キンブレ フリー素材。 キンブレシートの作り方は?100均材料・スマホでの自作方法も

キンブレシートの作り方は?100均材料・スマホでの自作方法も

キンブレ フリー素材

キンブレシートを作ってみよう!! キンブレシートの作り方をネットで調べてみたのですが、いまいち分かりづらいので 私流の作り方をまとめてみました。 まずそもそもキンブレとは。 はいみなさん。 早速ですがキンブレというものをご存知でしょうか。 担なら持っている方も多いのでは。 デビュー組の方も最近は持ってる方も多いですよね。 このようなキンブレを持ったプリを見かける方、多いのでは…。 キンブレの正式名称は キングブレードです。 ちなみに 筒が透明でないとキンブレシートを入れたときに見えないので買うときは 注意してください!!! 注意すること キンブレを使うことを 禁止している会場もあるので 注意してください。 使用する際は注意事項をよく読んで、 空気を読んで使用してくださいね。 また、 ジャニーズJr. の キンブレ型ペンラとよく似ていますのでご注意を。 何あの人、非公式使ってんじゃん~と思ってもそれは公式かもしれません。 これはサマステの2017年と2018年の公式ペンライトです。 でもけっこうめんどくさい OHPフィルムはプリンターで印刷できる透明なシートです。 自宅にあるプリンターがなら、必ずインクジェット対応のものを選んでください。 主に家電量販店で売っていますが、などでも売っているので探してみてください。 必要なものが用意できたら、まず で 画像を作っていきます!! 使うアプリはこの4つ!! プリ画像はアプリがなくてもサイトで検索すれば出てきます!! まず、 プリ画像でキンブレシートの装飾に使うハートや星などのパーツをダウンロードします。 『 キンブレシート 素材 』などと検索すれば出てきます。 自分で好きなものを選んでダウンロードしてください。 ちなみに完成しているテンプレートもあるので、わざわざ作るのが面倒な方はそれを使ってしまうのもいいかもしれません…!! 次に うちわ作成というアプリで文字を作ります。 さっきのプリ画像というサイトにも文字があり、ダウンロードできます。 検索するのが面倒なので私はこれで作っていますが…。 文字はうちわの枠からはみ出さない程度に大きくしてください。 完成したらこの画面をします。 ちなみに 1文字ずつやってくださいね!! 次に 背景透過 というアプリで背景を透過させます。 背景は、白い画像にします。 ハートとかで作った枠のパターンを作成して背景透過し、それを並べて枠にするというのも手です。 転送できたら Wordを開きます。 開いたら、ページレイアウトの余白をクリックし、ユーザー設定の余白をクリックして一番狭い余白に設定します。 3㎜が一番狭いです。 次に挿入をクリックし、画像を選択します。 選択したら画像を左クリックします。 画像のサイズを縦143. 99㎜、横96. 57㎜に設定します。 ついでに、サイズ変更の横に三角形の上に矢印が描いてある所をクリックし画像を 反転させます。 反転しておくと、シートの印刷がキンブレの筒の中で削れにくくなります。 そうしたらキンブレシートに 枠を付けます。 