プロフィールムービー かわいい。 プロフィールムービーを作ろう♪実例10選とおすすめソフトご紹介

かわいいプロフィールムービーを作るには?ポイントを解説!

プロフィールムービー かわいい

ムービーの説明 プロフィールムービー「I LOVE YOU」は全体的にフィルムをテーマにしていますが、ムービーの構成としては生い立ちのパートとお二人のパートを分けて、違う雰囲気で演出しています。 生い立ちパートは昔懐かしい雰囲気を引き立てるような映像演出を施していて、しっとりとした感じで紹介します。 また、お二人のパートは可愛くてポップな雰囲気にしており、これから新しくスタートするというワクワク感を演出することができるプロフィールムービーとなっています。 ムービーのトップ画像を含めて、新郎新婦のタイトル画像はハートを入れたり、愛らしいイメージを使用してラブリーで可愛い雰囲気のプロフィールムービーにしています。 トップ画像はお二人の写真を合成して、おしゃれなドラマのポスターのように作成します。 +オプション料金 4,000円 *日曜日・祝日・大型連休等は営業日に含まれません。 納品形態 DVD-R DVD-Video 形式 720 x 480 BD-R BD-Video 形式 1920 x 1080 (オプション料金2,000円) ムービー最後の「movox ロゴ」はサンプルだけのものです。 お客様のムービーには入りません。 画質について サンプルムービーは高画質の Blu-ray画質になります。 DVDディスクの場合は画素数が少ない為、結婚式場のスクリーンに上映した場合、サンプルムービと比べてご満足頂けない(不鮮明に感じる)可能性があります。 せっかく、予算を割いて結婚式ムービを制作される訳ですので、お客様にできる限り満足して頂く為に弊社ではブルーレイへの変更をお安い料金で提供させて頂いております。 お申し込み後に制作シートにてご指定頂けます。 (オプション料金2,000円) * 必ず会場様へBlu-ray再生対応が可能かご確認頂き、お選びください。

