阿天坊書記。 関連文献

永平寺六十二世 青蔭雪鴻禅師

阿天坊書記

宴のあと After the Banquet 作者 国 言語 ジャンル 発表形態 雑誌掲載 初出 『』1月号-10月号 刊行 1960年11月15日 装幀:(文字カット) 受賞 度 ()第2位 『 宴のあと』(うたげのあと)は、の。 全19章から成る。 高級「」の・畔上輝井と、元・候補のをモデルにした作品である。 ヒロイン・かづの行動的な熱情を描き、理知的な知識人の政治よりも、夫のためならも裏切りもやってのける愛情と情熱で、一見とは無縁で的で無学なかづの方が現実を動かし政治的であったという皮肉と対比が鮮やかに表現されている。 『宴のあと』は(昭和36年)3月15日、モデルとされた有田八郎からを侵すものであるとして三島とが訴えられ、長期の沙汰となり、「プライバシー」と「」の問題が日本で初めて法廷で争われた。 日本ではそこばかりに焦点があてられがちだが、作品の芸術的価値は海外の方で先に認められ、(昭和39年)度の ()で第2位を受賞した。 発表経過 [ ] (昭和35年)、雑誌『』1月号から10月号に連載され、同年11月15日により単行本刊行された。 当初、単行本はより刊行予定であったが、小説のモデル・の抗議を受け、の社長が二の足を踏んだため、新潮社からの刊行となった。 文庫版は1969年(昭和44年)7月20日にで刊行された。 あらすじ [ ] 党御用達の高級「雪後庵」を営む・福沢かづは、ながら50代を迎え、人生を達観した気持ちで日々過ごしていた。 ある日、かづは客として店に来た党ので元・野口雄賢(ゆうけん)に出会い、その理想家肌で気高い無骨さに魅かれてゆく。 野口は妻を亡くし独身だった。 かづと野口は何度か食事を重ね、のにも旅し、自然の流れで結婚することとなった。 野口は、革新党から選に立候補することになった。 かづは革新党の選挙参謀の山崎素一をとしながら、の心を掴むような、金を散財する選挙運動に邁進する。 貯めた銀行預金が不足したら、雪後庵をにかけても野口の選挙を支援しようとしていた。 しかし、その土着的なやり方を野口に激しく叱責にされた。 そして、雪後庵を閉鎖しないなら離婚するとまで野口に言い渡された。 結局、都知事選は、ライバルのによる中傷文書のばら撒きや汚い妨害工作に合い、野口が敗北した。 そして野口は政治から離れる決意をし、かづと2人でのように暮す隠遁生活をはじめようと提案する。 しかし、かづは精魂こめて金を使った自分よりも、汚いやり方で金を使った相手が勝ったことが許せず、のあとのような敗北の空虚に耐えられなかった。 かづは保守党の記念碑的人物・沢村尹(いん)に頼み、この償いに、旧知の間柄でもあった保守党の永山元亀(げんき)らの金で雪後庵を再開させようと画策した。 このことを知った野口は、かづに離縁をつきつけた。 そして、かづは野口家のに入る夢を捨て、雪後庵を再開することの方を選び、野口と別れることを決意した。 登場人物 [ ] 福沢かづ 50歳すぎ。 の高級料亭「雪後庵」の。 保守系の政財界人に人気のある情熱的なたたき上げの女将。 男性的な果断と女性的な盲ら滅法の情熱とを一身に兼ねそなえた女。 年齢を感じさせない雪白の美しい肌と輝く目を保っている。 肥り肉。 北国生まれ。 天真爛漫。 野口雄賢 元。 革新党の顧問。 英国風老紳士。 痩せて銀髪。 理想家肌の目。 亡き前妻の名前は野口定子。 永山元亀 70代。 の政治家。 かづの色恋なしの友人。 かづを妹のように愛している。 のような爪をしたずんぐりした指先。 厚ぼったい焦茶色の唇。 環久友 元ドイツ。 同期の元大使らの集まりである「霞弦会」の一員。 立派な恰幅。 美男で弁舌さわやか。 「雪後庵」の厠でを起こし倒れる。 その後死亡。 環夫人 環久友の妻。 年よりも若く見える中年婦人。 中年の女中 野口の家にいた醜い。 主人の書棚のの書名を澱みなく復誦できる。 かづはこの女中を辞めさせる。 八十翁のジャーナリスト 80歳の白髪の老人。 日本のジャーナリストの草分け。。 社会の進歩にはすべて賛成するが、だけは反対。 野口、かづとともに奈良のを見に行った。 隠居実業家 洒脱な。 野口、かづとともに奈良の御水取りを見に行った。 経済評論家 老人。 たてつづけに人の悪口を言う。 野口、かづとともに奈良の御水取りを見に行った。 新聞社の重役 野口の友人。 野口、かづとともに奈良の御水取りを見に行った。 書生と女中 かづの。 自宅での野口の生活を「雪後庵」のかづに報告。 木村書記長 革新党の書記長。 にこやかな態度。 温和でしょぼしょぼした牧師のよう。 黒沢事務局長 革新党の事務局長。 衒った素朴さ。 夫のよう。 山崎素一 革新党の草刈委員長のお気に入りで、野口家に派遣された選挙参謀。 東京都政の問題点を野口に講義する。 かつての幻滅した者の1人で、今は不敵で明敏な赤ら顔の実際家。 人情家。 かづと気が合う。 助役 役所員。 かづをの大忠霊塔の礎に案内する。 振付師 大忠霊塔の定礎式の大会の振付師。 かづと同郷。 佐伯首相 「雪後庵」を買おうとした藤川コンツェルンの藤川玄蔵に圧力をかけ、売買を止める。 戸塚 初老の男。 胡麻塩の五分刈り頭。 昔、かづとしていた男。 かづの過去をネタに書いた小冊子を作り。 顔は人並すぐれて整っているが老いて憔悴し、美男のままに頽れた顔のいやらしさを持つ。 沢村尹 何度も総理をつとめた保守党の記念碑的人物。 「雪後庵」再開のための奉加帳に最初に署名した。 正妻はいない。 沢村家は代々を信仰。 嫉妬深い処女神に遠慮して、沢村尹は終生娶らず、のうめ女をとし、世間的には家婢の体裁にしていた。 沢村尹の内妻 沢村尹の内妻だが、決して表に立たず、世間的には家婢の体裁。 夫のことを「御前」(ごぜん)と呼ぶ。 稲瀬の女将と老妓 のおの。 小肥りした聡明で陽気な女。 白川の女将 の料理屋の女将。 かづの知り合いで味方。 作品評価・研究 [ ] 『宴のあと』は三島作品の中では比較的、主題が分かりやすく、「社会的現実」を直接的に文学作品に取り入れている作品である。 発表当時の評価も総じて高く、、、、らから推奨された。 佐藤秀明は『宴のあと』について、政治家の選挙のやり口を熟知しているヒロインかづが、「無骨な正義漢」の夫のためにもやり、「火の玉のような応援」に邁進するという、そういったかづの愛情や情熱の方が、「戦後の政治的理想主義」よりも、現実の政治を動かすという主題となっているとし 、「現実の濁り」が描かれていて、そこが作品の魅力だと解説している。 は『宴のあと』の主題の「明晰」さと、堅牢な構成力を指摘し、「〈〉の空想的な理想より、〈〉の生命力に富む現実感覚の方がより政治的であったという皮肉」が描かれていると考察しながら 、作者・三島は「政治世界」を垣間見て、日本に「西洋風に様式化された政治現実」が欠けていることを意識し、「日本の非政治的風土を正確に観察している」と解説している。 