ふく じょうし。 ふくじょうし

#二次創作 #葛葉 おつふしチャレンジ

ふく じょうし

銃声というのは実際に聞いてみると、そこまで爽快という訳でもなかった。 半液体の塊と、それはそれは沢山の粘ついた汁が飛び散る。 飛沫は赤黒いかと思えば、中央はやけに明るい赤色だった。 空中で奇妙なグラデーションをばらまいてから、大地に吸い込まれる。 顎から上が綺麗さっぱり消し飛んだ体は、当然の帰結として倒れ伏した。 二、三度痙攣して停止。 間違いなく、彼女は『死』の中にいた。 普通であれば、自殺を見届けてくれという願いを聞き届け終えた俺は、ここで帰宅の権利を得る。 それでも踵を返さないのは、今この時が普通ではないからだろう。 黒い霧。 どこからともなく立ち込めたそれに息を吹き掛けてみても、一切揺らぐことはない。 やがて霧は彼女の上半身をまるごと包んで、数秒の後に忽然と姿を消した。 少女の頭と引き換えに。 憮然とした表情で青天井を睨む彼女は、心底つまらなさそうに言った。 「ダメじゃん」 「なんでいけると思ったんだよ」 「シュレディンガーの猫って知らない?」 「意味分からん……」 腹筋運動で上体を起こした久遠は、足の指を掛けた引き金を動かさないよう、慎重に散弾銃を手に取った。 『おつふしチャレンジ』と呼ばれる彼女の自殺の情報は、驚くべきことにリスナーに共有されていた。 常軌を逸している。 配信や収録の予定を立てていない日、久遠はSNSで『おつふしチャレンジに行ってきます』と発信し、彼女のファンはその健闘を祈りながら嬉々として送り出す。 彼女が死を幸福とし、彼らが彼女の幸福を願うという構図が、ある種の狂気を繰り広げていた。 理屈は分かっても理解が及ばないのは、俺が優しくないからか。 それともまともだからか。 唐突にパラドックスな猫を話題に出した久遠は血が足りていないのか頭をふらふらと揺らし、座ったまま解説を始めた。 「生粋の陰キャである僕は今まで人様にこう……死ぬところを見せてこなかったわけよ」 「陰と陽関係ねぇだろ」 「あるね。 陽キャはほら、新宿の交差点とかでガソリン」 「その話題ヤバいからやめね?」 こういうところで何の気なしにした話を配信中にポロっと言ってしまうことは、俺だけかもしれないが多少なりあるのだ。 内容も炎上していれば配信者としても炎上する益無しの話題である。 危ない橋を無駄に渡る必要はない。 「要は今まで、僕の死は何者にも観測されてないわけじゃん。 つまり僕が何回自殺しようと死亡率は半分なんよ」 「死亡率って使い方それであってる?」 「そこでね、人を人とも思っていない、人の死を悼む心が無い葛葉の力を借りて、その確率を百%にしようじゃないかと」 失礼極まりない死に損ないを置いて帰ろうと背を向ければ、貧血のせいで力の入っていないタックルを背後からもらう。 俺の腰あたりに両腕を回し引き留めんとする久遠は、その姿勢のまま泣き言を溢した。 「頼むってぇ、死に方ももうネタ切れなんだよぉ」 「俺がいてもレパートリー増えねえだろ」 「葛葉が僕のこと殺すのは?」 「何度も言うけど違法なんで、捕まるんで」 「ん~」 いつまでも掴まれていると鬱陶しいので、立ち止まって相手してやる。 首だけで振り替えれば彼女を見下ろす形になり、その目はこちらの顔色を伺うように見上げていた。 「なに」 「なんで死ねないんだと思う?」 「記憶喪失かぁ? 呪いのせいだって自分で言ってただろ。 それ以外になんかあんのか」 「この世に未練がある的な……」 「良かったじゃん。 先輩に幽霊いるぞ。 話聞いてこい」 「後輩な」 相も変わらずな自身の頭に、呆れを通り越して諦めを覚えかける。 改善せねば今後も増え続ける同僚全員に無礼を働くことになると思うと、多少は背筋が伸びた。 折角伸びた背筋も、不死身女に引っ張られて再び曲がる。 案外力あるなこいつ。 「引っ張んな引っ張んな。 自分で戻るって」 「死んでも放すものか」 「いや俺が死ぬが」 彼女の『未練』という言を完全に無視して『呪い』という事実のみを信ずるならば、現状はあまりにも理想からは遠い。 物理的な死に様をどう工夫しようが、心情を叩こうが、根本的に論点が違うのだから。 有言実行とばかりに組み付いて離れない久遠に、まさか本気じゃねえだろうなと不安がりながら声をかける。 「んで、次は」 「なにが~」 「飽きてんじゃねえぞお前。 何もやらねえなら帰るからな」 「あー、じゃあ何だっけ、二人じゃないとできないやつ。 