そうしたら、さっきクリックした画像に水色の枠がついているはずなので、それと同じ大きさに長方形を作ってください。 水色の枠の角に丸があるはずなので、その丸の中心にマークになっているカーソルを合わせクリックし、 クリックしたまま対角線上の角の丸まで引っ張っていきます。 丸の中心まで来たらクリックを離して大丈夫です。 分かりづらくてごめんなさい… そうするとキンブレシートの画像が青っぽい長方形に覆われると思います。 そうしたら、図形の塗りつぶしという所をクリックして、塗りつぶしなしをクリックしてください。 すると、長方形の枠だけ残ると思います。 そうしたら次に、図形の枠線をクリックし、灰色をクリックします。 そうすると、枠の色が灰色に変わります。 あとでこの灰色の枠線がはさみやカッターで切るときの目印になります。 あと、太さをクリックして一番細い0. 25ptにしておいてください。 これを繰り返すと、最大 4枚のキンブレシートを作ることができます。 A4の場合 次にファイルをクリックし、印刷をクリックします。 私の家はBrotherというプリンターなのでそう表示されていますが、皆さんは各自で自宅のプリンターにパソコンを接続してください。 接続したらプリンターのプロパティという所をクリックします。 用紙の種類などはOHPフィルムの説明を見て設定してください。 私の場合は普通紙です。 印刷品質という設定がもしあったら高速などの早く印刷できる設定にしてください。 ここで 注意しなければならないことは、 OHPフィルムだからといって 丁寧にゆっくり濃く印刷しない ということです。 普通紙とは違い、インクを吸収しないので、濃くゆっくり印刷するとインクが浮いてしまいます。 ここは絶対に注意してください。 設定が終わったら、まず普通紙で印刷をしてみます。 OHPフィルムで失敗してしまったらもったいないからです。 普通紙で印刷して大丈夫だったら、OHPフィルムで印刷します。 ここでまた 注意 しなければならないこと。 OHPフィルムの裏表を確認 し、 OHPフィルム以外 のものは プリンターに入れない ということです。 給紙する場所に普通紙と一緒に入れるのではなく、OHPフィルムだけを置いてください。 そうして準備ができたら、もう一度印刷をクリックしてOHPフィルムに印刷をします。 印刷出来たら、必ず インクのついていないところを持ってください。 インクがついているところを触るとインクがよれて台無しになってしまいます。 洗濯ばさみなどで挟んでハンガーなどに吊るし、 最低1日は乾かしてください。 ちゃんと乾かさないとキンブレの筒に入れたときに、インクがよれて筒にインクがつくという大惨事になります。 最低1日乾かしたら、灰色の線をはさみやカッターなどで切ります。 カッターの場合は、 シートがつるつるなので カッターが滑って怪我をしないように注意してくださいね!!! 切ったらやっと キンブレシートの完成です! 最後まで長い分かりづらい説明を読んでいただき、ありがとうございました。 皆さんの ジャニヲタライフ、 ヲタクライフに少しでも 貢献出来たらと思います!! ヲタクって最高!!! mao0615.