また、登場人物2人の「組合せの妙」や、「はてしなく行動しないではいられない〈活力の孤独〉を知っている」ヒロインかづの魅力のある人物造形、〈〉などの「いくつかの鍵となるモチーフ」が作品に厚みを加え 、それらが重なり、「〈〉が終ったことの莫たる巨大な空白」が象徴的に表現されているとし、芸術的完成度の高い作品だと評価している。 は、小説としての『宴のあと』の価値を、「有名人をめぐるの面白さとは無関係」とし、以下のように評している。 三島は素材を巧みに用いて面白い小説を創出し、なかんずく雪後庵の女将、福沢かづという立体性ある人物をつくるのに成功した。 この小説により、三島は19世紀フランス小説の手法で書くことのできる能力を実証したと言える。 かづは、の中に登場しても場違いでない人物である。 近現代の日本文学の中に3次元のふくらみを持った人物がいかに少ないかを思うとき、これは刮目するに足る現象であろう。 — 「私の好きな三島作品」 は、脇役の選挙参謀の山崎素一が三島の性格に最も近く、「政治的ロマン主義者」の人物だとし、政治に附随する〈激しい〉や〈本物の灼熱〉〈政治特有の熱さ〉を好む山崎に重なる三島の「政治的」を考察し 、のやることを〈のやるやうなこと〉、〈政治ととは瓜二つだつた〉という一種の侮蔑を帯びた「」的な考えを持つ福沢かづと山崎素一の認識が、「その対極としての肯定につながる純粋心情主義を生み出すことになる」とし、三島がとの対談で発していた〈本来、政治とといふのは同じ泉から出てゐるのではないか〉という認識も 、が「政治の次元そのもの」から乖離・遊離し、それは「政治」が「現実の人間とその社会を素材にして制作される芸術」であるという認識だと解説している。 そして野口は、『宴のあと』で描かれる〈理想主義の終焉〉、〈虚しい理想の巨大な廻り〉が、三島のから胚胎しているものであると同時に、その〈終焉〉絵図が、「三島氏がその内部で十五年間遍塞してきた戦後世界を領導していた諸理想の終末の画面として描いたもの」であり、その「斜陽と寂寥の基本色調」が、一種の〈宴〉だったで敗北感を抱いた者たちの「内面に浮かび出た心象風景」と酷似するとしながら、『宴のあと』の寂寥感とイロニーが後継作品(『』『』『』など)に繋がっていくことを論考している。 『宴のあと』をしめくくる山崎の手紙は、だから、一種ふてぶてしい三島氏の宣言の観さえ呈していないでもない。 そしてこの確信の根底にあるものが、戦後の指導理念の崩壊、たとえばの形骸化や思想の保守化に、氏の持論たる「いつも日本では、アイロニカルな形で社会現象が起こつてゐる」 という信念を重ね合わせた結果であることは疑いない。 氏はいう。 「いちばん先鋭な近代をめざすものが、いちばん保守的な、反動的な形態をとつたり、一見進歩的形態をとつてゐるものが、いちばん反動的なものである場合がある。 」(『対談・日本人論』 ) そして、まさにそのような政治のイロニイの復活を三島氏は昭和三十五年の戦後史の断層のうちに発見したのである。 果然、氏は新たな期を迎えたかのように活気づく。 (中略)戦後のあらゆる時期の三島文学に地底からのように陰々と響いて来ていた「」の、地謡のように低くおどろに呟かれていた世界破滅のは、いまや鼓声もするどくまじって高らかに謡いつつ舞うの口から吟じられはじめるのである。 そして、このシテの面が、たとえば『』の主人公たちのそれのように、あるいはの奇怪な恍惚の表情を刻んでいることはいうまでもないだろう。 — 「三島由紀夫の世界」 作品モデル [ ] 『宴のあと』に登場する料亭「雪後庵」は、東京・に実在した高級料亭「」をモデルとしているが、その土地は元の別荘だった場所である。 昭和初年、の創業者が奈良・の庫裏を移築して邸宅を構えた。 (昭和23年)に(あぜがみ・てるい)が買い取って般若苑を開業、多くの政財界人、著名人が訪れた。 野口雄賢のモデルとなったは前妻の死没後、福沢かづのモデルの畔上輝井と(昭和18年)頃に知り合い、(昭和28年)に再婚し、(昭和34年)4月のでに敗れた後、同年に畔上輝井と離婚した。 「般若苑」は(平成17年)に閉店し、建物は撤去された。 「宴のあと」裁判 [ ] 三島は、日本で最初のの侵害裁判のとなった。 もの珍しさから、「プライバシーの侵害」という言葉は当時、流行語となった。 (昭和36年)、元・候補のは、三島の『宴のあと』という小説が自分のを侵すものであるとして、三島と出版社であるを相手取り、100万円とを求める訴えをで起した。 有田八郎から訴えられた際に三島は、『宴のあと』について、〈私はこの作品については天地に恥じない気持ちを持っている〉と主張し、〈芸術作品としても、言論のせつどの点からも、コモンセンスの点からも、あらゆる点で私はこの作品に自信を持っている〉と述べている。 翻訳者の宛ての手紙でも、〈この訴へには絶対に勝つ自信があります〉と語っていた。 ちなみに作品が『』に連載される前には、〈何とかチャンと良識に背いたものが書ければ、と念じてゐる〉とも述べ、〈の話を書いても、の話を書いても、どこか作家の臭がにじみ出てしまふ現代に、せい一杯の抵抗ができればよいが〉と抱負を語っていた。 プライバシー裁判においてなされた三島による『宴のあと』の主題の説明は以下のようにまとめられている。 人間社会に一般的な制度であるとに普遍的なとが政治の流れのなかでどのように展開し、変貌し、曲げられ、あるいは蝕まれるかという問題いわば政治と恋愛という主題をかねてから胸中に温めてきた。 それは政治と人間的真実との相矛盾する局面が恋愛においてもっともよくあらわれると考え、その衝突にもっとも劇的なものが高揚されるところに着目したもので、1956年に戯曲「」を創作した頃から小説としても展開したいと考えていた主題であった。 (中略) (の)選挙に際し同夫人が人間的情念と真実をその愛情にこめ選挙運動に活動したにもかかわらず落選したこと、政治と恋愛の矛盾と相剋がついに離婚に至らしめたこと等は公知の事実となっていた。 (中略)ここに具体的素材を得て本来の抽象的主題に背反矛盾するものを整理、排除し、主題の純粋性を単純、明確に強調できるような素材のみを残し、これを小説の外形とし、内部には普遍的妥当性のある人間性のみを充填したもので、登場人物の恋愛に関係ある心理描写、性格描写、情景描写などは一定の条件下における人間の心理反応の法則性にもとづき厳密に構成したものである。 — 「被告等の積極的主張」(「『宴のあと』事件」判決) 裁判は、「」と「私生活をみだりに明かされない権利」という論点で進められたが、(昭和39年)に東京地方裁判所で判決が出て 、三島側は80万円の損害賠償の支払いを命じられた(ただし謝罪広告の必要はなし)。 この時にも傍聴していた。 三島は、的表現の自由が原告のプライバシーに優先すると主張したが、第一審、東京地裁の裁判長は判決において以下の論述を出した。 