海 猿 俳優 死亡。 海と毒薬 : 作品情報

海外での日本人(邦人)の主な事件事故まとめ

海 猿 俳優 死亡

俳優の大口兼悟(34)が自身のブログを更新。 今夏限りで俳優業を引退すると発表した。 「突然ですが皆様に御報告があります。 わたくし大口兼悟 15年続けてきた俳優業を一身上の都合により、ミュージカル『アニー』2016年夏のツアーを最後に引退することになりました」と報告した。 「20歳で鹿児島から芸能の仕事を夢見て上京。 毎日怒られながら撮影していたのを思い出します」と15年間を振り返り、「映像に、舞台に、色々今まで応援してくれたファンの皆様、たずさわって支えてくれた俳優仲間、スタッフの皆様、両親、友人、15年間本当にありがとうございました」と感謝した。 「15年間芝居しかしてきていないですし、やりたかった事も山ほどある。 そしてやり残してることも沢山あります。 ですが自分で引退という道を選び決断しました。 でもまだ今は終わりではありません。 『アニー』夏のツアーがこれからあります。 最後まで精一杯頑張って芝居をしていきますので、どうかあたたかく見守って下さい」と最後の俳優仕事となる「アニー」への意気込みをつづった。 大口は2003年に特撮テレビドラマ「仮面ライダー555」で俳優デビュー。 14年の特撮ヒーロー番組「烈車戦隊トッキュウジャー」では闇の皇帝ゼット役で人気を博した。 他にもテレビドラマ「海猿」、映画「クローズZERO2」に出演するなど様々な舞台で活躍した。

次の

海外での日本人(邦人)の主な事件事故まとめ

海 猿 俳優 死亡

こんにちは、ライターのギャラクシーです。 みなさんは 『魔法のプリンセス ミンキーモモ』というアニメをご存知でしょうか? 1982年から第一シリーズ(通称:空モモ)が、1991年から第二シリーズ(通称:海モモ)が放映された、子供向け魔法少女アニメです。 第一シリーズは僕が小学生の頃だったので、クラス中で流行っていました。 あらすじ 夢の国からきた12歳の少女ミンキーモモが、魔法の力で大人(18歳)に変身し、人々の夢を守るために活躍する。 それにより、地球の人々に夢と希望を持つことを思い出させていくというストーリーを、一話完結のコミカルなタッチで描いたアニメ。 いかにも子供向けの魔法少女アニメといった簡単なストーリーですが、色々と おかしい部分がてんこ盛りのアニメだったため、当時の子供たちにとっては忘れられない作品だったんです。 というわけで今回は『ミンキーモモ』のおかしい部分をいくつかご紹介したいと思います。 ここがヘンだよ!ミンキーモモ その1:「主人公が死ぬ」 様々な事件を解決し、迎えた前期最終回。 主人公は唐突に、何の前触れもなく、 トラックにハネられて死にます。 これはかなり有名なエピソードなので、ネット上で情報だけ知っている方も多いかと思いますが、リアルタイムで見ていた子供たちのショックは相当なものでした。 僕も放送翌日に、普段は喋らない女子の辻川さんたちと「どういうこと!?」と話し合いの場を設けました。 なお、小学生なので、結論は 「死ぬのはかなしい」というものでした。 ここがヘンだよ!ミンキーモモ その2:「夢でした」 交通事故に遭い死亡したモモ。 彼女は人間の赤ちゃんとして生まれ変わる……というのが前期の最終回だったんですが、後期は再び明るく楽しい魔法少女ものとして、ストーリーが展開します。 が、後期の最終回で「今までのエピソードは、人間の赤ちゃんに生まれ変わったモモが見ていた 夢でした」ということが判明するのです。 当時の小学生全員が「なんやそれ」となりました。 ここがヘンだよ!ミンキーモモ その3:「両親が実は…」 こちらは放送終了から何年も経って、脚本を担当していた首藤剛志さんので判明した事実。 第二シリーズのクライマックス、作中では「両親は不治の病」とだけ紹介されますが… このパパとママの不治の病が何であるか、色々考えたが、結局、最終回では表向きには伏せられているが、裏設定ではHIV(エイズ)を意識した。 