福良拳 高校生クイズ。 youtubeチャンネルQuizKnockメンバーを紹介する!

福良拳のツイッターで頭脳王としての仕事とは?出身大学や研究室などのプロフィールまとめ

福良拳 高校生クイズ

QuizKnockのメンバーについては「」を参照 来歴 2016年10月3日、クイズプレイヤーのと、伊沢に集められた東京大学クイズ研究会の有志によって、WEBメディア「QuizKnock」が立ち上げられた。 2017年4月16日、の提案 でYouTubeチャンネルを開設した。 QuizKnockのメンバーがクイズや謎解き、実験を行う動画を投稿している。 2018年1月、サブチャンネル「」を開設した。 2019年4月には、伊沢をCEO として株式会社QuizKnockを設立した。 2019年11月24日、メインチャンネルのチャンネル登録者数が100万人に達した。 2020年4月1日、伊沢が務めていたWEBメディアの編集長を退任した。 同日、編集長にが就任し 、副編集長にが就任した。 2020年6月30日付で編集長の川上がQuizKnockを退職し、7月1日からは伊沢が編集長に復帰した。 メンバー 東京大学を中心として、、、、、、、、、、、などの現役大学生や現役大学院生及び卒業生で構成されている。 主要メンバー ファンブックでは以下の7名と当時メンバーだった川上が主要メンバーとして紹介されている。 伊沢拓司(いざわ たくし) 動画プロデューサー。 YouTubeチャンネルの開設を発案し、開設当初から動画の企画・編集を担当している。 QuizKnockには2016年12月から参加した。 日本パズル連盟「日本パズル選手権2019」第3ラウンドで1位タイの点数を記録した。 また、第4回謎解き能力検定では全国9位の成績を収めている。 須貝駿貴(すがい しゅんき) すがい しゅんき 須貝 駿貴 生年月日 1991-05-12 (29歳) 愛称 ナイスガイ 出身地 国籍 学歴 、卒業、在籍。 第34回『全国高等学校クイズ選手権』で第4位入賞の経験がある。 早稲田大学の先輩と福良の仲がよく、共にクイズを行う機会があったため、QuizKnockに参加する前から福良と交流があった [ ]。 その縁で福良に誘われてQuizKnockに参加した。 また、漢字にも詳しく中学2年生で準一級を所持している。 山森彩加(やまもり あやか) やまもり あやか 山森彩加 生年月日 1995-01-06 (25歳) 出身地 宮城県 出生地 北海道 国籍 学歴 卒業。 中学1年からクイズ研究会に所属しており、その時から伊沢との付き合いがある。 YouTubeチャンネルの開設初期から約3年間、動画の出演者として活動していたが、2019年末を以ってその活動を終了した。 大学卒業後はQuizKnockの編集長としてWEBメディアの記事作成とアプリ開発に携わっていた が、2020年6月末を以ってQuizKnockを退職することを発表した。 コラボ• 3月10日からYouTube上でコラボを開始する。 ゆきりぬ、下記のはなおでんがん、QuizKnock3組のコラボ動画の名称に「はなゆきズノック」がある。 (積分サークル) QuizKnockと積分サークルで合宿を行うなど交流がある。 東海オンエアのことはコラボ前から動画上で憧れであり、「メンバー共通の趣味」であるとも公言していた。 2019年の幕張イベントホールでの YTFF では、コラボステージでのクイズ対決も行った。 中田考案のカードゲーム「」を4人でプレイした。 YouTube上で大阪王将で行われた企画に出演をしている。 クイズが趣味であるため、大阪王将の店舗での限定動画ではクイズ対決をしている。 その他、 、プリっとChannel、よかろうもん 、、 、 、 、 、、こやまたくや 、、とある男が授業をしてみた 、などとコラボしている。 出演 この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2020年6月) ライター陣が出演した番組のみを掲載。 なお、QuizKnockとしての出演とは限らず、立ち上げ前の出演も含む。 伊沢単独での出演は、こうちゃん単独での出演は、ふくらP単独での出演は、河村単独での出演はの項目を参照。 