている。 ではUH-1が多数撃墜されているように、ヘリコプターによる任務では低空を低速で飛行することが多く、やなどの標的になりやすい。 そのため重要な性能として、生存性と信頼性の改善を挙げており、UTTAS並びに新型パワープラントの要件として定め 、1月に提案依頼書 Request for Proposals, RFP を発布している。 その結果、UH-60は激しい攻撃を受けながらも生存率が高く、戦闘地域から離脱することができたと報告されている。 RFPには航空の要件が含まれており、 に搭載するため、の全高、全長が指定されている。 信頼性の向上、生存性 および低などを定めたUTTAS要件は、結果として戦闘高度や高高度などでの性能を向上させる双発の採用などに繋がっている。 整備箇所を減らすことに繋がるデザイン、乾式、被弾に備えた油圧、電気、操作系統の、墜落に対する耐衝撃性能を有する乗員並びに搭乗員の座席、のデュアル化並びに耐被弾性能。 静粛性が高く耐被弾、耐衝撃性能を有するメイン並びにテールローター、耐衝撃燃料システム などが要件として定められている。 なお、採用前のテスト飛行で墜落事故を起こしているが、死者は無く、メインローターの修理のみで飛行可能であったという。 10月に初飛行を行ったYUH-60Aは4機が製作されている。 アメリカ陸軍への試作機の納入に先立ち、安全に試験飛行が行えるか予備評価試験が11月に行われている。 この試作機の内3機は3月にライバルであるに先んじて納入され、残りの1機は内部検証用にによって確保されている。 アメリカ陸軍は1976年12月にや夜間航法装置を装備した形でUH-60の生産開始を指示し、UH-60Aの納入は10月に始まり、6月に正式運用が開始されている。 改良・種類 [ ] 運用開始後、敷設やなど新たな任務に向けた改良が始まっている。 EH-60はを目的として開発され、支援用にMH-60などを開発している。 は新規作戦に伴う機器の増加による重量増加に対し、UH-60Lへの改良をに命じ、この改良は標準設計としてUH-60Aに反映されている。 UH-60LにはT700-GE-701C と強力なギアを搭載したことにより、より多くの吊り上げを可能とし、これは、の生産に生かされている。 また、その吊り上げ能力は1,000 450 -9,000ポンド 4,100 kg 近く増加している。 UH-60Lは更にSH-60から Automatic Flight Control System, AFCS を導入し、強力なエンジンにより飛行性能に寄与している。 L-モデルの生産は、に開始されている。 次にまで設計寿命の延命を行うためUH-60Mがに認可されたことにより改良が始まり、T700-GE-701D エンジンと新型回転翼の採用が行われ、 ナビゲーション、飛行制御、計測機器など新型への換装も行われている。 は新変種の少数の初期生産を承認後 、に生産を開始し 、同年7月に22機の新UH-60Mが納入されている。 この機種の評価を行い承認されたことにより1,227機の5年契約が締結され 、100機のUH-60Mが3月に陸軍へ納入されている。 に発生した(作戦名:ジェロニモ E KIA)ではが強襲作戦用に従来のUH-60に比べ極度に改良されたUH-60を使用しており、改良された尾部、騒音対策のための特別仕様回転翼などが使用されている。 この機体はの回避を目的としており、と同等のを有しているとされる。 また、この機体はに見られる特殊素材、鋭角なデザインが見受けられ、作戦に使用された内の一機が機体故障により不時着したことで明るみに出ており、この事故機は尾部を残し破壊処理されている。 なお、低視認性を有するUH-60の研究は半ばまで遡り行われている。 機体 [ ] UH-60は、メイン、テールローター共に4枚の羽根を有した回転翼によって構成され、社製型によって動力を与えられている。 回転翼は折りたたみ式であり、展開時は製のローターヘッドに固定される。 テールローターは傾斜が付けられており、剛性構造である。 による航空を目的とした陸軍の要件を満たすため低全高形状となっている。 MEDEVAC形態 ブラックホークシリーズは、、戦術輸送、、医療搬送 Medical Evacuation, MEDEVAC 、戦傷救難活動 Casualty Evacuation, CASEVAC 、避難救助など多目的な用途に使用することが可能であり、として知られる仕様は、コールサイン「マリーンワン」として並びに政府関係者専用機として運用されている。 Air assault では1個分隊11名とその装備、もしくはおよび30発と4名のを同時に運搬することが可能である。 胴体上部左右に10,000ポンド 4,500 kg の積載が可能な外部搭載支援システム External Stores Support System, ESSS を裝着することにより追加される左右2箇所ずつのに、 4連装、2. 75インチ(約70 mm)19連装ポッド、、同じく片側に230(870)計450ガロン(1,700リットル)合計4つのなどを搭載することができる。 このため、の開発費の高騰に対して代わりに利用することも検討された。 なお、ESSSシステムはに使用され始めているが、片側に2つの増槽を取り付けた状態ではの射撃に支障が出ることが判明し、問題解決のため専用のが取り付けられた External Tank System, ETS が開発されている。 調達価格は仕様、装備や調達数によって異なる。 一例として採用のUH-60Lは590万であり、採用のMH-60G「ペイブホーク」は1,020万ドルである。 運用 [ ] アメリカ陸軍 [ ] 、上空を飛行するマイク・デュラントのスーパー64 UH-60は、に初導入されており 、初陣はのであったが、は配備が間に合わなかった。 その後、のに続き、のには300機以上が投入された大規模な作戦に参加。 には、その後映画化され著名になったに参加しており、その他、にはやなどでの作戦にも参加し、近年が関与した、などのほとんどに参加している。 には強襲作戦において高度に改良されたUH-60がのに使用されている。 この作戦中に1機が故障により不時着し、作戦終了後、シールズによって爆破処理が行われている。 部隊は2機の内の1機にウサーマ・ビン・ラーディンの遺体を載せ現場を後にしている。 この2機のMH-47は作戦に使用されたUH-60への任務用を兼ねたバックアップ機であった。 幾つかのメディアによると、政府はに墜落したUH-60の残骸調査をに対し認めたと報道している。 