次の

おしゃれかわいいプロフィールムービー『イラスト』

プロフィールムービー かわいい

どうやったらかわいいプロフィールムービーになるの? 結婚式プロフィールムービーは、式の主役である新郎と新婦それぞれの、誕生してから現在までを振り返る「生い立ち」を紹介し、2人の馴れ初めから結婚するまでも紹介するムービーです。 思い出の詰まった写真を時系列でつなぎ、コメントを添えてムービーに仕上げるのですが、普通に写真を紹介していくだけではやっぱりつまらない、ゲストの記憶にも残りにくいムービーになってしまいます。 思いっきりかわいいプロフィールムービーにしたいのなら、かわいく写っている写真を選ぶのもいいですが、かわいくするための様々な「かわいい!」を散りばめてみましょう!例えば、かわいいイラストをあちこちに入れたり、アニメーションを使っても。 イラストは描くのが得意というのなら、自分たちの似顔絵を紙芝居風にして披露しても良いですね。 写真のフレームにハートやリボン、ドットを使うのもかわいいし、背景をピンクやパステルカラーにするなど、パッと見て「かわいい!」と思えるものをどんどん取り入れていきましょう。 コメントの文字もかわいくなるよう工夫する プロフィールムービーのコメントは、写真を紹介するだけでなく、会場に来てくれたゲストや両親への感謝を伝えるメッセージにもなります。 読むことができればそれで十分といえばそれまでですが、「かわいい」にこだわるのなら、コメントに使う文字も可愛いものを選びましょう!手書き風などのかわいいフォントを選んだり、文字を動かしたりはねたりさせ、結婚式を迎えることができた嬉しさをかわいく表現してみましょう。 コメントだけでなく、タイトルなど文字を使う部分は同様にかわいいを意識して! 3. かわいいプロフィールムービーにあうBGMは? 結婚式プロフィールムービーに必要なものは、新郎新婦の生い立ちを紹介する写真と交際期間中の写真、それらの写真につけるコメント、そして忘れてはいけないものがBGMです。 BGMにどんな曲を選ぶのかで、そのプロフィールムービーのクオリティが上がったり下がったりもするといいます。 かわいいプロフィールムービーにしたいのなら、BGMも絶対かわいいと感じるものを選ぶのがコツ。 かわいいムービーなのに、力強い男性ボーカルの曲では雰囲気がおかしなことになってしまいますよね。 やっぱり、かわいいと感じさせるのなら女性ボーカルで、しかもかわいい声のアーティストを選びましょう。 Q;indiviやYUKIの曲は雰囲気にぴったり、結婚式でもよく使われているBGMです。 Q;indivi(キュー・インディヴィ)は、日本のクリエイター集団ですが、ボーカルの及川リンさん歌声がかわいらしく、結婚式では定番のアーティストです。 結婚式ではどの場面にも使えそうなQ;indiviの楽曲、実際に多くのカップルがプロフィールムービーにも使っているし、年配の方でも知っている耳慣れた曲も多いですから、会場も盛り上がるのではないでしょうか。 YUKIも結婚式で定番のアーティスト、年齢を感じさせないかわいらしい歌声は、かわいいプロフィールムービーにピッタリです。 プロフィールムービーのBGMに選ばれるYUKIの曲の中で、特に人気なのは「ビスケット」。 かわいらしい恋愛ソング、雰囲気が良いだけでなく、歌詞の内容も結婚式にふさわしくおすすめの楽曲です。 まとめ 新郎新婦の生い立ちを改めてゲストに紹介するプロフィールムービー、一生の宝物にもなるはずですから、自分が満足できるように素敵に仕上げたいですよね。 かわいいもの好きならやっぱりかわいいムービーを、「かわいい」をいっぱいちりばめたムービーをつくりましょう。 ピンクやパステルカラーの背景に、ハートやドット、リボンのフレームで写真を飾り、さらにかわいいイラストやアニメーションも使って!BGMはもちろんかわいい声の女性アーティストの楽曲で、結婚式にふさわしい曲を選んでみましょう。 これでもかというくらいかわいいムービーに新婦は満足、でも新郎はちょっと照れくさいかもしれませんが、なんといっても結婚式の主役は花嫁である新婦!一生に一度の晴れ舞台は、新婦に譲ってあげてもOKですよね?.