ー より引用 なぜエイズという裏設定にしたのかはよくわかりません。 ここがヘンだよ!ミンキーモモ その4:「北斗の拳に出演している」 『ミンキーモモ』のキャラクターデザインを手がけた芦田豊雄さんが、北斗の拳の監督だったからか、アニメ版『北斗の拳』にモモが登場します。 モヒカンと革ジャンのあの世界に、パステル調のモモが登場するのはものすごい違和感です。 実は今回この記事を書いた理由がこれです。 「北斗の拳にミンキーモモが出てたよね?」と同級生に聞いても、誰一人憶えてなくて、挙句に幻覚とか言われる始末でした。 気になってつい最近調べたところ、本当だったということがわかったので「オラァ!本当だったろうが!」と言いたくて記事にしたわけです。 ここがヘンだよ!ミンキーモモ その5:「モモの声優」 ミンキーモモの1981年版、声優が…… キシリア・ザビ様と同じ(どちらもCV:小山茉美)。 キシリア・ザビ 機動戦士ガンダムの登場人物。 ジオン公国軍突撃機動軍司令で階級は少将。 ザビ家の長女。 ジオン公国高官の娘であり、ネオ・ジオンの実質的指導者。 以上です。 ミンキーモモと言えば、最終回が風変わりということばかり着目されていますが 、 アニメ自体も夢と希望に満ち溢れたすばらしい作品だということは…… それだけは…… 言わせて くだ…… おわり.

次の

俳優の大口兼悟が引退発表「海猿」「クローズZERO2」「トッキュウジャー」出演― スポニチ Sponichi Annex 芸能

海 猿 俳優 死亡

来歴 [ ] 学生時代はに打ち込み 、在学中のに研究所へ入所。 1年の研修ではうまくいかず、大学を中退してにの養成所へ入所し直す。 1966年にと契約し 、に拠点を移した。 がした映画『』でデビュー。 同年にが監督した映画『』と『』でを果たす。 野生的なをにした同シリーズはタッチのアクション時代劇で 、刃引きはしてあるものの、重量は真剣と同じ鉄身でを披露している。 も映画『』・『』と主演したが、『』で 、プライベートではと出会う。 一方、の15期生の仲間達が小さな劇団を立ち上げて活動しているのを耳にしても観劇する事もできず、映画も封切りが1か月遅いため、京都の生活にを抱いていた。 加藤泰から「映画『』に出ないか?」と誘われたものの、が溜まり始めていた矢先だったため断り、に東映を退社。 晩年に「新人といっても27歳のぼくを東映は売り出してくれ、加藤監督は直接オファーくれたのに…。 本当に無礼だった」と悔恨の情を吐露している。 東京へ戻り、主宰の劇団に参加。 以降、・・・や『』に出演するなど 、様々なジャンルで幅広い役柄をこなした。 の『』と主演映画『』、なしで城のからで脱出するシーンを演じて周囲を驚かせたの『』や 、『』等、の常連俳優として数多くの同社作品に出演した。 『白昼の死角』と『復活の日』では堪能なで外国人俳優との共演シーンをこなしている。 1979年の、翌年の第3回日本アカデミー賞では優秀助演男優賞にノミネート。 1978年に出演した『』では、してしながら初めて訪れた街を知り、を楽しむライフスタイルが紹介されている。 のからを患い 、闘病生活を送りながらも家族や親友の千葉真一などを除き 、周囲には病気のことを隠して活動を続けた。 に映画『』でを受賞したが、15時22分にの自宅で家族が見守る中、静かに息を引き取った。 73歳没。 新作の撮影を控えていた矢先だった。 千葉真一を筆頭に 、『希望の国』の監督・ 、俳優座で同期の ・ 、ファンだった 、『』で共演した 、親しくしていた 、同世代の らがお悔やみの言葉を述べた。 ・・告別式は近親者や千葉など限られた関係者のみで、しめやかに執り行われた。 未公開作品が5本残っており 、生涯現役を貫いた。 人物 [ ] の基本は「健康な身体を保ち続ける」というポリシーを持ち、自らの鍛錬に熱心だった。 『』第25話「黄門爆殺計画・長崎」()や映画『』()で鍛え上げた身体を披露しているが、その肉体美は世界的アクションスターのにも引けをとらないと評されている。 親友の千葉が主宰する JAC の稽古にも通っていた。 