にゃんこ 妨害役。 【にゃんこ大戦争】最強キャラランキング!【最新版】|ゲームエイト

【基本性能は高め】ネコぼさつの評価と有効な使い道【にゃんこ大戦争】

にゃんこ 妨害役

にゃんこ大戦争では 壁キャラで前線を守り、強力なアタッカーで後方から援護射撃する戦い方が理想。 それでは、 無課金でも使える壁キャラをランキング形式で紹介していきます。 1位 タンクネコ タンクネコは低コストで生産スピードが早いため、序盤から量産できる超高性能な壁キャラです。 火力はほとんど期待できませんが、ゲーム終盤でも活躍できるほど壁キャラとして優れています。 タンクネコは優先して育てるべき壁キャラです! ただし、タンクネコだけでは敵を倒すことはできないので、遠距離攻撃ができるアタッカーを生産することも大切です。 2位 ネコ 一番はじめに入手できるできるキャラですが、実は壁キャラとしてとても優れています。 ネコは終盤でも十分に活躍できるので、優先して育ててOKなキャラです。 第二形態ではイラストが変わるだけですが、第三形態「ネコモヒカン」になると体力と攻撃力がアップします。 3位 スモウネコ スモウネコは日本編第1章の「愛媛県」クリア後にネコカン150個と交換で入手できます。 スモウネコは強力な壁要素が魅力ですが、第三形態まで進化させると、5つのにゃんコンボを発動することができます。 序盤から入手しやすいため、無課金プレイでの壁キャラにはぴったりですが、生産コストが300とやや高コスト。 150で生産できるタンクネコに比べるとやや使いづらさがあります。 壁キャラとしては、タンクネコの次に優先して育てるようにしましょう。 4位 ネコフィーバー ネコフィーバーは「日本編」1章の「福井県」をクリアしてネコカン90個と交換すると入手できます。 ネコフィーバーはコスト75で生産できるコスパ良しの壁キャラ。 足が遅いことが弱点ですが、早めに生産しておくことで前線保持の役割は十分に果たしてくれます。 ネコフィーバーは第二形態に進化させてもイラストが変わるだけで能力は変化ありません。 (第三形態では「メタル以外全ての敵をふっとばす」が追加) そのためネコフィーバーは育てずに他のキャラに経験値を振り分けてOKです。 2位 【 最新作RPG】 最強のアニマルを育成し、敵を殲滅させろ! 今一番アツいスマホゲーム間違いなし! 3位 【史上最強の三国RPG】 今まで語られることのなかった、新しき三国志のストーリー。 【神器】システムで課金勢を蹴散らそう! 4位 【キャラが可愛すぎる!】 楽しい学院生活で、女の子との絆を深めよう!奥深いバトルで激ハマりするユーザー多数! 5位 【放置系ゲームの王道】 MMO初心者でも無料で楽しめる!本当に放置してるだけで最強になります。

次の

【にゃんこ大戦争】風雲にゃんこ塔 42階 攻略解説

にゃんこ 妨害役

あまり多く編成しても、 まとめて倒されてしまいますので、 少な目の編成としましょう。 攻撃役 敵の攻撃範囲が広いため、 移動速度の速いキャラを編成しましょう。 黒い敵に強いキャラも 数体編成するといいでしょう。 妨害役 なし にゃんコンボ役 なし 敵キャラクター 敵キャラクター 属性 般若我王 赤い敵 断罪天使クオリネル 天使 殺意のわんこ 黒い敵 ブラッゴリ 黒い敵 ステージ攻略手順 1. すぐに敵が登場 開始するとすぐに、 般若我王と断罪天使クオリネルが出てきます。 お金を貯める時間あまりないので、 適度にキャラを生産して、 敵の足止めを行います。 黒い敵をすぐに倒す ブラッゴリや殺意のわんこが 出てきますので、前線が押されないように 素早く倒していきましょう。 この2種類の敵を素早く倒せないと、 一気に押されてしまいますので注意が必要です。 素早く倒してしまい、 般若我王とクオリネルが進行しないようにしましょう。 射程が非常に長いので、 自城に近づきすぎると直接攻撃されてしまいますので、 注意しましょう。 この黒い敵を素早く倒して、 後方の2キャラにダメージを与えていきます。 後は、これを繰り返して、 徐々にダメージを与えて倒しましょう。 どちらかを倒す 般若我王かクオリネルのどちらかを 倒すことができれば、クリアは目前となります。 ただ、単体でも十分強いので、 油断せずに倒していきましょう。 倒した後は、敵城へ進軍していきます。 敵城に到着したら、 体力を0にして勝利です。 前の階 次の階 45階.

