イトトンボ 種類。 イトトンボ

トンボの種類25種まとめ!日本に生息する最大・最小・綺麗なトンボ

イトトンボ 種類

昆虫図鑑 こんちゅうずかん:トンボ 目 もく 不均翅亜目 ふきんしあもく サナエトンボ科 コサナエ属 コサナエ コサナエ タベサナエ フタスジサナエ オス フタスジサナエ メス アジアサナエ属 ヤマサナエ キイロサナエ キイロサナエ ヤエヤマサナエ ダビドサナエ属 ダビドサナエ ダビドサナエ モイワサナエ その他の属 ヒメクロサナエ ダビドサナエ ミヤマサナエ ヒメサナエ オジロサナエ アオサナエ オナガサナエ コオニヤンマ ウチワヤンマ タイワンウチワヤンマ ヤンマ科 ギンヤンマ ギンヤンマ ギンヤンマ ギンヤンマ クロスジギンヤンマ リュウキュウ ギンヤンマ クロスジギンヤンマ オス クロスジギンヤンマ メス ルリボシヤンマ属 オオルリボシヤンマ オオルリボシヤンマ ルリボシヤンマ ルリボシヤンマ属 ギンヤンマ オオルリボシヤンマ その他 カトリヤンマ(オス) カトリヤンマ(メス) ヤブヤンマ コシボソヤンマ ミルンヤンマ サラサヤンマ サラサヤンマ サラサヤンマ その他の科 ムカシヤンマ科 オニヤンマ科 エゾトンボ科 エゾトンボ エゾトンボ科 コヤマトンボ エゾトンボ科 トラフトンボ トンボ科 シオカラトンボ 属 ぞく Orthetrum シオヤトンボ オオシオカラトンボ 奄美大島) ハラボソトンボ シオカラトンボ メス シオカラトンボ オス ホソミシオカラトンボ ホソミシオカラトンボ オオシオカラトンボ オス オオシオカラトンボ メス タイワンシオカラトンボ コフキショウジョウ トンボ オス) コフキショウジョウ トンボ メス) コフキトンボ コフキトンボ メス・帯型 コフキトンボ メス・無斑型 アカネ(アカトンボ) 属 ぞく Sympetrum ミヤマアカネ ムツアカネ ナツアカネ アキアカネ キトンボ ネキトンボ コノシメトンボ ノシメトンボ リスアカネ マダラナニワトンボ ヒメアカネ(オス) ヒメアカネ(メス) マイコアカネ マユタテアカネ そのほかの 属 ぞく ハラビロトンボ オス ハラビロトンボ メス ハッチョウトンボ オス ハッチョウトンボ メス ヒメトンボ ベニトンボ コシブトトンボ ヨツボシトンボ チョウトンボ オキナワチョウトンボ ショウジョウトンボ コシアキトンボ ウスバキトンボ ウスバキトンボ オオメトンボ タイリク ショウジョウトンボ アオビタイトンボ ベッコウトンボ カオジロトンボ ヒメキトンボ 未同定 均翅亜目 きんしあもく イトトンボ科 ヒメイトトンボ属・ナガイトトンボ属 コフキヒメイトトンボ ヒメイトトンボ属 ヒメイトトンボ アカナガイトトンボ キイトトンボ属 キイトトンボ リュウキュウベニイト リュウキュウベニイト リュウキュウベニイト ホソミイトトンボ属 ホソミイトトンボ オス ホソミイトトンボ メス ホソミイトトンボ アオモンイトトンボ属 アオモンイトトンボ アオモンイトトンボ アジアイトトンボ アジアイトトンボ マンシュウイトトンボ モートンイトトンボ属 モートンイトトンボ オス モートンイトトンボ メス モートンイトトンボ メス・未熟 モートンイトトンボ オス・未熟 ヒヌマイトトンボ クロイトトンボ属 オオイトトンボ オオイトトンボ オオイトトンボ オオイトトンボ 未熟 セスジイトトンボ クロイトトンボ クロイトトンボ属 クロイトトンボ属 未同定 エゾイトトンボ属・ルリイトトンボ属 エゾイトトンボ オゼイトトンボ ルリイトトンボ モノサシトンボ科 モノサシトンボ モノサシトンボ グンバイトンボ マサキルリモントンボ アマミルリモントンボ アオイトトンボ科 アオイトトンボ(オス) アオイトトンボ(メス) アオイトトンボ(羽化) アオイトトンボ(成熟) アオイトトンボ(岐阜市) オオアオイトトンボ (メス) オオアオイトトンボ (オス) 未同定 ホソミオツネントンボ オツネントンボ カワトンボ科 アサヒナカワトンボ ミヤマカワトンボ ハグロトンボ リュウキュウハグロトンボ クロイワカワトンボ ニホンカワトンボ メス ニホンカワトンボ メス ニホンカワトンボ オス アオハダトンボ アオハダトンボ・産卵 その他の科 ハナダカトンボ科 ミナミカワトンボ科 1種 2種 トンボのいろいろ 海外のトンボ トンボの化石 産卵のようす 動画) ヤゴ(幼虫図鑑) 西表島06 トンボの顔図鑑 トンボのなかまはトンボ目に分類されます. このなかまは大きな4枚のはねと大きな複眼をもつことが特徴です. 分類学上は、有翅亜綱のなかのトンボ目として位置づけられていて、 オスの外部生殖器、尾部附属器、はねの形や脈のようすから、均翅亜目、 ムカシトンボ亜目、不均翅亜目の3つのグループに分けられています。 参考文献 石田昇三ほか(1988)日本産トンボ幼虫・成虫検索図鑑、東海大学出版会。 伊藤修四郎ほか(1977)原色日本昆虫図鑑、下巻、保育社。 井上清・谷幸三 2005 トンボのすべて、第2改定版、トンボ出版。 今森光彦(2000)水辺の昆虫、山と渓谷社。 尾園暁・川島逸郎・二橋亮 2012 日本のトンボ、文一総合出版。 世界文化生物大図鑑(2004)昆虫(I 、世界文化社。 ホームページに関するご指摘・お問い合わせ等は、 kawa a gifu. shotoku. jp 川上紳一(岐阜聖徳学園大学・教育学部・教授) まで、ご連絡ください。