次の

Framing with cute decorations! 20 lace materials, graphics you can use for free

キンブレ フリー素材

真ん中の方でやると用紙テンプレートを選んだ時に失敗します。 次に、白紙だとサイズ感がつかみにくいので、用紙テンプレートを追加します。 グリッドは幅を確認するだけなので左の赤でもいいですが、白の方が見やすいので今回は白にしてます。 グリッドレイヤーは一番下に移動させます。 再度ご確認ください。 キンブレシートの画像を読み込む 用意したキンブレシートをアプリに取り込ます。 線画抽出はモノクロの場合はOKで大丈夫です。 カラーが混じっている場合、キャンセルを押してください。 文字を入れる 画面の下にメニューがあるので、左から2番目のマークを押します。 その中から文字入れの項目を選んで、画面の好きな部分でタップして文字を入力します。 (推しの名前とか) 今回はサンプルで私の名前(ゆぱんだ)にしています。 フォントは色んなものが用意されているので、お好きなものを使ってみてください。 人によっては苗字と名前の間にスペースをいれて、そこにマークを入れる方もいます。 各設定はこんな感じです。 「VA」は一文字ずつのスペースを調整できます。 上の画像の方では縦書きにしているので上下のスペースと書いてます。 ふちどりに関しては、先に白いフチをつけて、そのあとで黒のフチをつけるのですが、まずは白のフチだけつけます。 (白い色はフィルムで作業する時に消えるので安心してください。 ) 文字を縁取りする場合、文字のスペースを少し開けておいた方がフチが重ならないので綺麗です。 次は周りに黒フチをつけていきます。 文字を載せたレイヤーを選択して、下のレイヤーに結合します。 (もし透明のレイヤーがなければ、左下にある【+】で新規レイヤーを作ってください) OKを押したらメニュー(【T】マーク)からフィルターを選択します。 画面がごちゃごちゃでちょっとわかりにくいですが…;; 色に関しては、キンブレの明かりをつけたらあまり目立たないので、黒一色でも問題ありません。 基本の文字装飾はこんな感じです。 左側のスペースにも同じように名前(歌い手さんなどではTwitterのIDなどを書かれるそうで)を書きます。 文字やアイテムの位置を移動・調整する場合は、レイヤーの画面にある矢印マークで調整できます。 最終的にこんな感じに仕上げてみました。 所々で文字に白い部分やはみでている部分がありますが、それはこれから塗りつぶしで修正していくので、あまり気にしなくて大丈夫です。 (しかしあとで気づいたけど左側の文字の位置が上によってますね。。。 ) 塗りつぶし機能で色を変更する ハートの色を変えたいという時にもこの機能が使えます。 私は今回、文字に白い部分があったので、それを塗りつぶしていこうと思います。 今回は黒で塗りつぶしていきます。 二本指で塗りつぶしたい部分を拡大して、気になる部分をタップするだけで勝手に色を塗ってくれます。 完成したら必要なレイヤーを結合してグリッドは削除する 完成したら、レイヤーがバラバラなので、必要なものだけ結合して一つにまとめます。 アイテムを追加している場合、レイヤーが4つや5つ以上になっている場合もありますが、それも全部結合します。 グリッドは、もう確認する必要がないので削除してください。 結合するとレイヤーはこんな感じです。 最後に、この画像を一旦保存しておきます。 透過にするのは、再び印刷したい!と思った時、グリッドのメモリが見えるからです。 透過にしない場合、白い背景になるのでグリッドのメモリが見えません。 印刷用にA4サイズを作る まずは先ほどの画像をコピーします。 次に印刷用のA4サイズに貼り付けます。 マイギャラリーに一旦戻り、A4サイズのキャンバスを出します。 同じように、わかりやすいようにグリッド線を出したあと、今度はここに先ほどのキンブレシートを貼り付けます。 指でサイズ調整しながら、だいたい縦7マス・横5マス内に収まる感じにします。 他にも印刷したいものがあれば、一緒に隣のマスに貼り付けたりすればOKです。 4枚作るならこんな感じになります。 必要分載せたら、レイヤーは結合してグリッドは不要なので削除します。 最後に「PNG保存」をして完成です。 私はこんな感じで設定しています。 A4サイズ・カラー印刷で60円です。 予約番号タイプは英数字だとわかりにくいので、私の場合は数字です。 登録できたら予約番号がでるので、セブンの印刷機でコピーします。 セブンの印刷機の【プリント(写真プリント・ネットプリント)】>【ネットプリント】で番号を入力したら印刷ができます。 稀にネットプリントが搭載されていないコピー機もあるので、ネットプリントができるコピー機を探してください…。 完成したものがこちらになります。 普段PCで作業をするので、スマホでデザインをする方々本当にすごいと思う…。 キンコーズなどを利用する場合の注意 Q OHPシートにコピーはできますか? A セルフサービスの白黒コピーにてご利用いただけます。 A4サイズの専用OHPシートを1枚100円(税抜)にてご用意しておりますので、スタッフまでお申し付けください。 (一度利用してみました。 そりゃそうなのですが) また、印刷は「基本は白黒のみです」とのことでした。 カラーで色を出したい場合、ネットプリントや家で通常のカラーコピーをして、ダイソー(100均)の手張りラミネートフィルムを使った方がよろしいかもしれません。