次の

にゃんこ塔28階 おすすめキャラ9選

にゃんこ 妨害役

浮いてる敵を妨害できる特性を持っているみたいだけど使い心地はどうなんだろう。 今回の記事はこういった疑問に答えます。 「激レア」キャラとして設定されており、たまに当たることがある 「ネコぼさつ」。 「浮いてる敵」に対して動きを遅くする特性を持つこのネコですが果たしてこのネコの強さはどれほどのものなのでしょうか。 レベルを上げるにしても 「激レア」キャラなので経験値を与える価値があるのか気になりますよね。 そこで今回はこの 「ネコぼさつ」について筆者が使用感を確かめてみましたので個人的な評価と有効な使い方をご紹介していきたいと思います。 当記事を読んでもらえれば以下の事が得られますので性能が気になる方はさっそく下記から記事を読んでみて下さい。 この特性を効果的に活かしたい場合は「敵をふっとばす」特性を持つ味方を加えておくとなおよし! 範囲攻撃なので複数の敵を巻き込みやすい 妨害キャラは 「レア」だと 「単体」でしか攻撃出来ない事が多いですが、 「ねこぼさつ」は「激レア」なためか攻撃が 「範囲」に設定されており、他の妨害キャラのようにわざわざ 「範囲」攻撃用のネコを用意する必要がありません。 上手く壁キャラを用意できれば後は勝手に妨害してくれるので残ったお金を他の強力なキャラに回すことが出来ます。 攻撃力が何気に高め 妨害キャラにしては元々の攻撃力が高く、最大までレベルを上げれば 「ネコヴァルキリー」と遜色ない位の攻撃力となります。 第三段階除く 先述した攻撃範囲も踏まえると妨害だけでなく、アタッカーとしての役割も十分出来るキャラと言えるでしょう。 短所 「ネコぼさつ」の短所について解説します。 生産性が悪い 妨害キャラの割に生産コストが高めに設定されているので手軽に生産が出来ません。 さらに再生産まで約40秒ほどかかりますので数を増やしにくいのも痛いです。 そのため 「浮いてる敵」に対しての妨害役は他にも揃えておいた方が無難でしょう。 射程が物足りない 「ネコぼさつ」は射程が270に設定されていますが、ターゲットとなる 「浮いてる敵」の射程がこれよりも高い敵が多いので安全に敵を妨害出来る場面があまり多くないです… 幸い体力が多く、ノックバックもしにくいので妨害出来るチャンスはありますが、コストが高いので速めに勝負をつけないとじり貧に陥りやすくなってしまうでしょう。 総評 「ぶんぶん先生」やサイクロン系の敵を妨害できるので性能は悪くありませんが別にいなくても良いキャラと言えます。 「浮いてる敵」に対する妨害キャラが動きを止める 「ネコラマンサー」や同じ効果で生産性の高い 「ねこ僧侶」等がいますのでそっちを使った方が戦局が安定しやすいです。 とにかくこのキャラだけでは役割が中途半端になってしまうので使う時は 「ねこ占い師」等のふっとばし要員を加えるかいっそのこと第三形態にしてしまった方が良いでしょう。 有効な使い方 運用していくにあたって適切と感じる使い方をご紹介します。 ぶんぶん先生やサイクロン系に対して強気にぶつけていく 先述した通り、射程はそこそこあり、 「ぶんぶん先生」やサイクロン系の敵には刺さりやすいのでそれらに出していきます。 生産する際はあらかじめ 「ネコジャラミ」等の敵をふっとばすキャラも用意しておき、前進した敵を押し戻すように活用していきましょう! 特に 「ぶんぶん先生」や 「赤羅我王」なんかには射程勝ち出来ていますので壁とふっとばすキャラを用意しておけばほとんど前進させる事無く倒す事も可能です。 主な使用機会 ぶつける敵:ほぼ全ての 「浮いてる敵」 使用ステージ: 「浮いてる敵」がメインのステージで活躍 「緑マタタビステージ」 等 ステータス 参考までに 「ネコぼさつ」の基本ステータスをご紹介します。 Lv30時。 47秒 生産速度 39. 設定されているにゃんコンボ 「ネコぼさつ」に設定されている 「にゃんコンボ」の性能をご紹介します。 コンボパーツである 「ネコ聖母」も運に頼らず入手できるので発動は容易。 ただし 「ネコ聖母」の性能がイマイチなので発動する機会はあまり多くはないでしょう。

次の