ウイイレ ボックス ストライカー。 【ウイイレアプリ2020】ボックスストライカーの選手一覧|ゲームエイト

【ウイイレ】最強チーム編成!!監督別スタメン【アプリ2020】

ウイイレ ボックス ストライカー

今回は ウイイレ2020の中で最強のCFを決めていきたいと思います。 そこで最強のCFを決めるにあたって「何を持って最強と言えるのか」という基準を作らなければいけません。 そこで僕が考えるCBに必要な能力値は• ボールコントロール• 決定力• 空中戦• スピード• 対人戦 の5つです。 なぜこの5つかというと、まずCFを点を取ることを第一に求められるので 決定力はマストですよね。 そしてCFにはポストプレーの役割も求められるので、 ボールコントロールや フィジカルの要素も必要です。 そして見方からのクロスボールを得点に結びつける ヘディングの能力値、そしてスルーパスなどに反応し一気にDFを置き去りにする スピード、この2つも非常に重要。 ワントップに置くよりも、STといった1. 5列目のポジションでプレーさせ、プレースタイルの「2列明からの飛び出し」を上手く活かして使っていきたいです。 ダブルタッチ• シャペウ• コントロールループ• ミドルシュート• ライジングシュート• アクロバティックシュート• ワンタッチシュート• スルーパス• ピンポイントクロス• すでに8試合に出場し5得点を決めるなど早速新天地で活躍しています(2019年10月26日現在)。 フィジカルコンタクトは驚異の99。 ヘッダー• コントロールカーブ• 無回転シュート• ワンタッチシュート• PKキッカー• レベマ時にはスピードが99、瞬発力が97とウイイレトップクラスの足の速さを持つ選手です。 一方でウイイレ2019と比べ空中戦やフィジカルの能力値が下がってしまったのが残念なところ・・・。 まあオーバメヤンの強さは異常すぎたので、ウイイレ2020では調整が入ったかんじでしょう。 シザーズ• コントロールループ• 無回転シュート• ドロップシュート• アクロバティックシュート• ヒールトリック• ワンタッチシュート• PKキッカー• 瞬く間にブンデスリーガトップクラスのCFに成長し、今シーズンからはレアルマドリードに移籍しプレーしています。 裏抜け、ヘディング、ワンタッチシュートなどなど、様々なパターンで得点できる万能型で最強金玉CFです。 軸裏ターン• ヘッダー• コントロールループ• ミドルシュート• ライジングシュート• アクロバティックシュート• ワンタッチシュート• チェイシング• 決定力は95とCFの中でもトップクラスで、さらに181cmながらヘディングが94、ジャンプが97と非常に空中戦に強いです。 ヘッダー• コントロールカーブ• アクロバティックシュート• ワンタッチシュート• PKキッカー• マリーシア• キャプテンシー• レベマ時にはスピードが97、瞬発力が99と爆発的なスピードが持ち味です。 またフィジカルや空中戦にも強く、決定力も十分あるので非常に優秀なCFですね。 スタミナも高く、ウイイレ2020ではオーバメヤンに代わるゴリゴリのスピードスターとして人気銘柄になるでしょう。 エッジターン• ワンタッチシュート• チェイシング• 175cmと小柄ではありますが、ジャンプ力が高いのでヘディングでも得点を決めることができます。 総合値も95まで上がり、ウイイレトップクラスのCFです。 エッジターン• アクロバティックシュート• ワンタッチシュート• アウトスピンキック• PKキッカー• 5 CFランキング3位はアルゼンチン代表で現在マンチェスターシティに所属する セルヒオ・アグエロ! プレミアリーグで4シーズン連続で20得点を記録し、プレミアリーグ通算122得点を記録しているプレミアリーグ最高のCFです。 レベマ時には決定力が97まで上がり、シュートを打てば高確率で枠内に打つことができます。 ウイイレ2020で雷玉に昇格し、総合値も97まで上がります。 シザーズ• ルーレット• コントロールカーブ• 無回転シュート• ライジングシュート• アクロバティックシュート• ワンタッチシュート• アウトスピンキック• 闘争心• また決定力も96とトップクラスで、スピードもそこそこあるので隙のない万能型CFです。 今シーズンも開幕から絶好調なので、ますます能力値が上がってもおかしくありません。 シャペウ• 軸裏ターン• 足裏コントロール• ヘッダー• ライジングシュート• アクロバティックシュート• ヒールトリック• ワンタッチシュート• PKキッカー• レベマ時にはスピード・瞬発力が共に99とMAXの値に。 そしてドリブルの能力値も非常に高いので、ドリブルで一人でもっていて決め切る力をもっています。 ウイイレ2020でも引き続きチート選手になるでしょう。 シザーズ• ダブルタッチ• エッジターン• 軸足あて• ミドルシュート• ライジングシュート• アクロバティックシュート• ワンタッチシュート• ラボーナ• ウイイレ2020ではレヴァンドフスキやアグエロといった雷玉CFも多くいますが、やはり最強CFはキリアン・ムバッペですね。 これでまだ21歳というのが恐ろしすぎます・・・。 センターフォワードの出来によってゴールの数も大きく変わってくるので、今回紹介したCFを使って得点を量産していきましょう! 最後まで読んでいただきありがとうございました! 他にもウイイレアプリ攻略についての記事を書いてるのでよかったら見ていってください! 【ウイイレをやってる人に読んでほしい記事】• 【ポジション別おすすめ選手】•