しかし、パキスタン政府と政府はこの報道を否定しており 、米国政府も中国による機体調査の事実確認は取れていない。 日本 [ ] ・には救難任務仕様のUH-60J、には多用途仕様のUH-60JAが導入されている。 イスラエル空軍のUH-60L ヤンシャフ IAF は、にから10機のUH-60Aを受領し 、に配備した。 これ以降、で使用されているの代替を開始した。 IAFは4月に行われたのに対する「怒りの葡萄作戦」に始めてUH-60を投入している。 1997年にはアメリカ陸軍向けのUH-60L相当の改修機であるS-70A-50の導入を開始した。 3月、を訪問したのための特別として使用している。 3機がこの任務に就き、1機は教皇用として、1機は医療班を乗せたメディカル機として、残りの1機はバックアップ機として使用されている。 2002年にはのもS-70A-50に更新された。 なお、11月時点でIAFは49機のUH-60を保有している。 メキシコ [ ] は、にをするためUH-60Lを2機購入し、には4機を購入している。 8月、9月に掛け連邦警察によりUH-60を使用した組織に対しての攻撃に使用されている。 、は麻薬・武器取り締まり任務向けのUH-60Mを3機購入している。 台湾 [ ] 詳細は「」を参照 トルコ [ ] は、やでの任務にUH-60を運用している。 採用は一般入札によって競われ、ライバルであるAW149を下し採用された。 進行中のプロジェクトとして国内生産分での115機を発注しており、トルコ航空宇宙産業は最終的な接合組み立てを担当する予定である。 、トルコは公開入札のため、シコルスキーT-70の選択を発表している。 その他 [ ] は、を通じUH-60Mを要求しており、機体の他、・警告やシステムを含んでいる。 11月までに20機のUH-60Lを受領する予定である。 は、2008年に対外有償軍事援助を通じ、15機のUH-60Lを要請している。 は、9月に対外有償軍事援助を通じ、15機のUH-60Mを要求している。 、防衛大臣は交渉はほぼ確定していると発表しており、納入開始はを予定している。 これに伴いが2011年夏に訓練を開始した。 までに完納する予定である。 2011年、はこの要求分15機の早期納入を発表した。 種類 [ ] 多目的であるUH-60は、数多くの派生型や亜種が生産開発されており、民生品は の名称で販売されている。 諸外国には軍用機であったとしても、対外有償軍事援助ではなく民間ベースの契約(直接商業売却)で販売された場合はS-70の名称が使われている。 汎用型 [ ] YUH-60A 試験、調査目的で製作された試作機。 初飛行。 4機が製作された。 UH-60A Black Hawk 採用型。 4名の乗員と11名のが搭乗可能。 T700-GE-700 搭載型。 — まで生産された。 UH-60C Black Hawk を搭載した改良型。 CH-60E 提案型。 UH-60L Black Hawk T700-GE-701C エンジンに換装。 耐久性を向上させたギアボックス、飛行制御システム改良型。 1989年 — まで生産された。 UH-60M Black Hawk 翼弦が広げられたテールローターを採用。 強化型ギアボックス採用 Integrated Vehicle Management Systems, IVHMS。 生産開始。 UH-60と置き換え。 UH-60M Upgrade Black Hawk UH-60Mのアップグレード型。 Common Avionics Architecture System, CAAS 型 の採用。 飛行試験開始。 特殊形態 [ ] EH-60A Black Hawk が増えたことによる電力確保のため、電気系を2系統化した強化型。 この改良は基本型UH-60Aに反映されている。 YEH-60B Black Hawk UH-60Aの改良型。 特殊と搭載。 を試験的に搭載した。 EH-60C Black Hawk UH-60Aの改良型。 特殊電装機器と外部を搭載。 この改良は基本型UH-60Aに反映されている。 EUH-60L UH-60Lの改良型。 指揮および統制システム C2 を搭載。 EH-60L Black Hawk EH-60Aの改良型。 搭載機器の改良が行われた。 UH-60Q Black Hawk UH-60Aの改良型。 負傷兵搬送業務であるCASEVACを目的とした医療任務型。 別名「ダストオフ dedicated unhesitating service to our fighting forces, DUSTOFF 」。 HH-60L UH-60Lの高度改良型。 医療任務に特化した機体。 救助用、統合型全身患者固定システム、搭載型酸素供給システム、耐衝撃座席などが装備されている。 HH-60M Black Hawk 型。 UH-60Mに医療機器を搭載したMEDEVAC対応型。 MH-60A Black Hawk 米陸軍型。 30機のUH-60Aが改良されている。 アビオニクス改良として・を搭載し、にを採用した。 を追加。 用に前半から使用が開始されている。 T700-GE-701 搭載。 で使用されている。 このMH-60Aは前半にMH-60Lに置き換えられているが、運用分は見送られた。 MH-60K Black Hawk 米陸軍型。 特殊作戦仕様。 に第160特殊作戦航空連隊によって使用開始されている。 用のプローブ装備。 T700-GE-701C エンジン搭載。 MH-60L型を更に優位にしている。 の採用。 カラー、改良された防御電子機器などを搭載。 MH-60L Black Hawk 米陸軍型。 特殊作戦機の改良型。 第160特殊作戦航空連隊にて使用されている。 UH-60L、T700-701C エンジン搭載型を基にしている。 これは、1980年代に開発が保留されていたMH-60Kの暫定型として使用された。 使用された機器はMH-60Kに引き継がれている。 MH-60Kに搭載された機器の他、や増槽なども追加されていた。 37機のMH-60Lが製作され、この内10機程度には空中給油機構が取り付けられている。 DAP形態 MH-60L Direct Action Penetrator DAP 米陸軍型。 MH-60Lを基にした特殊作戦機の改良型。 第160特殊作戦航空連隊にて使用されている。 DAPはESSSまたはETS翼が装備された。 、ポッド、その他のが施された型があり、ドアガンにはM134D ミニガンが搭載された。 