テレビ番組• 2015年 5月 4日放送分(川上・伊沢)• 2019年 8月19日放送分(「クイズノック軍団」として伊沢・ふくら・須貝・川上・こうちゃん・山本)• 2019年 9月23日放送分(川上)• 2019年10月28日放送分(山本)• 2019年11月18日放送分(須貝)• 2019年12月23日放送分(伊沢・ふくら)• 2020年2月3日放送分(伊沢・川上)• 2020年2月17日放送分(山本・こうちゃん)• 2020年3月9日放送分(須貝)• 2020年4月20日放送分(山本)• 2020年6月1日放送分(こうちゃん・ふくら)• 2020年7月13日放送分(山本・こうちゃん)• (テレビ朝日) - 2016年 5月 3日放送分(川上・河村)• (テレビ朝日)- 2019年 2月 6日放送分(伊沢・河村・川上・こうちゃん)• () - 2019年 4月 3日放送分(伊沢・ふくら・須貝)• 2019年 7月22日放送分(伊沢・ふくら・須貝・こうちゃん)• 2019年10月 7日放送分(ふくら・須貝・こうちゃん・山本)• 2020年 4月20日放送分(ふくら・須貝・こうちゃん)• 2020年 4月27日放送分(ふくら・須貝・山本)• 2020年 5月18日放送分(ふくら・須貝・こうちゃん・山本)• 2019年11月 9日放送分(こうちゃんほかライター3人)• (、TBS系列) - 2019年11月10日、12月8日放送分(川上)• (TBSテレビ)• 2020年4月8日放送分(山本)• 2020年6月10日、6月17日放送分(「QuizKnockチーム」として伊沢・ふくら・こうちゃん・山本)• (TBSテレビ) - 2020年4月21日放送分(山本)• () - 2020年6月19日放送分(山本、鶴崎) ラジオ番組• FM FESTIVAL 未来授業2019(TOKYO FMほか系列局) - 2019年11月4日放送分(須貝、収録会場で伊沢が映像出演) ライブ配信番組• QuizKnocQ - とのコラボレーション番組。 「グノシーQ」の前に配信されていた。 MCにはQuizKnockのメンバーが回替わりで登場し、QuizKnockのメンバーが考えたクイズが5問出題される。 2019年7月からシーズン1として9月まで、11月からシーズン2として2020年1月まで配信。 シーズン1(隔週金曜日21:00-21:30頃)• 2019年7月12日(伊沢、須貝)-「ノンジャンル」• 2019年7月19日(ふくら、山本)-「漢字」• 2019年8月2日(伊沢、川上)-「算数」• 2019年8月16日(伊沢、ふくら)-「ひらめき」• 2019年8月30日(ふくら、須貝)-「理科」• 2019年9月13日(伊沢、こうちゃん)-「社会」• シーズン2(隔週日曜日21:00~21:30頃)• 2019年11月24日(須貝、山本)- 超良問ドリル4コラボスペシャル• 2019年12月1日(ふくら、河村)-「100万」• 2019年12月15日(伊沢、須貝)- 問題作成:こうちゃん• 2019年12月26日(須貝、河村)、29日(伊沢、こうちゃん)-「」コラボ特別版• 2020年1月12日(ふくら、山本)-「入試問題」• 2020年1月26日(伊沢、河村)-「QuizKnockライター渾身クイズ」• シーズン3(配信日時未定) CM• 「」(2020年3月~)• 伊沢、河村、ふくら、須貝、山本、こうちゃん出演 イベント• Japan 2019(2019年12月4日)出演:QuizKnock(伊沢、ふくら、河村、須貝、こうちゃん、山本)-• QuizKnock感謝祭2019(2019年12月28日)出演:QuizKnock(伊沢、ふくら、河村、須貝、こうちゃん、山本)- 日テレらんらんホール• QuizKnock公演中【東大生がを貸し切ってみた】(2020年5月3日、5月4日)(新型コロナウイルスの影響で開催見合わせ) 主な制作物 書籍等 QuizKnock・ライター著• QuizKnock『』、2018年8月27日。 QuizKnock『無敵の東大脳クイズ 君は東大生に勝てるか!? 』伊沢拓司監修、、2018年9月7日。 QuizKnock『』クラーケン、2018年9月12日。 須貝駿貴『』、2019年7月18日。 QuizKnock『』クラーケン、2019年10月23日。 QuizKnock『』朝日新聞出版、2020年4月20日。 その他関連書籍• 謎解き問題を作成。 謎解き問題を作成。 『』ジュニアエラ編集部編、、2019年10月18日。 「「東大卒クイズ王」伊沢拓司さん・こうちゃんが読み解く過去1年の10大ニュース」掲載 連載• (朝日新聞出版、2019年4月号-)『謎解きクイズノック』• (、2020年2月号-)『キミも今日から東大脳!QuizKnockの館へようこそ』- 作画:・協力:QuizKnock アプリ すべて「株式会社baton」名義・QuizKnock監修扱いでのリリースとなっているが後述の「ルイザ-」のように動画メンバーやfalconを中心とする専属エンジニアが制作するものが基本である。 