裁判長・ 「なりなりがいかに芸術的価値においてみるべきものがあるとしても、そのことが当然にプライバシー侵害の違法性を阻却するものとは考えられない。 それはプライバシーの価値と芸術的価値の基準とはまったく異質のものであり、法はそのいずれが優位に立つものとも決定できないからであるたとえば、無断で特定の女性の裸身をそれと判るような形式、方法で表現した芸術作品が、芸術的にいかに秀れていても、通常の女性の感受性として、そのような形の公開を欲しない社会では、やはりプライバシーの侵害であって、違法性を否定することはできない」 石田裁判長は、 「言論、表現の自由は絶対的なものではなく、他の、信用、プライバシー等の法益を侵害しないかぎりにおいてその自由が保障されているものである」との判断を示し、「プライバシー権侵害の要件は次の4点である」と判示した。 私生活上の事実、またはそれらしく受け取られるおそれのある事柄であること• 一般人の感受性を基準として当事者の立場に立った場合、公開を欲しないであろうと認められるべき事柄であること• 一般の人にまだ知られていない事柄であること• このような公開によって当該私人が現実に不快や不安の念を覚えたこと 『宴のあと』がプライバシー侵害に該当するという判決について三島は、〈言論人全体〉ひいては〈小説といふものを手にする読者全体〉に対する〈侮蔑〉であり、〈見のがしがたい非論理的な帰結〉だとして、〈悪徳退治といふ「社会的正当性」のために、文学作品が利用され、おとしめられ、同一水準に扱はれた、もつとも非文化的な事例〉だとして抗議した。 この判決の底には以来の芸術に対する社会的有効性による評価、芸術(文学)の自律性の蔑視、芸術の全体性の軽視その他の、近視眼的見解が横溢していゐる。 文学作品その他として評価せず、部分を以て、だとか、人を傷つけたとか言つて判断するのは、以来少しもかはらぬ通弊であるが、今度の裁判では、純的見地から、保護の立場にのみ立つて、判決したといふ遁辞があるかもしれない。 三島は一連の経過を振り返って、〈日本最初のプライバシー裁判としては「宴のあと」事件は、まことに不適切な、不幸な事件であつた〉としている。 もしこれが、市井の一私人が、低俗な言論の暴力によつて私事をあばかれたケースであつたとしたら、プライバシーなる新しい法理念は、どんなに明確な形で人々の心にしみ入り、かつ法理論的に健全な育成を見たことであらう。 原告被告双方にとつて、この事件は、プライバシーの権利なるものを、社会的名声と私事、芸術作品の文化財的価値とその批評的側面などの、さまざまな微妙な領域の諸問題へまぎれ込ませてしまつた不幸な事件であつたといふ他はない。 本来、プライバシーなどといふ、近代社会の明快なプラクティカルな概念は、こんな微妙で複雑な文化的価値の較量の問題などをはらみやうもなく、一方で、私はまたしばしば、日本のやと、継受法的概念との、抜きがたい違和をも感じたのであつた。 (中略)しかしこのたびの和解によつて、五年間ヤミに埋もれてゐた作品が、再び日の目を見て、誠実な読者の公正な判断に委ねられる機会を得るといふことは、口につくせない喜びである。 — 三島由紀夫「『宴のあと』事件の終末」 当初、この件で友人である(父親・が時代に有田の同僚であった)に仲介を依頼したものの上手くいかず、吉田健一が有田側に立った発言をしたため、後に両者は絶交に至る機縁になったといわれている。 三島は、自決1週間前に行なったとの対談「三島由紀夫 最後の言葉」において、この裁判で裁判というものを信じなくなったと語っている。 それは、法廷で弁護人から、「三島に署名入りで本(有田八郎著『馬鹿八と人はいう』)をやったか」と質問が出たとき、有田が、「とんでもない、三島みたいな男にだれが本なんてやるもんか…(後略)」と答え、弁護人が、「もしやっていらっしゃったら、ある程度三島の作品を認めたか、あるいは書いてもらいたいというお気持があったと考えてよろしいですね?」と念押しされ、「そのとおりですよ」と、断固として本は三島に渡していないと主張したが、三島は有田から、「三島由紀夫様、有田八郎」と署名された本を貰っていた。 それを三島側が提示すると、傍聴席が驚いたという。 三島は、「宴のあと」裁判がだったら、自分は勝っていただろうと振り返って述べている。 裁判所の判断は、有田が老体であるとか、社会的地位や名声を配慮して有田に有利に傾き、にもかかわらずのように、被告は「三島」と呼び捨てにし、ときどき気が付いて「さん」付けになるものの、ほぼ呼び捨てだったという。 の番組審議室によると、 「この物語はフィクションです」というテロップは『宴のあと』裁判でプライバシーに関する論議が盛んになり、ドラマの最初もしくは最後に放送するようになったという。 テレビテロップは特撮ドラマ『』の「このドラマにでてくるドルゲはかくうのものでじっさいのひととはかんけいありません」(通称)が日本における初出とも言われるが、に(39年)の白黒ドラマ『』のフィルムが発見され、「こゝに登場する物語 場所 並びに人物はすべて創作である」とあったため、事実ではない。 幻の映画化 [ ] 1961年(昭和36年)に、監督で映画化される企画があり、主演もとで決まっていたが 、裁判の影響などで実現には至らなかった。 おもな刊行本 [ ]• 『宴のあと』(、1960年11月15日)• 文字カット:。 紺色帯。 295頁• 帯(裏)に、、、による作品評。 文庫版『宴のあと』(、1969年7月20日。 改版1989年12月10日)• 解説:• 英文版 『After the Banquet』(訳:)(Random House Inc、1973年1月。 他) 全集収録 [ ]• 『三島由紀夫全集13巻(小説XIII)』(、1973年10月25日)• 装幀:。。 背革紙継ぎ装。 月報:「『宴のあと』訴訟事件を想い三島君を偲ぶ」。 《評伝・三島由紀夫 6》「二つの遺作(その5)」。 《同時代評から 6》「『宴のあと』『』をめぐって」• 収録作品:「宴のあと」「」「」「苺」「帽子の花」「魔法瓶」「月」「葡萄パン」「真珠」「」「切符」• 総革装。 緑革貼函。 段ボール夫婦外函。 A5変型版。 本文2色刷)が1,000部あり。 『決定版 三島由紀夫全集8巻 長編8』(新潮社、2001年7月10日)• 装幀:新潮社装幀室。 装画:。 四六判。 布クロス装。 箔押し2色。 月報: 「『』という傑作」。 「鮮やかに蘇るあの頃」。 [小説の創り方8]「廃された王位」• 収録作品:「宴のあと」「」「獣の戯れ」「『宴のあと』創作ノート」「『獣の戯れ』創作ノート」 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 30-32)• 110-143)• 231-237)• 193-220)• 264)• 422-424)• 540-561)• 「三島由紀夫翻訳書目」(, pp. 695-729)• 「帯評」(三島由紀夫『宴のあと』、1960年11月)。 , p. 585• 、2002年3月増補再刊)。 , pp. 554-682に所収• 101-115)• 321-449)• 「コメント」( 1961年3月14日号)。 , p. 「宛ての書簡」(昭和36年3月16日付)。 , pp. 77-81、, pp. 366-370に所収• , p. 289に所収• , pp. 220-221に所収• , pp. 144-147に所収• , pp. 268-271に所収• 286)• 305-324)• (新潮カセット版1989年4月、CD版2002年6月)。 古林尚『戦後派作家は語る』(筑摩書房、1971年)、, pp. 205-228、, pp. 739-782に所収• 株式会社フルタイム 2019年1月21日閲覧。 2019年1月21日閲覧。 「映画化になる『宴のあと』」( 1961年5月29日号)。 , p. 39-43)• 「第六章 原作映画の世界 幻の映画化企画」(, pp. 190-194) 参考文献 [ ]• 『決定版 三島由紀夫全集8巻 長編8』 、2001年7月。 三島由紀夫 『決定版 三島由紀夫全集31巻 評論6』 新潮社、2003年6月。 三島由紀夫 『決定版 三島由紀夫全集33巻 評論8』 新潮社、2003年8月。 三島由紀夫 『決定版 三島由紀夫全集34巻 評論9』 新潮社、2003年9月。 三島由紀夫 『決定版 三島由紀夫全集38巻 書簡』 新潮社、2004年3月。 三島由紀夫 『決定版 三島由紀夫全集39巻 対談1』 新潮社、2004年5月。 三島由紀夫 『決定版 三島由紀夫全集40巻 対談2』 新潮社、2004年7月。 ; ; 山中剛史編 『決定版 三島由紀夫全集42巻 年譜・書誌』 新潮社、2005年8月。 三島由紀夫 『宴のあと』(改版) 、1989年12月。 - 初版は1969年7月。 三島由紀夫 『三島由紀夫未発表書簡 氏宛の97通』 中公文庫、2001年3月。 井上隆史; 佐藤秀明; 編 『三島由紀夫事典』 、2000年11月。 井上隆史; 佐藤秀明; 松本徹編 『三島由紀夫の表現』 勉誠出版〈三島由紀夫論集II〉、2001年5月。 井上隆史; 佐藤秀明; 松本徹編 『三島由紀夫と映画』 鼎書房〈三島由紀夫研究2〉、2006年6月。 - ハードカバー版()は1995年11月• 「三島由紀夫『宴のあと』論 : モデル・氏について」 『紀要』 25号 茨城女子短期大学、47-56頁、1998年3月17日。 ; 編 『三島由紀夫事典』 、1976年1月。 『三島由紀夫の世界』 、1968年12月。 『三島由紀夫の世界』 新潮社、1990年9月。 - 新潮文庫、1996年10月• 『三島由紀夫 左手に映画』 、2012年11月。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 「『宴のあと』事件」判決( 判例時報385号、1964年9月28日).

次の

宴のあと

阿天坊書記

2月14日。 普段はやれ慣習がどうだの、校則と風紀がどうだの、と言っている締め付けも若干緩くなる。 元々が製菓会社の陰謀だろうがなんだろうが、既に国の一般風習として成立した、甘い日。 恋人がいる奴は安心し、人気がある奴は数を数え、見込みのない奴は義理に涙し、ハンカチを噛み締める。 性知識に著しく欠如が見られる四宮かぐやですら、そのイベントと詳細を把握している! これはまだ、春が始まる二か月ほど前……。 彼女の名前は 四条 しじょう 眞妃 まき。 1年B組。 学年三位。 四宮家傍流、四条家の令嬢であり、密やかな恋心を秘めた少女である。 表向きはキツい性格をしているが、その性根は繊細。 そして健気だ。 所謂ツンデレと評される。 「翼君と距離を縮めるチャンス……! 渚からチョコボールを渡された翼君は『やっぱり僕は女子には人気がないんだな』と思う……! そこに私が颯爽と登場……! 良い感じのチョコレートを渡す! そうすると翼君はときめく……! これよっ!」 幼等部からの幼馴染にして親友:柏木渚の手も借りたこの作戦。 何があってもずっと友人だよ……! と誓った間柄。 今まで何度も互いの窮地を救い、互いに協力しあって困難を乗り越えてきたのだ。 その約束は今まで破られたことがない。 渚なら間違いなく彼女の期待通りに動いてくれるだろう。 件の男子、翼君とは此処まで順調に距離を縮める事に成功している。 このバレンタインを活用して、一気に彼の心象を良い方向に持っていけば……交際も間近! 「『彼女が居ない』という事も確認済み……っ! 完全にフリーな彼を此処で手に入れる。 ……誇り高い四条家の娘として、自分から告白するなんて言語道断……!」 飽くまでも翼君の方から告白してくること、それが四条眞妃の望みであった。 そう、伊達に四条家は、四宮家の傍流ではない。 彼女もまた、四宮かぐやと同じくプライドが高かった! 自分から付き合って下さいとは言えない人間だった……! 遠回りな工作を考えるのもまた血の定め。 『おば様』と呼び慕う彼女と全く同じ思考で、同じような行動をしているとは、眞妃は思いもよらない。 「でも気を付けないといけないわね……。 翼君、誰にでも優しいし。 キツイ事を言っても笑顔で受け流してくれる……! その包容力の前に虜にされる人が居ないも限らない……! 彼の温かさで他人のチョコレートが溶けてしまうなんてことになったら……。 ……ぐすっ」 想像すると何となく泣けてくる眞妃であった。 根は良い子で献身的なのだ(親友の柏木渚談)。 嫌な考えを振り払い、身支度を整える。 「まあ良いわ。 厳選したチョコレートが此処に一つ……! あとはこれをタイミング良く渡せばいいだけ。 ……ええと……下駄箱の中……はダメね。 ベタ過ぎるし、他にもライバルがいるかもしれない。 名前を書くのは恥ずかしいし……! 一番は、私の手からそれとなく渡せる事。 それも私が、恥ずかしくないシチュエーションで!」 そしてその後で、翼君が『本命なのかも……!』と思ってくれるのが一番良い! 難易度が高い発言をしているのだが、彼女自身は「きっといけるわ!」と考えていた。 取らぬ狸のなんとやら。 世の中其処まで甘くないのだが、恋する乙女に現実は通用しない。 鏡の前で一喜一憂する姉の姿を見つめる、双子の弟:四条帝の目線は平常運転であった。 だが何より、彼女は気付いて居なかった。 今日は朝から騒がしいな。 やっぱり皆そわそわしてるか」 「岩傘か。 良いよな、お前は……。 チョコレートの心配をする必要ないから」 「いや、そうでもない。 この時期はこの時期で、千花にも悩みはあるんだよ」 「ほう」 俺、 豊崎 とよさき 三郎は、すぐ近くに座った同級生:岩傘調の発言に目をとめた。 古くから秀知院学園に通っていた俺と、岩傘調の付き合いは長い。 同じクラスになったタイミングこそ高等部に入ってからだが、初等部では一緒の委員会活動を行っていた。 