MH-60M Black Hawk 米陸軍型。 UH-60Mを基にした特殊作戦機の改良型。 新型コックピット CAAS の採用。 グラスコックピット、YT706-GE-700 エンジンの搭載。 MH-60 Black Hawk stealth helicopter MH-60の改良型。 1ないし2機が製作されたと見られ、に使用された。 UH-60A RASCAL で使用された。 の運動性能検証のため「 Rotorcraft-Aircrew Systems Concepts Airborne Laboratory」によって製作された。 VH-60D Night Hawk 型。 HH-60Dを基にした仕様。 政府要人に使用された。 T700-GE-401Cエンジン搭載。 この型はVH-60Nに置き換えられた。 VH-60N White Hawk 米海兵隊型。 プレジデントホークとも。 UH-60Aを基に製作されたであり、僅かにの装備が導入されている。 に使用を開始し、9機が納入された。 や、その後継機であるに比べ、への搭載が比較的容易であることを利用して外遊に用いられる。 しかしその分が非常に狭く、要人用としては乗り心地が劣るとして不評である [ ]。 、などのを搭載し、小型、などのを施した仕様。 との共同開発であり、エルビット・システムズ社によって製造されている。 AH-60L Battle Hawk プロジェクトAIR87計画によりに採用される予定であったが入札に失敗。 UH-60P Black Hawk 採用型。 UH-60Lを基に多少の改善が行われている。 ・航空宇宙事業本部により150機が国内生産されている。 S-70A [ ] による輸出軍用型。 S-70A-1 Desert Hawk 輸出型。 S-70A-L1 Desert Hawk サウジアラビア陸軍にて採用されている負傷兵搬出任務機。 S-70-5 Black Hawk 輸出型。 S-70-6 Black Hawk 輸出型。 S-70A-9 Black Hawk 輸出型。 デ・ハビランド オーストラリアによる。 最初の8機は に納入され、その後、により運用されている。 残りは直接陸軍に納入されたが、に空軍によって回収されている。 S-70-11 Black Hawk 輸出型。 S-70-12 Black Hawk 型。 、にて採用されている。 UH-60Jとしても知られる。 S-70-14 Black Hawk 輸出型。 S-70-17 Black Hawk 輸出型。 S-70-18 Black Hawk 輸出型。 UH-60P、HH-60Pのモデル。 によるライセンス生産。 AWS-70としても知られる。 向けの1機のみ製造されている。 S-70-20 Black Hawk タイ輸出型。 S-70-21 Black Hawk 輸出型。 S-70-22 Black Hawk 韓国輸出型。 要人輸送仕様であるVH-60Pのライセンス生産モデルであり、によって運用されている。 通常型のHH-60Pと区別するために胴体先端部が白色に塗装されている。 S-70-24 Black Hawk 輸出型。 S-70-26 Black Hawk 輸出型。 S-70-27 Black Hawk 捜索救難型。 政府により運用されている。 3機製造。 S-70A-30 Black Hawk 輸出型。 要人輸送仕様。 生産数1機のみ。 S-70A-39 Black Hawk 輸出型。 要人輸送仕様。 生産数1機のみ。 S-70A-42 Black Hawk 輸出型。 S-70A-43 Black Hawk 輸出型。 S-70A-50 Black Hawk 輸出型。 S-70i Black Hawk UH-60Mをベースにした軍事用輸出型であり、の( ポーランド・アビエーション・ワークス 現在はシコルスキーの傘下)によって組み立てが行われている。 トルコはこのS-70iにトルコ製アビオニクスを搭載したモデルを T70として採用した。 派生型 [ ] SH-60 シーホーク [ ] UH-60 ブラックホーク採用国• - UH-60(1,349機)EH-60(64機)MH-60(58機)運用中• - UH-60(12機)運用中。 に15機を要求している• ブラジル空軍 - UH-60L(4機)を運用中であり、2008年11月に6機を発注• - 時点でS-70B(4機) にS-70Bを2機要求している• - UH-60L(S-70A-24 6機)• メキシコ空軍 - UH-60M武器・麻薬取締り任務仕様(3機)• 連邦警察• 警察 - UH-60(1機)• コロンビア国家警察 - 8月時点で7機受領済み。 UH-60L(1機) オーストラリア陸軍採用型のS-70Black Hawk• - 2010年1月時点でS-70A-9(35機)• - ( 59機 [ ]• - UH-60JA(40機)• - VH-60P(10機)• - UH-60P(7機) 、MH-60R(12機)• - UH-60P(91機)• - 2008年時点でS-70C(22機)を所有。 に所属し地域での高高度地域輸送や人道支援用途で運用されている。 このS-70C型はT700-701Aエンジンを搭載しており、人民解放軍空軍所有のヘリコプターの中で最も高高度飛行ができる。 政権下での対中輸出管理の見直しでから中国に渡り、シコルスキーは100機のS-70を輸出できると予想していたが、での米国の禁輸により22機に留まった ()• - S-70C(8機) 、UH-60M(15機)• - S-70C サンダーホーク(S-70C M -1 10機 S-70C M -2 11機) 2008年にはS-70C(19機)を受領• - UH-60M(30機)• 空勤總隊 - UH-60M(14機)• - UH-60L(S-70A-43 7機)運用中• - UH-60S 2機• - UH-60L(2機)、S-70A要人仕様(1機)• - UH-60A要人仕様(S-70A 2機)• - UH-60A(1機)、UH-60L(1機)、にUH-60Mを9機発注している 2008年時点でS-70A-50(UH-60L相当)(49機)運用中• デザートバード・スコードロン - 2002年からS-70A-50の運用を開始。 ローリングソード・スコードロン - 1994年からUH-60A、1997年からS-70A-50の運用を開始。 UH-60L(8機) 2008年11月に4機追加。 UH-60M(62機)を発注しており2011—までに納入予定である [ ] 2008年UH-60L(15機)運用中• 乗員: 2名• 全長: 19. 