公式サイトもbaton名義で運営されているが、記事はQuizKnock専属ライターが書いたものである。 AstroCleaner• 限界しりとりMobile - 伊沢考案の縛りしりとり。 Shiritori - The Word Chain Game - 限界しりとりの英語版、2019年12月9日公開。 QuizKnock - のみ。 2019年10月18日にバージョン1. 0として公開。 ルイザ・グロス・ホロウィッツ賞クイズ - 2020年2月3日公開。 福良がファルコンや自身の兄と共に10時間をかけて制作したアプリである。 問題はに関連する1問のみで、正解すると「1点」が与えられる。 審査の都合上版のみのリリースとなっている。 Wallprime - 2020年2月5日公開。 素因数分解を用いた数字パズル。 Tonguess - 2020年6月4日公開。 2人のプレイヤーによる英単語当てゲーム。 3文字または4文字英単語から自分の答えを設定し、交互に相手の答えを推理するアプリ。 問題提供・制作協力• (、2019年4月- )- 本編に登場する問題を制作・監修。 (、2019年9月22日放送分)- 問題提供者紹介で福良がVTR出演。 (、2019年7月1日、7月7日、11月3日、11月10日放送分)- 解答者として伊沢も出演。 世界は教科書でできている(、2020年1月7日)- 制作協力。 司会・解説として伊沢が出演。 共同企画・開発• STUDY STATIONERY SERIES - ノート、ルーズリーフ、付箋をと共同開発• と共同で企画・開発。 を用いたボードゲーム• 限界しりとりパーティー! - 株式会社ピチカートデザイン、JELLY JELLY GAMESレーベル。 限界しりとりをカードゲーム化 その他• 『Sing Out! 』Type-A(2019年) - 矢久保美緒 個人PV監督・出演。 謎解きdeポイントキャンペーン(2019年6月~8月)- が提供するアプリ「Super Point Screen」内で行われたキャンペーンにおいて謎解きを作成。 展(2019年3月~ )- 会場限定のオフィシャルブック『アリス好きに贈る33の秘密』の制作と音声ガイド「クイズ・バトル編」を担当。 東大発の知識集団「QuizKnock」からの挑戦状(2020年2月29日~3月29日)- スマートフォンラウンジ名古屋の春休み限定イベント。 脚注 [] 注釈• 登記上の氏名は 伊澤拓司• 英語はで満点を獲得した。 WEBメディア上では河村と拓哉の間に・ なかぐろ を入れた名義で活動している。 「偉人麻雀」 において川上が揃えた役に由来する。 じゃんけんで負けたため、トップ賞は獲得ならず。 総合順位は85人中40位• 初期メンバーで交流があったのはふくらだけだが、過去に『東大王』に出演しており、伊沢とも接点があった [ ]。 TBS系『』に出演している者も多い。 WEBメディア上では「カワカミタクロウ」名義で活動していた。 2019年秋からは時々「」に出演しており、解説員として出演し、時々ステージにも参戦する伊沢との共演もある。 総集編の一部として、2019年8月19日放送分を中心にメンバーの過去の出演シーンも放送された。 『東大王』には伊沢・鶴崎・林が毎回出演しており、水上も過去に出演していた。 それぞれの出演時期などはを参照。 本回より新設された伊沢の推薦枠で出演。 2020年4月18日~6月14日の名古屋会場は中止 出典• 国税庁法人番号公表サイト. 2020年4月12日閲覧。 quizjapan. com 2019年7月29日. 2020年6月1日閲覧。 BuzzFeed. 2020年6月2日閲覧。 Zing!. 2020年6月2日閲覧。 App Store. 2020年5月29日閲覧。 東大発の知識集団QuizKnockオフィシャルブック. クラーケン. 2020年5月29日閲覧。 quizknock. com. 2020年5月29日閲覧。 YouTube. 2020年5月29日閲覧。 三才ブックス. 2019年8月2日閲覧。 PR TIMES 2018年7月27日. 2018年10月27日閲覧。 CyberStep. 2018年10月27日閲覧。 WATANABE ENTERTAINMENT. WATANABE ENTERTAINMENT. 