千葉とのでは『』や『』などで、壮絶なを演じている。 「 静かで無口で新鮮で好きなタイプの俳優だった。 人生に親友は3人いると言うけど、僕の場合はさんと なっちゃんかな。 人を傷つけない、思いやりのある理想的で素晴らしい人だった。 」 「 「監督からどんな要求をされても、それに応え、肉体で表現するのが役者だ」という価値観が一緒だった。 で行われた1年にも及ぶ『戦国自衛隊』のロケでは、出演者が皆バスで10km離れた宿へ戻ったが、我々二人だけはロケ現場から毎日走って帰った。 彼は足腰が強く、過酷なロケも平気だった。 JAC にも出稽古にきて、一緒に汗を流しました。 僕のやってるトレーニングをいちいち「これはどうやるんだ?」と聞いてきて、懸命に鍛えていましたよ。 」 と千葉は振り返り、一方夏八木は、 「 新人でにきたばかりで挨拶の仕方も知らなく、そんな僕を千葉ちゃんがいろいろと面倒みてくれた。 「何も知らない奴だから、あまりいじめないでくれよ」と周囲に言ってくれたんです。 お陰で見知らぬ京都でかなり過ごしやすくなったので、本当に感謝しています。 千葉ちゃんのそういう性格はもちろんだけど、あそこまで自分の肉体を意のままに操れるよう鍛えていたことに、僕はビックリしてね。 千葉ちゃんから「 JAC でアクションの練習をしているから、なっちゃんも暇があったら来てみない?」って誘われたので、時間がある時は練習場に行って、紛れて一緒に鍛えたりしていました。 」 と回想している。 千葉と夏八木を知る関係者も、 「 夏八木さんの口からは、千葉さんを絶賛する言葉しか聞いたことがない。 千葉さんも夏八木さんを『僕の人生の中で最高の俳優』と認めていて、事あるごとに仕事に誘っていた。 互いによき理解者で、尊敬し合えるかけがえのない友だった。 」 と二人の友情を証言している。 夏八木からと告白された千葉は、関西の名医に夏八木を連れて行く 、身体に良い水を差し入れし 、頻繁に自宅を訪ねて励ましていたが 、すごく苦しそうだったという。 の常連俳優だった夏八木だが 、は「私がして内輪のパーティを開いたときに、受付に座って殺到するマスコミのになってくれた」と、その気遣いと侠気ぶりに深く感謝している。 の同期、・・・・・と共に俳優事務所「どりいみい7」を結成した。 その後「どりいみい7」は解散したものの、食事会を開いたり、互いのを鑑賞しあったりと交流していた。 在住時に出会った妻はで 、夏八木が29歳の時に結婚し 、2人の娘をもうける。 家庭で夏八木は全く仕事の話をしないので、家族は作品になって初めて知った。 長く居住していたを深く愛し、自宅は深緑色の洋風住宅。 にバス路線整備の話が持ち上がった際には閑静な住宅街の雰囲気を守るため、住民を集めて反対を訴えた。 にはの推進運動に参加し、癌を発病した後も続けていた。 『希望の国』の撮影地であるまで鎌倉から2時間以上かけて電車通勤するなど、仕事も私生活も信念を曲げなかった。 受賞 [ ]• 第67回 男優主演賞 『』()• 『希望の国』()• 最優秀主演男優賞 『希望の国』(2013年)• 第22回 - ゴールデン・グローリー賞 〔日本映画の発展に貢献した俳優〕(2013年)• - 主演・牙狼之介• (1966年)• (1967年)• (1967年) - 南條少尉• (1967年) - 主演・仙石隼人• (1968年) - 主演・椎ノ集刀馬• (1968年) - 佃健次• (1968年) - 堤仙一• (1968年) - 松川大尉• (1969年) - 高力九内• (1970年) - 卯月喬之助• (1971年) - 長谷記者• (1971年) - 森野敦男• (1971年) - 尾形• (1971年) - 榊哲之助• (1972年) - 堺上等兵• (1972年) - 杉見次雄• (1973年) - 風車の小文治• (1973年) - 船岡健二• (1973年) - 結城達也• (1974年) - 杉本博• (1974年) - 勝四郎• (1974年) - 浜男喜• (1974年) - 