次の

【ウイイレアプリ2020】プレースタイルの解説とポジション別のおすすめ

ウイイレ ボックス ストライカー

プレースタイルについて プレースタイルとは選手が持っているもので プレースタイルによって動きが変わってきます。 プレースタイルは最大一つしか所持していません。 プレースタイルが無しの選手もいます。 ラインブレイカー 対応ポジション:CF,ST 相手のDFラインの裏に抜ける動きをします。 デコイラン 対応ポジション:CF,ST,OMF おとりになる動きを行ってスペースを作ってあげるなど 味方が攻めやすくなる動きをします。 ボックスストライカー 対応ポジション:CF 中央にとどまってボールが供給されるのを待つ。 ポストプレイヤー 対応ポジション:CF 前線でくさびのボール 縦パス を 受けられる位置にポジションを取る。 ポイントになってくれて、攻撃の起点となる。 チャンスメイカー 対応ポジション:ST,LWG,RWG,OMF,RMF,LMF 前線からボールを受けるために下がって受けに来る。 攻撃を組み立てる役割をする。 ウイングストライカー 対応ポジション:LWG,RWG サイドから中のスペース DFラインの裏 に 積極的に飛び出していく。 インサイドレシーバー 対応ポジション:RWG,LWG,RMF,LMF サイドから中へ絞ってパスを受けに来る。 サイドにスペースを作る。 クロサー 対応ポジション:RWG,LWG,RMF,LMF サイドのタッチラインまでしっかり張って、 クロスを狙う。 ナンバー10 対応ポジション:ST,OMF,CMF あまり動き回らずに中央にポジションを取り、 パスで試合を組み立てていく司令塔タイプ。 2列目からの飛び出し 対応ポジション:ST,OMF,CMF,LMF,RMF 攻撃時は常に相手DFラインの裏や ゴール前に行くことを意識している。 ボックストゥボックス 対応ポジション:OMF,CMF,DMF,RMF,LMF ピッチを駆け回って攻守にわたり貢献していく。 アンカー 対応ポジション:DMF 中盤の底にポジションを取って、守備の安定を図る。 ハードプレス 対応ポジション:CMF,DMF,CB 激しいプレスで相手に寄せていき、攻撃の芽を摘む。 プレーメイカー 対応ポジション:CMF,DMF 攻撃時はDFライン近くまで低い位置を取り、 ビルドアップを行い、攻撃の起点となる。 ビルドアップ 対応ポジション:CB 後ろのポジションからパス回しに参加し、 前線へのロングフィードも行う。 オーバーラップ 対応ポジション:CB 積極的に前線への攻撃参加を行う。 攻撃的サイドバック 対応ポジション:RSB,LSB 高い位置を取ることを意識し、積極的に攻撃に参加していく。 