2018年10月27日閲覧。 PR TIMES 2016年10月3日. 2018年10月27日閲覧。 黄田駿 2019年1月10日. ケイ・オプティコム. 2018年3月10日閲覧。 YouTube. 2019年10月26日閲覧。 デイリースポーツ. 2020年4月1日閲覧。 QuizKnockファンブック. クラーケン. QuizKnock 『QuizKnockファンブック』クラーケン 2019年 32頁• 2020年1月12日閲覧。 日本語 , 2020年4月3日閲覧。 日本語 , 2020年5月17日閲覧。 日本パズル連盟. 2019年12月11日閲覧。 nazoken 2019年5月11日. 2020年6月28日閲覧。 2019年8月8日. 2020年3月9日閲覧。 須貝駿貴 2019年7月18日. 東大流! 本気の自由研究で新発見 QuizKnock Lab. KADOKAWA. Nicheee!. 2018年10月18日. 2019年12月11日閲覧。 2019年12月27日閲覧。 Real Sound. 2019年8月7日. 2019年8月25日閲覧。 Twitter. 2020年7月1日閲覧。 2020年7月1日閲覧。 kakaku. com. 2019年9月15日閲覧。 QuizKnock 『QuizKnock ファンブック』クラーケン 2019年 94頁• 2019年12月27日閲覧。 fluct magazine. 2020年4月23日閲覧。 2020年1月12日閲覧。 real sound. 2020年2月25日閲覧。 yahoo!ニュース. 2020年2月25日閲覧。 日本語 , 2020年5月16日閲覧。 プレスリリース. 2020年2月25日閲覧。 日本語 , 2020年5月26日閲覧。 日本語 , 2020年5月26日閲覧。 リアルサウンドテック. 2019年11月15日. 2020年4月10日閲覧。 2019年10月26日閲覧。 2020年6月9日閲覧。 2020年6月9日閲覧。 NHK 2019年7月22日. 2019年10月26日閲覧。 NHK 2019年10月7日. 2019年10月26日閲覧。 Twitter. 【公式】99人の壁. 2020年6月9日閲覧。 2020年6月9日閲覧。 山本祥彰. 2020年5月29日閲覧。 Twitter. 東大王 TBS. 2020年5月29日閲覧。 2020年6月9日閲覧。 ことばのパズル もじぴったんアンコール バンダイナムコエンターテインメント公式サイト. 2020年3月31日閲覧。 2019年12月14日閲覧。 2019年11月7日閲覧。 QuizKnock. 2019年11月7日閲覧。 2019年11月7日閲覧。 QuizKnock. 2019年11月7日閲覧。 Google Play. 2020年4月4日閲覧。 日本語 , 2019年11月26日閲覧。 App Store. 2019年11月26日閲覧。 play. google. com. 2020年3月21日閲覧。 YouTube. 2020年3月18日閲覧。 play. google. com. 2020年3月24日閲覧。 YouTube. 2020年2月6日閲覧。 play. google. com. 2020年6月5日閲覧。 YouTube. 2020年6月5日閲覧。 4Gamer. 4Gamer. WEBサイト• YouTube• - チャンネル• - チャンネル• Twitter• QuizKnock -• QuizKnockGames -• Facebook•

次の

ふくらP(福良拳)の彼女は誰?大学・高校・年齢・身長・誕生日を調査

福良拳 高校生クイズ

スポンサーリンク ふくらPのプロフィール ありがとう松丸くん! が回ってきたんですが、日常生活は写真撮り忘れ現象がかなり重症なので、Zoomで旅行するというめちゃくちゃ寂しいことしました。 担当は動画プロデューサーよ。 本名は福良拳 ふくら けん で生まれは徳島県で、香川県育ち。 ふくらPのPはプロデューサーのP。 基本的には「ふくらP」名義で活動してるわ。 でも2020年6月放送の『東大王』などでは、本名の「福良拳」で出演したりもしてる。 YouTubeチャンネルの開設を発案した張本人で、開設当初から動画の企画・編集を担当しているわ。 QuizKnockには2016年12月から参加。 日本パズル連盟「日本パズル選手権2019」の第3ラウンドで1位タイの点数を記録しているパズル好き。 