養豚家• (1974年) - 日高昭光• (1974年) - 清• (1974年) - 平田玄二• (1975年) - 中尾豊• (1975年) - 片岡光二• (1976年) - 水木錬作• (1976年) - 竹森勇三• (1977年) - タッチャンガ• (1977年) - 後白川錦三• (1977年) - 新見隆• (1977年) - 尼子義孝• (1978年) - 別木庄左衛門• (1978年) - 矢吹刑事• (1978年) - 立花道夫• (1978年) - 洲走の熊五郎• (1985年) - 森山• (1985年) - 堂園警部• (1986年) - スターダストのマスター• (1986年) - 山川正作• (1986年) - 津山道夫• (1987年) - 佐久間英司• (1987年) - 矢島正弘• (1989年) -• (1990年) -• (1990年) - 川井勝司• (1991年) - 清野忠雄• (1991年) - 角谷孝仁• (1991年) - 佐々木• (1992年) - 芝山俊司• (1993年) - 軍令部次長• (1994年) - 大木戸克彦• (1995年)• (1996年) - 堀河幸三郎• (1997年) - 脇田• (1998年) - 佐々木邦弘• (1998年) - 岩下耕作• (1999年) - 森三之介• (1999年) - 桂木圭介• (2000年) - 村田京介• 「七人みさき」(2000年) - 御燈の小右衛門• (2001年) -• (2001年) - 竹本• (2001年) - 大神菊造• (2001年) - 魚見正之• (2001年)• (2002年) - 義徳• (2002年) - 横山新二郎• (2002年) - 武田壮吉• (2002年) - 瀬川守良• (2003年) - 汪沢田• (2003年) - 曾根崎銀次(現代)• (2003年) - ツヨシの父• (2003年) - オーナー• (2004年) - 鐙雄一郎• (2005年) - 瀬川• (2005年) - ホラ健• (2005年) - 橋本達也• (2006年) - 石神保• (2006年) - 長峰• (2006年) - 各務• (2007年) - 西村達郎• (2007年) - 篠崎孝次郎• (2007年)• (2009年) - 立山修験道の行者• (2009年) - 戸波清兵衛• (2010年) - 緒方耕三• (2010年) - 盲導犬訓練学校の教官• (2011年) - 村上清十郎• (2011年) - 城山警察庁長官• (2011年) - 辰雄の祖父• (2012年) - 主演・小野泰彦• (2012年) - 和尚• (2012年、アメリカ) -• (2013年) - 入陶倫行• (2013年) - 長友孝雄• (2013年) - 与儀• (2013年) - 野々宮良輔• (2013年) - 大石賢一郎• (2013年) - 社長• (1967年、) - 本堂七郎太• 第16話「流れ者」(1967年、)• 第294話「死刑囚」(1967年、)• (1977年) -• (1994年) -• (1997年) -• (2000年) -• (2003年) -• (2010年) -• 第2話「小野次郎左衛門」(1968年、) -• 第597回「川止め」(1968年、TBS)• 第21話「狙われた雛人形」(1968年、TBS) - 長尾重四郎• 第8話「悲しきカナリヤ」(1968年、)• 第2話「伊那の勘太郎」(1969年、NET)• 第25話「礫打ち」(1969年、NTV) - 千疋藤九郎• 吉田松陰(1969年、CX)• 第36話「女の肌は二度燃える」(1969年、) - グレイ内藤• (1970年、)• 第213話「流人島異聞」(1970年、CX) - かまいたちの佐八• 第87話「命がけで黙っていた」(1970年、NET) - 瀬川又三郎• (12ch)• 第7話「オランダ銃が謎を討つ」(1970年)• 第86話「いのち捧げます」(1972年) - 大槻良順• 第230話 「対決! 