76 m (64 ft 10 in)• 全高: 5. 13 m (16ft 1in)• ローター直径: 16. 36 m (53 ft 8 in)• : 4,819 kg (10,624 lb)• 運用時重量: 9,980 kg (22,000 lb)• : 10,660 kg (23,500 lb)• 29 (193 kt)• 24 (159 kt)• 23 (150 kt)• フェリー飛行時航続距離: 2,220 km (1,380 ) 外部搭載支援システム ESSS および装備時• 実用上昇限度: 5,790 m (19,000 ft)• 上昇率: 3. 円板荷重: 35. VOLCANO 散布システム• 以下は外部搭載支援システム ESSS に搭載可能な• 62mm or 20mm or )• 固定武装: なし 使用されている単位の解説はをご覧ください。 登場作品 [ ] 映画 [ ] 『』 機が登場。 主に怪獣の追跡に使用される。 ではをで攻撃するが、ムートーの翼でされる。 『』 アメリカ軍機が多数登場。 やと共に上空を飛行しており、その後のとの戦闘にも参加する。 『』 壊滅のため、をカルテルの本拠地がある領内へ極秘にする。 『』 冒頭のラデク捕獲にて、ラデクを捕獲した・合同を回収する。 また、がにされたことを受け、をまで輸送する。 『』 を乗せてホワイトハウスの奪還を試みるも、のに撃墜される。 終盤、テロリストの要求に従う形でテロリストと人質を乗せて離陸するも自爆攻撃により破壊される。 『』 VH-60Nプレジデントホークが3機登場。 テロリストに襲撃された、主人公、長官を乗せを脱出させようとするがテロリストので撃墜される。 『』 『』 MH-60の2機が殺害を目的とするNavy SEALsを中心としたをウサーマの潜伏先に輸送する。 うち1機は機体故障により墜落、爆破処理される。 『』 終盤、とともに多数の機体がに飛来し、孤立していた避難民を救助する。 『』 機が随所に登場。 終盤にも主人公からオールスパークを回収するために出動するが、に撃墜される。 『』 でディセプティコンと交戦するも1機が撃墜される。 での戦闘では機がNEST部隊支援のために出動するが撃墜される。 『』 NEST本部に駐機しているほか、国防総省付近を飛行している。 『』 アメリカ陸軍機がに現れたロックダウンの宇宙船に対して出動する。 『』 対トランスフォーマー部隊「TRF」所属機として登場するほか、ヨルダン軍機、アメリカ軍機も登場する。 『』 「」を行う際に所属の2機が登場する。 夜陰に乗じて建物に接近するが、らを降下させる直前に護衛のから銃撃を受け、1機が不時着し、爆破処理される。 『』 ナイトストーカーズ所属のMH-60Lが登場する。 を乗せて目標のオリンピックホテルまで移動し、全隊員をさせる。 降下させる際に、による攻撃を避けたはずみでトッド・ブラックバーンが落下する事故が起きたものの、ソマリア民兵に対してのでを行うなどしてレンジャーを支援し、作戦を遂行するが、クリフ・ウォルコットの操縦する「スーパー61」がテールローターにRPG-7の直撃を受けて墜落する。 その後も、マイク・デュラント准尉が操縦する「スーパー64」もRPG-7がテールローターに直撃し、数分は飛行していたものの、コントロールを失い墜落する。 『』 デルタフォースを乗せてホワイトハウスの奪還に向かうが、途中でに見つかりテロリストの放ったで撃墜される。 『』 スーパーマンをに引き渡す際に登場。 『』 ラストシーンに赤十字を付けたの機体が登場する。 漫画・アニメ [ ] 『』 が侵攻の際に使用する。 『』 南アタリア所属機として登場しており、「」にを迎えに向かう。 は「ハワード 06」。 『』 主にの移動手段として登場する。 小説 [ ] 『』 から譲り受けた中古機を図書隊が使用している。 『』 ゲーム [ ] 『』 「HH-22 Savior」の名称で登場する。 『』 を起こしたのとしてUH-60Aが登場。 『シリーズ』 『』 アメリカ軍陣営で使用可能な汎用ヘリコプターとして登場する。 『』 主人公の回収時や地にする際に登場。 操縦できるのは一部のミッションとマルチプレイ時のみだが、上手く撃ち落としてを追い出せば操縦することが可能。 『』 同機をモデルとしたヘリコプター「EAGLE」を・が使用。 とポッドを装備した仕様も登場する。 『』 前作に引き続き登場。 『THE スナイパー2』 最終ステージに登場する。 『 ()』 陣営のアメリカ軍デッキで使用可能なヘリコプターとしてM134を搭載したUH-60Aと・M134・を搭載したMH-60Lが登場する。 『』 一部マップに登場する。 ミニガン搭載バージョンと搭載バージョンがある。 『』 MH-60が登場。 プレイヤーが操縦することはできないが、M134のになれるほか、護衛対象機として登場する。 ノーマッド隊の「ノーマッド62」は登場する度に堕とされているが、毎回何事も無かったかのように復帰している。 『』 『』 同機をモデルにしたヘリコプター「ANNIHILATOR」が登場しており、が運用している。 武装は、4丁のだが、稼働するのは2丁のみ。 カラーリングがのものと酷似している。 『』 ゲーム内名称は『GTAIV』と変わりないが、特殊部隊が運用しておらず、通常プレイでは出現することもなくなってしまった。 しかし、稼働するガトリング機銃が4丁に増えた。 『』 『』 主人公、スコット・ミッチェル率いる第7特殊部隊「ゴースト」が使用。 M134を装備している。 『』 前作に引き続き、「ゴースト」が使用する他、米軍の輸送ヘリコプターとしても登場。 ゴースト仕様機はM134を装備し、一般仕様機とは異なる。 劇中ではゴーストの支援を担当するジョッシュ・ローゼンが搭乗する「ブラックホーク5」が墜落してローゼンもにされるが、ミッチェル達に救出された後は新たに「ブラックホーク9」に搭乗し、引き続きミッチェル達を支援する。 『』 「ゴースト」のセドリック・ファーガソン大尉、別名「ゴーストリード」率いる「ハンターチーム」が移動手段や敵地からの脱出手段として使用。 ドアガンとしてM134を装備し、対地攻撃や対空攻撃にも用いられる。 また、でクーデターが発生した際にはのUSS「キングスマウンテン」の艦上より、モスクワのからの脱出に対する増援として複数機が次々に発艦していった。 『』 冒頭で、ノマドことアンソニー・ペリーマンをリーダーとする「ゴーストチーム」の4人と、のカレン・ボウマンがに現地入りする際にを装った本機を使用する。 