次の

イトトンボ図鑑

イトトンボ 種類

昆虫図鑑 こんちゅうずかん:トンボ 目 もく 不均翅亜目 ふきんしあもく サナエトンボ科 コサナエ属 コサナエ コサナエ タベサナエ フタスジサナエ オス フタスジサナエ メス アジアサナエ属 ヤマサナエ キイロサナエ キイロサナエ ヤエヤマサナエ ダビドサナエ属 ダビドサナエ ダビドサナエ モイワサナエ その他の属 ヒメクロサナエ ダビドサナエ ミヤマサナエ ヒメサナエ オジロサナエ アオサナエ オナガサナエ コオニヤンマ ウチワヤンマ タイワンウチワヤンマ ヤンマ科 ギンヤンマ ギンヤンマ ギンヤンマ ギンヤンマ クロスジギンヤンマ リュウキュウ ギンヤンマ クロスジギンヤンマ オス クロスジギンヤンマ メス ルリボシヤンマ属 オオルリボシヤンマ オオルリボシヤンマ ルリボシヤンマ ルリボシヤンマ属 ギンヤンマ オオルリボシヤンマ その他 カトリヤンマ(オス) カトリヤンマ(メス) ヤブヤンマ コシボソヤンマ ミルンヤンマ サラサヤンマ サラサヤンマ サラサヤンマ その他の科 ムカシヤンマ科 オニヤンマ科 エゾトンボ科 エゾトンボ エゾトンボ科 コヤマトンボ エゾトンボ科 トラフトンボ トンボ科 シオカラトンボ 属 ぞく Orthetrum シオヤトンボ オオシオカラトンボ 奄美大島) ハラボソトンボ シオカラトンボ メス シオカラトンボ オス ホソミシオカラトンボ ホソミシオカラトンボ オオシオカラトンボ オス オオシオカラトンボ メス タイワンシオカラトンボ コフキショウジョウ トンボ オス) コフキショウジョウ トンボ メス) コフキトンボ コフキトンボ メス・帯型 コフキトンボ メス・無斑型 アカネ(アカトンボ) 属 ぞく Sympetrum ミヤマアカネ ムツアカネ ナツアカネ アキアカネ キトンボ ネキトンボ コノシメトンボ ノシメトンボ リスアカネ マダラナニワトンボ ヒメアカネ(オス) ヒメアカネ(メス) マイコアカネ マユタテアカネ そのほかの 属 ぞく ハラビロトンボ オス ハラビロトンボ メス ハッチョウトンボ オス ハッチョウトンボ メス ヒメトンボ ベニトンボ コシブトトンボ ヨツボシトンボ チョウトンボ オキナワチョウトンボ ショウジョウトンボ コシアキトンボ ウスバキトンボ ウスバキトンボ オオメトンボ タイリク ショウジョウトンボ アオビタイトンボ ベッコウトンボ カオジロトンボ ヒメキトンボ 未同定 均翅亜目 きんしあもく イトトンボ科 ヒメイトトンボ属・ナガイトトンボ属 コフキヒメイトトンボ ヒメイトトンボ属 ヒメイトトンボ アカナガイトトンボ キイトトンボ属 キイトトンボ リュウキュウベニイト リュウキュウベニイト リュウキュウベニイト ホソミイトトンボ属 ホソミイトトンボ オス ホソミイトトンボ メス ホソミイトトンボ アオモンイトトンボ属 アオモンイトトンボ アオモンイトトンボ アジアイトトンボ アジアイトトンボ マンシュウイトトンボ モートンイトトンボ属 モートンイトトンボ オス モートンイトトンボ メス モートンイトトンボ メス・未熟 モートンイトトンボ オス・未熟 ヒヌマイトトンボ クロイトトンボ属 オオイトトンボ オオイトトンボ オオイトトンボ オオイトトンボ 未熟 セスジイトトンボ クロイトトンボ クロイトトンボ属 クロイトトンボ属 未同定 エゾイトトンボ属・ルリイトトンボ属 エゾイトトンボ オゼイトトンボ ルリイトトンボ モノサシトンボ科 モノサシトンボ モノサシトンボ グンバイトンボ マサキルリモントンボ アマミルリモントンボ アオイトトンボ科 アオイトトンボ(オス) アオイトトンボ(メス) アオイトトンボ(羽化) アオイトトンボ(成熟) アオイトトンボ(岐阜市) オオアオイトトンボ (メス) オオアオイトトンボ (オス) 未同定 ホソミオツネントンボ オツネントンボ カワトンボ科 アサヒナカワトンボ ミヤマカワトンボ ハグロトンボ リュウキュウハグロトンボ クロイワカワトンボ ニホンカワトンボ メス ニホンカワトンボ メス ニホンカワトンボ オス アオハダトンボ アオハダトンボ・産卵 その他の科 ハナダカトンボ科 ミナミカワトンボ科 1種 2種 トンボのいろいろ 海外のトンボ トンボの化石 産卵のようす 動画) ヤゴ(幼虫図鑑) 西表島06 トンボの顔図鑑 トンボのなかまはトンボ目に分類されます. このなかまは大きな4枚のはねと大きな複眼をもつことが特徴です. 分類学上は、有翅亜綱のなかのトンボ目として位置づけられていて、 オスの外部生殖器、尾部附属器、はねの形や脈のようすから、均翅亜目、 ムカシトンボ亜目、不均翅亜目の3つのグループに分けられています。 参考文献 石田昇三ほか(1988)日本産トンボ幼虫・成虫検索図鑑、東海大学出版会。 伊藤修四郎ほか(1977)原色日本昆虫図鑑、下巻、保育社。 井上清・谷幸三 2005 トンボのすべて、第2改定版、トンボ出版。 今森光彦(2000)水辺の昆虫、山と渓谷社。 尾園暁・川島逸郎・二橋亮 2012 日本のトンボ、文一総合出版。 世界文化生物大図鑑(2004)昆虫(I 、世界文化社。 ホームページに関するご指摘・お問い合わせ等は、 kawa a gifu. shotoku. jp 川上紳一(岐阜聖徳学園大学・教育学部・教授) まで、ご連絡ください。

