煽り運転ナンバーリスト。 あおり危険運転・悪質ナンバー共有情報サイト「NumberData」とは?悪質な「危険性帯有者」罰則強化へ

DQNのナンバープレート保管庫 3

煽り運転ナンバーリスト

県外ナンバーの車に乗る県内進出企業の関係者らへの誹謗(ひぼう)・中傷があるとして、岩手県北上市の高橋敏彦市長は、市の公式ホームページで「冷静な対応」を市民に要請するメッセージを公表した。 8日の定例会見で「北上市は歴史的に市外から来られた人をもてなす空気があると自負しているだけに残念」と述べた。 メッセージで高橋市長は「市内企業に勤務されているご家族をはじめ、職場の方やその取引先など関係者に対する誹謗(ひぼう)・中傷の相談を受けている」としたうえで 「他県から転居してきたこと等を理由とした、不当な『差別・いやがらせ・偏見・いじめ』は決して許されない。 是非(ぜひ)とも落ち着いて冷静な対応をお願いするとともに 子どもたちにも仲間を傷つけるような言葉づかいや態度をとらず、思いやりをもって行動するよう声をかけていただきたい」などと記した。 同市の対策本部などによると、4月以降、県外ナンバーの車を持つ市民らから把握しているだけで2件の相談があった。 1件は車の近くで「他県から来るな」と言われたという内容。 もう1件は県に寄せられた転勤者の投書で、小学生と中学生の子どもが同級生に「コロナ県」とからかわれたという内容だった。 転勤者は国内で感染者が確認されるより前に市内へ引っ越してきたという。 県保健福祉企画室によると、県には6日までに10件ほどのコロナ関連の投書が届いた。 県は8日、HPにメッセージを出し、「思いやりのある行動」を呼びかけた。 新型コロナウイルス感染症対策担当の阿部匡寛・特命課長は「岩手は復興途中で、支援のため来ている車もたくさんいる。 県外というだけで不当な扱いを受けるのは心苦しい」と話した。 カテゴリー• 223• 188• 493• 216• 420• 143• 279• 288• 1,129• 166• 268• 660• 347• 2,152• 178• 19 アーカイブ•

次の

あおり運転の調査(事故対策)|チューリッヒ

煽り運転ナンバーリスト

DQN車両のナンバーと車種を画像付きでご報告ください。 注意喚起や、警鐘を鳴らす意味でも、ぜひ車に関する トラブル等の画像や動画を貼り付けてください。 画像はあってもなくてもOK。 画像だけでもOK。 YouTubeの動画を貼り付けてもOKです。 テキスト入力しておくと検索されやすくなります。 信号無視、煽り、割り込み、進路妨害、携帯電話しながら運転 スマホ注視しながら運転、危険運転、違法改造、悪質運転、キチガイ ウンコ漏れそうな車、見切り発車、逆走、マナー違反、品のない運転 恐がらせる運転、気に触る運転、歩行者を無視した運転、急な車線変更 ウインカー不点灯、ナンバー灯無灯火、ナンバー折り曲げ ナンバーカバー、不審車両、違法駐車、迷惑駐車、飲酒運転 高齢者の危険運転、ポイ捨て、眩しいライト・バックフォグ 黒煙・白煙、爆音、スルスモーク、前席カーテン、車検切れ、無免許 指名手配車両の目撃情報、パトカーの違法行為など。 走行中の撮影はたいへん危険ですので、 ドライブレコーダーを使うか、同乗者にお願いしてください。 犯罪捜査用、摘発用、報道用にもどうぞ。 常習性の裏付け用にもお使い下さい。 投稿者名は、 名無し や 名無しさん などでOKです。 なお著しい個人情報や脅迫めいた書き込みは、 削除することがありますので、ご遠慮ください。 子どもも乗っていたのに、有り得ない運転… 施設で駐車場に入れようとバックをしようとしたら後ろから前進してきて、このままバックする訳にもいかず仕方なく隣に停めたら、運転席の女と助手席の女に睨みつけられ、窓を開け、指を差され、拍手し、大声で、ざまー見ろ!と言われた。 バックしようとしてるのに、後ろから前進してくるのはどうかと思うんだが… バックしようとしてるの分かってて前進してきて、明らかに確信犯だし、人の事を退かしておいて、ざまー見ろ? 事故るのが嫌だから避けただけなのに、人の事、指差し、挙句ざまー見ろとは何なんだ!!

次の

あおり運転の調査(事故対策)|チューリッヒ

煽り運転ナンバーリスト

「あおり運転」(妨害運転)は、重大な交通事故につながる極めて悪質・危険な行為です。 車を運転する際は、周りの車等に対する「思いやり・ゆずり合い」の気持ちを持って、安全な速度・方法での運転を心掛け、十分な車間距離を保つとともに、不必要な急ブレーキや無理な進路変更等は絶対にやめましょう。 妨害運転罪の創設 令和2年6月10日に公布された道路交通法の一部を改正する法律により、妨害運転(「あおり運転」)に対する罰則が創設されました。 これにより、令和2年6月30日から、他の車両等の通行を妨害する目的で、急ブレーキ禁止違反や車間距離不保持等の違反を行うことは、厳正な取締りの対象となり、最大で懲役3年の刑に処せられることとなりました。 また、妨害運転により著しい交通の危険を生じさせた場合は、最大で懲役5年の刑に処せられることとなりました。 さらに、妨害運転をした者は運転免許を取り消されることとなりました。 妨害運転のような悪質・危険な行為により人を死傷させた場合には、危険運転致死傷罪(妨害目的運転)等にも当たる場合があり、さらに厳罰に処せられることがあります。 令和2年改正道路交通法リーフレットA 令和2年改正道路交通法リーフレットB 妨害運転等に対する厳正な指導取締り 警察では、他の車両等の通行を妨害する目的で行われる悪質・危険な運転に対して、今回創設された妨害運転罪や危険運転致死傷罪(妨害目的運転)等のあらゆる法令を駆使して、厳正な捜査を徹底することとしています。 また、妨害運転等の悪質・危険な運転を未然に防止するため、車間距離不保持、進路変更禁止違反、急ブレーキ禁止違反等の道路交通法違反について、積極的な交通指導取締りを推進しています。 さらに、今回の道路交通法改正に伴い、妨害運転をしたものは、当該行為のみで運転免許の取消処分の対象となることから、このような運転を行う悪質・危険な運転者を早期に排除するため、迅速に行政処分を行うこととしています。 安全な場所から110番通報・ドライブレコーダーを積極活用 妨害運転を受けるなどした場合は、サービスエリアやパーキングエリア等、交通事故に遭わない場所に避難するとともに車外に出ることなく、ためらわずに110番通報をしてください。 また、ドライブレコーダーは、運転行為が記録されることから、妨害運転等の悪質・危険な運転行為の抑止に有効です。 事故やトラブルのときにあなたを守るドライブレコーダーを装着し、有効に活用しましょう。

次の