というのも、ふくらPさんは元々クイズ好きよ。 小学生からクイズを作るのが好きで、自作のクイズを学校の友だちや家族に出していたくらいなの! 本格的なクイズをつくりはじめたのは大学1年生のときで。 クイズ研究会に入ってからよ。 クイズ大会のスタッフとしてクイズをつくることが増えていき、クイズ番組やQuizKnockでクイズを出すようになり、いつの間にか「プロのパズル作家」と言える腕前になったわ。 クイズや謎解きにハマったキッカケは? 「脳内エステIQサプリ」や「サルヂエ」とか、「クイズ! ヘキサゴンII」といったテレビ番組に影響を受けているわ。 また、芦ヶ原伸之さんのパズル本が家にあり、すごく影響を受けたそうなの。 「パズルを解くとはどういうことか」とか「パズルをつくるとはどういうことか」とかについて書かれたコラムが面白かったそうよ。 パズルをつくる側になった最初のキッカケは、芦ヶ原伸之さんの本と本人が語っているわ。 QuizKnock(クイズノック)とは? クイズを題材とするWEBメディアやYouTuber集団。 「身の回りのモノ・コトをクイズで理解する」をコンセプトとし、東京大学などの卒業生及び現役生により運営されている。 略称はQK。 ふくらPの高校は? ふくらPさんは、香川県の英明高校を卒業してるわ。 香川県高松市亀岡町に所在する私立高等学校ね。 スポンサーリンク ふくらPは大学を中退してるの? ふくらPさんは、東京工業大学を卒業しているわ。 中退はしてない。 それはただの 噂に過ぎないわ。 大学がとても好きだったようで、知名度の低さを嘆いているわ。 以下、QuizKnockホームページから抜粋よ。 【ベイマックスのモデル?】あなたは東京工業大学を知っていますか? こんにちは。 はじめまして。 東京工業大学、略して東京大学の福良です。 皆さん、東京工業大学をご存知でしょうか。 理系の学部で東大、京大に次いで日本で3番目に偏差値の高い大学(医学部は除く)でありながら知名度が低く、ただの工業大学と混同されてしまう悲しい存在です……。 そこで、もっと多くの人に知ってもらいたいのです。 東京工業大学、通称「東工大」。 いいですか皆さん。 ダンス動画はないけど、近い動画ならあるわ。 この動画の7:25くらいに少し踊ってるわよ。 ふくらPは彼女いる? 彼女の手料理、美味くなくても作ってくれるだけで嬉しい説 人生とは好感度の成長の繰り返しだ。

次の

最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王

福良拳 高校生クイズ

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年12月) 最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王 ジャンル () 企画 演出 中村文彦 監修 五味一男 出演者 一般参加者 ナレーター 製作 プロデューサー 小島友行、井原亮子 納富隆治() 制作 放送 音声形式 放送国・地域 第1回(日本No. 1の頭脳王 大決定戦!! ) 放送期間 放送時間 21:00 - 23:14 放送分 134分 回数 1 第2回 放送期間 放送時間 金曜20:50 - 22:54 放送枠 日本一テレビ 放送分 124分 回数 1 第3回 放送期間 放送時間 金曜21:00 - 22:54 放送分 114分 回数 1 第4回 放送期間 放送時間 金曜21:00 - 22:54 放送分 114分 回数 1 第5回 放送期間 放送時間 金曜21:00 - 22:54 放送分 114分 回数 1 第6回 放送期間 放送時間 金曜21:00 - 22:54 放送枠 金曜ロードSHOW! 放送分 114分 回数 1 第7回 放送期間 放送時間 金曜21:00 - 22:54 放送枠 金曜ロードSHOW! 放送分 114分 回数 1 第8回 放送期間 放送時間 金曜21:00 - 22:54 放送枠 金曜ロードSHOW! 放送分 114分 回数 1 特記事項: 第4・5回は、一部系列局のみ20:54 - 21:00に別途『 まもなく! 頭脳王』を放送。 『 最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王』とは、でから放送されている()。 第1回は「 日本No. 1の頭脳王 大決定戦!! 」というタイトルで放送された。 概要 [ ] 全国から、知力に留まらず、計算力、発想力、推理力等を兼ね備えた人物を募集、応募者が頭脳王の称号及び優勝賞金100万円を賭けて争う。 