新型 コロナ 学校 再開。 学校再開の授業アイデア:モジュール授業と聞く指導【新型コロナ対策】|みんなの教育技術

【コロナと学校】子供を守れない 養護教諭が抱く危機感

新型 コロナ 学校 再開

「学校の始業を9月に仕切り直してほしい」。 感染拡大の影響で小刻みに休校が延長されている学校現場から、そんな声が漏れ始めた。 背景には学校再開時の感染リスクへの懸念、その場しのぎに見える対応への不信感もあるようだ。 国際的には「9月入学」が主流だが、この時期の急な制度転換が現実的に可能なのか-。 福岡県内の公立中の50代女性教員は、5月6日までという休校期間の先を考えると不安になる。 生徒が密接する対話学習はなし。 前を向いて黙々と給食を食べさせ、休み時間は友達とも近づき過ぎないよう口酸っぱく注意しなければならない。 マスクや消毒液は現場でそろえるしかない。 教室には校内放送には使えないブラウン管テレビしかない。 「こんな状態の学校に来させて、次の学年に送り出していいものか」。 いったん収束しても再び感染が広がる懸念がある以上、「いっそのこと欧米諸国と同じ9月始業に改めていいのではないか」と思える。 福岡県立高校の男性教員(30)は再開が不透明な中での授業の準備、授業参観や運動会のシミュレーションに徒労感を覚える。 「無駄になるかもと思いながらやっている。 仕事ってそういうものなのかもしれないけど…」。 休校が延びるたびに計画は練り直し。 「国が率先して9月始業と決めてくれた方が、急ピッチでオンライン学習の準備に注力できるのに」と話す。 文部科学省は2008年、学校教育法の改正施行規則で入学時期を学長判断で決められるようにした。 13年には文科省が有識者会議を設け、留学や長期につながるという利点をまとめている。 16年度には国公私立大の4割近くが4月以外の入学制度を設けたが、60万人以上いる大学全体の入学者に対し、4月以外の入学は約3千人、その約8割は留学生だった。 新型コロナの影響による休校長期化に伴って9月入学・始業を求める声が出始めていることについて、萩生田光一文科相は24日の記者会見で「さまざまなところで声が上がっているのは承知している」「あらゆることを想定しながら対応したい」と述べた。 一方、元文科省官僚の寺脇研さんは厳しい見方を示す。 「企業の採用にも影響するし、導入するにも大議論が必要。 夢のような話をする時ではない」。 学校は再開時に即応できる準備をしておくことが重要であり、現時点で優先すべきなのは困難な家庭環境にある子どもたちのケアだと指摘。 「心と体は大丈夫なのか。 確認方法も含めて考えてほしい」と強調した。 (四宮淳平、金沢皓介) 「休校延長繰り返すよりも」大阪の高校生が署名呼びかけ、賛同2000人超 再開の基準が見えず、学校生活の見通しも立たない現状を打開したいと、大阪市の高校3年生の女子生徒2人が「9月入学・始業」への制度変更を求め、インターネットで署名を呼び掛けた。 26日までの期限で2千人以上が賛同。 文部科学省などに提出するという。 呼び掛けた女子生徒(17)は「学校生活はかけがえのない時間。 不安を抱えたまま短くなってしまうなら、声を上げるしかないと思った」と語る。 9月に終息するかどうかも分からない。 ただ、高校最後の行事もできないまま青春の一ページが失われていくのはやるせない。 「休校延長を繰り返すよりも、早めに判断して学校休止の期間を決めた方が、学校生活を全うするチャンスが生まれるのではないでしょうか」.