その後のゲーム本編内では、ボリビアに本拠地を置く発祥の「サンタ・ブランカ」や、カルテルの力に屈して黙認する道を選んだボリビア政府下の軍事警察部隊「ユニダッド」のヘリコプターとして登場する。 ドアガンとしてM134を装備し、上空からを仕掛けてくるが、着陸状態であれば奪って使用することも可能である。 『』 『』 米軍・のヘリとして登場。 『』 米軍のヘリとして登場。 ガンナーとしてミニガンを操作できる。 『』 米軍のヘリとして登場。 ガンナーとしてミニガンを操作できる。 『』 米軍・SDCのヘリとして登場。 時代背景がの近未来なため、を考慮して角ばった外見になっている。 『』 米軍のヘリとして登場。 ドアガンとしてミニガンが搭載されている。 『』 の敷地内を飛行している。 『』 ステラ・メイナードが主人公アイヴァンやボブ率いるデルタフォースを回収すべく使用するが、着陸後にスクールオブデモクラシー S. D の攻撃を受けて破壊されてしまい、止む無くアイヴァンとステラの2人だけで近くのに放置してあったで脱出を試みる。 この手のゲームでは珍しくメーカーからライセンスを取っており、航空機はほぼ実名で登場する。 『』 トレイラーではアンブレラ社仕様のブラックホークが、ゲーム内でも前者とカラーリングなしのブラックホークが登場する。 『』 『』 の輸送ヘリコプターとしてL型を使用可能。 武装としてM134とロケット弾ポッドを搭載している。 『』 シングルプレイにのみ登場する。 主人公らを輸送するほか、「スーパー65」が墜落するという映画『』のパロディシーンがある。 『』 マルチプレイにて登場。 キャンペーンでも主人公たちの移動手段の1つとして登場する。 『』 が使用する汎用ヘリコプターとして登場するほか、が使用する汎用ヘリコプターとしてMH-60が登場する。 両陣営ともにドアガンとしてM134を搭載している。 『』 MH-60が登場。 プレイヤーはガンナーとして操作できる。 『』 本機をベースとしたオリジナルのヘリコプター「UTH-66 Blackfoot」が登場する。 改造を施すことによってやロケットポッド・などを搭載できる。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 正確には機でではない• , pp. 8—10. , pp. 11, 39. 『アメリカ特殊部隊』、 [ ]。 , pp. 39, 42—43. , pp. 42—48. , p. 165. Eden, Paul. Amber Books, 2004. , pp. 15—29. 217—218. Sikorsky Aircraft, 4 April 2005. , pp. 233—236. Sikorsky Aircraft, 31 July 2006. Army-Technology. com. Reuters, 25 March 2009. 2011年5月5日. 2011年5月5日閲覧。 ABC World News, 4 May 2011. 4 May 2011 , , Army Times , 2011年5月7日閲覧。 Retrieved 23 August 2011. "Sikorsky H-60 Black Hawk". Army Aircraft Since 1947. Schiffer Publishing Ltd. , 1997. Global Security• US DoD• US Department of the Army, 26 September 2000. Hosted on GlobalSecurity. org. Accessed: 15 April 2009. DTIC. mil• , Global Security• , Vectorsite. net, 1 July 2006. Sweetman, Bill. [ ]. Aviation Week, 4 May 2011. Page, Lewis. The Register. 2011年5月5日閲覧。 [ ]. Yahoo. com, 2 May 2011. , Political punch, ABC News, May 2011 ,• Sweetman, Bill. [ ]. Aviation Week, 6 May 2011. Retrieved: 8 May 2011. BBC. com BBC. 2011年8月15日. 2011年8月15日閲覧。 CNN. com CNN. 2011年8月15日閲覧。 FoxNews. com Fox News. 2011年8月15日. 2011年8月15日閲覧。 Leoni 2007, pp. 270—273. SpanishDict. com. Retrieved on 30 September 2009. Poetic. Harpy, a bird of prey represented by poets. f "• , pp. 278—279. [ ] Official Israeli Air Force website. Retrieved: 30 September 2009. , pp. 278-279. , 11—17 November 2008. acig. org• MSNBC, 16 July 2009. CNN, 3 August 2009. 25 August 2011• Taiwanairpower. org. 11 November 2008. Taiwanairpower. org. April, 2008. US Defense Security Cooperation Agency, 29 January 2010. Flight International, 31 January 2010. 2020年1月3日. 2020年1月6日閲覧。 Flight International, 9 April 2009. Today's Zaman, 6 April 2009. (トルコ語). Istanbulhaber, 21 April 2011. Defense News 2011年4月21日. 2011年9月24日閲覧。 Flightglobal. com. 2011年9月24日閲覧。 US Defense Security Cooperation Agency, 9 September 2008. Rotorhub, 2 November 2010. defenseindustrydaily. com, 15 September 2009. US Defense Security Cooperation Agency, 29 September 2010. 