次の

【第1回】<プロフィールムービー>自作動画の作り方&おすすめコメントや参考実例

プロフィールムービー かわいい

結婚式で新郎新婦が準備するムービー演出は、主に3種類。 オープニングムービー• プロフィールムービー(生い立ちムービー)• エンディングムービー(エンドロール) 料金・手間・クオリティを考えると、 自作すべきか? プロに外注すべきか?悩ましいところですね。 「節約のために、手作りするのが当然!」と考えて作り始めると、動画編集ソフトの使い方が難しかったり、DVDの書き出し方法がわからなかったり…意外とつまずく人も多いです。 そこでこの記事では、ウェディングムービーを「外注」するか、「自作(手作り)」するか、それぞれのメリット&デメリットを、先輩花嫁・花婿の体験談も交えて徹底比較! オススメのムービー制作業者や、料金相場もご紹介します。 もくじ• 徹底比較!結婚式ムービーの料金相場【外注・自作】 結婚式で流すムービー演出の準備は、次の方法から選ぶことになります。 料金が大きく異なりますので、比較してみましょう。 オープニング、プロフィール、エンドロールの3つを頼むなら、3倍の金額になります。 セット割引で、お得にムービー制作! 外部業者に制作を頼む場合、多くの業者で 「セット割」を用意しているのがポイント! プロフィールムービー単品じゃなく、オープニングもエンドロールも セットで注文すると、安くしますよ!という割引サービスですね。 たとえばプロフィールムービー制作で有名な「」では、こんなにお得なセット割を用意しています。 プロフィールムービーだけ:29,800円• 式場で頼むよりも 格安で結婚式ムービーを準備できるので、映像演出を複数予定しているならオススメです! ムービー制作代と、上映費用は別です! ムービーの制作費用と上映費用は、別で請求されるのが一般的です。 式場見積もりを見ると「音響・照明」「プロジェクター使用料」という項目があると思います。 式場により異なりますが、ムービー上映のために必要な費用相場は、 5万円~8万円程度。 式場に制作を頼む人も、手作りする人も同じ金額が必要です。 また映像演出を手作り・外注してDVDを持ち込む場合、持ち込み料も必要になるので注意しましょう。 DVDの持ち込み料は3,000円程度必要です。 プロフィールムービーは自作?外注?メリットデメリット比較• それぞれの方法で、メリットデメリットがあるので、詳しく解説していきます! 結婚式場に頼む(式場提携の業者) もっともラクなのが、式場にムービー制作を依頼する方法です。 パックプランに含まれていたり、オプションで追加できたりします。 料金が高いのが最大のデメリット。 1つのムービーで、 5~6万円ほどの費用がかかります。 全部頼むと、 25万円くらいの予算が必要です。 また「デザイン(構成)がダサい」など、趣味と合わないことも十分あり、費用をかけたからといって、必ずしも満足のいく内容になるとは限りません。 予算:15万円~30万円• とにかく挙式まで時間が無い!• 手間をかけたくない• 予算に余裕がある• ムービーの内容(構成)には、強いこだわりはない。 定番でOK 新郎新婦が手作りして、持ち込む 手間と時間ががかかりますが、もっとも安く用意できるのが、自分たちでムービーを手作りして式場に持ち込む方法です。 この方法なら 1,000円以下でプロフィールムービーが自作可能です。 有料の動画編集ソフトを購入しても、初心者向けのものなら1万円程度なので、 式場に頼むよりも格安! デメリットは、 手間と時間がかかること。 手作りのポイントや注意点は、後程ご紹介します。 予算:2万円以下(楽曲の使用料は別)• とにかく安くムービーを準備したい• 結婚式まで、3ヶ月以上の時間がある• 自宅にパソコンがあり、日常的によく使用している• Macなら「iMovie」が定番。 外部の業者に依頼して、持ち込む 式場ではなく、自分たちで結婚式ムービーの専門業者を探して注文する方法もあります。 式場に頼むよりも安く、 クオリティの高いムービーを作れるのがメリット。 なるべく安い金額でムービー演出を用意したいけど、 「ダサい」「しょぼい」とは思われたくない!というカップルにはおすすめです。 業者によりますが、 だいたい 2万円くらいで、プロフィールムービーの制作を頼むことができます。 予算:2万円~4万円程度• クオリティの高い、おしゃれなムービーにしたい• 自分好みのムービーにしたいが、手作りは無理そう• 手作りする時間がない! 外注or手作り まとめ メリット デメリット 式場に頼む とにかく楽! 金額が高い 手作りする とにかく安い! 手間と時間がかかる。 素人クオリティになるかも 外部業者に頼む 式場より安く、 手作りより手間がかからない 業者を探すのが面倒 「とにかく格安でプロフィールムービーを作りたい!」