次の

学校再開ガイドラインを現場目線で具体的に考える【新型コロナ対策】|みんなの教育技術

新型 コロナ 学校 再開

6月1日から学校の再開を決めている名古屋市は18日、再開に向けた対策を公表した…が、その内容の一部が「なんだか変」だと市民の間でも話題になっている。 5月18日、名古屋市が6月1日からの学校再開に向けた「新型コロナ対策」について市内の小中学校などに出した「通知」。 例えば小学校の教室は児童と児童との間に1メートルの距離を確保するため、このように「市松模様」のような配置にすることを提案。 このほか授業時間の確保のため、小中学校と特別支援学校の夏休みを2週間、冬休みを4日間短縮することなどが盛り込まれている。 物議を醸しているのは「各教科ごとの対策」だ。 例えば「音楽」では、『大きな声で歌う』など感染リスクが比較的高いとされるが、「歌唱指導においては範唱CDを聴いて、心の中で歌わせたりハミングさせたりする活動を取り入れる」としている。 これを聞いた街の人は…。 2人組の女性: ハハハハハ…やらないですよね、そもそも。 心の中で歌うならもう歌わないです 男性: まだ口パクのほうがいいですよね 別の男性: 状況があまりわからないですよね、全然想像できないです また、授業で使う楽器については鍵盤ハーモニカの代わりに、「木琴」を推奨している。 名古屋市教育委員会はマスクを着けていても演奏ができ、かつ、同じ「旋律楽器」であることが理由としているが、鍵盤ハーモニカは「掃除が面倒」という意見が多く、木琴の代用には街でも賛同の声が相次いだ。 学校現場も困惑「ハミングでどう評価すれば…」 このほか保健体育では、接触が想定されるバスケットボールなどは試合を当面行わず、シュート練習などを個々ですることや、水泳の授業を今年度、中止することも提案している。 こうした市教育委が示した新しい学校生活について、教育現場からは戸惑いの声があがっている。 学校関係者A: ハミングでどう評価すれば… 学校関係者B: 音楽は授業にならんな…制約はあるが、やれる喜びを子供たちに伝えたい 学校関係者C: 子供たちにあれダメ、これダメは言いにくいので通知をもとに対応を考えていきたい 名古屋市の対策について専門家は… 名古屋大学大学院の内田良准教授: 『心の中で歌う』というのも、おそらく今アイデアがない中でなんとか捻り出した方法だと思います。 やり方が未知数なところがありますので、SNSやWEBで共有して、なんとかコロナの時期を乗り越えるという工夫が必要だと思います (東海テレビ).

次の

新型コロナ 異例のスタート 公立学校再開 感染症対策さまざま /滋賀

新型 コロナ 学校 再開

「学校の始業を9月に仕切り直してほしい」。 感染拡大の影響で小刻みに休校が延長されている学校現場から、そんな声が漏れ始めた。 背景には学校再開時の感染リスクへの懸念、その場しのぎに見える対応への不信感もあるようだ。 国際的には「9月入学」が主流だが、この時期の急な制度転換が現実的に可能なのか-。 福岡県内の公立中の50代女性教員は、5月6日までという休校期間の先を考えると不安になる。 生徒が密接する対話学習はなし。 前を向いて黙々と給食を食べさせ、休み時間は友達とも近づき過ぎないよう口酸っぱく注意しなければならない。 マスクや消毒液は現場でそろえるしかない。 教室には校内放送には使えないブラウン管テレビしかない。 「こんな状態の学校に来させて、次の学年に送り出していいものか」。 いったん収束しても再び感染が広がる懸念がある以上、「いっそのこと欧米諸国と同じ9月始業に改めていいのではないか」と思える。 福岡県立高校の男性教員(30)は再開が不透明な中での授業の準備、授業参観や運動会のシミュレーションに徒労感を覚える。 「無駄になるかもと思いながらやっている。 仕事ってそういうものなのかもしれないけど…」。 休校が延びるたびに計画は練り直し。 「国が率先して9月始業と決めてくれた方が、急ピッチでオンライン学習の準備に注力できるのに」と話す。 文部科学省は2008年、学校教育法の改正施行規則で入学時期を学長判断で決められるようにした。 13年には文科省が有識者会議を設け、留学や長期につながるという利点をまとめている。 16年度には国公私立大の4割近くが4月以外の入学制度を設けたが、60万人以上いる大学全体の入学者に対し、4月以外の入学は約3千人、その約8割は留学生だった。 新型コロナの影響による休校長期化に伴って9月入学・始業を求める声が出始めていることについて、萩生田光一文科相は24日の記者会見で「さまざまなところで声が上がっているのは承知している」「あらゆることを想定しながら対応したい」と述べた。 一方、元文科省官僚の寺脇研さんは厳しい見方を示す。 「企業の採用にも影響するし、導入するにも大議論が必要。 夢のような話をする時ではない」。 学校は再開時に即応できる準備をしておくことが重要であり、現時点で優先すべきなのは困難な家庭環境にある子どもたちのケアだと指摘。 「心と体は大丈夫なのか。 確認方法も含めて考えてほしい」と強調した。 (四宮淳平、金沢皓介) 「休校延長繰り返すよりも」大阪の高校生が署名呼びかけ、賛同2000人超 再開の基準が見えず、学校生活の見通しも立たない現状を打開したいと、大阪市の高校3年生の女子生徒2人が「9月入学・始業」への制度変更を求め、インターネットで署名を呼び掛けた。 26日までの期限で2千人以上が賛同。 文部科学省などに提出するという。 呼び掛けた女子生徒(17)は「学校生活はかけがえのない時間。 不安を抱えたまま短くなってしまうなら、声を上げるしかないと思った」と語る。 9月に終息するかどうかも分からない。 ただ、高校最後の行事もできないまま青春の一ページが失われていくのはやるせない。 「休校延長を繰り返すよりも、早めに判断して学校休止の期間を決めた方が、学校生活を全うするチャンスが生まれるのではないでしょうか」.

次の