守備的サイドバック 対応ポジション:RSB,LSB 常に低い位置でポジションを取り、守備に備えている。 インナーラップサイドバック 対応ポジション:RSB,LSB 高い位置を取ることを意識し、相手ゴール近くでは 中のスペースに入っていく。 攻撃的GK 対応ポジション:GK 飛び出しを積極的に行い、DFラインの裏をケアしていく。 守備的GK 対応ポジション:GK ゴールマウス付近にとどまってポジショニングを取る。 ポジション別おすすめプレースタイル CF ラインブレイカー ボックスストライカー ポストプレイヤー このポジションは得点を第一に考えるか、 つなぎやすさで考えるかで変わってくる。 得点優先ならば ラインブレイカー、ボックスストライカー。 つなぎやすさなら ポストプレイヤー。 ST チャンスメイカー チャンスを演出するポジションなので 2列目からの飛び出しよりは チャンスメイカーの方が裏抜けせずに とどまってくれる。 LWG,RWG インサイドレシーバー、ウイングストライカー 得点のことを考えるなら ウイングストライカー サイドバックとの関係性を考えるなら インサイドレシーバー。 インサイドレシーバーの方が サイドバックが上がるスペースがある。 OMF 2列目からの飛び出し ボックストゥボックス チャンスメイカー 抜け出しで攻撃の厚みを一番に考えるなら 2列目からの飛び出し 守備参加を考えるなら、 ボックストゥボックス バイタルでのチャンスメイクに特化させるなら チャンスメイカー CMF ボックストゥボックス プレーメイカー 攻撃参加も求めるなら ボックストゥボックス 低い位置での組み立てをしっかりやりたい場合は プレーメイカー DMF プレーメイカー アンカー 低い位置での組み立てをしっかりやりたい場合は プレーメイカー RMF,LMF インサイドレシーバー 2列目からの飛び出し サイドバックとの関係性を深めるなら インサイドレシーバー とにかく裏抜けさせたい場合は 2列目からの飛び出し RSB,LSB 攻撃的サイドバック インサイドレシーバーと併用して使うなら、 インサイドレシーバーが中に入って空いたスペースに どんどん走りこんでいってくれる。 インナーラップサイドバックは動きが微妙。 守備的サイドバックは選手がそもそも少ない。 CB ハードプレス オーバーラップ ビルドアップは守備時のポジショニングが悪いので おススメはできない。 無駄な動きをせず相手のシュートに反応してくれるので。 攻撃的GKは、相手のパスに対して ポジショニングを大きく変えるので、 たまにシュートに反応しにくくなる時がある。 守備的GKにも、相手の裏パスを自動でケアしてくれない 弱点はある。 そこは自操作の判断でカバー。