あのー……何だっけ」 まともに考えれば他殺が答えになりそうなものだが、それは前提として拒否しているので提案されることはあるまい。 うーんうーんと声が背中に反響して気持ちが悪い。 いい加減離れろ。 数秒後に「あっ」だの「あ?」だの思い出したんだかしていないんだか分からない音を出す腰巾着。 その状態で首を傾げられると背骨が痛い。 「何だよ」 「いや、なんか、これ合ってるっけなと思って。 配信中に言っちゃダメとか言われてた気がして」 「大体の死因は配信乗せるモンじゃねえだろ。 てか今配信してねえし」 「たしかしたかし。 あのー、ふく、ふくじょうし? たぶんふくじょう死だった。 それがね、なんか二人じゃないとできないんだって。 やってみようぜ」 知識の出所も内容も不明ときた。 かく言う俺も意味は分からない。 他殺でないのに一人ではできないとはこれいかに。 この言い種では久遠も意味は知らないのだろう。 どうやるんだよとぼやきながらポケットからスマートフォンを取り出し、ふくじょうし、と打ち込む。 安定と信頼のウィキを開き、概要をちらと見た時点で頬が引き攣った。 読み進め、目を閉じ、息を吸う。 「どんなだった~?」 「………………他殺ぅ、に含まれるから、俺はできない、っスねぇ……」 「ああそうなんだ。 どういう意味? ふくじょうふくじょう。 字面すら分からん」 「……帰ったら自分で調べろ」 「は? 検索結果今見せろや」 「バーーーおまはーーー!!」 奇声を上げながらスマホを掲げて久遠の射程圏内から逃がす。 結果が出ているのなら今見せろという要求は非常に合理的なのだが如何せん内容が悪い。 とても悪い。 存外にでもなく諦めの悪い久遠は、とうとう俺に組み付くのをやめてまでスマホに手を伸ばし始めた。 「なぁんだよ、見せろよぉ。 保存してあるエロ画像とか見ないからぁ」 「してねぇわボケ。 違うんだって、ほんと、お前も死ぬかもしんないけど俺も死ぬから。 マジで後で、一人になってから調べろ」 「ケチ。 意味不明。 白髪」 白髪はお前もだと思うことには思ったが、ここで売り言葉に買い言葉で攻防が延長されても困る。 思うに留めた。 やっと諦めたらしい久遠は、背を向けて散弾銃の方に向かう。 聞こえないように溜め息を吐き、速やかに検索結果と履歴を葬り去るべくスマホに目を遣っ 「隙ありぃ!!」 「バッ、おまえっ……」 アッパーカットの要領。 完璧な動作でスマートフォンを掠め取った久遠を止める暇もなく、その金色の目は画面を捉える。 その端末あげますと吐き捨てて走り出したい気分だったが、会社から支給されている仕事道具なのでそうもいかず、ひとまず表情を消した。 俺は悪くない。 話題提供からスマホ奪取まで、徹頭徹尾こいつがやったのだから。 俺は悪くないんです。 画面を見た瞬間から怪訝だった久遠の顔からも、あっという間に感情が消える。 ものの十秒程度で、彼女はスマホの電源を落としたようだった。 世界水泳ばりに泳ぐ瞳に、流石に憐憫が湧いた。 「やってみようぜ」と言われた先刻の記憶が、思い出したくもないのに蘇る。 恐らく奴もそうなのだろう。 とっとと返せと言い出せる空気でもなく、黙って行く末を見守る。 俺は悪くないと脳内で三十回唱えた辺りで、久遠は口を開いた。 「…………てんっ、きぃ……良い、っスねぇ………………」 「………………っスねぇ……」 その後、互いに無言のまま帰り支度を整えて帰路につく。 何も言わず、何も言えずにスマホを差し出した久遠に、謝罪しろと喚くだけの元気は無かった。 今日は一段と、酸素が美味かった。

次の

死因・死に方の表記の種類 一覧99種類

ふく じょうし

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 ふくし [ ]• (ふくし)【】• (ふくし)• (ふくし)【症候】 ふくしあ [ ]• (ふくしあつし)【TV制作者】• (ふくしいさむ)【】• (ふくしいりょうきこう)【】• (ふくしかいぞうしゃりょう)• (ふくしかよこ)【陸上選手】• (ふくじがわ)【】• (ふくしきがっきゅう)【教育】• (ふくしききかん)【蒸気機関】• (ふくしきふくだほう)【】• (ふくしきぼき)• (ふくしきゅうふきん)• (ふくしげ)【福岡市】• (ふくしげじゃんくしょん)【】• (ふくしげしょうがっこう)【曖昧さ回避】• (ふくしげだんち)【福岡市】• (ふくしげでぐち)【福岡高速】• (ふくしげむら)【長崎県】• (ふくしこうじろう)【】• (ふくしこうとうがっこう)• (ふくししかくとういちらん)• (ふくしじむしょ)• (ふくししせつ)• (ふくしじゅうじしゃ)• (ふくしじょうしゃしょう)• (ふくししょうほう)• (ふくししんりがく)• (ふくしせいじ)【】• ふくしそう• (ふくしぞうしんせんたーせん)【】• (ふくしそうた)【俳優】 