次の

イトトンボ

イトトンボ 種類

イトトンボの交尾、左側がオス ( Pyrrhososma nymphula) やなど、不均翅亜目()のトンボは後翅が前翅に比べて幅広いのに対し、均翅亜目は名前どおり前後のがほぼ同じ形である。 は左右に幅広く、が小さい。 も細長い円筒形をしているので、小型の種類では呼び名の通り短いくずのように見える。 不均翅亜目が直線的に広い空間を飛び回るのに対して、あまりを離れず、水辺の草の間でぱたぱたと緩やかに羽ばたきながら低く飛ぶものが多い。 トンボ類のはオスとメスが輪を作るが、均翅亜目では腹部が細くてよく曲がるため、連結部分が型をなす。 ()も成虫と同様に体が前後に細長い。 さらに腹部先端に細いが3枚ついていることで不均翅亜目のヤゴと区別できる。 からまで多くの種類が知られるが、特に熱帯に種類が多い。 このうち、のに分布する Megaloprepus coerulatus は体長10cm、開張15cmにも達し、現生トンボの最大種とされている。 日本のイトトンボ [ ] 日本にも多くのイトトンボが分布する。 南にいくほど種類が多いが、の山地やに分布する Agrion lanceolatum など北方系の種類もいる。 成虫として越冬するトンボとして、( Sympecma paedisca)、( Indolestes peregrinus)、( Aciagrion migratum)の3種が知られている。 Ceriagrion melanurum は全身がで判り易い。 他にも( Ischnura senegalensis)や( Ischnura asiatica)などはでもよく見かけられる普通種である。 その一方、( Platycnemis foliacea sasakii)や( Agriocnemis femina oryzae)などに敏感な種も多く、これらは開発などで生息地を減らしている。

次の