次の

【ウイイレ2020】最強CFランキング!5つの要素でウイイレCFを格付けしてみる

ウイイレ ボックス ストライカー

今回は ウイイレ2020の中で最強のCFを決めていきたいと思います。 そこで最強のCFを決めるにあたって「何を持って最強と言えるのか」という基準を作らなければいけません。 そこで僕が考えるCBに必要な能力値は• ボールコントロール• 決定力• 空中戦• スピード• 対人戦 の5つです。 なぜこの5つかというと、まずCFを点を取ることを第一に求められるので 決定力はマストですよね。 そしてCFにはポストプレーの役割も求められるので、 ボールコントロールや フィジカルの要素も必要です。 そして見方からのクロスボールを得点に結びつける ヘディングの能力値、そしてスルーパスなどに反応し一気にDFを置き去りにする スピード、この2つも非常に重要。 ワントップに置くよりも、STといった1. 5列目のポジションでプレーさせ、プレースタイルの「2列明からの飛び出し」を上手く活かして使っていきたいです。 ダブルタッチ• シャペウ• コントロールループ• ミドルシュート• ライジングシュート• アクロバティックシュート• ワンタッチシュート• スルーパス• ピンポイントクロス• すでに8試合に出場し5得点を決めるなど早速新天地で活躍しています(2019年10月26日現在)。 フィジカルコンタクトは驚異の99。 ヘッダー• コントロールカーブ• 無回転シュート• ワンタッチシュート• PKキッカー• レベマ時にはスピードが99、瞬発力が97とウイイレトップクラスの足の速さを持つ選手です。 一方でウイイレ2019と比べ空中戦やフィジカルの能力値が下がってしまったのが残念なところ・・・。 まあオーバメヤンの強さは異常すぎたので、ウイイレ2020では調整が入ったかんじでしょう。 シザーズ• コントロールループ• 無回転シュート• ドロップシュート• アクロバティックシュート• ヒールトリック• ワンタッチシュート• PKキッカー• 瞬く間にブンデスリーガトップクラスのCFに成長し、今シーズンからはレアルマドリードに移籍しプレーしています。 裏抜け、ヘディング、ワンタッチシュートなどなど、様々なパターンで得点できる万能型で最強金玉CFです。 軸裏ターン• ヘッダー• コントロールループ• ミドルシュート• ライジングシュート• アクロバティックシュート• ワンタッチシュート• チェイシング• 決定力は95とCFの中でもトップクラスで、さらに181cmながらヘディングが94、ジャンプが97と非常に空中戦に強いです。 ヘッダー• コントロールカーブ• アクロバティックシュート• ワンタッチシュート• PKキッカー• マリーシア• キャプテンシー• レベマ時にはスピードが97、瞬発力が99と爆発的なスピードが持ち味です。 またフィジカルや空中戦にも強く、決定力も十分あるので非常に優秀なCFですね。 スタミナも高く、ウイイレ2020ではオーバメヤンに代わるゴリゴリのスピードスターとして人気銘柄になるでしょう。 エッジターン• ワンタッチシュート• チェイシング• 175cmと小柄ではありますが、ジャンプ力が高いのでヘディングでも得点を決めることができます。 総合値も95まで上がり、ウイイレトップクラスのCFです。 エッジターン• アクロバティックシュート• ワンタッチシュート• アウトスピンキック• PKキッカー• 5 CFランキング3位はアルゼンチン代表で現在マンチェスターシティに所属する セルヒオ・アグエロ! プレミアリーグで4シーズン連続で20得点を記録し、プレミアリーグ通算122得点を記録しているプレミアリーグ最高のCFです。 レベマ時には決定力が97まで上がり、シュートを打てば高確率で枠内に打つことができます。 ウイイレ2020で雷玉に昇格し、総合値も97まで上がります。 シザーズ• ルーレット• コントロールカーブ• 無回転シュート• ライジングシュート• アクロバティックシュート• ワンタッチシュート• アウトスピンキック• 闘争心• また決定力も96とトップクラスで、スピードもそこそこあるので隙のない万能型CFです。 今シーズンも開幕から絶好調なので、ますます能力値が上がってもおかしくありません。 シャペウ• 軸裏ターン• 足裏コントロール• ヘッダー• ライジングシュート• アクロバティックシュート• ヒールトリック• ワンタッチシュート• PKキッカー• レベマ時にはスピード・瞬発力が共に99とMAXの値に。 そしてドリブルの能力値も非常に高いので、ドリブルで一人でもっていて決め切る力をもっています。 ウイイレ2020でも引き続きチート選手になるでしょう。 シザーズ• ダブルタッチ• エッジターン• 軸足あて• ミドルシュート• ライジングシュート• アクロバティックシュート• ワンタッチシュート• ラボーナ• ウイイレ2020ではレヴァンドフスキやアグエロといった雷玉CFも多くいますが、やはり最強CFはキリアン・ムバッペですね。 これでまだ21歳というのが恐ろしすぎます・・・。 センターフォワードの出来によってゴールの数も大きく変わってくるので、今回紹介したCFを使って得点を量産していきましょう! 最後まで読んでいただきありがとうございました! 他にもウイイレアプリ攻略についての記事を書いてるのでよかったら見ていってください! 【ウイイレをやってる人に読んでほしい記事】• 【ポジション別おすすめ選手】•

次の