本格的に会話をするようになったのは、白銀御行、風祭豪という二人の『混院』生徒が同級生になってからだ。 人間、間に緩衝材があると会話がしやすくなるものである。 とはいえ藤原千花と岩傘調が『許嫁』で幼馴染である事は、初等部の頃から有名だ。 皆が若かりし 悪子供 ワルガキ だった頃は何かと 揶揄 からか いの対象になっていた。 それでも胸を張って『好きで悪いか!』と言い続けた姿を見て、その内『ああコイツに生半可な攻撃は通用しないな』と全員が知り、以後、惚気に対してヤジや嫉妬の声が飛ぶだけに留まっている。 豊崎は、そういう岩傘の態度は凄いなと思っていた。 だが、惚気るために全力の努力をする。 成績は悪い時でも40番以下には落ちないし、調子が良ければ20番を超える事もある。 藤原千花との交流を堂々とするために、何やら多様な言語(読むだけらしいが)を習得してまでいる。 その直向きさは、確かに男女問わずに交流が出来る社交性になって現れる。 女子の中には『良いかも』と思う奴も居るらしいが、彼は『千花一直線なので』と公言して憚らない。 ほんっと羨ましい限りである! 「で、その悩みってのは?」 「毎年毎年、手の込んだチョコレートを作るから、バリエーションと工夫が大変らしい」 「んなこったろうと思ったよ!」 「まあ今年は14日が明後日(日曜日)だからね、渡すなら今日だろって皆、意気込んでる」 岩傘曰く、毎年チョコレートを貰うのは当然の流れらしい。 しかし藤原千花からの手作りは、年を経るごとに豪華になっていく。 毎年同じ代物を上げるのも嫌だと、年々工夫が施されていき、今ではその辺の洋菓子店で売っていても遜色ない代物になっているらしい。 なんでも岩傘の家で働くお手伝いさんらとも共同作業だそうだ。 「というか豊崎も十分貰ってるだろ。 成績優秀で、野球部レギュラーとか、貰えない理由がない。 俺とて貰いたい女子の一人くらいはいる。 1年C組の 紀 きの かれん。 彼女がそうだ。 クラスこそ違うが、マスメディア部の彼女は、時折野球部の活動を報道しにやってくる。 機会を逃さず話しかけているのだが……残念ながら、上手く行った試しは無い。 巨勢エリカは地味に応援してくれているようだが、それでも早々上手く転がる筈もない。 「まあ、じゃあ頑張ってみれば良いよ。 マスメディア部、人脈拡大の為ならあれこれ手を打つタイプだし。 1on1で貰えなくとも、目的は達成出来る……と思う」 「……今日はそれで手を打つしかないか」 「そうだね。 そして、そんな悩める友人に、これを渡しておこう。 今日の放課後、色々あるからね。 楽しみにしておくと良いよ」 「……恩に着る!」 『ここにおいでよ』と学園の地図を渡された。 何を企んでいるかは謎だが、恐らくバレンタインに関する話に違いない。 12日(今日)と15日(来週月曜日)。 女子がどっちで動くかと言えば、早い方だ。 早くに動かず15日まで待ち、結果、意中の人に既にチョコレートが渡されていました、とか洒落にならない。 彼はそう言った。 岩傘という男の情報網と活動予測能力は馬鹿みたいに高い。 文系の処理能力というのか。 数字や計算を元に処理するのではなく、与えられた文章からの推察、報告書からの予測、論文からの抽出等々、凡そ「読む」事に関する才能は並外れている。 「しかし豊崎も丸くなったね……。 去年の春とか、御行氏や風祭相手にあの態度だったのに」 「それを言うなよ。 あの時は……頭に血が上っていたんだよ」 そう、何を隠そう、俺は一年生の頃、白銀に妨害工作を仕掛けたことがある。 この学園では成績が貼り出される。 俺も相当な上位層だ。 そんな中、突如として現れ、猛烈な勢いで順位を駆け上がる白銀に俺は恐れをなした。 そして妨害工作を行ったのだ。 『混院』の彼に負けるのが悔しかったという気持ちもある。 一年生で生徒会に抜擢された嫉妬もあった。 その妨害工作を白銀は「知ったことじゃない」と打ち破っていった。 途中、岩傘が、俺に妨害工作を辞めるように語り……白銀相手に「正面からぶつかる」と約束をする事になった。 そして俺は負けた。 ……負けた俺を、岩傘も白銀も笑わなかった。 『最後は正々堂々の勝負になったんだから、それで良いだろう』 その時、思ったのだ。 ああ白銀と岩傘との仲が良いのも、人気があるのも分かる、と。 結局それから今までこうして友人としてやってきている。 あの時の事を持ちだす事もない。 俺はそのことに深く感謝をしつつ、今後も出来る限り二人の力になろうと決めている。 故に、彼らが何か悪巧みをするならば、一枚も二枚も噛ませて貰うのが道理であろう。 「まあ、これを大事にしておけばいいんだな?」 「そうだよ。 風祭も誘うと良い。 損はさせないさ。 後でちゃんと働いて貰うから」 生徒会役員は悪い顔をしていた。 後からやって来た白銀と目を合わせ、フフフと怪しげに笑い合う。 「かぐや嬢からの協力も得られましたし……」 「ああ。 俺の方でも約束を取れた。 後は連絡を任せたぞ、岩傘」 それだけを見れば、まるで悪人達が犯罪計画を練っているようであった。 その最たる例が白銀御行という男の生徒会就任なのだが、それは此処では横に置いておこう。 出生によって自動的に与えられる、周囲から押し付けられる一種の「思い込み」は、個人的には無縁でいたいというのが私の心情だ。 ただ色んな人から好意を向けられるのは悪くないと思っているし、皆と仲良く出来るのは楽しいと思っている。 私:子安つばめの元に、生徒会広報がやって来たのは、バレンタイン前の火曜日だ。 私も誰かにチョコレートを渡すのだろうか? なんて気になる視線を感じる頃だった。 「子安先輩、ご協力をお願いできませんか? 具体的に言うとこんな感じで……」 と私に内緒の計画書を見せてくる広報。 学年関係なく、ちょくちょくあっちこっちに顔を出すが、動きやすいのだろう。 彼は生徒会書記ちゃんという許嫁が居て惚気続けているという。 つまり女生徒と会話をしていても、あらぬ誤解を受けることがない。 それはどっちにとってもメリットだ。 差し出された計画書は、金曜日に発生するバレンタインに関する問題解決案だった。 金曜日に大規模な騒動が起きるのは間違いない。 それを生徒会側で制御しておきたい、という話である。 中身を確認してみると、なるほど、中々……良い考えが書かれていた。 「阿天坊先輩とかにも声を掛けますが……。 これなら楽しくバレンタインを過ごせるでしょう。 風紀委員がワイワイと喧しくなることもありません。 取り締まりも楽になります。 校長及び教員には既に通達済み。 後は協力者を募るだけです。 ……引き受けて頂けませんか?」 「良いね。 面白いんじゃないかな? 分かった、協力するよ」 「有難うございます。 では詳細はこちらに書かれているので……内密にお願いします。 詳しい話は直前にまた連絡を差し上げますが……。 気楽にやっていただければ、と」 「そうだね。 会長さん達にもよろしく」 確かにこれなら気楽に行動できる。 