次の

かわいいディズニー画像: 新着キンブレ 素材 フレーム リボン

キンブレ フリー素材

真ん中の方でやると用紙テンプレートを選んだ時に失敗します。 次に、白紙だとサイズ感がつかみにくいので、用紙テンプレートを追加します。 グリッドは幅を確認するだけなので左の赤でもいいですが、白の方が見やすいので今回は白にしてます。 グリッドレイヤーは一番下に移動させます。 再度ご確認ください。 キンブレシートの画像を読み込む 用意したキンブレシートをアプリに取り込ます。 線画抽出はモノクロの場合はOKで大丈夫です。 カラーが混じっている場合、キャンセルを押してください。 文字を入れる 画面の下にメニューがあるので、左から2番目のマークを押します。 その中から文字入れの項目を選んで、画面の好きな部分でタップして文字を入力します。 (推しの名前とか) 今回はサンプルで私の名前(ゆぱんだ)にしています。 フォントは色んなものが用意されているので、お好きなものを使ってみてください。 人によっては苗字と名前の間にスペースをいれて、そこにマークを入れる方もいます。 各設定はこんな感じです。 「VA」は一文字ずつのスペースを調整できます。 上の画像の方では縦書きにしているので上下のスペースと書いてます。 ふちどりに関しては、先に白いフチをつけて、そのあとで黒のフチをつけるのですが、まずは白のフチだけつけます。 (白い色はフィルムで作業する時に消えるので安心してください。 ) 文字を縁取りする場合、文字のスペースを少し開けておいた方がフチが重ならないので綺麗です。 次は周りに黒フチをつけていきます。 文字を載せたレイヤーを選択して、下のレイヤーに結合します。 (もし透明のレイヤーがなければ、左下にある【+】で新規レイヤーを作ってください) OKを押したらメニュー(【T】マーク)からフィルターを選択します。 画面がごちゃごちゃでちょっとわかりにくいですが…;; 色に関しては、キンブレの明かりをつけたらあまり目立たないので、黒一色でも問題ありません。 基本の文字装飾はこんな感じです。 左側のスペースにも同じように名前(歌い手さんなどではTwitterのIDなどを書かれるそうで)を書きます。 文字やアイテムの位置を移動・調整する場合は、レイヤーの画面にある矢印マークで調整できます。 最終的にこんな感じに仕上げてみました。 所々で文字に白い部分やはみでている部分がありますが、それはこれから塗りつぶしで修正していくので、あまり気にしなくて大丈夫です。 (しかしあとで気づいたけど左側の文字の位置が上によってますね。。。 ) 塗りつぶし機能で色を変更する ハートの色を変えたいという時にもこの機能が使えます。 私は今回、文字に白い部分があったので、それを塗りつぶしていこうと思います。 今回は黒で塗りつぶしていきます。 二本指で塗りつぶしたい部分を拡大して、気になる部分をタップするだけで勝手に色を塗ってくれます。 完成したら必要なレイヤーを結合してグリッドは削除する 完成したら、レイヤーがバラバラなので、必要なものだけ結合して一つにまとめます。 アイテムを追加している場合、レイヤーが4つや5つ以上になっている場合もありますが、それも全部結合します。 グリッドは、もう確認する必要がないので削除してください。 結合するとレイヤーはこんな感じです。 最後に、この画像を一旦保存しておきます。 透過にするのは、再び印刷したい!と思った時、グリッドのメモリが見えるからです。 透過にしない場合、白い背景になるのでグリッドのメモリが見えません。 印刷用にA4サイズを作る まずは先ほどの画像をコピーします。 次に印刷用のA4サイズに貼り付けます。 マイギャラリーに一旦戻り、A4サイズのキャンバスを出します。 同じように、わかりやすいようにグリッド線を出したあと、今度はここに先ほどのキンブレシートを貼り付けます。 指でサイズ調整しながら、だいたい縦7マス・横5マス内に収まる感じにします。 他にも印刷したいものがあれば、一緒に隣のマスに貼り付けたりすればOKです。 4枚作るならこんな感じになります。 必要分載せたら、レイヤーは結合してグリッドは不要なので削除します。 最後に「PNG保存」をして完成です。 私はこんな感じで設定しています。 A4サイズ・カラー印刷で60円です。 予約番号タイプは英数字だとわかりにくいので、私の場合は数字です。 登録できたら予約番号がでるので、セブンの印刷機でコピーします。 セブンの印刷機の【プリント(写真プリント・ネットプリント)】>【ネットプリント】で番号を入力したら印刷ができます。 稀にネットプリントが搭載されていないコピー機もあるので、ネットプリントができるコピー機を探してください…。 完成したものがこちらになります。 普段PCで作業をするので、スマホでデザインをする方々本当にすごいと思う…。 キンコーズなどを利用する場合の注意 Q OHPシートにコピーはできますか? A セルフサービスの白黒コピーにてご利用いただけます。 A4サイズの専用OHPシートを1枚100円(税抜)にてご用意しておりますので、スタッフまでお申し付けください。 (一度利用してみました。 そりゃそうなのですが) また、印刷は「基本は白黒のみです」とのことでした。 カラーで色を出したい場合、ネットプリントや家で通常のカラーコピーをして、ダイソー(100均)の手張りラミネートフィルムを使った方がよろしいかもしれません。

次の