2010年10月7日閲覧。 2011年4月9日閲覧。 Sikorsky 2011年5月18日. 2011年6月24日閲覧。 Army Fact Files. 2010年6月2日閲覧。 DoD, 12 May 2004. "Sikorsky S-70". The Complete Encyclopedia of World Aircraft. , pp. 217—224. , pp. 233—244. Sikorsky Aircraft, 10 June 2008. Sikorsky, 29 August 2008. — US Army, 4 March 2010• , p. 224. Sikorsky. , pp. 21—23. 20, 22. , p. 26—29. Jane's Helicopter Markets and Systems, 2011. 23—26. Robertson Fuel Systems• 160th SOAR's web page. "Sikorsky S-70 H-60 — US Army MH-60 Upgrades". Jane's Aircraft Upgrades, 2008. "Sikorsky S-70 H-60 Upgrades". Jane's Aircraft Upgrades, 2011. National Journal. 2011年5月3日. newsmax. com. 2011年9月30日. , 3 May 2011 ,• Scienceblog. com 1992年3月4日. 2011年9月24日閲覧。 archived from [ ] on 26 November 2006• , p. , pp. 214—215. Mhi. jp 2005年3月31日. 2011年9月24日閲覧。 , pp. 270—272. Encyclopedia. com. 2011年9月24日閲覧。 John Pike. Globalsecurity. org. 2011年9月24日閲覧。 retrieved 19 June 2010• airliners. net. 2011年9月24日閲覧。 mamboccv. com• helis. com• Flight International, June 8, 2010. 2010 Aerospace Source Book. Aviation Week and Space Technology, January 2010. Espacoaereo. wordpress. com 2011年2月27日. 2011年9月24日閲覧。 US Defense Security Cooperation Agency, 15 September 2008. AirForces Monthly, 29 December 2009. Defense Industry Daily, 6 January 2010. , pp. 285—286. APP. com 2011年8月24日. 2011年9月24日閲覧。 El Universal 2009年7月18日. 2011年9月24日閲覧。 Milenio. com. 2011年9月24日閲覧。 Hoyle, Craig. Flight International, 9 August 2010. Sikorsky, 4 November 2008. , pp. 266—268. 「海外艦艇ニュース 艦載ヘリコプターに関する話題」 『』第911集(2019年11月号) P. 166• AirForceWorld. com. 2011年8月25日閲覧。 , pp. 292—98. 306—311. ロッキード・マーティン 2011年8月9日. 2011年10月27日閲覧。 313—314. , pp. 257—259. , pp. 273—274. , pp. 262—264. , p. 314. Sikorsky to Make Naval Helicopters in India2015年2月20日閲覧- WSJ• The Encyclopedia of Modern Warplanes. London: Aerospace Publishing Ltd. , US Army. Frawley, Gerald. Aerospace Publications, 2002. 11, 14—15. 2007年4月8日閲覧。 参考文献 [ ]• Bishop, Chris 2008. Sikorsky UH-60 Black Hawk. Osprey. Leoni, Ray D 2007. Black Hawk, The Story of a World Class Helicopter. American Institute of Aeronautics and Astronautics. Tomajczyk, Stephen F 2003. Black Hawk. MBI. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 (英語)• - チャンネル (英語)• (英語).

次の

ステータス

ステルス ヘリ

视频播放位置 【英紙タイムズ電子版 5日】墜落した米ヘリコプターはおそらく極秘のステルス機 パキスタンに潜伏していた国際テロ組織アルカイダの最高指導者ビンラディン殺害任務で墜落したヘリはこれまで公開されたことのない、レーダーに探知されにくいステルス機ではないかとの見方が専門家の間で出ている。 米軍がパキスタンの領空から離陸する際、パキスタン軍事当局は数機の戦闘機に緊急離陸を命じたにすぎなかった。 この技術がパキスタンの盟友で、すでに独自のステルス技術開発を行っている中国の手に渡るのを米政府が望むはずがない。 中国初のステルス機「殲(J)20」は今年1月、初飛行を終えたばかりだ。 同機には、90年代のコソボ戦争で墜落した米ステルス機「F-117」を模した技術が使われていると推測されている。 【米クリスチャン・サイエンス・モニター 5日】ステルスヘリ:シールズ突撃隊はビンラディン襲撃に秘密兵器を使ったか? 米軍はビンラディンの邸宅に不時着したこのヘリを爆破するつもりだっが、後部が無傷の状態で邸宅の壁の外に残ってしまった。 ヘリの残骸の写真が公開されるや、このヘリが「ブラックホーク」の特徴と、ステルス性ジェット戦闘機の特徴を備えていると軍事機に詳しい専門家は判断。 パキスタン当局は2日、不時着したヘリの残骸に防水シートをかぶせ、トラックに積んで運び去った。 元ホワイトハウスの対テロ専門家のリチャード・クラーク氏は、パキスタンと中国の関係は親密であることから、米国が残骸の最終的な行方を懸念するのには理由があるとした。 クラーク氏は4日、ABCテレビで、「ペンタゴンは機体の残骸の一部がステルス機開発を進める中国に渡っているのではないかと懸念している」と話した。