自分達がやきもきする必要もない。 大勢が笑顔になる。 良い計画だ。 この後彼は、阿天坊さんや、一年生達の周りを回ってこれを実現まで持っていくらしい。 毎年、風紀委員の笛が響き、チョコレートを渡す際にトラブルが多発するバレンタイン。 今年は楽しくなりそうだ。 お昼休み! 全員が大体の食事を食べ終え、残った30分の時間で何をしようか、と考え始める頃。 唐突ですが、此処で生徒会からのお知らせ! 大事な話なので良ーく聞いて下さい! 良いですね!? 本当に大事なので! では広報、お願いします!』 『お任せあれ。 さて本日は何の日か、皆さんご承知のはず。 厳密に言えば明後日ですが、今日この日から動いている人が大半でしょう。 あっちこっちでどんなイベントが起き、どんなフラグが立つのかと身構えている人も多いでしょう……!』 放送が、学園全域に響いていく。 『しかして同時に大きな騒動になるのも、また事実。 風紀委員に取り締まられては困る! という乙女も! 貰えないと諦めている若人も! 既に当てがあって「いやー僕は本命あるから困んないですよ」とかいう僕みたいな人も! 各々、バレンタインを楽しみたいと思います。 そこで生徒会は考えました。 放送室からでも聞こえるその声に、広報は楽しそうに続けた。 『さて皆さん、テレビを付けて下さい。 そこに説明が映りますからねー。 テレビがない人はネットで生徒会室のお知らせ窓を開けて下さい。 其処に詳細が載っています! ルールは簡単! 本日の授業終了と同時に! 学園敷地内、校舎外を三機のドローンが飛びます! そしてそのドローンには、銀色の『引換券』が入っています!』 ノリノリで説明をしていく広報だ。 『引換券は、空中を飛ぶドローンから定期的に排出され、それが地面に落下します。 そのカードは、拾った人の物になります。 ああ、言っておきますとドローンにはカメラ機能もあるんで、ずるしてカードを入手しようとか、喧嘩になったりとかしたらアウトです。 他の人にカードが渡ったら素直に諦めましょう。 更に言えば駆け足も禁止。 全員、早足で歩いて探してください。 うおおおおおお!! と男子達と女子達の咆哮が上がった。 迂遠で複雑な計画であればある程、率直かつ楽しい混沌とした出来事に弱い……! 頑張れ、四条眞妃! 彼女の明日はどっちだ!.

次の

関連文献

阿天坊書記

できごと 1月• を開放し、国民一般参賀(23年ぶり)• で鉄道を国有化(創設)• GATT 発効• ベネルクス関税同盟が発効• - 第1回公演「」()• 日米国際電話再開• (後の)がイギリスから独立• - 〜間で脱線事故(死者35名・重軽傷154名)• - 米が「をに対する防壁にする」と声明• - マンテル大尉事件が起こる。 - 夫婦で乳児103名を殺害し養育費配給品を着服した事件が発覚(、夫婦の逮捕は15日)• - 前農相が• - 軍と独立勢力のにおける交戦が停戦• - 参議院副議長が通常国会開会式臨席の天皇に対し「カニの横ばい」式の拝謁を拒否()• 婦人初の政務次官誕生• 英国の、英国下院で演説。 「西欧連合 Western Union 」の結成を提唱• - 戦後初の仏映画「」封切• - の意向により文部省がを通達• - 椎名町支店で毒殺・現金奪取事件()• - が瀬戸内海で触雷沈没(死者22名・行方不明161名)• 開幕(-)• - 成立 2月• - がに対する妨害放送開始• - (現在の)が内の(自治領)として独立• 総辞職(内の対立)• ソ連で始まる• - 発足• - が日本非武装化指令を採択• - 設置(廃止)• 樹立宣言• のが発見される• - 発足• - 衆議院がを参議院がを首相に指名• - 衆議院議長が首相指名についてを宣告• で、ソ連の後ろ盾を受けた勢力によるが成功()• で24時間。 - 全焼 3月• - が株式会社として発足(社長)• - 公認のの第1号「三田自動車訓練所」オープン• - がにおける教育に対し違憲判決• - 成立• - の軍事裁判開廷(、判決8月27日)• - 初代会長にが就任• 、、、、により、に対抗する締結(の前身)• 米国で、創設• - で初の• - 第1回全国コンクール優勝大会開催()• - ITO 憲章、の首都で調印• - 容疑のに銃殺刑執行• - 米下院で16か国に対する53億ドルの支援を含む対外援助法案()可決 4月• ソ連、と西ベルリンとの陸上交通規制を強化• - 米上下両院、対外援助法調整案を採決。 上院が口頭採決で賛成多数。 下院が賛成318票、反対75票• 米大統領が()に署名• を承認しないが蜂起• が複線運転開始• - 、闇市をめぐって朝鮮人、的屋、警が抗争、銃撃戦となりが出動• - WHO 設立• - : 社長ら経営陣が従業員を大量解雇• - 組織による大量()• - で指導者がされが起きる()• - : 組合のによる映画製作始る• - 第3回欧州復興会議をで開催。 CEEC 参加16ヶ国及び西部ドイツ、 OEEC 条約に調印• - で実施。 が勝利• がに加盟• ABC がテレビ放送を開始• -26日 - (朝鮮人学校事件)、に反対してやをで、も出動、• - 公布施行(5月2日から初適用)• - 米国がで原爆実験(1発目) 5月• 公布(施行2日)• がデビュー• - 日本初の実施• - 発足• - がに就任• - 厚生省がを配布開始• - :を禁止• 首相がでの独立を宣言• : がイスラエルに宣戦• 米国がで原爆実験(2発目)• - : がパレスチナに侵攻• - が初代に就任• - 第1回がで召集、開会。 - 東京で、ガールスカウト復活のための準備委員会が発足。 - : 警視庁が違反の容疑でを取調べ• - 後に政策を導入するが首相に就任 6月• : 休戦に合意• 設立(創業者は)• 完成(米国)• がの彫刻を始める• - が愛人の女性と共にで入水自殺• - 中国で「」創刊• - 米国で624便が墜落、乗員乗客43名全員死亡• - 国会両院で排除を決議• - の米英仏占領区域(を除く)で通貨改革を実施。 に替えて、を導入• - :社長を逮捕• 6月23日 - 、小学校の運動会での喧嘩がもとになって、と朝鮮人が乱闘• - ソ連、西部ドイツと西ベルリンとの陸上交通を全面遮断。 が始まる• - 、の特許申請• (死者3769名)• がから除名• - 設立(当時の社名は伊藤ハム栄養食品)• - がはを代替すると発表 7月• で戦後初の• - GHQ: 開催を許可(初開催11月20日)• - 英国で国営医療サービス事業 が開始• - 500年記念祭()• 発足(から改称)• - 施行• - 公布• - GHQ: 新聞社・通信社の事前検閲を事後検閲に切換える• 公布施行(初適用は9月23日)• 米国で以来2度目となる平時が復活• が初代大統領に当選• - が争議禁止のための公務員法改正を要請• - の前身となる栄電社創立(株式会社化)• - 米大統領が、軍におけるを禁止する大統領令に署名• 開幕( - 、日本不参加)• 公布施行• - 書翰による公布実施:公務員の争議権・団体交渉権を否認• - ニューヨーク国際空港(後の)開港 8月• - から「」創刊。 - ロンドン五輪開幕。 - - ・で案創設• - 政府樹立宣言(大統領)。 銅像再建除幕式• - 死去• - 日本初のがで開催(対)。 - : 籠城中のに仮処分執行: 米軍戦車なども出動• - 成立• - の軍事裁判判決(絞首刑5名)• - 来日(2度目)• オランダ女王在位50年• 設立(当時の社名はエステー化学工業所) 9月• - オランダ女王が健康上の理由により退位• - が就任• - オランダ女王にが即位• - 成立(首相)• - 軍、初代死去を受け、(ハイダラーバード)侵攻。 「ポロ作戦」により数万人のが死亡• - (全学連)結成• - 創刊• - 設立• - 施行• - :長官逮捕 10月• 警視庁が犯罪専用電話設置• - ソ連の周辺で地震(死亡10万名)• - :元逮捕• - 総辞職()• - 召集(閉会)• - 、で国旗を持った一団がデモ行進し、米軍が6人検挙• - 米英仏、ドイツ占領区域の貿易統合で合意。 11月1日実施• 11月• - でが当選• - 初めての• - : 結審、 死刑7名、無期禁固16名、有期禁固2名、免訴3名• - が日本体育協会と改称• - :最高裁が上告棄却し死刑確定• が初めて開催()• ・で幻の鳥が50年ぶりに発見• - がを視察中にら30人に殴打される• - 第1回開催()• - 改正公布。 12月• 開会(解散)• でを廃止(自主的にとなった初の国)• - 結成• - 改正公布施行(罷業禁止)• - :元首相らを逮捕• - 発足• - 、逮捕された朝鮮人を奪還しようとして警察と衝突• - がを採択• - 蔵相が国会で乱酔し婦人議員に戯れる( 酒乱事件)• - 泉山蔵相が引責辞任・議員辞職• - 可決• 可決 - ()• : で死刑囚7名に絞首刑執行• - GHQ: ・ら戦犯容疑者17名の釈放を発表• - 軍がから撤兵完了• - 設立(創業は5月)• :特捜部解散• :の対象となる殺人強盗事件発生• 設立登記• - 開局 「」も参照 1月• - 、元• 1月1日 - 、プロ野球選手• - 、• 1月2日 - 、、• 1月2日 - 、• 1月2日 - 、、、、広告ディレクター• - 、、• 1月3日 - 、元プロ野球選手• 1月3日 - 、プロ野球選手• - 、• 1月4日 - 、元プロ野球選手• 1月4日 - - 元力士• - 、• 1月5日 - 、• 1月5日 - 、• - 、、(2代目)• 1月7日 - 、• - 、元プロ野球選手• 1月8日 - 、女優・• - 、• 1月10日 - 、俳優・歌手• 1月10日 - 、• 1月10日 - 、プロ野球選手• - 、• - 、俳優• - 、作曲家• -、歌手、政治家• - 、元プロ野球選手• 1月16日 - 、• 1月16日 - 、元プロ野球選手• 1月16日 - 、()• 1月16日 - 、• - 、• - 、• 1月18日 - 、• - 、女優• - 、元プロ野球選手• 1月20日 - 、教授、元、• - 、、• 1月22日 - 、政治家• - 、• 1月24日 - 、プロ野球選手• 1月25日 - 、俳優、声優• - 、作曲家• 1月26日 - 、• - 、• 1月27日 - 、野球選手• - 、ダンサー、• - 、• 1月29日 - 、プロ野球選手• - 、、館長• 1月30日 - 、、受賞者• - 、 2月• - 、女優• - 、大相撲第57代横綱・第10代理事長、元親方• 2月4日 - 、、元• - 、元、指導者• - 、• - 、演歌歌手• - 、天文学者• - 、前知事( - )• - 、元大相撲力士、元親方• 2月11日 - 、政治家• - 、元プロ野球選手• 2月13日 - 、元選手• - 、元選手• - 、元• 2月18日 - 、• - 、、、• - 、漫画家• - 、• - 、• - 、元プロ野球選手• 2月26日 - 、元プロ野球選手• 2月26日 - 、• - 、 3月• - 、・(の息子)• 3月2日 - 、ミュージシャン• - 、元• - 、• - 、・• 3月6日 - 、女優• - 、• 3月9日 - 、• - 、天文学者• 3月10日 - 、元プロ野球選手• - 、ミュージシャン• - 、漫画家• - 、・・• 3月14日 - 、フリーアナウンサー• - 、元プロ野球選手• 3月15日 - 、プロ野球選手• - 、• - 、政治家• - 、、、• - 、政治家• 3月22日 - 、元• 3月22日 - 、• - 、サッカー監督• - 、ミュージシャン• 3月26日 - 、元・• 3月26日 - 、・• 3月26日 - 、• - 、45代• 3月31日 - 、元プロ野球選手 4月• - 、女優• - 、部監督• 4月3日 - 、• 4月3日 - 、ピアニスト• - 、元• - 、音楽プロデューサー 音楽会社グループの創業者• - 、プロ野球選手• 4月9日 - 、政治家• - 、元プロ野球選手• - 、元・監督(優勝)• 4月11日 - 、・• - 、• 4月12日 - 、元プロ野球選手• 4月12日 - 、• 4月12日 - 、プロ野球選手• - 、• - 、・• - 、高校野球指導者• - 、政治学者• 4月20日 - 、元プロ野球選手• - 、・女優• 4月22日 - 、プロ野球選手• 4月24日 - 、政治家、医師• 4月24日 - 、プロ野球選手• - 、プロ野球選手• - 、元プロ野球選手• - 、元プロ野球選手• - 、 5月• - 、ミュージシャン• 5月5日 - 、• - 、• - 、・・• 5月11日 - 、・• 5月11日 - 、弁護士・政治家• 5月11日 - 、• - 、ミュージシャン• 5月12日 - 、シンガーソングライター• - 、元プロ野球選手・• 5月15日 - 、ミュージシャン• 5月15日 - 、元プロ野球選手• 5月15日 - 、• - 、元プロ野球選手• 5月17日 - 、元プロ野球選手• - 、プロ野球選手• - 、声優• 5月20日 - 、女優・• - 、元プロ野球選手、• 5月21日 - 、評論家• - 、プロ野球選手• 5月23日 - 、高校野球指導者• - 、元プロ野球選手・野球解説者• - 、歌手・• - 、• 5月30日 - 、元プロ野球選手• - 、• - 、俳優• 6月5日 - 、プロ野球選手• - 、元プロ野球選手• - 、プロ野球選手• - 、・• 6月11日 - 、、、第9代長• 6月14日 - 、• 6月14日 - 、元プロ野球選手• - 、・• - 、元プロ野球選手• 6月17日 - 、元• 6月17日 - 、• - 、• - 、• - 、作曲家• 6月21日 - 、選手• - 、ミュージシャン• 