婦人 科 系 疾患。 婦人科系疾患に悩まないために

婦人科疾患の検査

婦人 科 系 疾患

婦人科系とは言っても 多くの疾患が存在します。 代表的なものでいえば、 不妊症や不育症、無月経、月経不順、 月経過多、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫・・・ などです。 これらの原因は、それぞれに違いはあるものの、 基本的なパターンは同じです。 それは何なのか?といいますと、 身体にとって、その症状が必要だから ということなのです。 例えば、不妊症。 ホルモンバランスや、卵子の状態、 卵管・子宮の状態など、他にも原因は山ほどあります。 多くの場合は、機能的な問題か、 位置的な問題が影響していますが、 ここでの専門用語は必要ありません。 先ほど言ったように、身体にとって、 妊娠をしない方がいい状態だからです。 もっと簡単に言います。 赤ちゃんが住みたい環境なのかどうか? ということです。 赤ちゃんにとって 子宮はお家です。 歪んでしまったお家に住みたいと思うでしょうか? 汚れてしまったお家に 住みたいと思うでしょうか? 誰も好んで住みたいとは思いませんよね。 歪んだお家、汚れたお家というのは 表現が不適切かもしれませんが 正直に言いますと 子宮の状態が悪い方は、 かなり多くいらっしゃるのです。 羊水からシャンプーのにおいがした という産婦人科の先生もいらっしゃるぐらいですから、 化学物質に汚染されているのは 紛れもない事実です。 それでも、食事や生活は関係ないと 果たして言えるでしょうか? 無理ですよね。 絶対に無視できない問題です。 そして、子宮という場所の特性上、 細胞が生まれ変わるために 時間を要する場所ですから、 食事や生活習慣を改めても、 すぐには効果が出にくいというのも事実です。 ですから、同時進行で 身体の機能・位置異常などを 改善することが必要なわけです。 また、女性に多い冷えは、 良質な卵子を作る上で、欠点となる部分です。 本来、卵子は 原始細胞と 呼ばれるものでできていますが、 この原始細胞は、 細胞分裂をゆっくりと行うため、 温かい状態でなければなりません。 子宮も卵巣も同じです。 いずれの場合も温かい状態、 つまりミトコンドリアの働きやすい環境が 好ましいといえるでしょう。 そしてそのミトコンドリアは酸素を源に、 エネルギーを作り出すので、 血流も良くなければなりません。 ですから、ストレスなどを感じて、 必要以上の交感神経が働くことで、 血管が収縮し、 血流が悪くならないようにすることや、 ホルモンの分泌が 少なくなってしまうことがないよう、 身体だけではなく、心のケアも大切になります。 まとめ.

次の

婦人科系疾患を改善するためのピラティス・ヨガ♡

婦人 科 系 疾患

(アートメジア:ヨモギ)のテーマは主に(婦人科系疾患)になります。 ヨモギは日本では昔からとても親しまれていて、食材の1つとして食されてきました。 こういう身近な雑草が人間の健康にとても貢献してるものなのですね。 では早速特徴を見ていきましょう。 貧血(造血作用) 婦人科系疾患( 月経痛、月経不順、不妊症、 更年期障害) 冷え性、冷えからくる肩こりや腹痛、腰痛、神経痛 血液の浄化作用 鼻血、血尿、痔などで血がとまらない。 高血圧 出血や高血圧にも良いということは、血液だけでなく血管にも良い作用があるのかもしれませんね。 抗菌作用、解毒作用 胃炎、 消化不良、食欲不振、胸やけ 胆汁の分泌促進 下痢・便秘 消化不良と食欲不振、下痢と便秘の一見反対のような症状に良いというのは興味深いところですね。 血の問題や高血圧にもよいということはありがたいですね。 最近では高血圧の 基準が下がって、たくさんの人が高血圧と診断され、薬を服用している人がたくさんいます。 高いと言ってもそれほど高くない場合、診断でも他の病気に起因していない場合などは、こういった食材からとるのが良いのではないかと僕は思います。 以上になります。 こういう症状、タイプの人は是非とってみてくださいね。 参考文献:「ハーブ・マザーチンクチャー」由井寅子著 ただいま日本ホメオパシーセンター神戸西神中央では、 ホメオパシー相談会、随時受け付けております。 (お申込み順に対応させていただいてます。

次の

婦人科系疾患を改善するためのピラティス・ヨガ♡

婦人 科 系 疾患

婦人科系とは言っても 多くの疾患が存在します。 代表的なものでいえば、 不妊症や不育症、無月経、月経不順、 月経過多、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫・・・ などです。 これらの原因は、それぞれに違いはあるものの、 基本的なパターンは同じです。 それは何なのか?といいますと、 身体にとって、その症状が必要だから ということなのです。 例えば、不妊症。 ホルモンバランスや、卵子の状態、 卵管・子宮の状態など、他にも原因は山ほどあります。 多くの場合は、機能的な問題か、 位置的な問題が影響していますが、 ここでの専門用語は必要ありません。 先ほど言ったように、身体にとって、 妊娠をしない方がいい状態だからです。 もっと簡単に言います。 赤ちゃんが住みたい環境なのかどうか? ということです。 赤ちゃんにとって 子宮はお家です。 歪んでしまったお家に住みたいと思うでしょうか? 汚れてしまったお家に 住みたいと思うでしょうか? 誰も好んで住みたいとは思いませんよね。 歪んだお家、汚れたお家というのは 表現が不適切かもしれませんが 正直に言いますと 子宮の状態が悪い方は、 かなり多くいらっしゃるのです。 羊水からシャンプーのにおいがした という産婦人科の先生もいらっしゃるぐらいですから、 化学物質に汚染されているのは 紛れもない事実です。 それでも、食事や生活は関係ないと 果たして言えるでしょうか? 無理ですよね。 絶対に無視できない問題です。 そして、子宮という場所の特性上、 細胞が生まれ変わるために 時間を要する場所ですから、 食事や生活習慣を改めても、 すぐには効果が出にくいというのも事実です。 ですから、同時進行で 身体の機能・位置異常などを 改善することが必要なわけです。 また、女性に多い冷えは、 良質な卵子を作る上で、欠点となる部分です。 本来、卵子は 原始細胞と 呼ばれるものでできていますが、 この原始細胞は、 細胞分裂をゆっくりと行うため、 温かい状態でなければなりません。 子宮も卵巣も同じです。 いずれの場合も温かい状態、 つまりミトコンドリアの働きやすい環境が 好ましいといえるでしょう。 そしてそのミトコンドリアは酸素を源に、 エネルギーを作り出すので、 血流も良くなければなりません。 ですから、ストレスなどを感じて、 必要以上の交感神経が働くことで、 血管が収縮し、 血流が悪くならないようにすることや、 ホルモンの分泌が 少なくなってしまうことがないよう、 身体だけではなく、心のケアも大切になります。 まとめ.

次の