ブリジストン アイアン。 ブリヂストンツアーB JGR HF3アイアン試打&評価|ストロング化と素材の見直しで飛距離アップ

ブリヂストンツアーB JGR HF3アイアン試打&評価|ストロング化と素材の見直しで飛距離アップ

ブリジストン アイアン

」というところがあると、クラブのせいにして自分のミスを受け入れない、素直に反省して切り替えてプレーを続行出来なくなってしまう。 だから、 見た目は絶対に大事です!軽視してはいけません! そして、なんといっても 飛距離性能アップです! SP-COR(サスペンションコア)・・・6年がかりで開発したという、ヘッド内部に装着されたポリマー(消しゴムよりも柔らかい素材)が振動を吸収して、反発をコントロールし飛びと打感を大きく向上させています。 試打したゴルファーの平均が、1番手から1番手半(10ヤード~15ヤードくらい)は、飛距離の違いを実感しているようです。 マイルドな打感の進化系飛びアイアン! 「簡単に飛んでくれるわりに、 打感がしっとりしている。 もっとフェースが弾くような打感かと思いきや、 打感はやわらかいです」 「ストロングロフト角に対して 球の打ち出しが高く、高弾道で飛んでくれます。 弾道が高いので、 グリーンにも止められる球だと思います」 評価は高く、試打の感想をこのように述べるゴルファーがほとんどだ! 距離を打ち分ける必要があるアイアンの場合、一概に飛ぶのが正義とは言えないけれど、 簡単にまっすぐ飛ばしやすいのは間違いないです。 このアイアンに採用された薄いフェースをサスペンションコアが裏側から支えることで、ギリギリ適合かつ高い反発性をキープし、その上でオフセンターヒットでも高初速エリアが広く、吸い付くような打感の恩恵まであったということ。 そして、そもそも球が曲がりづらいアイアンが出来た! 理由は複合構造のアイアンとは思えないほど、打感が柔らかい。 (軟鉄鍛造と誤解するほど) しかも、打点をトゥやヒールに激しく外しても、気持ち良い打感と共に、タテ距離、横ブレも極めて少なく、アゲンスト風の中、 ヘッドスピード40m/秒のゴルファーが、平均して7Iで190ヤード弱を打てる。 打感も反発も急激な進化で、今後は複数のメーカーが研究を始めて追随してくると思う。 飛び系アイアンでゴルフは簡単になる? ゴルフクラブは、どんどん進化を続けている! かつては、ロフト角度の立っているクラブは難しいアイアンであった。 それが今は、 ストロングロフトにしてやさしく打てて、高弾道の球が打てるという時代になっている。 隔世の感がある・・・。 かつて、2番アイアンや3番アイアンをしっかり打てるようになりたくて、練習を重ねた日々がむなしいような気もしてくる。 ありがたい時代なのだから、 過去のアイアンの番手と距離のイメージは払拭して、その恩恵をフル活用してゴルフを楽しめば良いと思う! ゴルフは簡単になった!と言い切れないのが、グリーンから100ヤード以内のショットの精度が問われるのがスコアメークのカギなので、 飛び系アイアンを使用した場合、ピッチングウェッジ以下のウェッジのセッティングが問題になってくる! ピッチングウェッジ以下のクラブを、3本、場合によっては4本入れるというような必要性が出てきます。 このクラブの新しいテクノロジーに共感して、テストをして、女子プロゴルファーの三ヶ島かなプロや渡邉彩香プロ、松田鈴英プロなども使用しているといいます。 また、男子プロでは片岡大育プロなども使用テストをしているということです。