ふくした [ ]• (ふくしだいがく)• (ふくしたえみ)【】• (ふくじだむ)【沖縄県】• (ふくしとう)【】• 【政党】• (ふくしとくべつじょうしゃけん) ふくしな [ ]• (ふくしねっとわーく)【】• (ふくしにかんするしかくのいちらん)• (ふくしのうぎょうかいかん)• (ふくしのりお)【】• (ふくしのりふみ)【選手】 ふくしは [ ]• (ふくしばす)【曖昧】• (ふくしひでき)【】• (ふくしひはん)• (ふくしひろあき)【野球選手】• (ふくしほう)• (ふくしま)【曖昧】• 【島】• ふくしまあ [ ]• (ふくしまあいづわかまつせん)【】• (ふくしまあきこ)【選手】• (ふくしまあきすけ)【選手】• (ふくしまあきひで)【】• (ふくしまあきや)【】• (ふくしまあきら)【】• (ふくしまあぐねす)【】• (ふくしまあくまばらいさつじんじけん)【】• (ふくしまあずまお)【】• (ふくしまあつこ)【】• (ふくしまあやの)【アナウンサー】 ふくしまい [ ]• (ふくしまいいざかいんたーちぇんじ)【】• (ふくしまいくお)【野球選手】• (ふくしまいすずじどうしゃ)【】• (ふくしまいなりじんじゃ)【福島県】• (ふくしまいままちえき)【】• (ふくしまいわきせん)【高速バス】• (ふくしまいんさつ)【企業】 ふくしまう [ ]• (ふくしまうんてんめんきょせんたー)【試験場】• (ふくしまうんゆく)【JR東日本】• (ふくしまうんゆしきょく)【】 ふくしまえ [ ]• (ふくしまえ)【用水路】• (ふくしまえき)【曖昧】• (くしまえちぜんのかみ)【戦国武将】• (ふくしまえふしー)【蹴球団】• (ふくしまえみ)【アナウンサー】 ふくしまお [ ]• (ふくしまおおはし)【曖昧さ回避】• (ふくしまおさみ)【】• (ふくしまおりね)【声優】• (ふくしまおんきょう)【企業】 ふくしまか [ ]• (ふくしまかいり)【俳優】• (ふくしまがくいんだいがく)【】• (ふくしまがくいんまええき)【】• (ふくしまかずお)【】• (ふくしまがた)【】• (ふくしまかていさいばんしょ)• (ふくしまがーでんずたわー)【建物】• (ふくしまかねはる)【】• (ふくしまかりじょうこうじょう)【】• (ふくしまがわ)【曖昧】• (ふくしまかんいさいばんしょ) ふくしまき [ ]• (ふくしまきくじろう)【】• (ふくしまきさじ)【経営者】• (ふくしまきたけいさつしょ)• (ふくしまきねん)【】• ふくしまきょうかい 【曖昧】• (ふくしまぎょこう)【北海道】• (ふくしまきよし)【俳優】• (ふくしまぎんこう)【】 ふくしまく [ ]• (ふくしまく)【】• (ふくしまくうこう)【福島県】• 【あぶくま高原道路】• (ふくしまくけんさつちょう)• (ふくしまぐちえき)【】• (ふくしまくにこ)【歌手】• (ふくしまぐん)【】 ふくしまけ [ ]• (ふくしまけいこ)【女優】• (ふくしまけいさつしょ)【曖昧】• (ふくしまけいしろう)【政治家】• (ふくしまけいむしょ) ふくしまけん [ ]• (ふくしまけん)【】 ふくしまけんあ [ ]• (ふくしまけんあづまそうごううんどうこうえん)• (ふくしまけんいしかい)• (ふくしまげんいち)【サッカー選手】• (ふくしまけんいちろう)【政治家】• (ふくしまけんいわきだいいちこうとうがっこう)• (ふくしまけんえいあづまきゅうじょう)• (ふくしまけんえいあづまそうごうたいいくかん)• (ふくしまけんえいあづまりくじょうきょうぎじょう)• (ふくしまけんおきじしん) ふくしまけんか [ ]• (ふくしまけんき)• (ふくしまけんぎかい)• (ふくしまけんきょういくいいんかい)• (ふくしまけんげいひんかん)【建築物】• (ふくしまけんこうあんいいんかい)• (ふくしまけんこうとうがっこういちらん)• (ふくしまけんこうとうがっこうのはいこういちらん)• (ふくしまけんごこくじんじゃ) ふくしまけんさ [ ]• (ふくしまけんさいがいきょてんびょういん)• (ふくしまけんしかいしかい)• (ふくしまけんしていぶんかざいいちらん)• (ふくしまけんしゃかいじんさっかーりーぐ)• (ふくしまけんじゅういしかい)• (ふくしまけんじゅうたくきょうきゅうこうしゃ)• (ふくしまけんしゅっしんのじんぶついちらん)• (ふくしまけんしゅときのういてんきほんこうそう)• (ふくしまけんしょうがっこういちらん)• (ふくしまけんしょうがっこうのはいこういちらん)• (ふくしまけんしょうこうしんようくみあい)【金融機関】• ふくしまげんしりょくはつでんしょ• (ふくしまけんすけ)【政治家】• (ふくしまけんせんしゅうがっこういちらん)• (ふくしまけんせんきょく)【】 ふくしまけんた [ ]• (ふくしまけんだい1く)【小選挙区】• (ふくしまけんだい2く)• (ふくしまけんだい3く)• (ふくしまけんだい4く)• (ふくしまけんだい5く)• (ふくしまけんちゅうがっこういちらん)• (ふくしまけんちゅうがっこうのはいこういちらん)• (ふくしまけんちょう)• (ふくしまけんちょうしゃ)【建物】 ふくしまけんと [ ] 参照。 ふくしまけんな [ ]• (ふくしまけんのけんどういちらん)• (ふくしまけんのしかくしゃはいちろせん)【交通】• (ふくしまけんのしちょうそんかいちらん)• (ふくしまけんのしちょうそんきいちらん)• (ふくしまけんのしちょうそんしょういちらん)• (ふくしまけんのとうだいいちらん)• (ふくしまけんのにきゅうすいけいいちらん)• (ふくしまけんのはいししちょうそんいちらん) ふくしまけんは [ ]• (ふくしまけんはまどおりじしん)• (ふくしまけんぶんかせんたー)• (ふくしまけんほいくしょいちらん) ふくしまけんや [ ]• (ふくしまけんや)【】• (ふくしまけんやくざいしかい)• (ふくしまけんようちえんいちらん) ふくしまけんら [ ]• (ふくしまけんらくのうぎょうきょうどうくみあい)• (ふくしまけんりつあいづこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつあおいこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつあさかこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつあだちこうとうがっこう)• (ふくしまけんりついかだいがく)• (ふくしまけんりついしかわこうとうがっこう)• (ふくしまけんりついなわしろこうとうがっこう)• (ふくしまけんりついわきこうとうがっこう)• (ふくしまけんりついわきさくらがおかこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつおおのびょういんさんかいたいほじけん)【】• (ふくしまけんりつおのこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつきたかたこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつこおりやまこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつしらかわこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつすかがわこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつせいりょうじょうほうこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつそうまこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつただみこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつたちばなこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつてくのあかでみー)【職業能力開発校】• (ふくしまけんりつとおのこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつとしょかん)• (ふくしまけんりつとみおかこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつながぬまこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつはくぶつかん)• (ふくしまけんりつはらまちこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつばんげこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつびじゅつかん)• (ふくしまけんりつふくしまこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつやまのうぎょうこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつよつくらこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつわかまつしょうぎょうこうとうがっこう) ふくしまこ [ ]• (ふくしまこうぎょう)【企業】• (ふくしまこうぎょうこうとうせんもんがっこう)• (ふくしまこうじ)【野球選手】• (ふくしまこうじ)【選手】• (ふくしまこうせんほーぷす)【野球団】• (ふくしまこうそくばすたーみなる)• (ふくしまこうつう)【企業】• 【鉄道車輌】• 【鉄道車輌】• (ふくしまこうとうがっこう)【曖昧】• (ふくしまこおりやません)【高速バス】• (ふくしまこみゅにてぃほうそう)【FM局】 ふくしまさ [ ]• (ふくしまさてぃ)【商業施設】• (ふくしまさとし)【】• (ふくしまさとし)【バリアフリー研究者】• (ふくしまさとる)【】• (ふくしまさとる)【蹴球選手】• (ふくしまさひろ)【経済学者】 ふくしまし [ ]• (ふくしまし)【】• (ふくしまし)【福島県】• (ふくしましげお)【】• (ふくしまじけん)【】• (ふくしましこうかいどう)• (ふくしましこくたいきねんたいいくかん)• (ふくしましことりのもり)【公園】• (ふくしまししのぶがおかきゅうじょう)• (ふくしまししのぶがおかきょうぎじょう)• (ふくしまししゃしんびじゅつかん)• (ふくしましじゅうろくぬまこうえんさっかーじょう)• (ふくしまししょうぼうほんぶ)• (ふくしましはんがっこう)• (ふくしましみんかえん)【公園】• (ふくしましゃかいほけんじむきょく)【】• (ふくしましやくしょ)• (ふくしまじゃんくしょん)【福島県】• (ふくしまじゅく)【曖昧】• (ふくしまじゅん)【声優】• (ふくしまじょう)【】• (ふくしましょうがっこう)【曖昧】• (ふくしましょうぎょうこうとうがっこう)【曖昧】• (ふくしまじょうじ)【政治家】• (ふくしましょうぼうしょ)【曖昧】• (ふくしまじょせいいんしょくてんけいえいしゃさつじんじけん)【】• (ふくしましりつとしょかん)• (ふくしまじろう)【】• (ふくしましん)【地球物理学者】• (ふくしましんいち)【自転車選手】• (ふくしましんご)【】• (ふくしましんた)【蹴球選手】• (ふくしましんばし)【徳島県】• (ふくしましんようきんこ) ふくします [ ]• (ふくしますなお)【】 ふくしませ [ ]• (ふくしませいけいこうとうがっこう)【私学】• (ふくしませいねんしはんがっこう)• (ふくしませきしょ)【の】• (ふくしませんきょく)【曖昧さ回避】 ふくしまそ [ ]• (ふくしまそうごううんゆく)【JR東日本】• (ふくしまたいいくかん)• (ふくしまだいいちげんしりょくはつでんしょ)• (ふくしまだいいちげんぱつじこによるほうしゃせいぶっしつのかくさん)• (ふくしまだいいちげんぱつはいろずかん)【書籍】• (ふくしまだいがく)【】• (ふくしまだいしょうてん)【】• (ふくしまたいぞう)【軍人】• (ふくしまだいにげんしりょくはつでんじょ)• (ふくしまたかのり)【医師】• (ふくしまたかはる)【】• (ふくしまたかまつえき)【】• (ふくしまたかみつ)【野球選手】• (ふくしまただかつ)【江戸武将】• (ふくしまたつお)【写真評論家】 