次の

「SEALSステルス・ヘリ使用!??」☆大佐☆のブログ | 放し飼い不良老人 The Isle of Islay

ステルス ヘリ

ステータス 概要 マイケル、フランクリン、トレバーの主人公3人は、それぞれの生い立ちや仕事柄などに応じて、開始時のプレイヤースキルの値が異なる。 各主人公のスキルは経験を積むことで向上し、ゲームを進めるにつれ、各主人公が持つ固有の特殊能力や、体力、スタミナが高まっていく。 オンラインキャラクターにおいても基本的に上げ方は同じ。 キャラクターの作成時にある程度自由にスタート時のステータスを割り振れる。 オンラインキャラクターでは特殊スキルがなく、「ライフ」と「感情」というステータスが追加される。 や、等、複数のメンバーが必要かつチームライフがゼロの状態でいずれかのプレイヤーが死亡すると即失敗になるミッション系ジョブを野良でプレイする際には、上げにくいステータスを気にされることが多い。 メンバーの判断材料がステータスやランク等の僅かな情報しか無いためである。 共通 Stamina(スタミナ) スタミナが増えれば、疲れることなく長い距離をダッシュしたり、泳いだり、自転車をこいだりできるようになる。 このスキルは、ダッシュ、水泳、自転車に乗ってれば上昇していく。 ダッシュボタンとスティックを固定して放置(広い場所でぐるぐる回り続けるようにする)すると楽。 スタミナを最大まで上げるとスタミナ無制限になる。 で確認済み Shooting(射撃) 射撃スキルが上昇すると、銃使用時の反動が減って、命中精度が上がる。 また、リロードが素早くなり、携帯できる弾薬の所持数が増える。 多くのターゲットに命中させるほどスキルが上昇し、ヘッドショットの場合はさらに効率よく上がる。 銃での攻撃であれば打撃攻撃でも上がる(「射撃」なのに。 ただし、MODを入れない限り基本的に気にする必要はないが、打撃攻撃も銃弾が一切効かない人や動物が相手だと全然ダメージを与えられない)。 弾薬が勿体無いなら銃で殴りまくろう。 オフライン 射撃練習場で射撃チャレンジに挑戦すれば、素早く上昇していく。 また動物にヘッドショットを決める手もある。 オンライン 敵を倒したりヘッドショットを決めれば上がっていくらしく、射撃練習場のジョブをやっても上がりにくい。 サバイバルがもっとも効率良く上がっていくが、普通にジョブをこなしてランクを上げていけば自然とカンストする。 レースクリエイターにてライフとAPピストルやマイクロSMGを配置してGTAレースの設定にし、クルマ装甲から警察の頭を撃ち抜いていくという手段は弾薬代がかからない。 ただし壁を作る等して警察の来る方向を制限しないと殺されるので気を付ける必要がある。 プレイヤーやNPCが乗っている乗り物を撃ちまくるという手段もある。 クルマ装甲や戦車などに乗ってもらい、エンジンや燃料タンクの無いところを撃ちまくることで射撃スキルをあげることができる。 Strength(体力) 強さが上昇すれば、素手でのダメージ・はしごを上るスピードが上昇し、落下・爆発等で受けるダメージが減少する。 強さは 素手での 格闘、テニス、ヨガ、ゴルフなどで上昇する。 車とかを殴っていても上昇する 走った場合、5㎞毎にアップ。 過去作GTA SAのように体力ゲージが上昇することは無い オフライン 3人以上が乗っているバスを殴るか上に乗り踏み続けると上昇が早い。 これはおそらく乗っている人数分をまとめて殴った扱いになっていると思われる。 バスの上でカーサーフィンしながらひたすら踏みつけてもいいが、衝突で振り落とされ逮捕される危険性がある。 強奪して地下鉄へ逃げ込み、バスの上に乗って踏み続ける方法が安全で効率的。 乗客が逃げないよう、入り口を封鎖するように停めること(主人公は封鎖されても降りられる)。 オンライン 基本体力の少ないオンラインにおいては最も重要なスキルなので早めに上げておこう。 走っても体力は上昇しない。 ソロでゴルフの3か6コースのみを回していけば約3時間ほどでMAXになる。 もしくはジェロのミッションで市民を殴り倒す(ジェロのミッションは基本手配されない) おすすめは「」。 粉の回収前後に、マスク屋の前の歩道の市民を、ダッシュしながら手当たり次第に殴る。 こちらもおよそ1時間。 被害者の落とす金を拾いながらやるとさらに時間はかかるが、結構貯まる。 クリエイトで殴りのみのデスマッチを作成してテストモードでやる。 通常プレイでは上げにくいステータスのため、野良強盗等でプレイヤーの質を問うバロメーターとなりやすい。 Stealth(ステルス) ステルススキルが上昇すると、ステルスモードや通常の移動モードでより静かに移動できるようになる。 また、ステルスモード時の移動速度も上がる。 このスキルは、ステルスモードで移動、ステルス中に気付かれる事なく敵を気絶させたり、ナイフで殺害すると上昇する。 オンライン ステルスモードでスティックを輪ゴムなどで固定しその場をぐるぐる回っていれば1時間も掛からずカンストする。 招待限定セッションかソロセッションで上げておこう。 または体力と同じように、「」などひたすらジェロのミッションで市民をステルスキル。 市民の後ろまで行ったらステルスモードにし、素手での気絶やナイフキル…を繰り返す。 デスマッチなどではステルスが低いと騒音の大きさで敵プレイヤーにかなり気づかれやすくなる。 チームデスマッチなどでは味方にも被害が出る場合があるので上げておいて損は無い。 またアップデートによりステルスを要求されるミッションも増えているので、オンライン開始当初より重要度は増している。 体力同様通常プレイで上がりにくいステータスのため、野良強盗等では気にされやすい。 ステルスが含まれるジョブでは特に気にされる。 Flying 飛行) 飛行スキルが低いと、乱気流の影響を受けやすくなり、飛行が不安定になる。 このスキルが上昇すると、スムーズな飛行と離着陸が可能になる。 スキル上昇に伴い、あらゆる航空機の操縦能力も向上していく。 飛行時間が長いほど、このスキルは上昇する。 