『』(以下『高校生クイズ』)の第28回 - 第32回大会、いわゆる「知力の甲子園」を中心に、番組内容や演出等のノウハウを流用。 共通の出演者・スタッフが参加しており、『高校生クイズ』の歴代優勝者も本戦に出場している。 出場者は名前よりもキャッチコピーの方が大きく表示される演出が見られる(例として第3回・第4回優勝のは「医学部の異端児」 )。 に第1回を放送。 司会は、元当局アナウンサーだったが務めた。 福澤はかつて『高校生クイズ』にて2代目司会を務めていた(第11回 - 第20回)。 また、第5回からは『高校生クイズ』3代目司会として「知力の甲子園」時代の前期にも係わったも司会者として加わった。 2012年・2017年の放送はなく、第2回(2013年)以降は『』の企画の一つとして放送されている。 また、第5回(2016年)までは『』枠外で放送されたが、第6回(2018年)からは同枠の「特別エンターテインメント」として、これまで12月に放送していたものを2月に変更して放送。 出演者 [ ] MC [ ]• (第5回から) 過去のMC [ ]• (第4回まで) 実況 [ ]• (日本テレビアナウンサー) 番組内容 [ ] 事前予選で応募者を6名(第7回までは8名)にまで絞り、本戦(本放送)ではその6名によって頭脳王が争われる。 予選 [ ] 第1回では、非公開で集められた100名によるペーパーテストで8名に絞られた。 第2回以降は、まず1次予選として、公式サイト上に「謎解きクイズ」と称した問題数問を公開。 それらに全て正解して、2次予選の応募フォームに辿り着き、必要事項を記入して応募する。 2次予選は東京、京都など複数の場所で開催。 応募フォームに記入された事項で書類審査を行い、そこで選ばれた各地百数名が参加。 全ジャンルから出題されるペーパーテストの「ファーストステージ」と、ペーパーテストで各ジャンルの成績が良かった数名がそのジャンルのより深い内容を試される「エクストラステージ」の2段階形式で実施。 2次予選成績上位者が本戦出場の候補者となり、最終的に全地区の候補者の中から選ばれた8名が本戦に出場する。 第8回では、本戦に出場するのが6名になった。 準々決勝(本戦1回戦) [ ] 3つのピリオドに分かれており、合計得点上位4名が準決勝進出となる。 超スピード難問 [ ] 早押しクイズ。 問題文を読み上げるオーソドックスな形式だけでなく、出される画像を見て答える形式の問題も出題される。 2019年の分では、早押しでありながらも、番号と項目を答えるタイプの選択問題も出題された。 第1回のみ「超難問早押しバトル」という名前であった。 以下に、毎回出題されるカテゴリの問題を述べる。 答えが長大な単語の問題• 積み重ねられたブロックの画像を見てそのブロックの個数または総体積を答える問題• この出題と思わせて実際は後述の頭の柔軟さを問う問題に帰着することも)• のような、頭の柔軟さを問う問題 問題の冒頭で『頭を柔らかくして答えなさい』『想像力を働かせて答えなさい』などの指示が入る• 各選手に判定員がおり、判定員が目視で完成を確認した瞬間旗が上がる。 第7・8回では1〜15のパネルで同様のパズルを行った。 完成タイム上位2~3名がポイント獲得。 なお、最初に配列を見て動かし方のイメージをするための時間が10秒ある。 早書きバトル [ ] 早押し形式ではあるが口頭ではなく答えを筆記してからボタンを押して答える。 解答権を得たら解答を書いたモニターが公開される。 2013年の分よりは、それを口頭で読み上げて解答する。 また、早押し形式ではないが、以下の形式の問題も出題される(第2回~)。 これらに関しては正解者は全員ポイントを獲得。 模様のついている20枚のパネルを見てからその通りに並べる記憶力問題• 3つの数字をの要領で同時に足していく計算力問題 準決勝 [ ] 幾何学パズル 早く完成させるほど高ポイント 、速読、漢文、計算、象形文字解読、多答問題(多く正解を書いた人ほど高ポイント)などの筆記問題を出題。 また、1人ずつに挑んで、コンピューター相手に勝利できればポイント加算という問題も出題される(第2回~)。 全問終えた時点で、獲得ポイントの上位2名が決勝進出となる。 決勝 [ ] 筆記問題。 第7回以降は全て1問正解50点であるが、第5回までは片方が500点、第6回では片方が700点に達すると1問100点になった。 準決勝同様に多答問題も出題され、その場合は正解数の多い方のみがポイント獲得 同数の場合は両者ポイント獲得 となる。 