6月22日 - 、• - 、元プロ野球選手• 6月23日 - 、• - 、プロ野球選手• - 、歌手、俳優、元ザ・タイガース• 6月25日 - 、放送作家• 6月25日 - 、俳優• 6月25日 - 、プロ野球選手• 6月28日 - 、プロ野球選手• - 、ミュージシャン• 6月29日 - 、()• 6月29日 - 、プロ野球選手 7月• - 、元大相撲力士、元親方• - 、• - 、プロ野球選手• 7月5日 - 、アマチュア野球指導者• - 、歌手• 7月6日 - 、• - 、政治家• - 、プロ野球選手• - 、• - 、、• 7月10日 - 、プロ野球選手• - 、社会学者• 7月12日 - 、元プロ野球選手• - 、、、元• - 、プロ野球選手• - 、元、指導者• 7月16日 - 、• - 、、• 7月17日 - 、政治家• - 、• - 、政治家• 7月21日 - 、• - 、軍事評論家、元• - 、漫画家• - 、俳優• - 、• 7月27日 - 、漫画家• 7月27日 - 、選手• 7月27日 - 、映画監督• - 、• 7月28日 - 、フィギュアスケート選手• 7月28日 - 、• 7月28日 - 、政治家• - 、元プロ野球選手、元、野球解説者• 7月29日 - 、創業者• 7月29日 - 、プロ野球選手• 7月29日 - 、プロ野球選手• - 、俳優• 7月30日 - 、プロ野球選手• 7月30日 - 、プロ野球選手 8月• - 、元• - 、• - 、プロ野球選手• - 、女優• 8月8日 - 、政治家• 8月8日 - 、政治家• - 、• - 、元プロ野球選手• 8月12日 - 、元プロ野球選手• - 、• 8月13日 - 、・• - 、歌手• 8月19日 - 、元• - 、ミュージシャン• - 、元プロ野球選手• - 、歌手・• - 、俳優・• - 、• - 、シンガーソングライター• - 、• - 、元選手• - 、プロ野球選手• - 、・・• - 、・• - 、元プロ野球選手• 9月12日 - 、・• 9月13日 - 、調教師• - 、プロ野球選手• - 、政治学者• 9月15日 - 、・• - 、俳優• - 、元・元アナウンサー• - 、スマイル党総裁• - 、元プロボクサー・プロボクシング指導者• - 、歌手• 9月26日 - 、漫画家• - 、キャスター・元アナウンサー• 10月2日 - 、• - 、会長• - 、元プロ野球選手• - 、ミュージシャン• 10月8日 - 、元プロ野球選手• 10月8日 - 、• - 、元プロ野球選手• 10月12日 - 、小説家、• - 、メジャーリーグ指導者• 10月16日 - 、プロ野球選手• - 、• - 、(、)• 10月19日 - 、• 10月20日 - 、・• - 、• 10月21日 - 、プロ野球選手• - 、歌手・• 10月22日 - 、政治家• 10月22日 - 、• 10月22日 - 、プロ野球選手• - 、女優・• - 、• - 、• - 、元 11月• - 、• 11月2日 - 、政治家• - 、• 11月3日 - 、創業者• 11月3日 - 、政治家• 11月3日 - 、・• 11月3日 - 、元• - 、• 11月4日 - 、元プロ野球選手• 11月4日 - 、ライター、・武術・指導者、研究家• - 、ミュージシャン、• 11月5日 - 、プロ野球選手• 11月6日 - 、調教師• 11月6日 - 、プロ野球選手• 11月6日 - 、プロ野球選手• - 、プロ野球選手• 11月9日 - 、元サッカー選手、サッカー指導者• - 、• - 、歌手、俳優• - 、女優• - 、• 11月14日 - 、元大相撲力士、元親方• - 、第18代、元MBS• 11月15日 - 、人権運動家• - 、演歌歌手、元大相撲力士、元親方• - 、調教師• - 、ドライバー• - 、政治家• - 、選手• 11月23日 - 、プロ野球選手• - 、写真家• 11月24日 - 、• - 、• - 、元、元、元 12月• - 、• - 、タレント• - 、ミュージシャン• 12月3日 - 、俳優、歌手• 12月3日 - 、政治家• - 、・• - 、俳優• - 、• 12月6日 - 、政治家• - - ダンサー• - 、・• - 、• - 、歌手• - 、ギタリスト• - 、タレント• - 、• - 、ミュージシャン• 12月18日 - 、・・• 12月18日 - 、元• - 、• - 、俳優• 12月21日 - 、メジャーリーガー• - 、メジャーリーガー• - 、()• - 、プロ野球選手• 、小説家• 、・・、書記長• 、 「」も参照• - 、ドイツの医師、医学者。 ナチス• 6月2日 - 、の侍医。 ナチス• 6月2日 - 、長官。 ナチス• 6月2日 - 、医師。 ナチス• ご存じの方はご提示ください。 「」も参照してください。 ガイドラインに沿っていない記述は除去されますのでご注意ください。 ( 2011年7月)• であるローレンス・エドワードの相続でローレンスの孫に当たるヘンリーとトーマスの間でトラブルが発生し、ヘンリーはトーマスをしてしまう。 (ゲーム『』)• 八つ墓村で連続殺人事件が起こる。 (小説・映画・テレビドラマほか『』)• の蓬莱大学校第二高等部がとの高等部を合併吸収し「」が誕生。 4月にはが宇津帆島から撤収する。 (PBM・TRPG・小説ほか『』) 誕生日• - 、テレビドラマ『』の主人公で仮面ライダー1号に変身する青年科学者兼オートレーサー。 樋口修(国立国会図書館 調査及び立法考査局『レファレンス』第670号、2006年)、134頁。 廣田功、森健資編『戦後再建期のヨーロッパ経済復興から統合へ』(、1998年)、371頁。 益田実、「」『三重大学法経論叢』 1998年 15巻 2号 p. 103-147, , : , 三重大学社会科学学会• (著)、(訳)『スターリン時代の東欧』(、1979年)、202-204頁。 『世界現代史26 ハンガリー・チェコスロヴァキア現代史』(山川出版社、1978年)、279-281頁。 金子新(『敬愛大学国際研究』第14号)、5頁。 萩原伸次郎、 『』 - デジタルコレクション,『立命館国際研究』 2006年 19巻 3号p. 97, 立命館大学国際関係学会。 金子新(『敬愛大学国際研究』第14号)、11頁。 山極晃「1948年中国援助法の成立過程」(、深谷満雄編『アメリカの対外政策決定と議会』(、1965年))、119-120頁。 島田巽『マーシャル・プラン』(、1949年)、148頁。 島田巽『マーシャル・プラン』(朝日新聞社、1949年)、171頁。 (2015年11月9日付記事)]• 『索引政治経済大年表 年表編(下巻)』(、1971年)、203頁。 Bizapedia 2015年現在も活動中• ・・『』、1991年、23・102・103頁。

次の