ハイキュー ブラジル。 ハイキューネタバレ最新371話確定【日向がブラジルで活躍】

ハイキューネタバレ最新371話確定【日向がブラジルで活躍】

ハイキュー ブラジル

注目ポイント ・タイトル名 ・扉絵 ・あれから5年 ・日向はどこに! ・ビーチを選んだワケ ・影山との最後 以上、 6つの注目ポイントをご用意!!! 各注目ポイントの下に詳しい内容も書いていきますよー! ハイキューネタバレ370話:タイトル名 ハイキュー370話のタイトル名は 「 挑戦者 」 新章開幕しましたね! いきなり時間を超えてブラジルが出てきたわけですが、このタイトル。 一体何に挑戦するのでしょうか・・・ 世界の敵?それとも今までに戦ってきたライバル? 今までも、貪欲に色んなことに挑戦し続けてきた日向。 終章突入へ 本日10月28日発売の週刊少年ジャンプ48号より、ハイキュー!! は終章へと向かいます。 皆さま、最後まで応援のほど、何卒よろしくお願いいたします! — ハイキュー!!. 終章突入へ 本日10月28日発売の週刊少年ジャンプ48号より、ハイキュー!! は終章へと向かいます。 彼女は思い出す。 高校1年の夏、接点のなかったバレー部に所属し、マネージャーをやっていたことを。 熱い高校生活を送っていたことを。 ハイキューネタバレ370話:灼熱の2年半 初めての春高は、準々決勝敗退。 大きな存在であった3年生が引退し、谷地たちは2年生に。 初夏のインターハイ予選では、烏野は決勝までいくも伊達工業に敗れます。 その伊達工業は11年ぶりに全国への切符を掴み、全国ベスト16に! 秋の春高では、烏野が全国進出を決めて、3回戦で再び稲荷崎と対戦! 3年になった 宮兄弟を前に惜敗。 そして、谷地たちにとって 最後の春高。 またも全国への切符を手にし、準決勝に進出します! 初めてセンターコートに立つことができるのですが、井闥山に敗れ、 全国3位に終わります。 影山は引く手数多の中、大学へは行かず Vリーグに進みます! 国内トップリーグでは、10代にして 異例の活躍を見せます! 近々海外リーグへの挑戦も予定しているらしい。 日向は・・・ ハイキューネタバレ370話:日向はどこに! 谷地はスマホを見る。 やっと来れたーーーー!! そのメッセージとともに、笑顔で写真にうつる日向。 その場所は、 ブラジル・リオデジャネイロ! 日向は去年から、地球の裏側に居るのだとー ハイキューネタバレ370話:コートはビーチ!? そして、日向がバレーをしている。 その場所は、 フラメンコビーチ! 裸足で砂場を動き回り、ボールを追う! 共に戦う仲間は一人、しかも 外国人! その外国人にトスをもらい、スパイクを決める日向。 どこにも行けない奴が他人の挑戦を笑う 「誰もやってない」事は「誰もできない」事じゃない という言葉を思い出し、検討してみると日向に伝えるのでした! ハイキューネタバレ370話:チャンスをつかむ そして、今まで出会ってきた監督たちなど、いろんな人に情報を聞いて回ります! 日向は日向で、ネットで情報収集。 そこで、オリンピック・ビーチバレーで優勝していたのが ブラジルだと知ります! そして、その年の 宮城県1年生選抜強化合宿。 なかなかビーチに対する情報が集まらないのだと言う烏養コーチに声をかけるのは、 鷲匠監督! 白鳥沢の卒業生で、インドアからビーチに転向し、その後インドアのジュニアチームのコーチをしている奴がいると! しかし、そのコーチがいるのは、 リオデジャネイロ! 驚く烏養コーチでしたが、やっと手に入れたチャンスを日向に伝えます! 即答で 「行きます!!!!」と答える日向に、高校卒業後1年念入りに準備しろと伝える鷲匠監督。 そして、 期限は2年だと。 それを素直に受け入れ、感謝を述べる日向なのでした! 迷いなくブラジルに行っちゃう日向はすごいなーと思います。 他校であり、しかも厳しくあたってきた日向に対して手を貸すなんてと。 その反応に、同意する鷲匠監督。 体格以外は素質があって、気骨もある。 しかし、自分以外の大人が手を貸せばいいことだと。 烏養監督もいるし、関東にもツテがある。 それでも日向に手を貸すのはー 俺以上に日向翔陽に 期待する人間が居てたまるか そう、 身長という越えられない壁をもろともせず、進み続ける日向に対しての 強い期待があるからなのでした! 鷲匠監督は実は日向大好きなんだと思う。 早朝にビーチで瞑想をするのは、ブラジルに行った 日向。 瞑想後、部屋に戻り、ルームメイトを起こして、朝ごはんを食べます。 その時思い出すのは、 高校の卒業式後。 誰もいない体育館でサーブを打つ 影山。 そのボールを迎えたのは 日向! 影山のサーブを、ネットに近い場所に 綺麗に返す! 少し大人になった2人。 最後は、笑顔で再会を約束するように挨拶をします! 「またな!」 そして、いつものように冗談を言い合う2人でした。 このシーンを読んだだけで泣いた、そんな今日でした。 物事は身近なところから、着実に始めることが肝要であることのたとえ。 日向は強くなるために、一つ一つの課題を丁寧に乗り越えて、自分の力にしていくつもりなんでしょうね! 頑張れ日向ー!! 初めて聞いたけど、いいことわざだなこれ。 