牛 ことわざ。 「牛」がつく熟語や用例・慣用句・名詞など:無料の漢字書き順(筆順)調べ辞典

「牛に引かれて善光寺参り」の意味と由来は?例文と類語も紹介

牛 ことわざ

意味 食事をした後に、すぐ、横になったり、眠ったりするのは、行儀が悪いので、 そのことをいましめた言葉。 解説 牛は、草を食べた後に、食べたものを、口の中に戻して、再び噛みなおすのが、 あたりまえのようです。 このことを反芻と言います。 食べ物を口へ戻すには、体を横にすると重力が小さくなり、食べ物が口のほうへ 戻りやすくなるのだと思います。 このため牛には食べた後、すぐに横になる習性があるのではないかと思います。 このことわざには、食べた後、すぐに横になると、牛のようになってしまい、 行儀も悪いので、このことを注意して、しかる意味があるようです。 昔は、 子供のしつけの意味で、用いられていたようです。 実際、 食べたすぐあとは、なるべく横にはならずに、少し休憩を取ってから 軽く体を動かしたり、歩いたりしたほうが、健康にもいいようです。 重要語の意味 食べる=食べ物などを口に入れ、かんだ後、飲み込むこと。 寝る=体を横にしたり、眠ったりすること。 牛=哺乳動物の一つ。 頭に角が2本あり、4本足で立ち、食べ物を反芻する動物。 行儀=「ぎょうぎ」と読み、よりよく生きるために人が守らなければ ならない日常の行いや、動作などのやりかた。 もとは、仏教語で、浄土教の善導作、観無量寿経疏に記述がある。 噛む=「かむ」と読み、食べたものなどを口の中で飲み込みやすいようにする。 反芻=「はんすう」と読み、食べて飲み込んだものを、口の中へ戻して、再び、かむこと。 重力=「じゅうりょく」と読み、ものが下のほうへ落ちていくちから。 習性=「しゅうせい」と読み、動物が普通に持っている行動のようす。 いわれ(歴史)と重要度 江戸時代、芭蕉の弟子、各務支考(かがみしこう)の句。

次の

「牛に引かれて善光寺参り」の意味と由来は?例文と類語も紹介

牛 ことわざ

意味 食事をした後に、すぐ、横になったり、眠ったりするのは、行儀が悪いので、 そのことをいましめた言葉。 解説 牛は、草を食べた後に、食べたものを、口の中に戻して、再び噛みなおすのが、 あたりまえのようです。 このことを反芻と言います。 食べ物を口へ戻すには、体を横にすると重力が小さくなり、食べ物が口のほうへ 戻りやすくなるのだと思います。 このため牛には食べた後、すぐに横になる習性があるのではないかと思います。 このことわざには、食べた後、すぐに横になると、牛のようになってしまい、 行儀も悪いので、このことを注意して、しかる意味があるようです。 昔は、 子供のしつけの意味で、用いられていたようです。 実際、 食べたすぐあとは、なるべく横にはならずに、少し休憩を取ってから 軽く体を動かしたり、歩いたりしたほうが、健康にもいいようです。 重要語の意味 食べる=食べ物などを口に入れ、かんだ後、飲み込むこと。 寝る=体を横にしたり、眠ったりすること。 牛=哺乳動物の一つ。 頭に角が2本あり、4本足で立ち、食べ物を反芻する動物。 行儀=「ぎょうぎ」と読み、よりよく生きるために人が守らなければ ならない日常の行いや、動作などのやりかた。 もとは、仏教語で、浄土教の善導作、観無量寿経疏に記述がある。 噛む=「かむ」と読み、食べたものなどを口の中で飲み込みやすいようにする。 反芻=「はんすう」と読み、食べて飲み込んだものを、口の中へ戻して、再び、かむこと。 重力=「じゅうりょく」と読み、ものが下のほうへ落ちていくちから。 習性=「しゅうせい」と読み、動物が普通に持っている行動のようす。 いわれ(歴史)と重要度 江戸時代、芭蕉の弟子、各務支考(かがみしこう)の句。

次の

「牛」がつく熟語や用例・慣用句・名詞など:無料の漢字書き順(筆順)調べ辞典

牛 ことわざ

夜に出歩くときは、 暗がりから牛の状態にならないように、反射板などを身につけるのがよい。 暗がりから牛のように飛び出てくる人もいるから、運転するときには気をつけるに越したことはない。 いつもぼーっとしている弟は、まるで 暗がりから牛のように鈍重 どんじゅう だ。 最近の彼は 暗がりから牛のようにはっきりしていない様子だが、なにかあったのだろうか。 「暗がりから牛」の類義語 暗がりから牛には以下のような類義語があります。 to drive black hogs in the dark 暗がりから牛を引き出す• to be unable to distinguish one thing from another 物事を区別することができない• to come out from the darkness with a cow 牛を連れて暗闇から出てくる まとめ 以上、この記事では「暗がりから牛」について解説しました。 読み方 暗がりから牛 くらがりからうし 意味 区別がつきづらく、はっきりしない物事の例え。 類義語 暗闇から牛を引き出す、暗闇の牛、暗闇に牛をつないだようなど 英語訳 to drive black hogs in the dark 暗がりから牛を引き出す など 「暗がりから牛」は、日常生活ではあまり耳にする機会のないことわざです。 意味だけでなく、類義語や英語訳も理解しておきましょう。

次の