男の意地」(1976年) - 立木市兵衛• 第144話「荒原牧場 必殺の決闘」(1971年)• 第150話「殺人スコッチ二日酔い作戦」(1971年)• 第179話「さすらいの一匹狼 荒野の挑戦」(1971年)• 第248話「殺し屋ども、何人でも来い! 」(1972年)• (1971年、TBS) -• ひまわりの道(1971年、TBS)• 第11話「呑舟先生はどこだ」(1970年) - むじなの京太郎• 第3話「復讐・唐人剣」(1971年) - 宗錫烈• 第16話「殺しの長脇差」(1972年) - 船戸の銀次• 第18話「人情・刀鍛冶 -岡山-」(1972年) - 左門• 第22話「激流に実る恋・北上川」(1973年) - 吉村兵庫• (1974年) - 玉ノ浦朝勇• 第25話「黄門爆殺計画・長崎」• 第26話「福江城の対決・五島」• 第32話「素晴らしきかな人生・水戸」(1975年) - 幡谷勘十郎• 第16話「瞼の父は悪の手先・島原」(1996年) - 檜垣一角• 第21話「雛人形は知っていた」(1972年、CX)• 第38話「北風に向かって突っ走れ! 」(1972年、NTV)• 第14話「奇襲 女地獄牢」(1972年、NET) - 根来勘助• 第3話「刺青者は闇に消えた」(1972年10月19日、NET)• 第13話「荒谷に風が待伏せた」(1972年11月25日、CX) - 佐平太• 第125話「緋桜を狙う男」(1972年11月26日、NET) - 源次• (1973年、NET) -• 第9話「二つの心が木曽路に誓った」(1973年、12ch)• 第11話「電話で死体が転がりこんできた」(1973年、TBS)• 第377話「歪んだ花芯」(1973年、CX) - 宇之吉• 第17話「生きていた男」(1973年、) - 河内左近• 第23話「可の字無残」(1973年) - 可の字• 第1話「喰代柳生」(1974年) - 出淵庄兵衛• 無宿侍 第3話「群狼の詩」(1973年、CX)• 第9話「決闘鍵屋の辻」(1973年) -• 第22話「闇のなかの狼」(1974年) - 進藤伝八郎• 第16話「炎の中の兄妹」(1974年、NTV) - 為吉• 第2シリーズ 第15話「弧影燃ゆ」(1974年、NET) - 坂崎辰之助• (NHK)• (1974年) - 天兵• (1999年) - 橘龍蔵• (2007年) - 岸本• (2008 - 2009年) - 一条隆康• 第1話「天にのぼったか地にもぐったか」(1976年、)• (1976年、NHK) - 俊太郎• 第20話「夫婦纏が紅蓮に舞った」(1977年、NTV) - 伊三郎• 第93話「29の死神の手紙」(1977年、TBS)• 第1シリーズ 第24話「大利根の春はゆく」(1977年、CX)• 第18話「香港から来た刑事」(1977年、CX)• SFシリーズ もしも・あの時(1977年、NHK)• (1977年、TBS) -• (NTV)• 消えたタンカー(1981年) -• 土地狂乱殺人事件(1987年)• 5 高価すぎた情事(1988年、東映) - 細川真一郎• あしながおじさん殺人事件(1989年、映像プロデュース) - 刑事• (1997年)• 25(1999年) - 相川光生• 14(2002年) - 戸塚治平• 20(2003年)• 迂回路(2003年) - 樋口淳一郎• (1985年) -• 30 寝台特急「北斗星」殺人事件(1996年) - 楠木康四郎• (2002年)• 25(2002年、ABC)• 西村京太郎トラベルミステリー 超豪華寝台特急トワイライトエクスプレス殺人事件 (2006年) -• 美貌の女社長8000億の秘密!! 