最新刊をすぐ読みたい…• jpの無料トライアル期間に登録すると合計6巻初回ポイントで読めちゃいます。 ポイント利用で 1冊今すぐ読める ポイント利用で 2冊今すぐ読める すぐにでは無いが、ポイント利用で 3冊読める ハイキューのネタバレ370話はまさかのビーチバレーに転向する!?:まとめ いかがでしたか? 衝撃の展開に、まだ頭が混乱しています! 最後に、今回の注目ポイントを簡潔にまとめます! 注目考察ポイント ・何年後? ・なぜブラジルに? ・影山 ・新章開幕の伏線 以上、 4つの注目ポイントをご用意!!! 各注目ポイントの下に詳しい内容も書いていきますよー! ハイキューネタバレ考察370話:何年後? では早速考察していきます! 369話では、最後に衝撃の 新章突入・・・! マジかぁ!新章?! — たけ TTennensui 舞台は ブラジル・リオデジャネイロ。 いきなり始まったブラジル編ですが、何年後かは表記されておらず、数年後とだけ。 日向の後ろ姿は描かれていましたね!心なしか大きくなったような・・・ おそらく、高校卒業したあとの 3年~5年後あたりではないでしょうか? 日向が高校生のうちに留学する可能性もありますが、烏野のチームを抜けて日本を出る、ということは考えにくい。 となれば、高校卒業後、大学に入って留学か、それとも進学せずに世界に羽ばたいていったのでしょうか? ハイキューネタバレ考察370話:どの立ち位置でブラジルに? 日向がブラジルに行ったのは、どの立ち位置なのでしょうか。 ・日本代表として選ばれ、ブラジルに遠征中 ・ブラジルのチームに入り、修行中 このどちらかですかね! 369話最後の日向はUber Eatsのようなリュックを背負い、バイト中のようでした。 自身で生活費を稼ぎ、バレー生活を送っているようでしたので、 遠征は考えにくい・・・ となれば、留学か、生活拠点をブラジルに移して生活をしている方が可能性としては高いですね! ハイキューネタバレ考察370話:なぜブラジルに? さて、 ブラジル・リオデジャネイロ! 何故この地が選ばれたのでしょうか? ブラジルは、世界的に見て、 バレーが盛んで強豪国であると言われています! 男子は 世界ランクでも上位に君臨しています! 昨日撮影したワールドカップバレー。 ブラジルの勇姿編。 aika0156 2019年のW杯女子バレーでは、日本は鉄壁ブラジルを相手に敗北していますし・・・ 修行するにはもってこいの地ですよね! ハイキューネタバレ考察370話:小さな巨人再び? そんな強豪国であるブラジルにいき、日向はどうバレーをしていくのでしょうか? 実際のブラジルの過去の選手なんかを見てみたのですが、全員大きい! 低くても180cm以上で、 190cm・200cmを超える選手がわんさか!!! ハイキューに登場してくるかは分かりませんが・・・ しかし、日向にとってこれだけの 高身長の中でバレーをしていくのは苦労がついてくるでしょう! でも、日向は今までも小さいながらバネと動体視力で戦い抜いてきました。 俺はいつか アンタにトスを上げるで そう、敵としてではなく、味方としてトスを上げると宣言していた宮侑! 彼もまた、ブラジルに来ているなんてことがあるのでしょうか・・・? 他にも日向と言葉なき友情を築いていた 青根なんかも出てきて欲しいですよね! どのメンツが今後登場してくるのでしょうか!? ハイキューネタバレ考察370話:新章開幕の伏線 そして、369話最後の方で少し触れていましたが、この新章開幕、宣言されていたのです! 色々と繋がっててやばい — ぼーい MeshidaMasaka 2013年ジャンプ43号の作者コメント欄。 7年後にオリンピック編やります!って言っちゃってるんです!! この時はまだ 仮 となっていますが、ほんとに実現させちゃいましたね!! ここで ニホンオリンピックって言ってるので、おそらく オリンピックが舞台になるのでは! となると、日本代表とかになるのでしょうか?? ハイキューネタバレ考察370話:武田先生も!? 実は・・・ 武田先生も・・・!! ハイキューの初期の武ちゃんのポエム で出てきてるじゃん? サンバ!な国がさ。 古舘せんせはこの頃から考えてたりしてたのかな…流石に深読みし過ぎかな。 背景がなんと ブラジル!!!! あの キリスト像が描かれているのです! 今この瞬間も世界を変えるような出会いはどこかで生まれていてそれは遠い遠い異国かもしれない地球の裏側かもしれない。 もしかしたら東の小さな島国の北の片田舎のごく普通の高校のごく普通のバレーボール部かもしれないそんな出会いがここで…烏野であったんだと思った。 大げさとかおめでたいとか思われるかもしれない。 でも信じないよりはずっといい。 根拠なんかないけど 君らはきっとこれから強く、強くなるんだな 地球の裏側とも 異国とも言っています・・・! きっとこの時の武田先生は、日向がブラジルに行くなんて考えずに言った言葉なのでしょう! しかし、伏線過ぎて鳥肌もんです!! ハイキューのネタバレ370話を徹底考察!ブラジル編が開幕する!!:まとめ いかがでしたか? 最後に、注目考察ポイントを簡潔にまとめます!.