なら、手作り一択。 「手間をかけずに丸投げしたい」なら、多少予算が必要ですが式場に頼みましょう。 そして、この2つのいいとこどりで、「なるべく安く」「手間暇かけずに」「でもプロのクオリティがいい」なら、 外部業者に依頼するのがオススメです。 結婚式ムービー業者まとめ!料金・クオリティを徹底比較 ここからは、結婚式ムービー制作を頼める、外注業者さんをご紹介! それぞれの特徴や料金を比較していくので、気になるところがあればチェックしてみてくださいね。 安い&かわいい&高クオリティ!「ナナイロウェディング」 ナナイロウェディングは、ウェディングムービー専門の制作会社。 映像制作のプロが作成した、 質の高いムービーテンプレートが用意されているので、好きなものを選ぶと、写真やコメントを自由に入れることができます。 ムービーのデザインや構成は、 「シンプル」「ナチュラル」「かわいい」という印象。 写真などの素材を準備して送ると、 1週間~12日で納品!さらに「お急ぎ便」のオプションサービスを利用すれば、 最短当日~3日以内で制作が可能に! 結婚式まで1週間しかない…、自作が間に合いそうにない…、など、とにかく早く結婚式ムービーを作ってほしい!というカップルにオススメです。 おしゃれでかわいいテンプレート ナナイロウェディングでは、たくさんのオシャレなデザインテンプレートを取り揃えています。 かわいい系、ナチュラル系、感動系など、結婚式のテーマにあわせて選択できるので、統一感のある演出が可能です。 1!すごろく風プロフィールムービー• *** エンドロールでは、ゲスト一人ひとりへのメッセージを入れることもできます。 ここでご紹介したデザイン以外にも、たくさんのムービーがあるので、公式サイトでチェックしてみてくださいね。 花嫁人気が高く、満足度NO. 1! ナナイロウェディングは結婚式ムービーの専門業者として、これまで 5,000本以上のムービー制作実績を誇ります。 1 仕上がり満足度 NO. 1 スタッフ対応満足度 NO. 1 何度も修正や質問などしてしまったのですが、その都度丁寧に対応して頂き、本当に気持ちよく作成をしてもらうことが出来ました。 (TYさん) 引用元: 可愛くて良かった。 式場のスタッフ方からも好評でした。 (AMさん) 引用元: 予定より早く出荷されたこと、BGMがとてもよいタイミングで編集されてたことが凄く嬉しかったです。 我々は勿論、親やゲストの方も良かったよと言ってくれました(NSさん) 引用元: 修正回数無制限!しかも無料 ナナイロウェディングでは、 何回でも修正依頼が可能なところも、満足度が高い理由のひとつ。 「やっぱり写真を変更したい」「テロップを書き直したい」など、完成したムービーを見て、直したい個所が見つかるのはよくあることです。 「えっ修正は無料が当たり前じゃないの!?」と、思いがちですが、実はそうではないんです。 他社のムービー制作会社だと、1回目の修正は無料でも、 2回目からは5,000円など、 ちょっとした変更だけでも料金が高い! 満足するまで何回でも無料で直してもらえるのは、 とっても大きなメリットです。 満足度の高い、思い出に残るムービーを作ることができますよ。 ナナイロウェディングでは、注文から受け取りまでwebで完結します。 ムービーの注文・写真のアップロード・コメントの編集など、 すべてスマホで作業ができますので、パソコンを持っていなくてもまったく問題なし! もちろん、スマホでは作業がやりにくい方はパソコンでもOK!郵送での注文も可能です。 料金が安い!各種割引もあって、コスパ良し! ナナイロウェディングのムービーは、料金が一律でわかりやすいのがポイント。 たくさんのデザインテンプレートがありますが、料金はすべて同一です。 \ 超お得!今なら通常価格から 6,000円割引! /• プロフィールムービー: 29,800円 (通常 35,800円)• オープニングムービー: 19,800円 (通常 25,800円)• エンドロール: 29,800円 (通常 35,800円) しかも早期申込者限定で、 オープニングムービーが 5,000円になる、早割キャンペーンも毎月実施しています。 数量限定なので、お申し込みはお早めに! 【手作りor外注】パソコン作業が苦手なら、結婚式ムービーの自作はおすすめしない! 写真のスライドショーとBGM程度の簡単な内容なら、パソコン作業が得意じゃなくても作成は可能です。 テロップを入れたり、写真を切り取ったり、アニメーションを入れたり、といったことをしたいなら、ある程度のパソコンスキルが必要です。 結婚式まで1ヶ月以上の時間が無い• インターネットやSNSくらいしか、パソコンは使用していない• パソコンにDVDドライブが内蔵されていない(外付けも持っていない)• 「アスペクト比(画面比率)」「セーフティーゾーン」「DVDの書き出し方法」など、動画編集の知識がない もちろん時間がかかっても手作りしたほうが、制作費用は節約できます。 