飛行距離20㎞毎にアップ。 また、着陸をした際にもスキルは上昇する。 離着陸(タッチアンドゴー)を繰り返すのも一つの手。 オフライン フライト訓練所で訓練を受けたり、アンダーザブリッジ、ナイフエッジをすると効率的に上げることができる。 オンライン 飛行機でもヘリでも乗っていれば少しずつ上がっていく。 早めに上げたい場合はソロでもいいからエアレースを回そう。 ちなみにスキルが低くてもそれほど困ることはあまり無い。 ミッション「切望の入り江」ローテーションをできるようになれば、短時間の操縦でも確実に上がっていく。 アクセルとスティックを固定してぐるぐる回る方法でも可能だが、かなり時間がかかるので覚悟すること。 サンアンドレアス・フライト訓練所のプレイでも上がる。 前述の様にスキルが低くても航空機にあまり乗らないならゲーム的にはさほど支障は無いものの、飛行系の乗り物を長時間操縦しないと基本的に上がらないという特性上、航空機・ヘリの扱いに慣れているか否かという目安にはなる為、こちらも野良強盗等では割と気にされるステータス。 ジョブ中に飛行が含まれる場合では特に気にされる。 そうでなくてもそこそこのランクで飛行スキルが低いと、地雷だと思われやすい。 Driving(運転) このスキルが上昇すると、空中で乗り物をコントロールしやすくなり、簡単にウィリーができるようになる。 乗り物を事故らずに運転すればするほど、このスキルは上昇し、ウィリーや長いジャンプの4輪着地を行うと効率的に上昇していく。 走行距離20㎞毎にアップ。 気にしなくてもランク30を過ぎればほぼMAXになる。 空港など邪魔が入らない場所でアクセルとスティックを固定してぐるぐる走り回らせておくのもいい。 Lung Capacity(肺活量) 肺活量が上昇すると、潜水できる時間が長くなる。 水中で過ごす時間が長いほど上昇する。 (素潜りじゃなくても上昇する) オンラインでの上げ方はオフと変わらず、潜水を繰り返すだけで上昇していく。 連射コントローラがあると放置するだけで上げることが可能。 現状オン・オフ共に肺活量を上げても潜水系ジョブは少なく、そのジョブ中でも酸素ボンベ・リブリーザーが支給されるので鍛えなくても困ることは無い。 他のプレイヤーからも見ることが出来ないステータスのため、他人から気にされることもない。 オフライン専用 Special(特殊) 特殊能力を使用すると、強化されていく。 強化されるにつれ、特殊能力ゲージが貯まるスピードも上がっていく。 オンラインキャラクターの場合、このゲージ枠はランクのRPゲージに置き換わる。 ヘッドショット ステルスで敵に気付かれることなく倒す 高速で運転 フランクリン 運転中にスローモーションになり、ハンドリングが鋭くなる。 ジャンプ中に発動すると素早く地面に着地出来る、飛びすぎた時に有効。 衝突を間一髪で避ける 逆走 高速で運転 トレバー スタミナ無制限 敵に与えるダメージが2倍になり 自身が受けるダメージが半減。 マイケルほどではないが微妙にスローモーションが掛かる 敵を倒す ヘッドショット ダメージを受ける 高速で運転 マイケルとトレバーはグレイプシードの牛を殺すのが手っ取り早い。 牛はスポーン速度が速く、銃を向けても逃げないので格好の的。 サプレッサーを装着していれば通報される可能性も低くなるが、なるべく人気のない場所でやること。 オンライン専用 Max Health ライフ 最大HP。 このステータスが高いほど多くのダメージに耐えられ、死ににくくなる。 ランクに連動して上昇していき、ランク100でカンストとなる。 ライフが多いと何かと有利なため、なるべく早めにランク100に到達したい。 以下はランクごとのライフの具体的な値(正確には実数)。 100. 0を下回ると死亡するので(100. 0ちょうどでは死亡しない)、実質的なライフはこれらの値より100引いた値だと思えばよい。 ランク100以上: 328 プレイヤーのボディアーマーの耐久値(これも実数)はランクで変わることはなく、通常時は最大で50である(超重量アーマーを着ると最大まで増える)。 以下は一般市民や警察などのライフとボディアーマーの耐久値。 プレイヤーと比べてどれだけ違うかの参考に。 女性市民や弱い男性市民: ライフ150• 一般的な男性市民や女性ギャング: ライフ175• アーマーを着ていない警官や警備員や男性ギャング: ライフ200• アーマーを着ている警官: ライフ200、アーマー20• NOOSE隊員: ライフ200、アーマー100 Mental State 感情 他のステータスとは違い、上げると デメリットが増えるステータスである。 感情ステータスが上がっていくと、他プレイヤーのマップに表示される自分のアイコンがどんどん赤くなっていく。 これは、自分がどれだけ危険なプレイヤーであるかを示す度合となっており、最近のプレイ内容が乱暴で危険なプレイヤーか健全プレイヤーかを見分ける判断材料となる。 ただしあくまで「最近のプレイ内容」なので、白いアイコンだから安全と思って安易に他プレイヤーに近づくのは禁物である。 セキュリサーブ等の組織のボスになっている間は感情ステータスは上がらない仕様もある。 その他一部のフリーセッションイベント・ジョブ中を除き、感情レベルは以下の行為をすることによって上昇する。 NPCの殺害• 一般車両の破壊• 他プレイヤー 賞金首状態を除く の殺害• 個人車両の破壊 特に下2つは繰り返すと一気に上昇するので注意が必要。 このステータスがMAX値まで上昇すると「激昂」状態となりセッション内の他プレイヤー全員に通知される。 また「激昂」状態のプレイヤーを倒すとボーナスRPが得られるため、極力この状態になるのは避けたい。 このステータスを下げるためには時間の経過を待つしかない。 ガレージ内のような安全な場所で放置していても下がる。 激昂状態が嫌なら、安全な場所で無操作状態で除外されるまで放置すればいい。 1ゲージまで下がる。 野良強盗等では、感情が高いと「荒らしを好むプレイヤー」と思われやすい。 Job Point(ジョブポイント、JP) ステータスではない、オンライン固有のポイント。 各種ジョブを行うと増え、セッション内で蓄積していく。 セッションを切り替えるとリセットされる。 ただし現状ではジョブポイントの使い道は全くない。 プレイリストではプレイリスト中に獲得したJPで勝敗を決する。 Today - times Yesterday - times Total - times Real-time -people 今日.

次の