次の

ハイキューネタバレ最新371話確定【日向がブラジルで活躍】

ハイキュー ブラジル

-------------------------------------------------- ハイキュー369ネタバレ:烏野メンバーがそれぞれの想いを 試合終了後集まる烏野のメンバー。 泣いている者もいる中、それぞれが想いを告げていく。 旭は、最後のボールは西谷が上げられないなら自分達は誰も上げられないと、納得している様子。 月島は、早く帰って鴎台の映像が見たいと言い、その言葉に澤村が成長を感じている。 影山は、このチームでもっと上に行きたかったと。 菅原は、試合は勝てないと終わりだが、影山から「このチームでもっと上に行きたかった」という言葉を聞けただけで誰が何と言おうとここに来た意味がある、と強く、そしてボロボロに泣く。 ハイキュー369ネタバレ:監督とコーチの未来の言葉 そして、監督とコーチが未来に向けた言葉を告げる。 監督「何も終わってない、これからも何だってやれる」 前を向けということなのだろう。 そしてコーチから。 「日向に気合や覚悟が足りなかった訳ではない。 強い身体には強い精神が宿る。 限界を超えるのではなく、限界値を上げなければいけない。 大丈夫、日向はご飯の重要性を知っている。 」 皆で飯の時間。 日向は別室で寝ているところに食事を持ってきてもらっている。 食堂で和気あいあいと食事する皆に対し、涙をボロボロ流しながら飯を食う日向。