ふくしまち [ ]• (ふくしまちあき)【】• (ふくしまちさと)【陸上選手】• (ふくしまちほうけんさつちょう)• (ふくしまちほうさいばんしょ)• (ふくしまちゅうおうてれび)• (ふくしまちゅうおうゆうびんきょく)• (ふくしまちゅうがっこう)【曖昧さ回避】• (ふくしまちゅうとんち)【】• (ふくしまちょう)【】• (ふくしまちょうていりゅうじょう)【広島電鉄】• (ふくしまちょうせいかんとんねるきねんかん)【】• (ふくしまちょうせんしょちゅうきゅうがっこう)• (ふくしまていしゃじょうせん)【曖昧】• (ふくしまでいりぐち)【】• (ふくしまてっぺい)【漫画】• (ふくしまてるさ)【ホール】• (ふくしまてれび)• (ふくしまてんまんぐう)【の】 ふくしまと [ ]• (ふくしまとうりょうこうとうがっこう)【私学】• (ふくしまとしけん)【福島県】• (ふくしまとしまる)【】• (ふくしまとしみつ)【】• (ふくしまともはる)【野球選手】• (ふくしまともゆき)【アナウンサー】• (ふくしまともよし)【水球選手】• (ふくしまとよたじどうしゃ)【企業】• (ふくしまとんねる)【東北道】 ふくしまな [ ]• (ふくしまなおや)【作曲家】 ふくしまに [ ]• (ふくしまにさいすてーくす)【競馬】• (ふくしまにしいんたーちぇんじ)【東北道】• (ふくしまにしどうろ)【】• (ふくしまにしばいぱす)【】• (ふくしまにっさんじどうしゃ)【企業】 ふくしまの [ ]• (ふくしまのうせいじむしょ)• (ふくしまのぶはる)【】• (ふくしまのぶゆき)【政治家】• (ふくしまのりこ)【選手】 ふくしまは [ ]• (ふくしまばし)【】• 【漫画家】• (ふくしまはん)【陸奥国】 ふくしまひ [ ]• (ふくしまひがしゆうびんきょく)• (ふくしまひさあき)【野球選手】• (ふくしまびゅーほてる)• (ふくしまひろかず)【音楽家】• (ふくしまひろし)【曖昧】• (ふくしまひろし)【蹴球選手】• (ふくしまひろし)【数学者】• (ふくしまひろひこ)【政治家】• (ふくしまひろふみ)【者】• (ふくしまひんばすてーくす)【競馬】 ふくしまふ [ ]• (ふくしまふじお)【文学者】 ふくしまへ [ ]• (ふくしまべん)【】 ふくしまほ [ ]• (ふくしまほうそう)• (ふくしまぼんち)【福島県】 ふくしまま [ ]• (ふくしままさかつ)【旗本】• (ふくしままさしげ)【戦国武将】• (ふくしままさと)【選手】• (ふくしままさとし)【旗本】• (ふくしままさのぶ)【戦国武将】• (ふくしままさのり)【戦国武将】• (ふくしままさのり)【戦国大名】• (ふくしままさのり)【選手】• (ふくしままさはる)【江戸武将】• (ふくしままさみ)【作家】• (ふくしままさもり)【戦国武将】• (ふくしままさゆき)【戦国武将】• (ふくしままさゆき)【競輪選手】• (ふくしままさる)【調教師】• (ふくしままち)• (ふくしままつかわぱーきんぐえりあ)【東北道】• (ふくしままなぶ)【ボクサー】• (ふくしままもる)【歴史家】 ふくしまみ [ ]• (ふくしまみちこ)【射撃選手】• (ふくしまみどりじゅうじ)【企業】• (ふくしまみなみこうとうがっこう)【曖昧】• (ふくしまみなみばいぱす)【国道4号】• (ふくしまみらい)【キャラクター】• (ふくしまみんぽう)• (ふくしまみんゆう)【】• (ふくしまみんわかんねぇみんな)【TV番組】 ふくしまむ [ ]• (ふくしまむら)【曖昧】• (ふくじまむら)【曖昧】• ふくしまも [ ]• (ふくしまもとたけ)【俳優】 ふくしまや [ ]• (ふくしまやくひん)【企業】• (ふくしまやすき)【】• (ふくしまやすひろ)【経営者】• (ふくしまやすまさ)【】 ふくしまゆ [ ]• (ふくしまゆうこ)【曖昧】• (ふくしまゆうこ)【作曲家】• (ふくしまゆうじろう)【作曲家】• (ふくしまゆうすけ)【俳優】• (ふくしまゆき)【DJ】• (ふくしまゆたか)【政治家】• (ふくしまゆないてっどえふしー)【蹴球団】• (ふくしまゆみこ)【アナウンサー】 ふくしまよ [ ]• (ふくしまよしかず)【作家】• (ふくしまよしなり)【】• (ふくしまよしはる)【】• (ふくしまよしろう)【経営者】 ふくしまら [ ] ふくしまり [ ]• 【陸上競技大会】• (ふくしまりんかいてつどう)【企業】• (ふくしまレッドホープス)【野球団】• (ふくしまれんたいく)【陸軍】 ふくしまろ [ ]• (ふくしまろうどうきょく)【】 ふくしまわ [ ]• (ふくしまわかな)【】• (ふくしまわらじまつり) ふくしみ [ ] ふくしや [ ]• 【色】• (ふくしゃ)• (ふくしゃ)【】• (ふくしゃき)【】• (ふくじゅ)【曖昧さ回避】• (ふくじゅう)【曖昧さ回避】• (ふくしゅうえき)【中国】• (ふくしゅうえん)【の公園】• (ふくしゅうかくちちゅうがく)【中国】• (ふくしゅうご)【中国】• (ふくしゅうし)【中国】• (ふくじゅうじ)【曖昧さ回避】• (ふくしゆうしょううんそう)• (ふくしゅうするはわれにあり)【】• (ふくしゅうせんせいきょく)【造船所】• (ふくしゅうだいいちちゅうがく)【中国】• (ふくしゅうちょうらくこくさいくうこう)【中国】• (ふくしゅうのさけび)【アルバム】• (ふくしゅうほうてい)【曖昧さ回避】• (ふくしゅうみなみえき)【中国】• (ふくじゅえん)【企業】• (ふくじゅおおはし)【】• (ふくじゅかいかん)【建物】• (ふくじゅじ)【京都府】• 【三重県】• (ふくじゅじ)【曖昧さ回避】• (ふくしゅしょう)• (ふくじゅそうぞく)【植物】• (ふくじゅそうこうえん)【曖昧さ回避】• (ふくしゅとこうそう)• (ふくじゅむら)【】• (ふくじゅれいえき)【中国】 ふくしよ [ ]• (ふくしょう)【曖昧】• 【駒】• (ふくしょう)【儒学者】• (ふくしょういん)【寺】• (ふくしょうきゅうし)【中国】• (ふくしようぐ)• (ふくしょうぐん)【官職】• (ふくしょうじ)【曖昧】• (ふくしょうじ)【徳島県】• (ふくしょうじ)【曖昧】• (ふくしょうじ)【】• 【新潟県】• (ふくしょうじ)【茨城県】• (ふくじょうし)【】• (ふくじょうじ)【曖昧】• (ふくしょうたろう)【音楽家】• (ふくしょうてん)【仏教】• (ふくしょうどう)【出版社】• (ふくしょく)• (ふくしょくがっこう)• (ふくしょくひん) ふくしら [ ]• (ふくしりつ)【】• (ふくしれくりえーしょん)• (ふくしん)【企業】• (ふくしん)【通信】• (ふくじん)【曖昧】• 【企業】• (ふくじん)• (ふくじんかいざん)【】• (ふくしんけい)【脳】• (ふくじんづけ)【】• (ふくしんどう)【海洋】• (ふくじんながれ)【】• (ふくじんはくしつじすとろふぃー)【疾患】•

次の

#二次創作 #葛葉 おつふしチャレンジ

ふく じょうし

死(死因)の種類 一覧 名称 意味 相対死(あいたいじに) あいたいじに慕い合っている男女が互いに合意した上で心中することを指す語。 討死(うちじに) 戦場で敵と戦って死ぬこと。 徒死(とし) いたずらに死ぬこと。 乾死・干死(ひじに) うえじに。 愁死(しゅうし) うれい悲しんで死ぬこと。 衰弱死(すいじゃくし) おとろえ弱って死ぬこと。 衰死 すいし おとろえ弱って死ぬこと。 殪死(えいし) たおれ死ぬこと。 斃死(へいし) たおれ死ぬこと。 暴死(ぼうし) にわかに死ぬこと。 垂死(すいし) ほとんど死にそうな状態。 刎死 ふんし みずから首をはねて死ぬこと。 惨死(ざんし) むごたらしく死ぬこと。 徒死 とし むだに死ぬこと。 浪死(ろうし) むだに死ぬこと。 犬死に。 悶死(もんし) もだえ死ぬこと。 煙死 えんし 煙や有毒ガスによって死ぬこと。 乳幼児突然死(にゅうようじとつぜんし) 何の予兆もないままに、主に1歳未満の健康にみえた乳児に、突然死をもたらす疾患。 脳死(のうし) 回復不可能な脳の機能停止。 凍死(とうし) 寒さでこごえ死ぬこと。 獄死(ごくし) 監獄の中で死ぬこと。 即死(そくし) 間をおかずに死ぬこと。 狂死(きょうし) 気が狂って死ぬこと。 餓死(がし) 飢え死に。 頓死(とんし) 急にあっけなく死ぬこと。 急死(きゅうし) 急に死ぬこと。 窮死(きゅうし) 窮迫して死ぬこと。 悶死 もんし 苦しみもだえながら死ぬこと。 苦死 くし 苦労や苦悩のうちに死ぬこと。 刑死 けいし 刑に処せられて死ぬこと。 怪死 かいし 原因のわからないおかしな死に方をすること。 仮死(かし) 呼吸が停止し、一見して死とちがわぬ状態。 