でも「時間が無い!」「〆切に間に合わない…」など、嘆きの声が多数あるのも事実…。 特に DVDの書き出し方がわからない方が多いよう。 元ウェディングプランナーさんに話を聞くと、正しくDVDへの書き出しができておらず、 当日上映できなかった、というトラブルもあったそうです。 外注派は6割。 手作りにこだわる必要は無い 映像演出は手作りが定番化し、インスタなどでもそのような投稿が多くありますが、自作にこだわる必要はありません。 ゼクシィ 結婚トレンド調査2019調べ(首都圏)によると、結婚式のムービー演出を手作りせずに、 専門業者に制作依頼した割合は 60. 多くの花嫁が、多少お金をかけてでも、プロにムービー制作を依頼していることがわかりますね。 料金がネックで式場に頼むのをあきらめているなら、専門業者に外注してみては?結果的な満足度は上がると思いますよ。 結婚式ムービーの構成や長さは?基礎知識 ベストな長さは何分以内?• オープニングムービー: 2~3分程度で短めに• プロフィールムービー(生い立ちムービー): 5~8分程度。 長くても10分以内に• エンディングムービー(エンドロール): 5分程度 ムービー演出は長すぎると間延びした印象になり、ゲストが退屈してしまいます。 また上映中は披露宴会場を暗転させるため、ゲストは食事をとりにくくなります。 新郎新婦の生い立ちや馴れ初めなど、内容を盛りだくさんにしたい気持ちもわかりますが、ゲストの気持ちを考えて適切な長さにおさめたいですね。 オープニングムービーの構成• はじまりの言葉・キャッチコピー• ゲストに向けた挨拶文や、新郎新婦の自己紹介• 締めの言葉(披露宴を楽しんで!というメッセージ) これから始まる 披露宴への期待感を高めるような、わくわくする内容がおすすめ!全体に「楽しんで!」というメッセージを伝えましょう。 プロフィールムービーの構成• オープニングタイトルと挨拶文• 新郎のパート(生い立ち)• 新婦のパート(生い立ち)• 2人のパート(馴れ初め、ゲストの思い出など)• 締めの言葉(これからの豊富やゲストへのメッセージ) 新郎新婦2人のことを知ってもらうことも大事ですが、馴れ初めやノロケばかりで、ゲストがドン引きするような内容は避けて。 ゲストと思い出を共有しつつ、「2人で協力していきます!」という未来への抱負と安心感を伝えてみましょう。 エンドロールの構成• オープニングタイトルや日付• ゲスト全員の名前• 締めの言葉(感謝の言葉や、今後のお付き合いのお願い) エンディングムービーは、披露宴を締めるためのムービーです。 来てくれた ゲストへの感謝を中心にしましょう。 1人ひとりへのコメントを添えるとより感動的になります。 画像(写真)は何枚必要?• オープニングムービー: 10~15枚前後• プロフィールムービー(生い立ちムービー): 30~40枚程度• エンディングムービー(エンドロール): 20枚程度 すべて違う写真にするなら、3つのムービーで 60~75枚もの写真が必要に!写真がない場合は、各ムービーで 使用する写真が被ってもOKです。 赤ちゃんや子供の頃の写真は、デジタルデータが無いことも多いでしょう。 スキャナーで取り込むか、写真取り込みアプリを活用しましょう。 (Google フォトスキャンなど) BGMは何曲使う?おすすめは?• オープニングムービー: 1曲• プロフィールムービー(生い立ちムービー): 1~3曲• エンディングムービー(エンドロール): 1曲 ムービーの内容に合わせて、BGMを選曲しましょう。 オープニングムービーなら、これから始まる披露宴への期待感を上げるような、明るい雰囲気の曲が定番です。 プロフィールムービーは、新郎のパートでは新郎の好きな曲、新婦のパートでは新婦の好きな曲など、構成によって分けるのがオススメです。 エンドロールでしっとりさせたいなら、家族をテーマにした曲や、好きな曲のオルゴールアレンジなどがおすすめです。 まとめ• 結婚式ムービーの料金相場は、式場注文だと1つ 5万円、専門業者に注文だと 2万円程度• 手作りは、挙式までたっぷり時間があり、パソコンスキルがあるカップル向け• おすすめの外注先は、 ナナイロウェディング プロフィールムービーなど、結婚式で上映する映像演出の準備方法について解説しました。 予算があって時間が無いなら、式場注文がおすすめ。 予算がなくて時間があるなら、手作りがおすすめ。 そしてこの2つのいいとこどりなのが、 結婚式ムービーの専門業者に注文することです。 業者はたくさんありますが、「料金」「デザイン」「お客様対応」の面でオススメなのが、 ナナイロウェディング。 1つ2万円程度でハイクオリティのムービーを作れるので、気になったかたは公式サイトで詳細をチェックしてみてくださいね。

次の