また、「5つの問題が同時に一定時間だけ表示される問題」も出題され、これは全て正解できた時のみ 第7回までは正解数の多い方が ポイント獲得となる。 先に1000点以上に達した方が頭脳王となる。 同時に1000点に達した場合は延長サドンデスで決着。 放送日時・出場者 [ ] 回数 放送日時 Web予選参加者数 優勝者 準優勝者 準決勝進出者 準々決勝進出者 備考 第1回 2011年12月30日 21:00 - 23:14 無し 亀谷航平 『東大医学部の天才』 『京大医学部の奇才』 上田隆 『語学の超人』 塩越希 『全国模試1位』 関典史 『数学オリンピック金メダリスト』 隅田好史 『高校生クイズ最強王』 『東大首席弁護士』 『芸能界No. 1頭脳』 『』枠外で放送 第2回 20:50 - 22:54 44,145人 亀谷航平 『東大医学部の天才』 中村栄斗 『京大IQモンスター』 廣海渉 『京大医学部の奇才』 廣瀬哲 『東大推測の貴公子』 葛西祐美 『東大女子数学五輪金メダリスト』 中尾宏規 『東大首席公認会計士』 宮坂聡 『京大 知力の超人』 岡本光樹 『東大超秀才弁護士』 『』枠外で放送 第3回 21:00 - 22:54 31,482人 『東大医学部の異端児』 廣海渉 『京大医学部の天才』 『東大知識モンスター』 御手洗伸 『東大法学部の秀才』 葛西祐美 『東大女子数学五輪金メダリスト』 『京大経済学部首席』 清水元喜 『東大医学部首席』 田村正資 『東大IQ貴公子』 第4回 21:00 -22:54 83,341人 水上颯 『東大医学部の異端児』 井上良 『京大医学部の天才』 田村正資 『東大IQ貴公子』 三守賢 『慶応医学部の奇才』 葛西祐美 『東大女子数学五輪金メダリスト』 粂原圭太郎 『京大経済学部首席』 高橋知之 『東大全国模試1位』 五十嵐宇晴 『東大工学部首席』 第5回 21:00 - 22:54 205,413人 井上良 『京大医学部の天才』 水上颯 『東大医学部の異端児』 三守賢 『慶応医学部の奇才』 青木寛泰 『東大の知識モンスター』 小松詩織 『東大文系の最強脳』 粂原圭太郎 『京大経済学部首席』 森海渡 『東大のIQ王子』 大垣元紀 『京大理学部首席』 第6回 21:00 - 22:54 110,425人 『東大医学部の神脳』 井上良 『京大医学部の天才』 徳永海 『東大医学部の新星』 『東大の謎解き超人』 小松詩織 『東大文系の最強脳』 平前直也 『京大理学部首席』 宝蔵蓮也 『地理オリンピック金』 太田凌介 『東大文学部の知識王』 『金曜ロードSHOW! ・特別エンターテインメント』として放送 第7回 21:00 - 22:54 121,371人 河野玄斗 『東大医学部の神脳』 木戸直人 『京大医学部の賢者』 松丸亮吾 『東大謎解きの超人』 中島ひばり 『東大医学部の異才』 安井彬磨 『京大建築学科首席』 井口凛人 『東大文学部の哲人』 櫻本航 『京大法学部首席』 小松詩織 『東大文系の最強脳』 第8回 2020年2月14日 21:00 - 22:54 163,602人 木戸直人 『京大医学部の賢者』 河野玄斗 『東大医学部の神脳』 松丸亮吾 『東大謎解きの超人』 上木健司 『京大経済学部首席』 塚本颯斗 『東大文系 博識の哲人』 梶田純之介 『東大文学部の語学王』 スタッフ [ ]• 企画・総監修:(第2,3回は監修)• 演出:中村文彦(第7回〜、第5回はAD、第6回はディレクター)、川久保貴之(第8回、第4,5回はディレクター)• 出題ナレーション:(第8回)• ナレーター: 〈美術〉• プロデューサー:高津光一郎• デザイン:田澤奈津美(第7回〜)、松尾実可子(第8回)• 装置:日野信之(第5回〜)• 電飾:池田大介• 特効:堀田秀二郎• 装飾:林孝一(第4回〜)• 花飾(第8回):花香恭子(第8回)• 照明:下平好実(第7回〜)• メーク(第6回〜):山田真歩(第6,8回) 〈技術〉• SW:渡辺滋雄(第5回〜、一時CAM担当の回あり)• CAM:大庭茂嗣(第5,7回〜)• MIX:小境健太郎(第1〜4,6回〜)• VE:石野太一(第8回)• モニター:インターナショナルクリエイティブ• 音効:カロッツア• 編集:橋本治(第1,4回〜、)• MA:小嶋雄介(スタジオヴェルト)• 美術協力:• CG:野村俊介(第7回〜)、藤井真吾(第6回〜)、水落功真(第5,7回〜)グレートインターナショナル• 映像協力:アフロ(第4,6回〜)、(第6回〜)• TK(第3回〜):伊村佳恵• スタイリスト(第3回〜):杉山朱美(第6回〜)、成田咲良(第7回〜)• 