高額 医療 費 払い戻し。 「医療費控除」と「高額療養費」の併用の注意点

高額療養費制度(2)

高額 医療 費 払い戻し

誰でも突然病気にかかったり、事故に遭ってケガをしたりするのを避けることはできません。 予期せぬ医療費がかかって今月の家計がピンチ…と困った経験がある方も少なくないはず。 今回は、そんなピンチを切り抜けるためにぜひ覚えておきたい「高額療養費制度」についてお教えします! 知らなきゃ損!高額療養費制度って? 「高額療養費制度」をカンタンに説明すると、もしあなたの一か月の医療費が、国が決めている限度額を超えていたら、その超過分が払い戻されますよ、という制度です。 では、その医療費の「限度額」っていくらなのか、気になりますよね。 これは、その人の年齢や収入によって変わります。 計算がちょっと複雑ですね。 たとえば、あなたがとある月、手術や入院で、医療費が50万円かかったとしましょう。 50万円を計算式にあてはめると「8万2430円」。 これがあなたの1ヶ月分で支払うべき限度額です。 3=15万円。 15万円から限度額の8万2430円を引き、結果「6万7570円」が払い戻されることになります。 結構大きな金額ですよね。 ちなみに、年収100万円以下、住民税非課税対象となっている「低所得者」だと、限度額は1ヶ月「3万5400円」と固定です。 また、限度額を超える月が1年に3回(3ヶ月)以上あった場合は、その旨申請すれば、次の年から限度額がさらに引き下がるので、より負担が軽くなります。 ちなみに、この高額療養費制度は、2年前までさかのぼって申請することができます。 これから高額な医療費がかかる人だけでなく、ここ2年で病気やケガでまとまった金額の医療費を支払った人、まだ間に合います! 期限が切れる前に申請して払い戻しを受けましょう。

次の

医療費控除と高額療養制度について

高額 医療 費 払い戻し

病気やけがでかかった医療費については、所得税の負担が軽くなる「医療費控除」と、加入している公的医療保険者から一部払い戻しがある「高額療養費」があります。 でも、それぞれについてきちんと知らないという人もいるのでは? 今回は両者を併用する際の注意点についてお話しします。 「高額療養費制度」とは 高額療養費制度とは、かかった医療費の負担を直接軽減する仕組みで保険給付の一種です。 同一月(1日から月末まで)に支払った医療費(保険適用分のみ)が一定の金額を超える場合に、自分が加入している公的医療保険へ申請をして保険給付を受けることができます。 自己負担上限額は年齢や所得によってそれぞれ異なり、2015年1月診療分からその区分が一部改正されています。 「医療費控除」とは 医療費控除とは、対象年の1月1日から12月31日までの1年間に一定金額以上の医療費を支払った場合に、確定申告により所得税が軽減される制度です。 対象となるのは支払った医療費が10万円(所得が200万円未満の方は総所得金額の5%)を超えた分です。 ただし、保険金などで補填された金額はマイナスにする必要があります。 医療費控除の計算式 支払った医療費-保険金などで補填された金額=医療費控除の対象額 なお、「支払った医療費」には保険適用外の医療費なども含めることができます。 高額療養費制度と医療費控除の併用方法と注意点 高額療養費制度と医療費控除はどちらも「多額の医療費を支払ったときに使える制度」です。 これら2つの制度は併用して受けることができます。 ただし、高額療養費申請をして支給された金額は、先ほどの医療費控除の計算式の「保険金などで補填された金額」に当たります。 つまり、併用する場合は高額療養費(支給額)を差し引く必要があります。 そのため、併用する場合は次の手順で考えましょう。 高額療養費の申請をする• 戻ってくる金額が確定• 医療費控除の申告を行う ここで注意が必要なのは、高額療養費の支給タイミングです。 通常、診療月から3カ月以上かかります。 年をまたいで支給された場合も、医療費を支払った年の確定申告で医療費控除の「補填された金額」としてマイナスする必要があります。 その点を踏まえると、12月分の高額療養費申請をした場合、(2)の金額が確定するまで確定申告ができません。 見込みの給付額で確定申告したとしても、実際の額と相違があれば確定申告をやり直す必要がありますので結局二度手間となってしまいます。 12月分の高額療養費申請をした場合は期限内での確定申告が難しくなるため、更正の請求などで対応する必要があることも理解しておきましょう。 なお、医療費控除の還付申告は5年間、高額療養費は2年間です。 どちらも自ら申請しなければ利用できないものです。 いざというときのためにも、この機会に制度の内容を理解しておくことをオススメします。

次の

思わぬ落とし穴!?高額療養費制度の対象外となる費用とは? : 高額医療費制度

高額 医療 費 払い戻し

ここでは歯の治療で医療費控除の対象となる主なものをご紹介します。 人工歯や入れ歯の治療• インプラント治療• 矯正歯科治療 発育段階にあるお子さんの歯列矯正、矯正の目的などから歯列矯正が必要と認められる場合の矯正治療費は対象となります。 治療のための通院費 通院費やお子さんの通院に付添いが必要な場合その交通費も含まれます。 デンタルローン 信販会杜が立替払をした金額は、患者様の立替払をした年の医療費控除の対象になります。 また、この医療費控除を受けるためには、医療費などの領収書、給与の源泉徴収票、印鑑などを持参して、所轄の税務署に確定申告をしなければなりません。 確定申告の時期は毎年2月16日から3月15目までです。 ですから、日ごろから医療機関に診てもらったら、必ず領収書をもらい保管しておく必要があります。 領収書がなければ控除は受けられません。 詳細は所轄官庁やお近くの税務署までご相談ください。

次の