次の

ブリヂストン ツアーB JGR HF1 アイアンの試打レビュー 口コミ・評判 ギアスペック|ギアカタログ|GDO ゴルフギア情報

ブリジストン アイアン

素材も構造も一新 JGRはドライバーでサスペンションコアというネジによる反発エリアの拡大を実現したようですが、アイアンもかなり変更してきたようです。 ドライバーと同じくサスペンションコアと名付けられた構造を採用しています。 内容はポリマーを使用している点は同じですが、ただ充填しただけで他のメーカーとの差別化は見られません。 もう一つ、フェース裏側のディンプルによってミスヒットに強くなっているらしいです。 まぁ、簡単にする方向のチューニングは私が感じることは考えにくいですが、そのあたりは試打データを見ながら評価していきたいです。 試打データ ヘッドスピード 49. 1 平均打ち上げ角 20. それらのアイアンと比べる限りは、度数に対する飛距離は普通と言えそうです。 飛距離と連動してバックスピン量が少ないのも特徴だと思います。 ブレは横8y、縦9yです。 安定性は高水準だと思います。 さらに、サイドスピンの少なさも目立ちました。 シャフトは950neoですから、弾道は高いのですが捕まりは弱いです。 ですから、かなり振っていかないとドロー回転はかからず、飛距離が前後します。 ビジュアルで見る弾道 弾道は正面から見ると、きれいに揃っているのが分かると思います。 弾道の高さは画面に収まるくらいの高さなので低いです。 横から見ると打ち出してすぐの軌道がやや凹んでいます。 スチールのアイアンでは初めて見る弾道ですが、おそらく950neoがスピンを増やすように作られていることが理由だと思います。 試打して感じること 打感は、金属で打っている感触が希薄です。 柔らかいのですが、軟鉄アイアンを打っているのとは違い、ゴムみたいな打感、音です。 弾き感が強いので室内で試打しているだけで飛んでいると実感します。 実際は度数なりですけど打っていて楽しくなります。 見た目 少しグースネックで、ソールは厚めです。 バウンスはそこまで付いておらず、ソールが厚い割に後ろが削ってあるので構えると座りが良いです。 フェース形状はゼクシオみたいになりました。 もはやブリヂストンの顔ではありません。 データチャート 安定性、コスパは高評価しました。 スピン量や易しさ、飛距離もまずまず良かったので全体としては高い評価となりました。 セッティングはすこし難ありだと感じました。 総評 時代の流れなので仕方ないとは思いますが、スコアが出しやすいモデルでは無いと思います。 ただ、ストロングロフトであることが理由ではなく、度数が開きすぎていることが要因です。 もちろん、レベルによるのは間違いありませんがレベルの高い人には需要がないでしょう。 番手によってはっきりと距離を分けて打てるのであればこのクラブはおススメできませんが、ある程度飛ばしたい人はフィットすると思います。 おススメ度.

次の

ブリヂストン TOUR B JGR HF1 アイアン の試打&評価│楽しい GOLF LIFE

ブリジストン アイアン

最近のアイアンの中でもネックが長いアイアンに分類されるかもと思いました。 実際に構えてみるとネックが長く感じました。 ネックが長くなると、自然とフェースが長くなり、重心距離が長くなるということになります。 だからといって捕まりが悪いという感じではありません。 その辺りは、緩やかなグースネックでボールの捕まり具合を微調整しているような印象を受けました。 どちらかというと、曲げようと思えば曲げやすい感じがしました。 ワイドソールで抜けが良い 実際に打ってみると、ワイドソールで滑りやすくて抜けが良いです。 打ち込むというよりは、払い打ちの方が適しているイメージがしました。 ブリヂストン TOUR B JGR HF3 アイアンは飛ぶか? 飛びますね。 最近、飛び系のアイアンを中心に打ったり使ったりしてきましたが、ブリヂストン TOUR B JGR HF3アイアンは飛ぶアイアンに分類されます。 というのも7番アイアンでロフト角28度、長さ37. 75インチとなっています。 テーラーメイドの飛び系アイアンですら、7番アイアンのロフト角28度だけど、長さは37. 5インチです。 ブリヂストン TOUR B JGR HF3 アイアンの方が、0. 25インチ長くなっています。 たったの、0. 25インチなのに飛距離が変わるのか不思議に思われるかもしれませんが、体感的に数ヤード飛んでます。 これだけ飛べば、5番アイアンは不要だと思いますし、6番アイアンからのセットで十分です。 番手ごとのロフト角・長さ 基本的に6番アイアンからのセットとなっています。 5番アイアンは別注となります。 番手 6番 7番 8番 9番 PW ロフト角(度) 25 28 33 38 44 長さ(インチ) 38. 25 37. 75 37. 25 36. 75 36. 25 その他、装着可能シャフト• AiR Speeder JGR for Iron シャフト(カーボン)|シャフト重さ50グラム台• TOUR AD for JGR TG2-IR シャフト(カーボン)|シャフト重さ60グラム台• PRO 950GH neo シャフト(スチール)|シャフト重さ90グラム台 ブリヂストン TOUR B JGR HF3 アイアン まとめ 打感が良い、クオリティの高いアイアンが使いたいというゴルファーに向いてます。 ブリヂストン TOUR B JGR HF3 アイアン 購入 有賀園ゴルフにて購入できます。 装着シャフトは3種類ありますので、よく確認してください。 AiR Speeder JGR for Iron シャフト(カーボン)|シャフト重さ50グラム台• TOUR AD for JGR TG2-IR シャフト(カーボン)|シャフト重さ60グラム台• 自粛解除されたのでゴルフに行きたいなと思うのですが梅雨入りして微妙なテンションでゴルフに行けてません。 Amebaトップブロガーとして、アメブロの方でも記事を書き始めましたので、こちらもよろしくお願いいたします。 1年くらい前にトップブロガーとして、ブログやりませんかとお声掛けを頂いたのですが、私のマイペースな性格ゆえに、最近スタートしたブログです。 ゴルフは哲学 YouTubeチャンネル開設しました。 動画の投稿数が少ないですが、これから少しずつ充実していくつもりですので、チャンネル登録お願いいたします。 最近の投稿記事• 2020年6月24日• 2020年6月23日• 2020年6月17日• 2020年6月13日• 2020年6月13日• 2020年6月11日• 2020年6月10日• 2020年6月9日.

次の