次の

最新ネタバレ『ハイキュー!!』371

ハイキュー ブラジル

すごくツヨくて、しかしフリーの時には誰とでも組む。 パートナーに逃げられスポンサー確保に困るエイトールが日向に声をかけてきたのでは、そんな時でした。 ブラジルのビーチバレーはペアがしょっちゅう変わるため、スポンサーが個人につく仕組みです。 古舘春一「ハイキュー」371話より引用 言葉がまだ拙い日向は「いつでもペアは解消して良い」と書き言葉でエイトールに伝えると、急遽コンビが結成されます。 お互いの身の上話をしながらブラジルに来た時を振り返る日向。 日向を迎えたのは白鳥沢79期生OBの加藤ルシオで既に1年半前のことになります。 道中、周囲の景色を見ながら本当にブラジルに来たと期待を膨らませる日向。 ルームメイトのペドロとの挨拶もそこそこに、早速ビーチバレーの練習に参加をします。 スポンサーリンク 砂の栄冠 古舘春一「ハイキュー」371話より引用 高校卒業後の1年間は基礎を叩き込むための練習を日本国内で行ってきた日向。 側で見るルシオは日向の跳躍力に「よく飛ぶな~」と感心しますが、当の本人はまだ飛べていないと感じています。 そしてスコールによる練習中断。 日本の高校生としてはハイレベルな選手の日向でしたが、砂の上での無力さは今まで培ってきた自信すら揺らぎかねません。 古舘春一「ハイキュー」371話より引用 「期限は2年」だと鷲匠の言葉を思い出しますが、焦るなと自分に言い聞かせる日向。 そしてバイトの時間です。 またある日はルシオの生徒と組んで大会に出場しますがストレート負けとあえなく敗退。 日向は砂の上で正座しながらかつての栄光を振り返りますが、それは砂を掴んでは溢れてしまう砂上の楼閣に過ぎません。 バイトでは慣れない道に迷い客からのクレーム。 古舘春一「ハイキュー」371話より引用 そして悪いことは重なるもので財布がありません。 落としたのか盗まれたのか慌てて財布の中身を思い出す日向。 身分証はスマホのケースに入っているので大丈夫。 無くなったのは現金だけだと思いつつ、流石にこれは凹みます。 日本を離れる際に妹の夏から餞別としてもらった新しい財布でした。 ペドロとは一緒に食事をしようと誘いますが、いまだにノーリアクションです。 スマホの待ち受けはかつての同級生たちと一緒の画像ですが、現実は独りぼっち。 時には部屋の片隅で縮こまる日もありました。 しかし「腹から声を出すっつ」と自らを鼓舞させて何とか踏ん張るのでした。 スポンサーリンク 砂の優しさに包まれたなら 古舘春一「ハイキュー」371話より引用 夜中に散歩をする日向は中高年がビーチバレーをする様子を見かけます。 色々な年代がバレーをしていると感じる日向にお誘いの声。 ビールを飲むから交代してくれと中年男性からボールを渡されます。 期せずして草ビーチに参加する日向。 やはり昼間同様に「あと一歩」がなかなか飛び出せませんが、それは誰にでも同じことです。 そしてダイブしてもクッションになってくれます。 そんな時です。 背中から懐かしい日本語が聞こえてきました。 振り返るとそこに居たのは、何と影山の一つ上の先輩、及川徹! 「大王様!?」 思いがけない再会に驚く日向。 果たして次回は如何に? スポンサーリンク ハイキュー!!ネタバレ371-372話のまとめ 古舘春一「ハイキュー」371話より引用 今週はブラジルに来てからの日向の振り返りということで、まだまだ内容的には序章という感じでした。 知らない土地でのボッチ生活と理想と現実のギャップ。 勿論それが辛くて志半ばで夢を諦める人もいるでしょう。 その選択は個人の自由によるものなので、誰も咎めることは出来ませんが、コミュ力がありそうな日向でさえブルーな気分になる日があったりと、新天地での活躍はそう簡単ではなかったようです。 古舘春一「ハイキュー」371話より引用 その日向が偶然にも再会したのは、まさかの及川パイセンでした。 地球って狭いですね(笑) なぜここに居る?とか、チームメイトだった岩泉は?とかいう疑問は次回明らかになるとして、これで日向と及川がペアを組めば、及川にとっては189話の白鳥沢戦で発した「チビちゃんはトスを上げたくなるスパイカーだね」という伏線が回収されることになります。

次の