問題管理(第7回〜):中條紗佳(第7回〜、第6回はAP)• リサーチ:中山優子(第6回〜)• デスク:阿部川裕子• AD:後藤拓也(第5回〜)、佐藤眞弥(第4〜6,8回)、吉田大器(第5回〜)、山崎宏之(第6,8回)、山内大貴(第8回)、鈴木雄也(第8回)、髙橋翔生(第7回〜)、臼杵優士(第3〜5,8回)、前田さき(第7回〜)• 制作進行(第4回〜):小森節子(第1〜3回はAP)• AP:吉田翔(第8回)、中村紀史(第6回〜)• ディレクター:髙橋昴平(第8回、第7回はAD)、飯野修一(第1回〜)、上保健人(第7回〜、第2,4〜6回はAD)、曽我翔(第2回〜)、斉藤哲夫(第8回)、岩波純(第2〜6,8回)、木幡直樹(第4,5,7回、第3回はAD)、長岡新(第2回〜)、関口拓(第7回〜、第6回はAD)• プロデューサー:井原亮子(第6回〜)、笹木哲(第8回)、佐藤雄(第8回、第1〜7回はディレクター)、野上理沙(第7回〜、第1,2,4〜6回はAP、第3回は事務局)、阿河朋子(第2回〜)、酒井正義(第3回〜、2回目はAP)• 統轄プロデューサー(第8回):小島友行(第8回、第1,5〜7回はプロデューサー、第2回は編成)• チーフプロデューサー:納富隆治(第7回〜)• 製作著作:日本テレビ 過去のスタッフ [ ]• 演出:(第6回まで)• 構成:上野耕平(第1,2回)、加藤淳一郎(第6回まで)• 出題ナレーション:(第1,2,5回、第1,2回は出題と表記)、(第3,4回)、(第6回)、(第6,7回)• 問題作成協力:英語専門指導塾、ACTIVE GRAMMAR、個人指導英語塾 MEC、医学部受験予備校 メディカ(第1回)、小田原充宏(第2回)、中川佑介(クラシックジャーナル)、新橋亭、赤堀料理学園、tribox(第3回)、フイロソフィア学習教室(第1~3回)、SRP教育研究所、数専フォーラム(第1〜4回)、 荒井朋子、東京フェンシングスクール、スポーツ科学学術院 今井厚(第5回)、、(第6回)• 美術:星野充紀、北原龍一、伊藤伸朗、内山栄一、小野かおり(第1回)• デザイン:栗原純二(第6回まで)• 装置:小笠原憲仁(第1〜4回)• 装飾:米山幸市• メイク:小島梨香(第4回)、有村美咲(第5回)• メーク(第6回〜):星野沙紀(第7回、以前はメイク表記) 〈技術〉• 技術:新名大作、田中健太、大島草太(第1回)• SW:村上和正(第2,4回)、村松明(第3回)• CAM:中村哲也(第4,6回)• MIX:加賀金重郎(第5回)• VE:三山隆浩(第3回)、山口考志(第4,6回、第1回は技術)、天内理絵(第5回)、岩原正明(第7回)• 照明:内藤晋(第1〜4回)、高橋明宏(第1回)、坂口尚真(第3回)、宮田千尋(第3〜6回)• 編集:森田智之(第2,7回)、針谷大吾(第3〜6回)【スタジオヴェルト】、佃豪人(第1回、)• MA:鳥居拓也(第1回、DREAM SPACE)• 協力:財団法人数学オリンピック財団、スピリチュアルモード(第1回)• CG:岩下みどり、早瀬努(第1回)、山岸龍(第2回)、(第3回)、高坂敬(第3,6回)、堤泰生(第4回)• スタイリスト(第3回〜):佐々田加奈子(第3〜5回)• リサーチ:フリード(第5回まで)、(第7回)、佐藤史隆(第7回)• MDC:川邊裕介、原浩生(第2回)• 営業:(第2回)• 編成:(第1回)、渡瀬慶吾(第2回)• AD:後藤喬之、大塚隆史、飛騨菜摘、恩田成章、成瀬陽介、木塚翔子、山影真理子、増山豊(第1回)、金誠貴、吉田香里奈、菊地陵、内野美希(第2回)、橘内諒太(第2,3回)、今野舞紀、伊藤美波、佐々木智世、岡庭将太、高橋和己(第3回)、柴田・K・アージュン、櫻庭和也、古川栞、坂田富美子(第4回)、平田真悠、荒川勝汰(第5回)、石川正人(第5,6回)、昼間將太(第6回)、丸井彩也夏、伊東友理恵、大塚直、李晨(第7回)• ディレクター:五歩一勇治、佐藤浩仁、島袋みさと、藤村潤、井出哲人、川本良樹、池端強(第1回)、亀田剛(第2回)、宮嶋輝彰(第1,2回)、高橋朋広(第1回はAD、第2〜4回)、増田雄太(第2〜4回)、相川武史(第3回)、高野透矢(第4,5,7回)、武末大作(第5回)、佐々竜太郎、鴇田一樹(第6回)• チーフクリエイター:(第1回)• チーフプロデューサー(第2回〜):菅沼直樹(第2回)、染井将吾(第3,4回)、(第5回)、松岡至(第6回)• 制作協力:ZINPRO(第1回) 脚注 [ ] [].

次の