窒息死(ちっそくし) 呼吸困難で死ぬこと。 従死 じゅうし 故人のあとを追って死ぬこと。 墜死 ついし 高い所からおちて死ぬこと。 怨死(うらみじに) 恨んで死ぬこと。 思死(おもいじに) 思いつづけて死ぬこと。 致死(ちし) 死にいたらせること。 敢死(かんし) 死を覚悟すること。 瀕死(ひんし) 死期が迫ること。 横死(おうし) 事故・殺害など、思いがけない災難で死ぬこと。 事故死(じこし) 事故にあって死ぬこと。 刎死(ふんし) 自ら首をはねて死ぬこと。 変死(へんし) 自然死ではなく、犯罪に起因するものではないかという疑いのある死。 轢死(れきし) 車輪にひかれて死ぬこと。 若死(に)(わかじに) 若くして死ぬこと。 殤死(しょうし) 若くて死ぬこと。 わかじに。 はやじに。 殉死(じゅんし) 主君・主人のあとを追って自殺すること。 扼死(やくし) 手で首を圧迫して殺すこと。 扼死 やくし 手や腕で頸 けい 部を強く圧迫(扼頸、扼喉 やくこう )し、死に至らしめることで、扼殺ともいう。 経死 けいし 首をくくって死ぬこと。 縊死(いし) 首をくくって死ぬこと。 絞死(こうし) 首を紐または手で絞めて殺すこと。 自然死(しぜんし) 寿命が尽きて死ぬこと。 安楽死(あんらくし) 助かる見込のない病人を苦痛から解放するために死期を早めること。 焼死(しょうし) 焼け死ぬこと。 墜落死(ついらくし) 乗っていた航空機などが墜落して死ぬこと。 愧死(きし) 深く恥じて死ぬこと。 慚死 ざんし 深く恥じて死ぬこと。 尊厳死(そんげんし) 人間が人間としての尊厳 dignity を保って死に臨むこと。 浸死(しんし) 水におぼれて死ぬこと。 水死(すいし) 水におぼれて死ぬこと。 溺死(できし) 水におぼれて死ぬこと。 腹上死(ふくじょうし) 性行為が原因で脳血管障害などで死ぬこと。 十死(じっし) 生きる見込みなく、きわめて危険なこと。 死を免れない状態。 切死・斬死(きりじに) 切り合ってその場で死ぬこと。 敗死(はいし) 戦いに負けて死ぬこと。 戦死(せんし) 戦争で死ぬこと。 情死(じょうし) 相愛の男女(同性の場合もある)がいっしょに自殺すること。 窒死 ちっし 息がつまって死ぬこと。 慙死(ざんし) 恥じて死ぬこと。 忠死(ちゅうし) 忠義を尽くして死ぬこと。 医療事故死(いりょうじこし) 提供した医療に起因し,又は起因すると疑われる死亡又は死産。 転落死(てんらくし) 転落して死ぬこと。 過労死(かろうし) 働き過ぎが原因で死ぬこと。 服毒死(ふくどくし) 毒を摂取して死ぬこと。 中毒死(ちゅうどくし) 毒物を摂取して死亡すること。 毒死(どくし) 毒薬によって死ぬこと。 暴死 ぼうし 突然の事件などで死ぬこと。 老死(ろうし) 年を取って死ぬこと。 夭死(ようし) 年若くて死ぬこと。 早死(はやじに) 年若で死ぬこと。 心労死(しんろうし) 悩み苦しんで死ぬこと。 爆死(ばくし) 爆撃・爆発で死ぬこと。 犯罪死(はんざいし) 犯罪行為が原因で死ぬこと。 病死(びょうし) 病気で死ぬこと。 臨死(りんし) 病気や事故などによって生命が回復不可能な状態にあること。 臨死患者、臨死体験。 過失致死(かしつちし) 不注意や怠慢などの過失によって死に至らすこと。 圧死(あっし) 物につぶされて死ぬこと。 直撃死(ちょくげきし) 物体などが急所などに激しく当たって死ぬこと。 憤死(ふんし) 憤慨して死ぬこと。 ショック死 末梢の血液循環不全により、血圧の低下や意識障害が急速に進行し、死に至ること。 震死(しんし) 雷に打たれて死ぬこと。 また、感電して死ぬこと。 落死(らくし) 落ちて死ぬこと。 客死(かくし) 旅先または「よその土地」で死ぬこと。 焦死(こがれじに) 恋い慕うあまり、病気になって死ぬこと。 倒死(たおれじに) 路上などに倒れて死ぬこと。 野垂死(のたれじに) 路傍などに、倒れて死ぬこと。 牢死(ろうし) 牢屋に入れられ、そこで死ぬこと。 以上、『死(死因)の種類 一覧99種類』でした。 この表を見ると昔より現代の方が非常に多くの死の形があることがはっきりとわかります。 また、日本の死亡率の高い死因は以下の表のようになっています。 順位 全体 男 女 1位 悪性新生物 28. いろいろな死因について紹介しましたが、この表を見ると健康の大切さがわかりますね。

次の