秋子に似た女の謎…(2007年) - 原哲人• シリーズ EX• 越境捜査(2008年)• (2010年) - 韮沢克文• 4(2010年、EX) - 鈴木吾郎• 2(2012年、ABC) - 三方成美• 第1シリーズ(NTV)• 血闘 荒木又右衛門(1986年) - 荒木又右衛門• (1985年、NHK) - 壺谷又五郎• (NTV)• (1985年) -• (1986年) -• (1988年) - 近藤勇• (1992年) -• (1987年、CX)• (1988年、TBS) - 尾崎監物• 「九州航路の謎 -川崎〜宮崎 豪華客船血塗られたデッキ-」(1988年、) - 牧村慎一• (1989年、CX) - 井関録之助• 第2シリーズ 第4話「托鉢無宿」(1990年)• 第2シリーズ 第9話「本門寺暮雪」(1990年)• 第2シリーズ 第15話「霧の朝」(1991年)• 第3シリーズ 第9話「雨隠れの鶴吉」(1992年)• 第4シリーズ 第2話「うんぷてんぷ」(1992年)• 第7シリーズ 第10話「見張りの糸」(1997年)• 第1シリーズ 第1話「国定忠治を斬れ! 」(1990年、TX) -• 第1話「離婚した夫にガン宣告! メスが切り裂く男女の絆 前妻と後妻の愛が揺れる」(1990年、NTV)• (1990年、CX) - 鬼頭半兵衛• (1991年、NTV) -• 第2シリーズ SP みちのく忠臣蔵(1991年、NTV) - 土居近江守勝秋• (1991年、CX) -• (TBS)• (1992年) -• (1994年) -• (1992年、CX)• (1992年、NHK) - 細川忠興• 新春5時間時代劇スペシャル「独眼竜の野望 伊達政宗」(1993年1月3日、ANB) - 片倉小十郎• (1994年、NHK) - 西合宗次郎• 「オペラ座館殺人事件」(1995年、NTV) - 黒沢和馬• (1995年、CX) - 結城宗市• 北の米 〜誰よりも米を愛した男〜(1995年、テレビ岩手、中華人民共和国黒龍江省電視台) - 藤原長作• (1996年、ANB) -• (1996年、CX) - 関口源治• (TX)• (1997年) -• (1998年) -• (2002年) -• (1997年、CX) - 花田• (1997年、ANB) - 山崎静男• 第2シリーズ 第8話「賞金桜」(1997年、CX) - 河内十郎• (1998年、TBS) -• 6(1998年、CX)• (1998年、CX)• 4(1999年、TBS) - 藤本信吉• いちばん綺麗なとき(1999年、NHK)• (1999年、CX)• (CX)• 第2シリーズ 第3話「剣の誓約」(1999年、CX) - 嶋岡礼蔵• 剣客商売スペシャル 母と娘と(2005年) - 村松太九蔵• (2000年、YTV)• (2000年、TBS) - 神谷虎之介• 第1話「七人みさき」(2000年1月3日、WOWOW) - 御燈の小右衛門• (TX)• (2001年) - 中里右京• 紫陽花は死の香り(2001年) - 佐伯雅弘• 豪華客船クルーズ殺人案内(2001年) - 小宮山• (2002年 - 2004年、ANB) -• (2002年、TBS) - 寺岡次席検事• 金曜エンタテイメント (2002年、CX) - 橋爪刑事• (2003年、NHK)• (2003年、MBS)• (2004年、TBS) - 田所重喜• (2004年、EX) - 竜崎総一郎• (2004年、CX)• (2004年、EX) -• (TBS) - 中村 吉造• 警視庁三係・吉敷竹史シリーズ(2004年)• (2008年10月)• NHK -• (2005年)• (2006年)• (2007年)• - 神戸喜久右衛門• (2005年、EX)• (2005年、EX) - 佐田太吉郎• (2005年、CX) - 勝田孝太郎• 飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ(2005年、CX) - 沢村修三• (2006年、EX) - 板垣信方• (2006年、CX)• 最後の翼(2006年、NHK)• 月曜ゴールデン(TBS)• 血痕 警科研・湯川愛子の鑑定ファイル1(2007年) - 秋津幸三• 10(2009年) - 野口譲次• Season5 第20話「サザンカの咲く頃」(2007年、EX) - 岩佐紀之• (2007年、CX) - 吉田太志• (2008年、CX) - 内閣総理大臣• (CX)• (2008年)• (2012年) - 余木良樹• 5 第10シリーズ(2008年、EX)• (2008年、)• (TX)• 3(2008年)• 門倉周平の事件カルテ(2012年) - 吉岡修一郎• (2008年、NHK)• (2008年、NTV)• (2008年、WOWOW)• (2009年、TBS) - 真田隆正• (2009年、NHK) - 筧丈治• (2010年、CX)• (2010年、TX)• 第5・6話(2010年、NHK) - 紳士• 第7シリーズ 第6話ゲスト(2010年、EX)• (2010年、EX) - 須田保次郎• (2010年、CX) - 早乙女惣一• シャープ液晶物語(2010年、TX) -• (2010年、EX) - 高木仁志• (2011年、NHK) - 筧丈治• (2011年、NHK) - 水谷俊郎• 第4話ゲスト(2011年、EX) - 久瀬荘俊• (2012年、NHK) - 松尾幸郎• 作曲 劇的オラトリオ『』(1997年) - 修道士ドミニク 吹き替え [ ]• (1984年、フジテレビ) - ディーク・ダシルヴァ〈〉• (1996年、・・) - ロバート・キンケイド〈クリント・イーストウッド〉 アニメ [ ]• (1996年) -• 「オペラ座館殺人事件」ファイル3(1997年、NTV) - 先生• (1998年) - ナレーション• (1999年) - 那国守彦 CM [ ]• - ナレーション• - ナレーション ディスコグラフィ [ ]• NHK NEWSweb. 2013年5月12日. の2013年5月12日時点におけるアーカイブ。 2013年5月13日閲覧。 2013年10月12日放送. 2013年10月13日閲覧。 猪俣勝人、田山力哉『日本映画俳優全史: 現代編』p. 237• 2013年5月12日. の2013年5月13日時点におけるアーカイブ。 2013年5月13日閲覧。 2013年5月12日. の2013年5月12日時点におけるアーカイブ。 2013年5月13日閲覧。 2013年5月12日. 2013年5月13日閲覧。 2013年5月14日. 2013年5月21日閲覧。 2013年7月2日. 2013年7月6日時点のよりアーカイブ。 2013年7月6日閲覧。 我が俳優人生 ここに記す 堀田眞三. 2014年12月11日閲覧。 2013年5月13日閲覧。 2013年5月12日. 2013年5月13日閲覧。 2013年5月13日. 2013年5月13日閲覧。 2013年5月13日. の2013年5月13日時点におけるアーカイブ。 2013年5月13日閲覧。 2013年5月31日. 2013年6月22日閲覧。 日本映画のススメ vol. 12 追悼特集 2013年上半期に亡くなられた映画人たち 特集1 コラム「2013年上半期、逝きし映画人」. 2013年7月24日閲覧。 NEWSポストセブン. 2013年7月9日閲覧。 2013年5月23日. 2013年7月16日閲覧。 2009年6月9日に放送された『』へ出演した時の発言。 週刊ポスト. NEWSポストセブン. 2013年5月13日閲覧。 週刊ポスト. NEWSポストセブン. 2013年7月14日閲覧。 2013年5月29日. 2013年7月1日閲覧。 週刊ポスト. NEWSポストセブン. 2013年7月8日閲覧。 日刊スポーツ nikkansports. com. 2013年5月13日. 2013年5月13日閲覧。 デイリースポーツ デイリースポーツオンライン. 2013年5月13日. 2013年5月13日閲覧。 デイリースポーツ デイリースポーツオンライン. 2013年5月13日. 2013年5月13日閲覧。 カナロコ. 2013年6月29日. 2013年7月8日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)•

次の